zuknow learn together

新しい教材を作成

ビル設備管理テキスト(初級3-6)

カード 24枚 作成者: モバイル楽天 (作成日: 2016/09/16)

  • 電線の電路相互間と、電線と大地との間の絶縁性。

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

ビル管理社内試験対策

公開範囲:

公開

言語:

  • カード表 : 日本語
  • カード裏 : 日本語
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    電線の電路相互間と、電線と大地との間の絶縁性。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 絶縁抵抗

    解説

  • 2

    大地との絶縁、変成器内の巻線同志間絶縁性能は、異常電圧による「 」の危険の恐れがないものでなければならない。(P147)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 絶縁破壊

    解説

    絶縁破壊(ぜつえんはかい)とは、電気・電力・電子回路やその部品において、導体間を隔離している絶縁体(非導電性物質や空気層など)が破壊され、絶縁状態が保てなくなることをさす。

  • 3

    電線、支線、架空地線、弱電流電線等(光ファイバーを含む)は、通常の使用において「 」の恐れがないように施設しなければならない。(P147)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 断線

    解説

  • 4

    電線の接続部分において「 」を増加させないように接続する。(P147)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 電気抵抗

    解説

  • 5

    電気室の電灯トランスや動力トランス二次側から、EPSや機械室などにある電灯盤や動力盤に至るまでの電路。(P147)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 幹線

    解説

    幹線とは、「引込点から受変電設備」まで、「受変電設備から分電盤まで」などに敷設されるケーブルを示します。

  • 6

    低圧配線設備の日常点検では、分電盤の各相の負荷電流が主幹や分岐ブレーカー容量の「 」%程度以内か確認する。(P147)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 70

    解説

  • 7

    低圧配線設備の日常点検では、「 」の温度を非接触型温度計やサーモグラフィで測定し、異常の有無を確認する。(P147)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ブレーカー端子部

    解説

  • 8

    低圧配線設備の日常点検では、動力盤の制御電源用「 」は本体の温度上昇により劣化が進むため、サーモラベルを貼り付けるなどして温度変化に注意する。(P147)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ダウントランス

    解説

  • 9

    ロータリースイッチやスライドスイッチで、「 」を切り替えることにより直流および交流の電圧や抵抗値を測定することが可能である。(P148)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 内部の計測回路

    解説

  • 10

    デジタル式は、アナログ式と比較して「 」が高く、低電圧、低抵抗、高抵抗の測定に向いている。またレンジ切り替えは不要でオートレンジ機能を持つ。(P148)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 内部抵抗

    解説

  • 11

    「 」は、ゼロ位がずれている場合には、必ず調整ネジでゼロ位を調整する。(P148)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • アナログテスター

    解説

  • 12

    アナログテスターで電圧を測定する場合、測定値が未知の場合は「 」で目安を確認してから目盛り全体の3分の1以上振れるレンジに切り替えて測定する。(P148)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 最大レンジ

    解説

  • 13

    直流電圧を測定する場合はテスターの「 」リード棒を被測定回路のマイナス側に、赤リードをプラス側にあてる。(P148)

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 14

    直流電圧を測定する場合はテスターの黒リード棒を被測定回路のマイナス側に、「 」リード棒をプラス側にあてる。(P148)

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 15

    抵抗値の測定は、2本のテスターリードを「 」させ、0オーム調整を行う。また、被測定回路は必ず無電圧の状態で行う。(P148)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 短絡

    解説

  • 16

    半導体の導通試験を行う場合は、テスターの「 」リードが内蔵電池のプラス、赤リードがマイナスに接続されているので注意する。(P148)

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 17

    半導体の導通試験を行う場合は、テスターの黒リードが内蔵電池のプラス、「 」リードがマイナスに接続されているので注意する。(P148)

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 18

    絶縁抵抗を測定する時は、①電源を解放し、「 」で無電圧を確認する。(P150)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 検電器

    解説

  • 19

    絶縁抵抗を測定する時は、②被測定回路の電圧に応じた「 」を確認する。(P150)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 印加電圧

    解説

  • 20

    絶縁抵抗を測定する時は、③被測定回路の接地線にメガーの「 」を接続する。(P150)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 接地線

    解説

  • 21

    絶縁抵抗を測定する時は、④測定「 」を接地線にあてゼロΩを確認する。(P150)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • プローブ

    解説

    プローブとは測定や実験などのために、試料に接触または挿入する針。探針(たんしん)。

  • 22

    電線に電流が流れると磁界が発生するので、その磁界を「 」の変流器鉄心で拾い、その鉄心に巻いてあるコイルに発生する電流を測定する構造になっている。(P150)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • クランプメーター

    解説

  • 23

    コンクリートやアスファルト舗装で補助電極が打ち込めない場合は、接地棒を寝かせて「 」などをかけるか、付属の補助接地網を使用する。(P151)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 濡れ雑巾

    解説

  • 24

    内蔵の電池から発生させた数10mA程度の交流の定電流を接地抵抗極と電位測定補助極間に流し、その電位差を測定電流で除して自動的に接地抵抗値が表示される仕組みになっているものは?(P151)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 接地抵抗計

    解説

56726

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ