zuknow learn together

新しい教材を作成

就労支援

カード 73枚 作成者: you__0310 (作成日: 2016/09/12)

  • 雇用保険は( )が管轄する。

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

詳細はありません

公開範囲:

公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    雇用保険は( )が管轄する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 政府

    解説

  • 2

    雇用保険の現業業務は( )と( )が担当する

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 都道府県労働局とハローワーク

    解説

  • 3

    雇用保険には、失業者や教育訓練受講者等に対して給付を行う( )と、失業の予防、雇用状態の是正及び雇用機会の増大、労働者の能力の開発及び向上を図る( )がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 失業給付と雇用保険2事業

    解説

  • 4

    雇用保険の失業等給付は、全額国庫負担であり、各給付の国庫負担も統一されている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ✖️ 失業等給付は、国庫負担と保険料に分かれ、給付ごとに国庫負担割合は異なる

    解説

  • 5

    雇用保険の被保険者は適用事業所に雇用される労働者であって、国家・地方公務員も適用される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ✖️ 適用除外者は、65歳に達した日以降に雇用される者、昼間学生、国家・地方公務員など

    解説

  • 6

    短時間労働者(パートタイム労働者)は、雇用保険の対象外である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ✖️ 要件を満たせば被保険者となる

    解説

  • 7

    短時間労働者が雇用保険の被保険者になるためには、①1週間の所定労働時間が( )時間以上である。②( )日以上の雇用見込みがある の2つの条件を満たす必要がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 20と31

    解説

  • 8

    労働者が雇用保険の被保険者になった時は、被保険者自身が都道府県労働局に、取得月の翌日から1ヶ月以内に、被保険者資格取得届を提出する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ✖️ 労働者が被保険者になった時は、事業主が所轄公共職業安定所の長に対して、取得月の翌月10日までに、被保険者資格取得届を提出する。

    解説

  • 9

    失業等給付の求職者給付は、基本手当と傷病手当の2種類である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ✖️ 基本手当と技能取得手当と寄宿手当と傷病手当の4種類

    解説

  • 10

    求職者給付の基本手当は、雇用保険の被保険者が倒産、解雇等による離職の場合のみ支給される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ✖️ 基本手当は雇用保険の被保険者が、定年、倒産、契約期間の満了等により離職した歳に支給される。

    解説

  • 11

    求職者給付の基本手当の支給要件は、離職の日以前の( )年間に、雇用保険に通算して( )ヶ月以上加入している必要がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 2と12

    解説

  • 12

    求職者給付の基本手当の1日あたりの支給額は、離職日直前の( )ヶ月の賃金日額の( )%と、決められている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 6と50〜80

    解説

  • 13

    雇用保険を受給できない求職者が公共職業安定所の支援指示「により職業訓練を受講する場合、職業訓練受講給付金が支給される。 ただし、雇用保険の受給を終了した求職者は含まれない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ✖️ 雇用保険の受給を終了した求職者も支給される。

    解説

  • 14

    就職促進給付には、就業促進手当、再就職手当、就職促進定着手当がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ✖️ 就職促進給付には、就職促進手当、移転費及び広域求職活動費がある。

    解説

  • 15

    就職促進手当には、再就職手当、就職促進定着手当、就業手当、常用就職支度手当がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 16

    教育訓練給付は、離職者のみが対象である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ✖️ 離職者と現職者が対象

    解説

  • 17

    教育訓練給付は労働者と離職者が、自ら費用を負担して、公共職業安定所が指定する教育訓練講座を受講し、終了した場合、本人がその教育訓練施設に支払った経費の一部を支給する給付制度。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ✖️ 公共職業安定所の指定ではなく、厚生労働大臣の指定

    解説

  • 18

    労働者災害補償保険は、( )が管轄する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 政府

    解説

  • 19

    労働者災害補償保険の現業業務は都道府県労働局とハローワークが担当する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ハローワークではなく、労働基準監督署

    解説

  • 20

    労働者災害補償保険は、正規雇用のみ適用される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ✖️ 労働者を使用する全ての事業に適用 パート、アルバイトも含む

    解説

  • 21

    労働者災害補償保険は、外国籍の労働者にも適用され本国に帰国しても受給権は失われない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 22

    労働者災害補償保険は、雇用されている本人のみであって家族には適用されない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ✖️ 次につづく

    解説

  • 23

    労働者災害補償保険には、労働者以外の者のうち、その業務の事情、災害の発生状況などからみて、保護をすることが適当とであると認められる一定の者に強制加入を求める特別加入制度がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ✖️ 強制加入ではなく、任意加入

    解説

  • 24

    労働者災害補償保険の保険料は全額自己負担である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ✖️ 自己負担ではなく、事業主負担

    解説

  • 25

    労働者災害補償保険の給付には、業務災害・通勤災害による給付、( )給付がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 2時健康診断等

    解説

  • 26

    労働者災害補償保険では、事業主に事故の責任がある場合、労災保険の給付額を超える損害について、事業主に損害賠償を請求できる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 27

    労働者災害補償保険の給付が行われている場合には、健康保険による療養給付や傷病手当金の給付は行われない

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 28

    労働者災害補償保険では、労災保険の保険給付が全額支給されて国民年金、厚生年金が減額して支給される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ✖️ 国民年金、厚生年金が全額支給されて、労災保険の保険給付が減額して支給される。

    解説

  • 29

    労働者災害補償保険の、労働者災害の認定は( )が行う

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 労働基準監督署

    解説

  • 30

    2011年、増え続ける精神障害の労災請求に俊足に認定を行うため『心理的負荷による精神障害の認定基準』が定められた。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 31

    労働者災害補償保険の保険給付の請求と共に、自賠責保険等に対する損害賠償の請求もできる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 32

    雇用保険は、ハローワークが管轄する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ✖️ ハローワークではなく、政府

    解説

  • 33

    雇用保険は、業種や規模によって給付内容が変更される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ✖️ 雇用保険は、業種や規模は問われない

    解説

  • 34

    雇用保険には、失業者や教育訓練受講者等に対して支給を行う、( )と、 失業予防、雇用状態の是正及び雇用機会の増大、労働者の能力の開発及び向上を図ること( )がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 順に 失業等給付 雇用保険2事業

    解説

  • 35

    失業等給付、雇用保険2事業ともに、労使折半である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ✖️ 雇用保険2事業は、企業拠出のみである。

    解説

  • 36

    雇用保険の失業等給付は、国庫負担と保険料に分かれる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 37

    雇用保険の失業等給付の国庫負担割合は、給付ごとに異なる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 38

    雇用保険は、正規雇用のみである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ✖️ パートタイム労働者も条件を満たせば可能

    解説

  • 39

    労働者が雇用保険の被保険者となったら、被保険者が自ら、所轄の公共職業安定所の長に対してら被保険者視覚取得届けを提出する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ✖️ 被保険者が提出するのではなく、事業主が提出する 正しい文章は、 労働者が雇用保険の被保険者となったら、事業主が、所轄の公共職業安定所の長に対してら被保険者視覚取得届けを提出する。

    解説

  • 40

    雇用保険は、学生であれも要件を満たしていれば被保険者となりうる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ✖️ 被保険者の離職を失業の要件としているので、被保険者でなき学生が就職できない場合は、失業に該当しない。

    解説

  • 41

    雇用保険の基本手当の支給要件は、被保険者が失業した場合において、離職日以前の( )年間に、雇用保険に通算して( )以上加入していたときである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 順に 2 12ヶ月

    解説

  • 42

    雇用保険の基本手当は、労務大臣の認定を受けたことにより支給される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ✖️ 労務大臣ではなく、公共職業安定所

    解説

  • 43

    基本手当の支給額は、1日あたり離職日の直前の12ヶ月の賃金額の50-80%で決められている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ✖️ 12ヶ月ではなく、6ヶ月

    解説

  • 44

    雇用保険の基本手当は、被保険者の転居や結婚、介護や育児などの自己都合によって退職した場合でも支給される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 45

    雇用保険を受給できない求職者が、公共職業安定所の支援指示により職業訓練を受講する場合の給付金として、( )給付金がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 職業訓練受講

    解説

  • 46

    『求職者支援法』には、雇用保険の被保険者、基本手当の受給資格者も対象者となる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ✖️ 雇用保険の被保険者、基本手当の受給資格者は対象外

    解説

  • 47

    労働者や離職者が、自らの費用を負担して、公共職業安定所が指定する教育訓練講座を受講し終了した場合、本人がその教育訓練施設に支払った費用の一部を支給する制度のことを、『教育訓練』という。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ✖️ 公共職業安定所ではなく、厚生労働大臣 正しい文章は、 労働者や離職者が、自らの費用を負担して、厚生労働大臣が指定する教育訓練講座を受講し終了した場合、本人がその教育訓練施設に支払った費用の一部を支給する制度のことを、『教育訓練』という。

    解説

  • 48

    教育訓練給付が対象としている、教育訓練講座には、社会福祉士も含まれる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 49

    求職者支援法の対象者は、雇用保険はさの被保険者や雇用保険の受給資格者でないことだ。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 50

    生活保護受給者の、就労支援では本人の同意を得て『自立活動確認書』の作成を求める

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 51

    自立支援プログラムは、生活保護受給者、児童扶養手当受給者に加えて住宅手当受給者等が対象である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 52

    自立支援プログラムは、ハローワークが就労支援の目標、連携方法等を明確にし、支援対策者に対する効果的・効率的な就労支援を行う。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ✖️ 地方公共団体とハローワークが共同して行う

    解説

  • 53

    母子生活支援施設は、母子世帯と父子世帯を対象として職業あっせんを行なう。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ✖️ 父子世帯は含まれない。

    解説

  • 54

    事業主は、( )人以上の障害者を雇用する事業所においては、障害者職業生活相談員を選任しなければならない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 5

    解説

  • 55

    ( )生活相談員の主な役割は、雇用されている障害者に対して、適職の選定や能力開発など職務内容の調整、作業環境の整備、労働条件や職場の人間関係など職業生活の相談などを行う。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 障害者職業

    解説

  • 56

    事業主は、雇用する障害者が3名以下であるときは、障害者雇用推進者を選任するよう努めなければならない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ✖️ 事業主は、雇用する労働者の数が常時50名以上であるときは、障害者雇用推進者を選任するよう努めなければならない。

    解説

  • 57

    ( )は、障害者の雇用の促進およびその雇用の継続を図るために必要な施設や設備の設置や整備、その他諸条件の整備を図る義務などを行う。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 障害者雇用推進者

    解説

  • 58

    事業主は、その雇用する( )障害者又は( )障害者である労働者の数が、その雇用する労働者の数に障害者雇用率を乗じて得た数以上であるようにしなければならない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 身体 知的

    解説

  • 59

    障害者の法定雇用率について ❶民間企業(労働者50名以上の場合)、( )% ❷国、地方公共団体( )% ❸都道府県の教育委員会( )%

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 順に ❶2.0 ❷2.3 ❸2.2

    解説

  • 60

    ハローワークは、法定雇用率未達成の事業主に対して、身体障害者又は知的障害者の雇入れに関する計画の作成を命ずることができる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ✖️ ハローワークではなく、厚生労働大臣

    解説

  • 61

    雇入れに関する計画を提出し、認められれば障害者雇用納付金を納めなくても良い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ✖️ 納めなければならない。

    解説

  • 62

    障害者就業・生活支援センターは、在職中の障害者等が対象であって、就職活動中の障害者は対象外である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ✖️ 就職活動中の障害者も対象である。

    解説

  • 63

    ( )センターは、就業及びそれに伴う日常生活の支援を必要とする障害者に対し、センター窓口での相談や職場・家庭訪問等により指導、相談を実施する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 障害者就業・生活支援

    解説

  • 64

    障害者就業・生活支援センターは2015年現在約330ヶ所ある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 65

    障害者職業センター事業の対象障害に制限がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ◯ 次につづく

    解説

  • 66

    障害者職業センターの対象者は、( )障害者、( )障害者、( )障害者等である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 身体 知的 精神

    解説

  • 67

    地域障害者職業センターは、( )と密接な連携を図りながら、専門的な職業リハビリテーションを実施する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ハローワーク

    解説

  • 68

    精神障害者総合雇用支援事業は、( )において、精神障害者及び事業主に対して、主治医等の医療関係者との連携のもとら新規雇入れ、職場復帰、雇用継続等のための支援ニーズに対して、専門的・総合的な援助を行う。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 地域障害者職業センター

    解説

  • 69

    ( )は、日常生活の自己管理や生活設計、地域生活に関する支援などを行う。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 生活支援法ワーカー

    解説

  • 70

    ( )は、障害者が新たに就職する際に職場に適応できるように、障害者職業カウンセラーの策定した支援計画に基づき、職場に出向いて本人への直接的支援を行う。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ジョブコーチ(職場適応援助者)

    解説

  • 71

    ジョブコーチは、事業所による支援体制を即身するために、必要に応じて事業主や従業員に対する助言を行ない、職務の再設計や職場環境の改善を提案する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 72

    ジョブコーチになるには、養成研修を受講する必要がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 73

    ( )は、障害者に対する職業評価、職業指導、職業準備訓練などを行う。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 障害者職業カウンセラー

    解説

56549

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ