zuknow learn together

新しい教材を作成

AT H27 応用(51~100)

カード 250枚 作成者: AT KnowHow Master (作成日: 2016/09/10)

  • 筋力トレーニングについて、一般的にエクササイズで挙上した負荷、反復回数、セット数を積算し、トレーニング量 として活用される。

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

詳細はありません

公開範囲:

公開

言語:

  • カード表 : 日本語
  • カード裏 : 日本語
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    筋力トレーニングについて、一般的にエクササイズで挙上した負荷、反復回数、セット数を積算し、トレーニング量 として活用される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 2

    筋力トレーニングにおいて、筋肥大を目的とする場合は、身体を十分に回復させて次のセットを行う。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 3

    筋力トレーニングでは、トレーニング効果を高めるために、競技や鍛錬度に関わらず週 2~3 回の頻度で行う。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 4

    筋力トレーニングのエクササイズの配列としては、一般的に多関節を動員する種目から行い、その後単関節を動員する種目を選択する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 5

    筋力トレーニングでは、同じ筋群が連続して使用されないようにするには、「ベンチプレス→ショルダープレス→ベントオーバーロー」の順で行う。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 6

    筋線維のタイプは、筋力の大きさを決定する要因である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 7

    脊髄の興奮水準の高さは、筋力の大きさを決定する要因である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 8

    筋線維の断面積は、筋力の大きさを決定する要因である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 9

    筋収縮に動員される筋線維数は、筋力の大きさを決定する要因である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 10

    大脳の興奮水準の高さは、筋力の大きさを決定する要因である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 11

    突き指の中には重篤な損傷を伴っているケースもあるため、注意深く評価し、処置を行う。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 12

    突き指の救急処置について、mallet finger が疑われる場合は、PIP 関節伸展位で固定する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 13

    突き指の救急処置について、受傷部が動かないよう、三角巾を用いて肩から吊り下げて固定する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 14

    突き指の救急処置について、脱臼が疑われる場合は、ただちに整復を試みる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 15

    突き指の救急処置について、側副靱帯損傷が疑われる場合は、隣接する指を副子としてテーピングで固定する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 16

    水泳選手は関節弛緩性の高い者が多い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 17

    水泳のクロールのキャッチ動作では、肩挙上位での内旋動作となり鎖骨下面で棘上筋や棘下筋が擦れる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 18

    水泳選手の肩インピンジメント症候群に対するアスレティックリハビリテーションについて、肩の 3rd ポジションで肩甲上腕関節の外旋を行い、外旋筋をストレッチする。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 19

    水泳選手の肩インピンジメント症候群について、近位抵抗の外転エクササイズにより、外転初期での上腕骨頭の上方移動を抑制しながら、棘上筋の骨頭取り込み作用の改善が期待できる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 20

    水泳選手の肩インピンジメント症候群に対するアスレティックリハビリテーションについて、キック板(ビート板)の使用は、肩の疼痛を増強させることがあり、注意を要する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 21

    頭頚部・脊椎外傷時の現場における救急処置について、意識の確認を行う際は、肩を揺らして確認する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 22

    頭頚部・脊椎外傷時の現場における救急処置について、うつ伏せから仰向けにする際、頭頚部には触れないようにする。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 23

    頭頚部・脊椎外傷時の現場における救急処置について、スパインボードで搬送する際は、頭部方向に向かって進む。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 24

    頭頚部・脊椎外傷時の現場における救急処置について、アメリカンフットボールでは、ヘルメットとショルダーを装着したままスパインボードに固定する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 25

    うつ伏せで倒れた選手がいた場合、顔がみえるよう背臥位にしてから意識の確認を行う。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 26

    足関節捻挫後のアスレティックリハビリテーションについて、損傷が疑われる部位を絞り込むために、まず他動的なストレスを関節周囲にかける。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 27

    足関節捻挫後のアスレティックリハビリテーションについて、側方安定性に関与する腓骨筋群、後脛骨筋などの筋機能回復は重要である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 28

    足関節捻挫後のアスレティックリハビリテーションについて、外側靱帯損傷では、エックス線ストレス撮影による congruence angle で重症度を鑑別する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 29

    足関節捻挫後のアスレティックリハビリテーションについて、急性期では、他動運動により痛みが出現する運動方向を確認する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 30

    足関節捻挫後のアスレティックリハビリテーションについて、慢性例では、骨棘形成や関節鼠を伴い、リハビリテーションの進行に難渋することもある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 31

    あたり動作のフォームについて、腰椎過伸展を回避するため脊椎を直線化し、チンインをして頭部前方位を保持する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 32

    あたり動作のフォームについて、コンタクト中のバランスを保つため、下肢のクロスオーバーステップは回避する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 33

    あたり動作のフォームについて、イニシャルコンタクトは、上肢で衝撃を緩衝しつつ頭部や肩を効果的に使う。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 34

    あたり動作のフォームについて、つま先と膝の方向を一致させ、重心の上下動によってコンタクトの高さを調節する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 35

    あたり動作のフォームについて、踏み込み足が地面を叩く瞬間にヒットするようにタイミングを意識する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 36

    サーキットトレーニングについて、筋力、パワー、筋持久力、全身持久力などの多くの体力要因を同時に総合的に高めることができる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 37

    サーキットトレーニングについて、全身の筋に刺激を与えることは、体力を高めるだけではなく障害を予防することにもつながる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 38

    サーキットトレーニングについて、実施上の注意点として最も留意すべきことは、動作を正確に行うことである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 39

    サーキットトレーニングについて、種目間のつなぎ(回復)として、ジョギングを長く速くすると主に筋持久力を高めるの に効果的である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 40

    サーキットトレーニングについて、それぞれのスポーツの専門的運動は除外して計画する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 41

    ハンドボールの外傷・障害について、膝前十字靱帯損傷の発生率は低い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 42

    ハンドボールの外傷・障害について、コンタクトプレーによる外傷発生は少ない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 43

    ハンドボールの外傷・障害について、シュートブロックにより、肩腱板損傷や肩関節脱臼などが発生することもある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 44

    ハンドボールの外傷・障害について、ゴールキーパーは顔面や眼球の外傷も多い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 45

    ハンドボールの外傷・障害について、スローイング動作に伴う腰椎前弯の増強により、腰部の痛みにつながることがある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 46

    敏捷性や協調性について、コンタクトスポーツでは、敏捷性能力が劣るとタックルを受けやすく、また不十分な姿勢でのタックル動作になりやすい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 47

    敏捷性や協調性について、バランス保持能力やリカバリー能力などが低ければ、外傷の危険性も高くなる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 48

    敏捷性や協調性について、敏捷性や協調性の測定は、外傷・障害予防のスクリーニングテストとは異なる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 49

    敏捷性や協調性について、ストップやターンは、協調性のテスト結果とあまり関係がない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 50

    敏捷性や協調性について、特に球技系選手のリハビリテーションからの復帰時には、再発の予防のために敏捷性や協調性のテストは不可欠である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 51

    コーディネーショントレーニングについて、さまざまな種類の能力が総合的に発揮される能力を向上するねらいで行われる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 52

    コーディネーショントレーニングについて、スタビリティトレーニングやアジリティトレーニングも含まれる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 53

    コーディネーショントレーニングについて、身体バランスを維持し、崩れをすばやく回復する定位能力が高められる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 54

    コーディネーショントレーニングについて、リズムを作ったり、真似したり、タイミングをつかむ識別能力が高められる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 55

    コーディネーショントレーニングについて、刺激の方法は単調なものとし、これを反復させると効果的である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 56

    「救急法」の習得には、スポーツ外傷に関する知識も必要になる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 57

    アスレティックトレーナーが行う救急処置においても医療者への引き継ぎを行う。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 58

    アスレティックトレーナーは救急処置で用いる資器材の扱いに慣れておく必要がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 59

    アスレティックトレーナーは外傷発生時に初期対応することが多い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 60

    スポーツ現場で発生する外傷は、競技種目ごとに想定することは難しい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 61

    上位頚椎の損傷では、死亡事故に直結することがある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 62

    中下位頚椎の脊髄損傷では支配神経以下の不可逆的な麻痺をきたし、予後は悪い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 63

    頚椎捻挫では、自律神経の異常を伴うことは少ない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 64

    頚椎捻挫は、頚椎周囲の軟部組織の微細損傷により発症することはない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 65

    ラグビーやレスリングのタックルなどによる頚椎捻挫では、伸展損傷が最も多い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 66

    足関節のテーピングについて、オープンバスケットウィーブでは、アンカー以外のテープはホースシュー状に行い、下腿前面、足関節前面、足背部を開放しておく。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 67

    足関節のテーピングについて、外がえし捻挫に対するスターアップは、外反を制限するために、外側から内側に引っ張り上げる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 68

    足関節のテーピングについて、ヒールロックテープは、踵骨の側方への動きを抑える目的で行い、外側・内側に均等に行う。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 69

    足関節のテーピングについて、フィギュアエイトは内がえし捻挫、外がえし捻挫ともに、外果の少し上から始め、足底でテープが斜めにならないようにする。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 70

    足関節のテーピングについて、背屈制限を目的として、アンカー・スプリットテープ・サポートテープを行う場合、足関節の肢位はやや背屈位を保持させる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 71

    競技者のことは自分が全部知っているという気持ちが必要である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 72

    医療関係法規を遵守し、業務上知り得た秘密を守らなくてはならない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 73

    対象者へのインフォームド・コンセントを行うことは重要である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 74

    メディカルチームには、運営役員を含めることもある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 75

    自然災害対策は予測できないことが多いので、安全対策からは外しておく

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 76

    膝蓋大腿関節障害は大腿四頭筋の柔軟性低下が関係している。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 77

    鵞足炎は縫工筋、薄筋、半腱様筋の柔軟性低下が関係している。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 78

    腸腰筋の柔軟性低下は腰椎後弯を助長させ、腰痛の原因ともなる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 79

    下腿三頭筋の柔軟性低下は着地衝撃吸収の効率を悪化させ、脛骨過労性骨膜炎の原因となる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 80

    ハムストリングスの柔軟性低下は肉ばなれに関係する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 81

    膝前十字靭帯損傷のアスレティックリハビリテーションについて、円周走や 8 の字走は小さな曲率から始め、徐々に曲率を大きくしていく。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 82

    膝前十字靭帯損傷のアスレティックリハビリテーションについて、跳躍動作は、片脚スクワットで knee-in の制動が可能になってから開始する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 83

    膝前十字靭帯損傷のアスレティックリハビリテーションについて、knee bent walk は股・膝関節屈曲位を保持し、重心の高さを上下しながら前進する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 84

    膝前十字靭帯損傷のアスレティックリハビリテーションについて、ツイスティングは足先と膝の方向を一致させ、母趾球荷重でサイドステップを繰り返すものである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 85

    膝前十字靭帯損傷のアスレティックリハビリテーションについて、ストップ動作は、一歩ではなく数歩かけてストップする練習を取り入れる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 86

    徒手抵抗ストレッチングのアイソメトリック法について、スタートポジションは痛みがなく、やや張りを感じる関節角度から始める。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 87

    徒手抵抗ストレッチングのアイソメトリック法について、競技者には関節運動を生ジさせず 5 カウントで徐々に力を発揮させる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 88

    徒手抵抗ストレッチングのアイソメトリック法について、競技者は徐々に力を抜きリラックスする。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 89

    徒手抵抗ストレッチングのアイソメトリック法について、リラックスしている間に能動的にストレッチングを行う。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 90

    徒手抵抗ストレッチングのアイソメトリック法について、ストレッチングは3~5回繰り返すものとし、2回目からは初めの関節角度より拡げた位置からはじめる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 91

    大腿屈筋群肉ばなれについて、受傷直後は患側への体重負荷時、歩行時は松葉杖などを用いたほうがよい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 92

    大腿屈筋群肉ばなれについて、リハビリテーション初期・中期においては、再受傷予防のため急激な動作、過度のストレッチングはなるべく避ける。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 93

    大腿屈筋群肉ばなれについて、リハビリテーション後期におけるランニング開始時には、トレーニング前後でアイシングを行う。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 94

    大腿屈筋群肉ばなれについて、ランニング開始前の筋力トレーニングでは閉鎖性運動連鎖(CKC)エクササイズを中心に行う。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 95

    大腿屈筋群肉ばなれについて、筋力では大腿屈筋群と大腿伸筋群との比率を 0.4 前後とするように筋力トレーニングをすることが理想である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 96

    フィットネスチェックにおける筋力測定について、筋力計を用いて測定する場合は、スポーツ種目に応じて測定装置を選択する必要はない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 97

    フィットネスチェックにおける筋力測定について、筋力の評価方法として、筋の太さの評価は含まれていない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 98

    フィットネスチェックにおける筋力測定について、競技者は体重を支え、移動させるという点から代表的な測定項目として脚伸展力の測定がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 99

    フィットネスチェックにおける筋力測定について、敏捷性の代表的な測定として上体起こしテストが用いられる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 100

    フィットネスチェックにおける筋力測定について、筋力を主観的に評価する方法として、徒手筋力テストがある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 101

    緊急対応計画について、事故や外傷を想定し、対応策を具体的に記した行動計画である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 102

    緊急対応計画について、緊急対応計画の項目には「緊急」の定義を含む必要がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 103

    緊急対応計画について、緊急対応計画の変更は関係者の混乱を招くため、見直しや変更は望ましくない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 104

    緊急対応計画について、多くの緊急状況に適応するよう抽象的表現を多用した内容が現実的である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 105

    緊急対応計画について、緊急時の対応の評価手順を emergency action plan と呼ぶ。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 106

    冷水浴で広範囲を冷却する場合の水温は、2~4°Cが効果的である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 107

    寒冷療法の生理学的効果には、代謝の低下、一次的血管拡張と二次的血管収縮、毛細血管透過性の低下、神経活動の低下、筋紡錐活動の低下などがある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 108

    寒冷過敏症、レイノー現象、末梢循環障害は寒冷療法の禁忌となる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 109

    温熱療法の生理学的効果には、血管拡張、疼痛閾値の低下、代謝率の上昇、組織伸展性の上昇などがある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 110

    冷水浴において、つま先に強い痛みを感じる場合には、ソックスなどでつま先を保護することが望ましい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 111

    血行障害がある場合には、組織への血液供給を必要以上に阻害してしまう可能性があるため、冷却は避けるべきである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 112

    凍傷の予防には、使用する氷の温度よりも冷却時間の方が重要である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 113

    寒冷蕁麻疹などの寒冷刺激に対する過敏症があったとしても、疲労回復に対するアイシングは積極的に用いるべきである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 114

    アイシングは、運動指令・知覚情報の伝達を妨げ、正確な運動遂行に影響を与えることも考えられる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 115

    睡眠中や意識障害があるなど覚醒水準が低い場合でも、アイシングの実施は有効である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 116

    X 脚は膝関節内側に圧縮ストレスがかかりやすい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 117

    回内足は踵部が外反した状態である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 118

    Q-angle の増加は膝蓋骨の外方変位に作用する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 119

    横アーチが消失し前足部が扇状に広がった状態を凹足という。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 120

    母趾の基節骨が内転した状態を外反母趾という。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 121

    腰痛疾患の評価について、姿勢の評価は前額面で行う。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 122

    腰痛疾患の評価について、屈曲動作では、骨盤の前傾や胸椎部と腰椎部が、それぞれ適切に屈曲しているか確認する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 123

    腰痛疾患の評価について、体幹回旋運動は、胸椎の動きが主体となる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 124

    腰痛の原因になる股関節屈筋の短縮は尻上がりテストで、大腿直筋の短縮はトーマステストで確認する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 125

    股関節以外に腰痛に影響する部位は、胸筋など肩甲骨周囲筋の短縮、上肢の挙上制限、 足関節可動性の低下などがある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 126

    クーリングダウンについて、疲労回復と外傷・障害予防が目的のため、両者を考慮した内容を組み入れるべきである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 127

    クーリングダウンについて、めまい、吐き気、失神を防止する効果がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 128

    クーリングダウンについて、競技結果によって実施の有無を決めるようにする。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 129

    クーリングダウンについて、試合や運動後の交感神経の興奮を下げ、精神的安定をもたらす効果がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 130

    クーリングダウンについて、1日で複数の試合がある場合は、試合時間に関わらず常に十分な時間をかけて行う。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 131

    頚椎捻挫について、急性期は安静を原則として寒冷療法を用いる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 132

    頚椎捻挫について、受傷現場からの搬送など急性期には、頚椎カラーを用い固定する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 133

    頚椎捻挫について、あたり動作開始までは骨症など合併症がなくても、頚椎カラーでの固定は継続する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 134

    頚椎捻挫について、急性期が過ぎ、痛みが軽減してきたら抵抗運動により可動域の回復を試みる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 135

    頚椎捻挫について、あたり動作を開始する際には、損傷に至った方向をまず最初に確認する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 136

    立幅跳は、最大パワーを測る方法である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 137

    300mシャトルランは、無酸素性持久力を測る方法である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 138

    マルチステージテストは、有酸素性持久力を測る方法である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 139

    Yo-Yo テストはアジリティ能力を測る方法である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 140

    Tテストは、間欠的持久力を測る方法である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 141

    a.やり投げでは、手関節の舟状骨骨折の発生頻度が高い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 142

    長距離種目では、足関節捻挫の発生頻度が高い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 143

    砲丸投げでは、手関節の外傷・障害発生頻度が高い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 144

    短距離種目では、ハムストリングス肉ばなれの発生頻度が高い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 145

    走跳種目では、シンスプリントの発生頻度が高い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 146

    傷病者自身が普段と変わらない自発呼吸や血液循環が回復した場合、心肺蘇生法を一時中断または中止してよい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 147

    救助者に危険が迫った場合、心肺蘇生法を一時中断または中止してよい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 148

    救助者自身が蘇生不可能と判断した場合、心肺蘇生法を一時中断または中止してよい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 149

    救助者の疲労により継続が困難になった場合、心肺蘇生法を一時中断または中止してよい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 150

    別の救助者と交代する場合、心肺蘇生法を一時中断または中止してよい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 151

    ウォーミングアップよる体温(筋温)上昇がもたらす効果について、筋肉中のカルシウムイオンが活性化する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 152

    ウォーミングアップよる体温(筋温)上昇がもたらす効果について、中枢神経の興奮性を抑える。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 153

    ウォーミングアップよる体温(筋温)上昇がもたらす効果について、筋肉の粘性が高まる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 154

    ウォーミングアップよる体温(筋温)上昇がもたらす効果について、ヘモグロビンの酸素結合度が高まる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 155

    ウォーミングアップよる体温(筋温)上昇がもたらす効果について、筋収縮におけるエネルギー消費が低減する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 156

    ROMエクササイズにおいて、他動運動では関節運動を引き起こす。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 157

    ROMエクササイズにおいて、等張性運動では関節運動を引き起こす。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 158

    ROMエクササイズにおいて、自動介助運動では関節運動を引き起こす。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 159

    ROMエクササイズにおいて、等尺性運動では関節運動を引き起こす。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 160

    ROMエクササイズにおいて、自動運動では関節運動を引き起こす。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 161

    手関節捻挫のテーピングでは前腕部にアンカーを行う際、手をいっぱいに広げさせるとともに手関節をわずかに掌屈させる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 162

    手関節捻挫のテーピングをする際、サーキュラー状に巻くだけのテーピングは、必ず手関節周辺の腱を緊張させ、茎状突起より遠位から始める。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 163

    手関節捻挫のテーピングをする際、手部のアンカーは必ず手をいっぱいに広げさせ、中手指節関節上に行う

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 164

    手関節捻挫のテーピングをする際、背屈制限に対するテーピングを行う際の肢位は、手関節やや掌屈位、前腕回外位で行う。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 165

    手関節捻挫のテーピングをする際、動きの制限の程度は手関節の角度及ビテープを引っ張る強さで調整する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 166

    日本体育協会公認アスレティックトレーナー養成事業は、かつての文部大臣認定事業に位置付けられていた。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 167

    日本体育協会公認アスレティックトレーナーは、公認スポーツ指導者とは異なる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 168

    日本体育協会公認アスレティックトレーナー養成事業カリキュラムには、共通科目と専門科目がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 169

    日本体育協会公認アスレティックトレーナー養成事業は、ジュニアから高齢者のサポートをする役割で養成が開始された。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 170

    日本体育協会公認アスレティックトレーナー養成事業において、現場実習には、救急法救急員資格の取得も含まれる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 171

    肩関節前方脱臼における装具は過度の肩関節内旋および内転を制動する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 172

    肩関節前方脱臼における装具は肩関節挙上および外転を制動する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 173

    肩関節前方脱臼における装具は肩関節内転とわずかな伸展を制動する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 174

    肩関節前方脱臼における装具は肩関節外転とわずかな屈曲を制動する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 175

    肩関節前方脱臼における装具は過度の肩関節伸展や外旋運動を制動する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 176

    トレーニングの原則には適齢性の原則がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 177

    トレーニングの原則には特異性の原則がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 178

    トレーニングの原則には過負荷の原則がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 179

    トレーニングの原則には多様性の原則がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 180

    トレーニングの原則には回復性の原則がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 181

    RICE処置は、1〜2 時間に 1 回の間隔で 6〜12 時間実施する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 182

    RICE処置の目的は、患部の治療を促進するのではなく 2 次的外傷性損傷を抑えることである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 183

    氷が液体へと変化する時は、約 80cal/g の融解熱を要する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 184

    凍傷の誘因は、冷却媒体の温度・種類、冷却時間、圧迫の度合である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 185

    アイシング時に氷が準備できないときは、湿布を使用すると効果的である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 186

    投球動作の位相の順序は、ワインドアップ期、移動期 、コッキング期 、減速期 、テイクバック期である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 187

    投球動作の位相の順序は、ワインドアップ期、テイクバック期、加速期、減速期、フォロースルー期である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 188

    投球動作の位相の順序は、ワインドアップ期、早期コッキング期、後期コッキング期、加速期、フォロースルー期

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 189

    投球動作の位相の順序は、片脚期、早期コッキング期、加速期、減速期、フォロースルー期である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 190

    投球動作の位相の順序は、片脚期、テイクバック期、コッキング期、加速期、減速期である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 191

    ワインドアップ期に、ステップ脚に体重が乗らない投球動作は投球障害肩を生じやすい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 192

    早期コッキング期に、肘を突き出した投球動作は投球障害を生じやすい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 193

    後期コッキング期に、体が開いた投球動作は投球障害肩を生じやすい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 194

    加速期に、肘が下がった投球動作は投球障害肩を生じやすい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 195

    フォロースルー期に、肩内旋を弱めた投球動作は投球障害肩を生じやすい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 196

    後期コッキング期に、上腕二頭筋長頭腱炎が生じやすい

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 197

    後期コッキング期に、棘下筋損傷が生じやすい

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 198

    加速期に、関節唇損傷が生じやすい

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 199

    加速期に、肩峰下滑液包炎が生じやすい

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 200

    フォロースルー期に、肘MCL損傷が生じやすい

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 201

    膝前十字靭損傷の筋力増強エクササイズについて、下肢伸展挙上を実施する際は、重錘を脛骨近位に巻くなどの配慮が必要である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 202

    膝前十字靭損傷の筋力増強エクササイズについて、大腿四頭筋セッティング時は、クッションを脛骨近位後方側に置くよう注意する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 203

    膝前十字靭損傷の筋力増強エクササイズについて、レッグカールは下腿外旋位で、大腿二頭筋を優位に収縮させるとよい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 204

    膝前十字靭損傷の筋力増強エクササイズについて、レッグエクステンションは、近位チューブ法や二重チューブ法を利用する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 205

    膝前十字靭損傷の筋力増強エクササイズについて、関節可動域が 100°以上になると、固定式自転車を用いたペダリング動作が可能となる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 206

    凍傷について、救急処置は 40 度前後に保った清潔な湯で急いで温める。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 207

    凍傷について、凍結組織が壊死を起こしたものを指す。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 208

    汗は凍傷の発生要因の一つである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 209

    喫煙習慣のある人は凍傷になりやすい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 210

    体格の大きな人は凍傷になりやすい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 211

    肺のガス交換能力は最大酸素摂取能力を規定する要因である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 212

    心臓のポンプ能力は最大酸素摂取能力を規定する要因である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 213

    コルチゾール濃度は最大酸素摂取能力を規定する要因である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 214

    筋肉における酸素拡散能力は最大酸素摂取能力を規定する要因である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 215

    筋の酸素利用能力は最大酸素摂取能力を規定する要因である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 216

    大腿前面のストレッチングは、股関節外旋位で股関節伸展することで腸腰筋が効果的に伸張される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 217

    大腿前面のストレッチングは、股関節伸展位で膝関節屈曲することで、大腿直筋が伸張される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 218

    大腿前面のストレッチングは、股関節を伸展位にして腰椎前弯を強調するように行う。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 219

    大腿前面のストレッチングは、腹臥位でパートナーストレッチを行う場合には、腰椎を押さえて固定する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 220

    大腿前面のストレッチングは、股関節屈曲位で膝関節屈曲することで、特に内側広筋・外側広筋・中間広筋が伸張される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 221

    膝蓋大腿関節障害に対するアスレティックリハビリテーションでは、電気刺激により選択的に外側広筋の収縮や筋機能を高めることも大切になる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 222

    膝蓋大腿関節障害に対するアスレティックリハビリテーションでは、動作時の膝蓋骨と大腿骨の間に生じる関節応力を考慮し、進めることが必要である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 223

    膝蓋大腿関節障害に対するアスレティックリハビリテーションでは、膝蓋骨の脱臼傾向がある時期のマッスルセッティングは、大腿四頭筋が収縮しやすい膝関節完全伸展位での実施が推奨される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 224

    膝蓋大腿関節障害に対する、レッグエクステンションでは、膝蓋大腿関節の圧迫力増大に伴う疼痛の出現に注意をする。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 225

    膝蓋大腿関節障害に対するアスレティックリハビリテーションは、膝屈筋群、殿筋群、足関節周囲筋の柔軟性向上のためのストレッチも積極的に行う。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 226

    前方脱臼では、スパイラルテープの 1 本は、肩鎖関節を押さえるように貼る。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 227

    肩鎖関節捻挫では、胸部、背部のアンカーを貼る時は、必ず息を吸わせて胸郭を広げた状態で行う。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 228

    肩鎖関節捻挫では、上腕部から引き上げる目的で行うサポートテープは、頚部までしっかり貼る。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 229

    前方脱臼では、外転・外旋制限を目的とするため、肢位は外転、外旋位で行う。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 230

    前方脱臼では、外転制限は、スパイラルテープを行う際の上腕部の外転角度、及び肩関節前面を通るテープの位置で調整する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 231

    アメリカンフットボールで頚部損傷が疑われる場合には、安易にヘルメットを外さないように注意をする。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 232

    各競技種目における救急処置について、体操競技では、競技続行の判断は競技者の主観に委ねる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 233

    各競技種目における救急処置について、日本陸上競技連盟が主催する大会では、スリーステーション制がとられて救急処置にあたる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 234

    各競技種目における救急処置について、ラグビーでは、給水係もフィールド内の処置が実施できる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 235

    各競技種目における救急処置について、体操競技では、救護トレーナー自身の判断で競技区域内に入ることができる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 236

    シューズの基本機能とは、安定性である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 237

    シューズの基本機能とは、保温性である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 238

    シューズの基本機能とは、衝撃緩衝性である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 239

    シューズの基本機能とは、適合性である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 240

    シューズの基本機能とは、乾燥性である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 241

    現場における救急体制について、携帯電話を使用した救急車の要請は、最も近い消防署につながるため有効である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 242

    現場における救急体制について、消防署の位置、119 番通報の内容、最寄りの病院や診療科目並びに休診などの事前確認が必要である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 243

    現場における救急体制について、救助に関わるアスレティックトレーナーは、救急搬送ルートを把握しておく必要がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 244

    現場における救急体制について、救急車を要請するのは誰であるか、確認しておく必要がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 245

    現場における救急体制について、審判の許可無く選手の救急処置をすることができない競技もある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 246

    足底挿板について、足型を石膏ギプスで採型する方法もある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 247

    足底挿板について、各チップを組み合わせて作製し、足部形状を矯正する方法もある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 248

    足底挿板について、横アーチのサポートは、踵骨アライメントの改善に用いる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 249

    足底挿板について、スポーツシューズに使用する場合、水泡や痛みの増加に留意する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 250

    足底挿板について、足部アーチをしっかりと保つために素材は極力硬い方がよい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

56802

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ