zuknow learn together

新しい教材を作成

高齢者

カード 102枚 作成者: you__0310 (作成日: 2016/09/15)

  • 介護保険の制度は( )年ごと、介護報酬は( )年ごとに見直される

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

詳細はありません

公開範囲:

公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    介護保険の制度は( )年ごと、介護報酬は( )年ごとに見直される

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 5と3

    解説

  • 2

    介護保険の利用システムは、利用者がサービス提供者と契約を結ぶ利用契約制度から、市町村が行う措置制度に移行した。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ✖️ 市町村が行う措置制度から利用者がサービス提供者と契約を結ぶ利用契約制度に移行した。

    解説

  • 3

    介護保険の財源は6割国が負担して、4割保険料である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ✖️ 5割国、5割保険料

    解説

  • 4

    平成27〜29年度の保険料の負担内訳は、第1号被保険者保険料( )%、第2号被保険者保険料( )%である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 22と28

    解説

  • 5

    市町村は、介護保険の財政の安定化に資する事業に必要な費用を充てるために、財政安定化基金を設ける。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ✖️ 市町村ではなく、都道府県

    解説

  • 6

    市町村は、任意によって財政安定化基金拠出金を納付する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ✖️ 市町村は納付義務がある

    解説

  • 7

    外国人は介護保険の被保険者になることはできない

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ✖️ 国籍要件はなく、外国人でも被保険者になることができる

    解説

  • 8

    介護保険給付に関する処分に不服がある者は、市町村に設置されている介護認定審査会に審査請求をする。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ✖️ 都道府県に設置されている、介護保険審査会

    解説

  • 9

    介護保険給付の不服申立ては、( )以内に行わなければならない

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 3ヶ月

    解説

  • 10

    介護保険の第1号被保険者の約9割は特別徴収である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 11

    特別徴収は、( )万円以上の老齢年金受給者の年金から天引きされる

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 18

    解説

  • 12

    特別徴収は、老齢年金のみが対象である

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ✖️ 退職年金、障害年金、遺族年金も対象

    解説

  • 13

    介護保険の第2号被保険者の徴収方法は、医療保険者が医療保険として徴収し、( )に納入金として一括して納付する

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 社会保険診療報酬支払基金

    解説

  • 14

    生活保護の被保護者や市町村民税非課税世帯などの低所得者は、施設介護サービスと居宅介護サービスの居住費と食費は、全額国庫負担である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ✖️ 負担限度額が所得に応じて設定され、限度額を超える食費、居住費は申請を行い認定された場合、特定入所者介護サービス費、特定入所者介護予防サービス費が給付される

    解説

  • 15

    国民健康保険団体連合会は都道府県の委託を受けて、介護サービスの費用の請求に関する調査及び支払いを行う。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ✖️ 都道府県ではなく、市町村及び特別区

    解説

  • 16

    国民健康保険団体連合会は、指定居宅サービス事業者に対して、指導、助言を行える。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 17

    国民健康保険団体連合会は、居宅サービスなとの事業や介護保険施設の運営ができる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 18

    施設の数が、10以上の事業者は規定を整備しなければならない

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ✖️ 10ではなく、20

    解説

  • 19

    介護保険の被保険者から新規の養介護認定があった時は、市町村は職員を派遣ひて全国一律の基準に基づい認定調査をする

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 20

    介護認定審査会は、基本調査及び特記事項並びに主治医意見書の内容、既に利用している場合はサービスの種類、回数を基準に審査及び判定を行う

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ✖️ 要介護者が利用している介護サービスの種類や利用回数などは考慮されない

    解説

  • 21

    介護認定審査会は一次判定を変更できる

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 22

    介護報酬は社会保障審議会が厚生労働大臣の意見を聞いて定める

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ✖️ 厚生労働大臣が社会保障審議会の意見を聞いて定める

    解説

  • 23

    介護予防サービスの指定介護予防訪問入浴介護は、看護師1名以上、介護士1名以上で行うこと

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 24

    指定介護予防訪問入浴介護は主治医の意見を確認の上、看護職は入れず、介護職3名で行ってもよい

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ✖️ ◯なんだけど、、、2名でいいんだよ!!

    解説

  • 25

    指定介護予防訪看護の主治医の指示は、口頭または文書で受ける

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ✖️ 文書でなければならない 口頭はだめ

    解説

  • 26

    指定介護予防居宅療養管理指導は、医師、歯科医師、薬剤師、看護職、歯科衛生士、管理栄養士、介護職が通院が困難な利用者の居宅を訪問して行う

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ✖️ 介護職は入ってない!

    解説

  • 27

    指定居宅サービス事業に係る居室、療養室及び病室の面積は、法定化されている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ✖️ 厚生労働省令で定める基準にしたがい、都道府県の条例で定める

    解説

  • 28

    訪問介護のうち生活援助は、同居家族がいる場合は一切利用できない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ✖️ 同居家族がいる場合でも、家族の障害、疾病の他、やむを得ない事情により家事が困難な場合は利用できる

    解説

  • 29

    訪問介護事業者は、指定訪問介護事業所ごとに利用者の数が( )又はその端数を増すごとに( )名以上の者をサービス提供責任者としなければならない

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 40と1

    解説

  • 30

    平成27年度の介護報酬の改定に伴い、一定の基準を満たす場合は、サービス提供責任者の配置基準が、利用者60人に対して1人以上、と暖和された

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ✖️ 60人ではなく50人

    解説

  • 31

    訪問入浴介護は介護職員のみで行われる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ✖️ 訪問入浴介護は介護職員および看護職員が、行う

    解説

  • 32

    訪問看護の管理者の要件は看護師または介護士の資格を有する者

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ✖️ 保健師または看護師の資格を有する者

    解説

  • 33

    訪問介護員が従事する訪問介護事業所の経営主体は、多い順に( )法人64.4%、( )法人19.6%、( )法人6.2%となっている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 順に、営利法人、社会福祉法人、医療法人

    解説

  • 34

    介護給付の福祉用具貸与は、要介護1〜5の者が対象である

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ✖️ 要介護2〜5

    解説

  • 35

    2015年度より、複数の福祉用具を貸与する場合、あらかじめ市町村長等に届け出ることによって、通常の貸与価格から減額して貸与することが可能となった。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ✖️ 市町村長等ではなく、都道府県知事等

    解説

  • 36

    特定福祉用具販売の、支給限度基準額は住宅改修と同じ金額である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ✖️ 特定福祉用具販売は年間10万円 住宅改修は一生涯で20万円

    解説

  • 37

    介護老人福祉施設は別名特別養護老人ホームである

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 38

    特別養護老人ホームのうち、( )の指定を受け、介護保険の給付対象施設となったものを『( )介護老人福祉施設』という

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 都道府県知事と特定

    解説

  • 39

    2015年から特別養護老人ホームの新規入所者は、原則として要介護( )以上とされている

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 3

    解説

  • 40

    指定介護老人福祉施設の入所者は希望をすることによって、当該施設の従業員以外の介護を受けれる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ✖️ 指定介護老人福祉施設は、入所者の負担により、当該施設の従業員以外の者による介護を受けさせてはならない

    解説

  • 41

    ユニット型指定介護老人福祉施設は、8人以上10人以下のユニットに分け、ユニットごとに食事やレクリエーションを行う施設である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ✖️ 10人以下と、定められているが最低基準は設けられていない。

    解説

  • 42

    ユニット型指定介護老人福祉施設は、日中1ユニットに2人以上、夜間や深夜には1ユニットに1人以上の介護職員または看護職員を配置する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ✖️ ユニット型指定介護老人福祉施設は、日中1ユニットに1人以上、夜間や深夜には2ユニットに1人以上の介護職員または看護職員を配置する。

    解説

  • 43

    介護老人保健施設は、地方公共団体、医療法人、社会福祉法人等が開設できる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 44

    介護老人保健施設の開設の際は厚生労働大臣より開設許可を受ける

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ✖️ 厚生労働大臣ではなく、都道府県知事

    解説

  • 45

    介護老人保健施設は厚生労働大臣の承認を受けると、医師以外の者に管理させることができる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ✖️ 厚生労働大臣ではなく、都道府県知事

    解説

  • 46

    居宅介護支援のケアプランは、( )が作成する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 介護支援専門員(ケアマネジャー)

    解説

  • 47

    ( )計画は、介護保険制度における在宅の要支援者、要介護者に対するサービス計画、( )計画は、介護保険制度で、訪問介護を実施する際、( )に基づいて作成される介護計画。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 順に、居宅サービス計画、訪問介護計画、居宅サービス計画

    解説

  • 48

    居宅サービス計画では、要支援者は地域包括支援センター職員等、要介護者は介護支援専門員によって作成される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 49

    訪問介護計画は、介護支援専門員によって作成される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ✖️ 指定訪問介護事業所のサービス提供責任者が作成する。

    解説

  • 50

    サービス担当者会議は、介護支援専門員によって開催され、利用者の情報を担当者と共有すると共に、訪問介護計画の原案について、担当者から専門的な見地からの意見を求めるための会議である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ✖️ 訪問介護計画ではなく、居宅サービス計画

    解説

  • 51

    サービス担当者会議は、専門的な見地からの会議であるため、原則利用者やその家族は参加することはできない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ✖️ できる。

    解説

  • 52

    介護予防サービス計画の作成に当たっては、利用者の日常生活全般にを支援する観点から、予防給付の対象とはるサービス以外の保険医療サービス又は福祉サービスの利用も含めて介護予防サービス計画ひ位置付けるよう努めなければならない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ✖️ 介護予防サービス計画の作成に当たっては、利用者の日常生活全般にを支援する観点から、予防給付の対象とはるサービス以外の保険医療サービス又は福祉サービス、『地域住民の自発的な活動によるサービス等』の利用も含めて介護予防サービス計画ひ位置付けるよう努めなければならない。

    解説

  • 53

    要介護者のいる、世帯を世帯構造別にみると、( )世帯35.4%、( )世帯27.4%、( )世帯18.4%、その他の世帯18.7%となっている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 順に、 核家族、単独、3世代

    解説

  • 54

    主な介護者の続柄をみると、( )26.2%、( )21.8%、( )11.2%の順になっている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 順に 配偶者、子、子の配偶者

    解説

  • 55

    介護サービスの種類別にみると、単独世帯では、( )系のサービスが70.5%と最も多く、( )サービスも他の世帯構造に比べたら高くなっている。 3世代世帯では、( )系のサービスが61.9%と最も多い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 順に、 訪問、配食、3世代

    解説

  • 56

    身体拘束は、『切迫性』『非代替性』『一時性』『安全性』の4つの要件を満たし、かつそれらの要件等の手続きが慎重に行われている時のみ認められる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ✖️ 安全性は含まれてない

    解説

  • 57

    身体拘束のもたらす弊害は、身体的弊害、精神的弊害、社会的弊害である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 58

    歩行介助は、利用者の( )に位置するとよい

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 患側後方

    解説

  • 59

    平地で杖を使用した3点歩行は、( )、( )、( )の順で歩く。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 杖、患側の足、健側の足

    解説

  • 60

    片麻痺がある人が杖歩行で階段を上るとき、( )( )( )の順に動かす

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 杖、健側の足、患側の足

    解説

  • 61

    車椅子は( )側に置くのが原則である

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 62

    右片麻痺患者がベットで臥床して食事をする場合、利用者の右側から介助する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ✖️ 左側から介助する

    解説

  • 63

    浴槽への移動は、原則として健側から行う。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 64

    排泄介助は、早めに誘導する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 65

    トイレなどで立ち上がり動作のときに使用する手すりは、( )手すりが有効。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • L字型

    解説

  • 66

    不眠を訴える場合、( )度前後のぬるま湯でゆっくり足浴を行うと良い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 38

    解説

  • 67

    室内温度と外気温との差は3〜5度以内にすることが望ましい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ✖️ 3〜7度以内

    解説

  • 68

    ( )とは、急激な温度変化による血圧の乱高下や脈拍の変動が身体に及ぼす影響の事である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ヒートショック

    解説

  • 69

    高齢者は赤・黄よりも青・緑のほうが見えやすい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ✖️ 青・緑よりも赤・黄のほうが見えやすい。

    解説

  • 70

    車椅子で移動するためのスロープの勾配は10分の1までを目安とする。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ✖️ 10分の1ではなく、12分の1

    解説

  • 71

    浴槽の出入りのためにはL字型手すりを付けたほうがよい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ✖️ L字型手すりではなく、縦手すり

    解説

  • 72

    腰掛けて浴槽に入るための( )を設けた方がよい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 移乗台

    解説

  • 73

    浴槽やシャワーチェアからの立ち上がりのために、浴室のですかは複数取り付けるとよい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 74

    本人の死の迎え方は、リビングウィルを尊重する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 75

    リビングウィルとは、尊重する、という意味である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ✖️ 尊重ではなく、希望

    解説

  • 76

    グリーフケアとは、ターミナル期における患者が希望する場所で死を迎えるという意味でたる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ✖️ 遺族が死別の悲しみと向き合い、自ら乗り越えていくために、傾聴などの寄り添う姿を通じて行う支援のこと。

    解説

  • 77

    老人福祉法は、1968年に施行された。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ✖️ 1963年 昭和38年

    解説

  • 78

    国民の祝日である、敬老の日と老人福祉法で制定された老人の日は同じ日である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ✖️ 敬老の日は、9月の第三月曜日で 老人の日は9月15日

    解説

  • 79

    老人週間は、9時15日からの一週間である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ✖️ 15日から21日までである。

    解説

  • 80

    高齢者雇用安定法の対象となる高齢者は、65歳以上である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ✖️ 55歳以上

    解説

  • 81

    高齢者雇用安定法によると、事業主が雇用する労働者の定年を定める場合には、55歳を下回ることはできない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ✖️ 60歳を下回ることはできない

    解説

  • 82

    65歳未満の定年を定める場合は、⑴定年の引き上げ⑵継続雇用制度の導入⑶定年制の廃止のいずれか1つを選んで実施することを、義務づけられている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 83

    現在、希望者が全員65歳以上まで働けれる企業は( )%で、70歳以上まで働けれる企業は( )%である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 順に、72.5と20.1

    解説

  • 84

    シルバー人材センターとは、厚生労働大臣が都道府県知事に指定する、一般社団法人又は一般財団法人である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ✖️ 都道府県知事が市町村ごとに指定する

    解説

  • 85

    高齢社会対策基本法とは、高齢社会対策を総合的に推進し、経済社会の健全な発展と国民生活の安定向上を図ることを目的としている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 86

    政府は、基本的かつ総合的な『高齢社会対策大網』を定めなければならない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 87

    高齢社会対策大網の内容は、内閣総理大臣を長とする、内閣府で話し合われる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ✖️ 内閣府ではなく、高齢社会対策会議

    解説

  • 88

    高齢社会対策大網は、毎年作成されるものではなく、必要がある時に見直しが行われる

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 89

    都道府県は、基本方針に基づき、当該都道府県の区域内における、高齢者居住安定確保計画を定めなければならない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ✖️ 策定義務はない。 定めることが、できる。

    解説

  • 90

    サービス付き高齢者住宅のサービスとして、状況把握、生活相談、生活支援は必須であるが、食事、介助はそれぞれの住宅によって異なる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ✖️ 生活支援もそれぞれの住宅によって異なる

    解説

  • 91

    サービス付き高齢者住宅とは、高齢者向けの賃貸住宅または有料老人ホームのことである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 92

    高齢者虐待防止法は、2006年に施行された。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 93

    高齢者虐待防止法では、65歳未満の養介護施設入所者や、養介護事業に係るサービスの提供を受ける障害者も高齢者とみなされる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ◯ 2011年の一部改正で、そうなった

    解説

  • 94

    高齢者虐待防止法の虐待とは、養護者及び養介護施設従事者、65歳以上の高齢者を雇っている事業主によるけど虐待である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ✖️ 事業主による虐待は、含まれいない。

    解説

  • 95

    ( )は、虐待により高齢者の生命または身体に重大な危険が生じている恐れがあると認める場合には、( )の職員等に立入調査をさせることができる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 順に、 市町村長 地域包括支援センター

    解説

  • 96

    ( )は、毎年度、養介護施設従業員による虐待の状況や、その時とった措置等について公表しなければならない

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 都道府県知事

    解説

  • 97

    地域包括支援センターは、高齢者虐待対応協力者のうち適当と認められるものに、虐待防止のために行う高齢者や養護者に対する相談、指導、助言等を委託することができる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ✖️ 地域包括支援センターではなく、 市町村

    解説

  • 98

    虐待の種別として、身体的虐待が最も多い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 99

    被虐待高齢者の家族形態として、最も多いのは、『子夫婦との同居』である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ✖️ 未婚の子との同居

    解説

  • 100

    虐待者は、息子が最も多い

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 101

    虐待への対応策として、『虐待者と被虐待者の分離を行った事例』は半数以上である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ✖️ 半数以上ではなく、31.2%

    解説

  • 102

    施設別にみると、虐待が最も多いのは『特別養護老人ホーム』である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

56875

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ