zuknow learn together

新しい教材を作成

AT H27 応用(1~50)

カード 245枚 作成者: AT KnowHow Master (作成日: 2016/09/10)

  • 投球障害肘関節について、発生要因として体幹機能の低下がみられることもある。

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

詳細はありません

公開範囲:

公開

言語:

  • カード表 : 日本語
  • カード裏 : 日本語
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    投球障害肘関節について、発生要因として体幹機能の低下がみられることもある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 2

    投球障害肘関節について、肘関節回内屈筋群の炎症を含めることはない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 3

    肘関節内側側副靱帯(MCL)は単に外反方向への安定性のみならず、屈曲位における安定性にも関与する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 4

    投球障害肘関節について、発生要因には投球フォームの問題が関与する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 5

    投球障害としてのMCL損傷は、急性外傷のみを示す。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 6

    スタビリティトレーニングについて、各種スポーツ動作における安定したパワー発揮を向上させる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 7

    スタビリティトレーニングについて、不安定な要素を取り入れた難易度の高い種目を行う場合は、代償動作を用いる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 8

    スタビリティトレーニングについて、多くのスポーツ動作で体幹部を安定させた状態が求められるため、股関節周囲筋群強化の際に腹圧を高めることも重要である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 9

    スタビリティトレーニングについて、動きを伴わないトレーニングのことをさす。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 10

    スタビリティトレーニングについて、プローンポジションのボディキープにおいて、足幅を狭くすると難易度が下がる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 11

    関節可動域測定について、測定時の基本肢位は原則として解剖学的肢位を開始肢位0°とする。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 12

    関節可動域測定について、角度計は皮膚に密着させ計測する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 13

    関節可動域測定について、原則として多関節筋の影響を除いた肢位で他動的に測定し、5°単位で表示する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 14

    関節可動域測定について、股関節の可動域が屈曲位20°から70°の場合、伸展はマイナス20°となる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 15

    関節可動域測定について、測定結果は参考可動域と比較し、異常の有無を判定する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 16

    やり投げ(陸上)の投動作における外傷は、肘外側側副靭帯損傷が多い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 17

    レスリング転倒時、床面への手着き動作(肘伸展位)による肘関節脱臼が多い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 18

    飛込み(水泳)では、入水時の衝撃による手関節障害が多い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 19

    体操競技では、プロテクターの巻きつきによる上腕骨骨折が多い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 20

    柔道では、肩からの落下による肩関節前方脱臼が多い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 21

    ラグビーフットボールのセーフティーアシスタントについて、負傷者が出た場合、レフリーの許可により、競技区域内に入ることができる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 22

    ラグビーフットボールのセーフティーアシスタントについて、15歳以上であれば、中学生も認定講習会を受講できる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 23

    ラグビーフットボールのセーフティーアシスタントについて、試合の進行を円滑にし、競技者の安全を図る役割を持つ。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 24

    ラグビーフットボールのセーフティーアシスタントについて、負傷により競技区域外に出た競技者が競技に復帰する際は、レフリーの許可は不要である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 25

    ラグビーフットボールのセーフティーアシスタントについて、軽度の負傷ではないと判断した場合、レフリーに手をあげて知らせる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 26

    機能評価のプロセスについて、最初のプロセスは問題点のリストアップである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 27

    機能評価のプロセスについて、十分考慮したプログラムであれば、評価プロセスを繰り返す必要はない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 28

    機能評価のプロセスについて、得られたでータを統合・解釈することで問題点のリスト化を進めることができる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 29

    機能評価のプロセスについて、プログラムを作成する際には複数の問題に対応する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 30

    機能評価のプロセスについて、立案された処置やプログラムの効果判定となる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 31

    外傷による外止血に対して、 止血点にあたる部位と動脈名に 関する組み合わせのうち、 誤っているのはどれか。2つ選べ。 a.鎖骨下動脈 b.腋窩動脈 c.前腕動脈 d.坐骨動脈 e.膝窩動脈

    補足(例文と訳など)

    答え

    • cとd

    解説

  • 32

    手関節について、舟状骨骨折では骨癒合が得られにくい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 33

    手関節について、舟状骨骨折は手関節掌屈強制で生じることが多い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 34

    手関節尺側の障害の代表例に三角線維軟骨複合体損傷(TFCC損傷)がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 35

    有鉤骨骨折はバットやラケットを使用する競技で発生しやすい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 36

    キーンベック病は有痛性の舟状骨の無腐性壊死である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 37

    History(問診)では既往歴、現病歴と外傷・障害の発生機序などの情報を収集する。Observation(視診)では形態の分析や動作の分析を行う。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 38

    Palption(触診)ではウィークポイントを基準に触診を進める。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 39

    Specialtest(スペシャルテスト)は外傷・障害の特徴をより正確に推測するプロセスである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 40

    HOPSによる情報の収集について、外傷・障害を有する場合の検査・測定と評価において活用されることが多い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 41

    運動強度(%Vo2max)と心拍数との間には高い相関関係がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 42

    主観的運動強度(RPE)は、20段階のスケールからなっている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 43

    レペティショントレーニングとは、一定のスピードを維持して走る方法をさす。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 44

    インターバルトレーニングとは、最大酸素摂取量を超える強度での30~90秒の運動と、長い休息を反復する運動形態である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 45

    ファルトレクトレーニングは、森や野原など野外で自然の地形を利用して走るトレーニング形態である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 46

    構えの姿勢において、下腿前傾角度が不十分な場合は、腰椎前弯が増強することもある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 47

    着地動作では、腰椎に加わる床反力を吸収するために、下肢の各関節が十分に機能することが必要となる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 48

    バレーボールのアタック動作のように、上肢を振り上げた際、腰椎に過度な前弯を生じて、伸展型腰痛となることがある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 49

    スクラム動作では腰椎前弯をできるだけ強めて安定化を図る。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 50

    あたり動作では、瞬時に体幹の剛性を高めることが必要になるため、腹筋群と肩甲帯周囲筋群の緊張も重要である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 51

    血圧は、コンディションのセルフコントロールでの評価指標として正しい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 52

    運動負荷テストは、コンディションのセルフコントロールでの評価指標として正しい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 53

    尿潜血チェックは、コンディションのセルフコントロールでの評価指標として正しい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 54

    血液検査は、コンディションのセルフコントロールでの評価指標として正しい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 55

    心拍数 は、コンディションのセルフコントロールでの評価指標として正しい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 56

    円背とは胸椎部の前弯が増強した姿勢である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 57

    基本的立位姿勢では前腕は回外位とする。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 58

    前額面での理想的な姿勢は、乳様突起、椎骨棘突起、殿裂、両膝関節内側の中点が垂直に並ぶ。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 59

    体位とは身体が重力の方向とどのような位置関係にあるのかを示す用語である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 60

    重心を通る相互に直交する面は、基本前額面、基本矢状面、基本重心面である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 61

    ラグビーのプレー中、タックルをされて発生する外傷としては足関節捻挫、膝内側側副靱帯損傷が多い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 62

    タックルをして発生する外傷は頚部捻挫が多い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 63

    スクラムでは腰痛が発生することが多い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 64

    タックル動作の問題として、体幹機能の低下に起因する外傷が発生することもある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 65

    下肢外傷の予防のために、カッティング動作では歩幅を広げた方が良い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 66

    アスレティックトレーナーの具体的な日々の業務内容は、時間の経過による影響を受けない不変のものである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 67

    アスレティックトレーナーチームは、複数のアスレティックトレーナーが関わることで人材育成の使命も持つ。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 68

    スポーツチームの中で、アスレティックトレーナーチームは、チームとは独立して活動する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 69

    トレーナー室は、アスレティックトレーナー活動の中心となるため、チーム活動が行われている施設内に設置される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 70

    チームでは、メンバー間のコミュニケーションが重要となる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 71

    アジリティトレーニングについて、直線的な素早さよりも、急激なストップやターンを向上させるトレーニングである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 72

    アジリティトレーニングについて、ラダー種目を行う場合は、足元に意識を集中させるようにする。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 73

    アジリティトレーニングについて、多様な刺激に対するリアクション能力など総合的な能力の改善も必要となる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 74

    アジリティトレーニングについて、ただ素早くだけでなく、正しい姿勢、効率のよいステップワークを意識して行うことが重要である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 75

    アジリティトレーニングについて、リアクションを早くするためには、反応や予測よりも 1 歩 1 歩のステップに意識を集中させることが重要となる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 76

    水中立位時の水深と荷重負荷率は、鎖骨部では ― 10%

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 77

    水中立位時の水深と荷重負荷率について、剣状突起部では ― 30%

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 78

    水中立位時の水深と荷重負荷率について、恥骨部では ― 50%

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 79

    水中立位時の水深と荷重負荷率について、大腿部では ― 90%

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 80

    水中立位時の水深と荷重負荷率について、下腿部では ― 100%

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 81

    腫脹はPalpation(触察)で評価される項目である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 82

    変色はPalpation(触察)で評価される項目である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 83

    変形はPalpation(触察)で評価される項目である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 84

    出血はPalpation(触察)で評価される項目である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 85

    熱感はPalpation(触察)で評価される項目である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 86

    徒手筋力検査について、客観的検査法であり、かつ個々の筋力を検査できることに意義がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 87

    徒手筋力検査は 6 段階で判定する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 88

    徒手筋力検査について、検査に際しては原則として抑止テスト(break test)を用いる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 89

    徒手筋力検査について、検査に用いる運動範囲とは、関節可動域測定の参考可動域とは異なる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 90

    徒手筋力検査について、全ての段階づけで、「+」、「-」の付記は避けるべきである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 91

    テーピングにおける注意事項として、腫れのある部位に行う場合、腫れが増さぬよう患部全体を包み強めに圧迫する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 92

    予防・再発予防を目的とした運動時のテーピングは、一般に 3~4 時間を適用時間の限度とする。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 93

    テーピングを正確に行えば神経障害を引き起こすことはほとんどない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 94

    テーピングを行う部分の筋腱を弛緩させ循環障害予防を行う。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 95

    テーピングにおける注意事項として、テープを剥がす際は、皮膚に影響を与えないように一気に剥がす。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 96

    急性腰痛により、神経根症状が認められる場合には、専門医療機関の受診を要する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 97

    屈曲型腰痛の原因として、殿筋群やハムストリングスの短縮を挙げることができる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 98

    伸展型腰痛の原因として、腸腰筋や大腿直筋などの股関節屈曲筋群の短縮を挙げることができる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 99

    伸展型腰痛は腹筋群の緊張不十分による腰椎後弯の増加が原因となる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 100

    回旋型腰痛の発生には股関節運動は関係しない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 101

    等尺性運動は、関節運動はなく筋長は変化しない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 102

    等尺性運動には、求心性運動と遠心性運動が含まれる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 103

    遠心性運動は、筋は伸張されながら張力を発揮する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 104

    等速性運動には、求心性運動と等尺性運動が含まれる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 105

    等速性運動は、筋収縮速度が一定のものである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 106

    クーリングダウンの効果について、主運動によって産生された水素を除去する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 107

    クーリングダウンの効果について、主運動によって産生されたアンモニアを除去する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 108

    クーリングダウンの効果について、主運動によって産生された乳酸を再利用する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 109

    クーリングダウンの効果について、主運動によって産生された二酸化炭素を再利用する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 110

    クーリングダウンの効果について、主運動によってアルカリ性に傾いた筋内 pH を戻す。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 111

    陸上競技におけるリハビリテーションについて、ヒップリフトでは、ハムストリングスと殿筋を主に働かせる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 112

    疾走スピードを高めるためには、足関節底屈筋・膝関節伸展筋・股関節伸展筋の筋力を高める。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 113

    陸上競技におけるリハビリテーションについて、走り幅跳びでは、全力疾走可能を前提として、急激にストップできることが求められる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 114

    陸上競技におけるリハビリテーションについて、長距離走では、ジョギングレベルのスピードでトラックを回ることから導入する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 115

    陸上競技におけるリハビリテーションについて走り幅跳びでは、全力疾走からスピードを上方へ変換することが求められる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 116

    1 次救命処置の実施はアスレティックトレーナーの資格を保有している者に限られる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 117

    救急処置は必ず医師の指示を受けて行う。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 118

    救急処置におけるアスレティックトレーナーの役割について、最初に死亡しているかどうかを確認する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 119

    救急処置におけるアスレティックトレーナーの役割について、傷病者の状態をより悪化させないことを目的として行う。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 120

    救急処置を迅速に行うためには救急体制を計画し、リハーサルをしておく。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 121

    関節弛緩性とは運動方向は正常であるが、過剰な可動性を有している場合をいう。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 122

    関節弛緩性の原因には、先天性、外傷性、競技特性によるものなどがある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 123

    関節弛緩性検査について、足関節の背屈が 20°以上ある場合を+と判定する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 124

    関節弛緩性検査について、一般にヒトの関節は男性に比べ、女性の方が柔軟性を有していることが多い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 125

    東大式全身弛緩性テストは、全身の6大関節+脊柱を加えた7項目について検査する方法である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 126

    エンデュランストレーニングは、最大酸素摂取量や無酸素性作業閾値を改善することがねらいとなる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 127

    スプリントトレーニングは、最大あるいは最大に近いスピードを長時間にわたって発揮する能力を高めることがねらいとなる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 128

    エンデュランスとは持久性のことであり、比較的強度の低い運動を長時間にわたって持続するために重要な体力要因である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 129

    スプリント力を高めるためには、体力要因の改善に加えて、合目的性、効率性も要求され、フォームに注意を払う必要がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 130

    インターバルトレーニングは、高強度の運動と完全休息を交互に繰り返すものである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 131

    乳酸性作業閾値(LT)とは、安静時から徐々に負荷を上げていく際、急激に血中乳酸濃度が上がるポイントのことである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 132

    乳酸性作業閾値(LT)は血中乳酸値が 4mmol に達する強度を意味する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 133

    乳酸性作業閾値(LT) 以下の運動強度では、主に無酸素的エネルギー供給機構が働く。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 134

    乳酸性作業閾値(LT)は運動中の血中ヘモグロビン濃度を測定することで評価することができる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 135

    乳酸性作業閾値(LT)強度を超える運動強度では、水素イオンが増えることによる酸性化を防具ため、血中二酸化炭素濃度が上昇する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 136

    腹臥位での股関節外旋筋群のスタティックストレッチング(パートナー)について、膝関節 90°屈曲位でゆっくり股関節を外旋する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 137

    腹臥位での股関節外旋筋群のスタティックストレッチング(パートナー)について、腰椎が捻転し、骨盤が床から離れないように、伸張する側の反対の臀部を押さえる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 138

    腹臥位での股関節外旋筋群のスタティックストレッチング(パートナー)について、痛みが生生じないように伸張強度に配慮して行う。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 139

    腹臥位での股関節外旋筋群のスタティックストレッチング(パートナー)について、筋の伸張時間は 5 秒程度であり、それ以上の伸張時間は必要としない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 140

    腹臥位での股関節外旋筋群のスタティックストレッチング(パートナー)について、反動や弾みをつけて行う。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 141

    敏捷性とは、身体の一部や身体全体を敏速に動かす、または切り替える能力と示すことができる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 142

    協調性とは、ある運動や動作を円滑に遂行するために、一つのまたは複数の関節を効率よく動かす能力といえる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 143

    敏捷性や協調性について、直線走と方向転換走の移動距離を同じにして、そのタイム差を協調性の評価とする方法もある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 144

    敏捷性や協調性について、Tテストやステップ50のような方向転換走は、協調性の要素も含まれる敏捷性のテストといえる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 145

    敏捷性や協調性について、競技特有の敏捷性を評価する場合においても、反復横跳ビなど基本的な測定項目は必ず行う必要がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 146

    アスレティックトレーナーは 1 次救命処置を行うことができる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 147

    アスレティックトレーナーは 2 次救命処置を行うことができる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 148

    応急手当とは市民により行われる止血法も含まれる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 149

    自動体外式除細動器(AED)の使用は 2 次救命処置に分類される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 150

    異物で窒息をきたした場合の気道異物除去は、2 次救命処置に分類される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 151

    WBGT (wet-bulb globe temperature:湿球黒球温度)の測定因子には、湿度がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 152

    WBGT (wet-bulb globe temperature:湿球黒球温度)の測定因子には、気流がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 153

    WBGT (wet-bulb globe temperature:湿球黒球温度)の測定因子には、輻射熱がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 154

    WBGT (wet-bulb globe temperature:湿球黒球温度)の測定因子には、風速がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 155

    WBGT (wet-bulb globe temperature:湿球黒球温度)の測定因子には、気温がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 156

    全身反応時間テストは、光刺激に反応し、踵がマットから離れるまでの時間を計測する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 157

    立位ステッピングテストでは、側方へのステップ幅を評価する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 158

    反復横とびでは、サイドステップの切り返しの素早さを評価する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 159

    ステップ 50 では、短距離走などに必要な敏捷性を評価することができる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 160

    シャトルラン(10m を2往復半だッシュ)と50m走とのタイム差が小さいほど協調性が低いといえる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 161

    アクティブ(活動的)なウォーミングアップでは、各競技における無酸素系の基本運動を中心に行う。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 162

    アクティブ(活動的)なウォーミングアップは、競技特性に合わせた要素を取り入れると効果が高い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 163

    アクティブ(活動的)なウォーミングアップは、能動的に身体を動かし、身体内面から体温を上げる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 164

    アクティブ(活動的)なウォーミングアップは、ストレッチングや体操も含まれる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 165

    アクティブ(活動的)なウォーミングアップは、パッシブ(他動的)なウォーミングアップの補助として行う。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 166

    超音波療法で、温熱効果を目的とする場合にはパルス波を用いる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 167

    超音波療法では、気泡が潰れてしまうような不安定なキャビテーションが生じないよう配慮することが大切である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 168

    超音波療法で、カップリング剤を用いる場合には、できるだけ気泡を多く含んだものを使用すると効果的である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 169

    超音波療法では、できるだけビーム不均等率が高いトランスでューサーを使用することが望ましい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 170

    超音波療法の際、内固定術でプレートなど金属が使用されている場合には、使用を避ける。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 171

    走動作のフォロースルーの前の位相はテイクオフである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 172

    走動作のサポート期はフォロースルー、フォワードスイング、フットストライクの3相に分けられる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 173

    走動作のリカバリー期はフォロースルー、フォワードスイング、フットストライクの3相に分けられる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 174

    走動作のフォロースルーはフォワードスイングの次の位相である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 175

    走動作のサポート期はフットストライク、ミッドサポート、テイクオフの 3 相に分けられる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 176

    装具の使用目的には、変形の予防・矯正、病的組織の保護、失われた機能の代償・補助などがある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 177

    足関節捻挫用のrigid typeの装具は、硬性支柱が内外果を側方から固定するため、足関節をしっかりガードしたい場合などに用いる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 178

    足関節捻挫用のsemi rigid typeの装具は装着感に優れるが、rigid typeの装具より制動効果が落ちるため使用頻度は低くなる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 179

    ネックカラーは頚部運動を制限する目的とした頚部周囲に巻くタイプの装具で、頚椎屈曲・伸展・側屈および回旋が制動される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 180

    バックハンドストロークが原因のテニス肘に対しては、テニス肘バンドのパッドが上腕骨外側上顆に付着する筋腱を圧迫するように装着する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 181

    方向転換動作には、身体方向の転換と進行方向の転換がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 182

    方向転換について走行スピードが速いほど、身体に加わる慣性は小さい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 183

    方向転換の角度変化が大きいほど、身体に加わる力は小さい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 184

    回転半径は身体に加わる遠心力とは関係しない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 185

    方向転換の際、慣性が大きいほど、バランスが崩れやすい傾向にある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 186

    肩関節前方脱臼の術後(鏡視下 Bankart 法)リハビリテーションでは、肩関節固定の期間中から腱板筋などに電気刺激による筋収縮を実施する必要がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 187

    肩関節前方脱臼の術後(鏡視下 Bankart 法)は、可動域の獲得を優先し、外転方向から開始する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 188

    肩関節前方脱臼の術後(鏡視下 Bankart 法)6週頃より腱板筋の筋力トレーニングを軽負荷で開始する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 189

    肩関節前方脱臼の術後(鏡視下 Bankart 法)のリハビリテーションでは肩関節後方構成体へのストレスを最小限にする。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 190

    肩関節前方脱臼の術後(鏡視下 Bankart 法)のリハビリテーションの際、スポーツ動作で過度の外旋が強制されないように、動作指導も重要となる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 191

    POMSは、オーバートレーニングや精神的コンディションにおける心因的因子の評価に用いられる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 192

    TMDは、オーバートレーニングや精神的コンディションにおける心因的因子の評価に用いられる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 193

    PCIは、オーバートレーニングや精神的コンディションにおける心因的因子の評価に用いられる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 194

    Borg指数は、オーバートレーニングや精神的コンディションにおける心因的因子の評価に用いられる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 195

    SAIDは、オーバートレーニングや精神的コンディションにおける心因的因子の評価に用いられる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 196

    方向転換動作の際、前方へのランニングからのストップ動作では、体幹部に前方への慣性が働く。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 197

    方向転換時には体幹の回旋を伴うが、直立時の方が身体の回転は遅くなる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 198

    ストップ・方向転換動作の際、前方へのランニングからのストップ動作では、体幹後方筋群が働かないと体幹のあおり動作が出現する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 199

    ストップ・方向転換動作の際、両脚を前後に広くスタンスをとるストップ動作時には後方の下肢に多くの減速力が加わる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 200

    股関節外転筋の機能低下は、トレンデレンブルグ肢位の誘因にもなる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 201

    スケートの選手の多くは腰痛を経験しているため、コアスタビライゼーションなどの再発予防を意図したエクササイズが重要となる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 202

    スピードスケート競技者は腰部を強く屈曲した姿勢を維持するため、腰背筋群には常に緊張がかかり、腹筋群は短縮傾向にある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 203

    ショートトラック競技者では、下肢の外傷・障害の他に、転倒による切創も多くみられる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 204

    スケート競技者にみられる腰椎椎間板の変性は、女性競技者にみられることが多い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 205

    フィギュアスケート競技者は、下肢の外傷・障害よりも腰痛症などの過労性障害が圧倒的に多い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 206

    あたり動作のバイオメカニクスについて、人体の衝突においては、体重が重くて速い競技者の方が強くあたることができる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 207

    あたり動作のバイオメカニクスについて、力学的な強いあたりはスポーツにおける優れたあたりと一致する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 208

    あたり動作のバイオメカニクスについて、体重が軽くても、速い速度であたることによって重い競技者に勝つことができる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 209

    あたり動作のバイオメカニクスについて、人と人が衝突するとき、人体は相手に伝達する力以上の反作用を受け取る。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 210

    あたり動作のバイオメカニクスについて、あたりの瞬間の重心が低いと重心が上方に移動し、推進力が得られにくくなる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 211

    敏捷性の体力測定の方法は垂直跳びである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 212

    筋力の体力測定の方法は握力である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 213

    全身持久力の体力測定の方法は反復横跳びである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 214

    柔軟性の体力測定の方法は長座体前屈である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 215

    筋パワーの体力測定の方法は背筋力である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 216

    柔道の外傷発生について、上肢外傷の発生機転で多いものは相手に倒された時がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 217

    柔道の外傷発生について、肩から落下した場合、直達外力で肩関節前方脱臼を生じることが多い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 218

    柔道の外傷発生について、下肢外傷は相手を投げようとした際、軸足に発生することは少ない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 219

    柔道の外傷発生について、手を強く着いた場合でも、肘関節脱臼は発生しにくい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 220

    柔道の外傷発生について、足部を固定された状態で膝外側から外力が加わると、足関節は外反強制される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 221

    ハムストリングスはフットディセントで遠心性に収縮し、サポート期では求心性に収縮するため、この切り返しで肉ばなれが起こることがある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 222

    骨盤後傾などで後方重心になると、膝蓋腱に強い伸張ストレスが加わる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 223

    ミッドサポートからテイクオフにかけての股関節屈曲運動を、腰椎伸展運動で代償することにより腰痛が発生する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 224

    サポート期に knee-in & toe-out を呈している場合は、シンスプリントの発生につながることがある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 225

    テイクオフからフォロースルーにかけて股関節内転、内旋が強くなるフォームは、腸脛靭帯炎の発生につながることがある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 226

    易疲労性疾患は、筋力エクササイズが禁止される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 227

    廃用性筋萎縮は、筋力エクササイズが禁止される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 228

    腫脹や疼痛のある部位では、筋力エクササイズが禁止される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 229

    炎症の急性期では、筋力エクササイズが禁止される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 230

    末梢神経障害は、筋力エクササイズが禁止される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 231

    対人関係は、コンディショニングの要素である身体的因子である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 232

    身体組成は、コンディショニングの要素である身体的因子である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 233

    技術は、コンディショニングの要素である身体的因子である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 234

    高所順化は、コンディショニングの要素である身体的因子である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 235

    筋力は、コンディショニングの要素である身体的因子である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 236

    バレーボール選手の外傷・障害について、ジャンプの踏み込み動作で、膝が外反することで膝蓋靱帯炎(内側型)になりやすい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 237

    バレーボール選手の外傷・障害について、踏み込み動作では、つま先から踏み込んだ方が膝関節への負担が大きくなりやすい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 238

    バレーボール選手の外傷・障害について、大腿直筋の短縮が膝蓋靱帯炎の発生に関係することはない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 239

    バレーボール選手の外傷・障害について、膝蓋靱帯炎による荷重時の痛みはランジ動作などで確認できる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 240

    バレーボール選手の外傷・障害について、下腿前傾が不十分な競技者に対しては、足関節底屈制限の有無を確認する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 241

    熱傷した際には、一刻も早く冷却することが望ましい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 242

    熱傷について衣類の上から熱湯をかぶった際は、無理に衣類を脱がさず衣類の上から冷却する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 243

    熱傷について、III度熱傷では、患部に強い痛みがある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 244

    熱傷について成人の熱傷面積を判断する際は、身体背面で 9%と算定する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 245

    熱傷について体表の30%を超える重症熱傷の際には、ショック状態を引き起こす可能性もある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

56585

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ