zuknow learn together

新しい教材を作成

《教採》人名で答える教育心理《発達編》

カード 26枚 作成者: おがみな (作成日: 2014/04/26)

  • 発達は時期が来ればおのずとできるようになるとして、遺伝要因や成熟要因を重視する遺伝説(成熟説)を唱えた。

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

教育心理の重要人物が盛りだくさん!
カードで覚えたらクイズに挑戦してね。

公開範囲:

公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    発達は時期が来ればおのずとできるようになるとして、遺伝要因や成熟要因を重視する遺伝説(成熟説)を唱えた。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ゲゼル

    解説

  • 2

    「与える刺激を操作すればどのような人間にでもなり得る」という主張にあるように、環境要因や経験要因を重視する環境経験説を唱えた。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ワトソン

    解説

  • 3

    特性ごとに遺伝要因と環境要因の両方が加算され、それが収斂した結果が発達となって表れるとする輻輳説を唱えた。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • シュテルン

    解説

  • 4

    遺伝的な可能性があったとしてもその発現に必要な環境の質は特性ごとに異なるとし、遺伝と環境の相互作用を重視する環境閾値説を唱えた。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ジェンセン

    解説

  • 5

    ものの見方や捉え方の枠組みであるシェマが同化と調節を繰り返しながら変容する過程が認知発達だと主張し、4つの発達段階に分けて特徴を明らかにした。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ピアジェ

    解説

  • 6

    自我の発達に着目し、8つの発達段階でそれぞれ達成すべき心理社会的危機を解決するための適応行動を示した。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • エリクソン

    解説

  • 7

    性的な欲求であるリビドーの動きに着目し、口唇期・肛門期・男根期・潜伏期・性器期という5つの発達段階を示した。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • フロイト

    解説

  • 8

    スポルディングによって発見された、離巣性鳥類のヒナが生後初めて見た動くものの後についていく現象を、インプリンティングと命名し、体系的に研究した。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ローレンツ

    解説

  • 9

    養育者(多くの場合は母親)と子どもの間につくられる相互信頼に基づいた、愛情のこもった関係のことを、アタッチメントと命名した。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ボウルビィ

    解説

  • 10

    布製と針金製(餌あり)の人形を置いた実験室内に生後間もない子ザルを放置する代理母実験を行った結果、布製の代理母と接触している時間が長いことが分かった。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ハーロー

    解説

  • 11

    母子と見知らぬ人がいる場面で、母親の退室(分離)と再入室(再会)における子どもの反応からアタッチメントの質を調べる、ストレンジ・シチュエーション法を考案した。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • エインスワース

    解説

  • 12

    支配ー服従、受容ー拒否 という二次元で養育態度を捉え、過保護型、甘やかし型、無関心型、残酷型の4つに類型化した。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • サイモンズ

    解説

  • 13

    母性的な養育を受けることが出来なかった子どもには、発達などに遅れや障害が認められるとし、マターナル・デプリベーションという概念を提唱した。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ボウルビィ

    解説

  • 14

    見慣れない人や物を見て泣き出す人見知りは、生後6ヶ月頃から起こる。8ヶ月頃にピークを迎えるため、この現象を8ヶ月不安と呼んだ。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • スピッツ

    解説

  • 15

    人間の身体各部の発達は一様でなく、それぞれに独自の速度があることを発達曲線の図によって示した。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • スキャモン

    解説

  • 16

    発達は一定の方向性を持っており、頭部から脚部へ・中心部から周辺部へという2つの方向性があると主張した。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ウェルナー

    解説

  • 17

    様々な動物種で妊娠期間や誕生時の子の状態などを比較した結果、人間の妊娠期間はもう1年無ければならず、人間の母親は生理的に早産していると考えた。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ポルトマン

    解説

  • 18

    思考の過程で個人の頭の中で進行する言語活動を内言、発声を伴う言語活動を外言と呼び、外言が自己中心語を経て内言に発展すると考えた。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ヴィゴツキー

    解説

  • 19

    人間の発達段階にはそれぞれ課題があるとし、発達課題と名付けた。この発達課題は、あとになっては手遅れになり、先走ってすると有害になると言われる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ハヴィガースト

    解説

  • 20

    目に見える損害の大小で判断する結果論的道徳判断から、意図や目的を考慮する動機論的道徳判断へ、具体的操作期の8歳ごろに移行するとした。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ピアジェ

    解説

  • 21

    道徳性の発達を、前慣習的水準・慣習的水準・後慣習的水準の3つの水準をそれぞれ2段階に分けた3水準6段階から成る発達過程で捉えた。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • コールバーグ

    解説

  • 22

    元来は金融機関の支払停止や延期を意味する経済用語であったが、同一性を確立するまでに社会から与えられた猶予期間のことをモラトリアムと呼んだ。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • エリクソン

    解説

  • 23

    興奮と鎮静、希望と絶望などの相反する状態が交互に現れるなど、心理的に不安な時期のことを疾風怒濤の時代(シュトルム・ウント・ドラング)と呼んだ。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ホール

    解説

  • 24

    もはや子どもではなく、かといっていまだ大人とも言えない不安定な状態であるとして、境界人(周辺人・マージナルマン)と表現した。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • レヴィン

    解説

  • 25

    青年期になると、親への依存から脱して心理的に独立しようという気持ちが強まる。このような状況を心理的離乳と呼んだ。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ホリングワース

    解説

  • 26

    男として、女として、新しいひとりの大人に生まれ変わるという意味から、第二の誕生と表現した。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ルソー

    解説

56964

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ