zuknow learn together

新しい教材を作成

AT H27 基礎(1~50)

カード 246枚 作成者: AT KnowHow Master (作成日: 2016/09/10)

  • 発育・加齢による身体の生理学的変化について、最大筋力は思春期以降、急激に増加する。

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

詳細はありません

公開範囲:

公開

言語:

  • カード表 : 日本語
  • カード裏 : 日本語
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    発育・加齢による身体の生理学的変化について、最大筋力は思春期以降、急激に増加する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 2

    発育・加齢による身体の生理学的変化について、加齢による筋線維萎縮は、速筋線維よりも遅筋線維において顕著である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 3

    発育・加齢による身体の生理学的変化について、高齢者でも、高強度筋力トレーニングを行うことにより筋横断面積が増加する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 4

    発育・加齢による身体の生理学的変化について、持久性トレーニングは、思春期以前より思春期以後の方が効果を得やすい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 5

    発育・加齢による身体の生理学的変化について、加齢にともない速筋線維を支配する運動ニューロンは減少する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 6

    ギオン管症候群について、橈骨神経の急性・慢性圧迫により発症する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 7

    ギオン管症候群について、野球(捕手)やラケットを使用するスポーツにみられる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 8

    ギオン管症候群について、環指尺側と小指掌側の知覚障害を認める。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 9

    ギオン管症候群について、ギオン管におけるチネル様徴候がみられる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 10

    ギオン管症候群について、野球の捕手の場合、キャッチャーミットのパッドを厚くすることも治療として有効である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 11

    厚生労働省では、サプリメントを「食品」と分類している。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 12

    サプリメントは、健康増進や疾病予防の目的としては使用されない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 13

    サプリメントについて、栄養エルゴジェニックとして市販されているものは、基準となる必要量が明確である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 14

    サプリメントについて、栄養機能食品には、栄養成分含有表示や栄養成分機能表示が義務づけられている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 15

    サプリメントは医薬品ではないため、具体的な服用量や服用時間の表示は規制されている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 16

    脳振とうについて、意識消失は必発の症状である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 17

    脳振とうについて、試合前後の記憶がないこと(健忘)も含まれる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 18

    脳振とうについて、一度起こした競技者は再び起こす危険性が高くなる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 19

    脳振とうについて、意識状態が悪い場合は、すぐに心肺蘇生法を開始する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 20

    脳振とうについて、ラグビーでは、全外傷の約 15~17%が脳振とうといわれている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 21

    人体の主要な関節では、てこを利用することで、筋が発揮した力よりも大きな力を外部に作用させることができる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 22

    筋力発揮のメカニズムについて、筋は関節をまたいで隣接する骨に付着しているため、関節の回転を起こしにくい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 23

    筋力発揮のメカニズムについて、筋は伸張性収縮よりも等尺性収縮のほうが大きな力を発揮できる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 24

    筋力発揮のメカニズムについて、筋原線維は、長く引き伸ばされた状態であるほど大きな力を発揮できる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 25

    筋力発揮のメカニズムについて、骨格筋と心筋に特有の縞模様から、両者を横紋筋と呼ぶ。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 26

    頚椎椎間板ヘルニアについて、頚椎椎間板の髄核が線維輪を破って脊柱管内に突出し発症する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 27

    頚椎椎間板ヘルニアについて、第 3 頚椎・第 4 頚椎間(C3/4)に好発する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 28

    頚椎椎間板ヘルニアについて、神経根を圧迫し脊髄障害を呈することが多い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 29

    頚椎椎間板ヘルニアについて、脊髄障害を呈し、症状が進行する場合には手術加療を考慮する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 30

    頚椎椎間板ヘルニアについて、C6/7 高位の椎間板ヘルニアの場合、母指・示指にしびれを呈することが多い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 31

    海外遠征時に注意すべき感染症について、旅行者下痢症は速やかに下痢止めを使用して脱水を予防する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 32

    海外遠征時に注意すべき感染症について、狂犬病はイヌ以外に、コウモリ、キツネなども感染源になることがある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 33

    海外遠征時に注意すべき感染症について、マラリアは、蚊が媒介するマラリア原虫が体内に入って感染する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 34

    海外遠征時に注意すべき感染症について、破傷風は日本で発生することはないが、海外遠征時には注意を要する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 35

    海外遠征時に注意すべき感染症について、日本でのノロウィルス発生は夏季に多いが、海外では通年にわたり頻度の高い感染症である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 36

    手根管症候群について、手関節の掌背屈を繰り返して行う競技で発症しやすい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 37

    手根管症候群について、Phalen テストでは陽性を示す。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 38

    手根管症候群について、ウエイトリフティングの選手では、虫様筋の肥厚により手根管内圧が上昇して発症する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 39

    手根管症候群について、手根管内圧が上昇して、最終的に尺骨神経が圧迫されて発症する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 40

    手根管症候群について、母指、示指、中指、環指橈側の疼痛としびれを認める。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 41

    運動負荷試験結果の判定基準について、運動負荷心電図の判定で最も重要な変化は R‐R 間隔である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 42

    運動負荷試験結果の判定基準について、ST 下降が出現しても右上向型の場合には心筋虚血の可能性が低い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 43

    運動負荷試験結果の判定基準について、運動負荷を中止してから 3 分以上経過しても有意な ST 下降が認められる場合、真の心筋虚血を疑う。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 44

    運動負荷試験結果の判定基準について、安静時に不整脈を有し、運動負荷によりその不整脈が消失あるいは減少した場合、その不整脈の重症度は高いと考えられている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 45

    運動負荷試験結果の判定基準について、運動負荷中の収縮期血圧が高くても安静時血圧が正常であれば問題とされない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 46

    膝靭帯損傷について、後十字靭帯(PCL)損傷は非接触で損傷することが多い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 47

    膝靭帯損傷について、PCL 損傷の保存的治療では、膝伸展筋群の筋力強化が重要である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 48

    膝靭帯損傷について、PCL 損傷は保存的治療が第一選択であるが、手術をすることもある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 49

    膝靭帯損傷について、内側側副靭帯(MCL)損傷の診断には、内反ストレステストが有用である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 50

    膝靭帯損傷について、MCL 損傷新鮮例の場合、合併十字靭帯損傷があれば手術をすることがある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 51

    アイソメトリックトレーニングでは、関節角度により発揮される筋力が異なる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 52

    アイソメトリックトレーニングでは、負荷強度の設定と確認が難しい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 53

    アイソトニックトレーニングでは、動作の開始から終了まで一定の負荷が筋に与えられる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 54

    アイソトニックトレーニングでは、負荷強度と繰り返し数を設定しやすい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 55

    アイソキネティックトレーニングでは、専用の機器や装置を必要としない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 56

    肘関節周辺には橈骨神経、正中神経および尺骨神経の3本が走行している。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 57

    橈骨神経は、前腕回内屈曲筋群を支配する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 58

    肘部管症候群では、変形性肘関節症と尺骨神経脱臼が代表的原因である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 59

    Tinel徴候とは、神経障害部位より末梢に筋力低下と疼痛がみられることである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 60

    神経障害により筋萎縮が生じると、回復が困難であるため早期の対処が必要である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 61

    海外遠征時、概日リズムの乱れは、飛行時間が同じでも、西向きに比べ、東向きのほうが大きい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 62

    時差・海外遠征時について、航空機内で訴える不快症状は、胸痛や動悸が多い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 63

    時差・海外遠征時について、概日リズムの乱れを解消するため、到着直後にまず睡眠をとることが必須である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 64

    時差・海外遠征時について、ドクターが帯同しない場合も、出発前に指示を受け、処方箋により購入できる医薬品を準備することが原則である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 65

    航空機内の長時間の座位などにより、下肢動脈血のうっ滞から血栓が生じる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 66

    オーバートレーニングについて、トレーニングにおける過負荷の原理と同義である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 67

    オーバートレーニングについて、慢性的な疲労状態をつくりだし、競技力を低下させる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 68

    オーバートレーニングが原因で疾病にかかることがある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 69

    運動中の血中乳酸濃度は、オーバートレーニング状態の指標になりえない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 70

    オーバートレーニングを防ぐには、トレーニングの負荷強度と所要時間のいずれかを見直す必要がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 71

    手根骨骨折について、有鉤骨骨折が最も多い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 72

    手根骨骨折について、舟状骨骨折は、野球では空振りやファールチップした際にグリップエンドがあたり発生する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 73

    手根骨骨折について、ゴルフでは地面をたたいた際に舟状骨骨折が発生する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 74

    手根骨骨折について、保存療法では長期間の固定を要する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 75

    手根骨骨折について、病態評価はCT撮影が用いられる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 76

    試合当日の食事について、筋肉と肝臓のグリコーゲンの蓄積を最大に維持するために、高タンパク質食とする。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 77

    試合当日の食事について、実力が発揮できるように、時間や量などについて食事のスタイルを作っておくことが大切である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 78

    試合当日の食事について、サプリメントの使用は避けるべきである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 79

    試合の開始時刻によって、食事をとる時刻、間食、補食の計画を立てる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 80

    試合当日の食事について、消化に時間のかかる食品や調理法を避けるべきである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 81

    女性競技者の注意すべき障害として、摂食障害、月経異常、骨粗鬆症がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 82

    性別による筋力トレーニングの効果の差には性ホルモンは関係しない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 83

    女性競技者では、続発性無月経が多い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 84

    体脂肪率は、月経異常と関係しない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 85

    女性競技者は、男性競技者と比べ鉄欠乏性貧血になりやすい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 86

    バーナー症候群について、上肢から指先にかけて放散痛が生じる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 87

    バーナー症候群について、アメリカンフットボール選手やラグビー選手に好発する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 88

    損傷部位は脊髄、神経根、腕神経叢、肩甲下神経と様々である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 89

    バーナー症候群について、頚椎の脊柱管狭窄状態が原因となることがある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 90

    バーナー症候群について、頚部圧迫テストと牽引テストがともに陽性を示す。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 91

    B型肝炎の感染経路は血液や体液である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 92

    非接触スポーツと接触スポーツにおいてB型肝炎ウィルスの既感染率はほとんど変わらない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 93

    急性肝炎で症状がみられる間は運動禁止である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 94

    C型肝炎の約80%は自然治癒する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 95

    B型肝炎ウィルスキャリアでは肝障害がなければスポーツを行ってよい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 96

    上腕骨外側上顆炎について、成長期に特徴的で、成人にみられることはない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 97

    上腕骨外側上顆炎について、上腕骨内側上顆炎より多い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 98

    上腕骨外側上顆炎について、手関節背屈への抵抗で疼痛をきたす。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 99

    上腕骨外側上顆炎について、Chair test は陰性である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 100

    上腕骨外側上顆炎について、手術治療を要することが多い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 101

    エクササイズは直前の運動疲労による影響を避けるため、小筋群から大筋群へと配列されることが望ましい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 102

    トレーニング量とは、負荷、反復回数およびセット数を合計したものを呼ぶ。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 103

    筋肥大を目標とする場合、85%1RM 程度の負荷を用いるのが効果的である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 104

    筋肥大を目標とする場合、セット間において十分な休息が必要である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 105

    スプリットルーティン法を採用することで、トレーニング頻度を高めることが可能となる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 106

    高所転落により胸腰椎移行部を骨折しやすい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 107

    腰椎の圧迫骨折により腰髄損傷が生じる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 108

    頚髄損傷の発生要因で最も多いのは水中への飛び込みである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 109

    アメリカンフットボールの spearing タックルは胸髄損傷を起こしやすい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 110

    頚部脊柱管狭窄を有する選手は頚髄症の危険性が高い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 111

    鉄欠乏性貧血について、免疫異常が原因であり、女性競技者に多くみられる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 112

    鉄欠乏性貧血について、運動能力低下は、筋肉から二酸化炭素除去が低下するためである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 113

    鉄欠乏性貧血について、非貧血時と比較して、一般的に心拍出量は増加する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 114

    鉄欠乏性貧血について、治療として、通常は注射鉄剤を使用する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 115

    鉄欠乏性貧血について、体内貯蔵鉄を示す血清フェリチンは、ヘモグロビン濃度よりも先に低下する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 116

    一本の運動神経が支配するのは、一本の筋線維である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 117

    神経支配比の小さな運動単位は、細かい運動の調整に向いている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 118

    全身反応時間が短縮する要因は、電気信号が神経を伝わるスピードの向上である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 119

    大声を出すと神経細胞の興奮を高めて大きな筋収縮力を発揮することができる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 120

    運動神経の1回の興奮に対して、筋収縮が持続する時間は数秒間である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 121

    全身関節弛緩性について、指尖床間距離(FFD)がゼロの場合は陽性とする。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 122

    全身関節弛緩性について、後天的要素により決定される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 123

    全身関節弛緩性テストは、7 点満点で評価する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 124

    全身関節弛緩性について、競技特性と関連性がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 125

    全身関節弛緩性について、スポーツ外傷・障害のリスク要因とはならない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 126

    サーキットトレーニングについて、全体の負荷は、インターバルによってもコントロールされる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 127

    サーキットトレーニングについて、一般的体力向上に対して有効である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 128

    サーキットトレーニングについて、下肢筋群で代謝産物として産生された乳酸を、上肢筋群でエネルギーとして活用するなども目的のひとつである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 129

    サーキットトレーニングについて、反復回数の決め方は、各種目の最大反復回数の 2/3 とするのが一般的である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 130

    サーキットトレーニングについて、無酸素的な負荷の運動を比較的短い回復でつなぎ、個々の運動強度を高く設定する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 131

    投球障害肩について、投球動作におけるスムースな運動連鎖の破綻により肩甲胸郭関節に過剰な負荷がかかった状態である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 132

    投球障害肩について、下肢や胸郭の柔軟性低下など、肩以外の機能不全がみられる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 133

    投球障害肩について、腱板や関節唇などの器質的病変がないことが特徴である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 134

    投球障害肩について、運動療法による治療は効果が尐ない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 135

    投球障害肩について、インターナルインヒンジメントはまれである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 136

    着地の瞬間にタイミングよく膝を曲げ、クッションを使うと力積を小さくすることができる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 137

    膝を伸ばしたまま飛び降りると力積が大きくなる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 138

    着地の瞬間にタイミングよく膝を曲げ、クッションを使うと地面反力の作用時間を短く することができる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 139

    膝を伸ばしたまま飛び降りると地面反力の作用時間が短くなる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 140

    着地の瞬間にタイミングよく膝を曲げ、クッションを使っても衝撃力は一定である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 141

    顔面外傷について、顔面骨のエックス線正面像だけでは骨折の有無を把握できない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 142

    顔面は血流が豊富なため出血が多く、治癒に時間がかかる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 143

    顔面外傷では、頭蓋内の損傷や眼球損傷の治療を優先する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 144

    上顎・下顎骨折では気道閉塞の恐れがあるので、早期に気管切開を必要とすることがある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 145

    ボクシングなどで使用するマウスガードは、頬骨骨折を防ぐ効果がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 146

    熱けいれんの主たる病態は、Na 欠乏性脱水である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 147

    熱中症発生までの運動時間は 8 割が 2 時間以上である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 148

    熱中症の処置について、現場で救急処置を行うには熱射病か熱疲労かの鑑別が問題となる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 149

    熱中症の予防について、運動前後の体重減少が 12%以内におさまるように水分補給を行うのがよい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 150

    熱中症の予防について、WGT (湿球黒球温度)25°では、熱中症の危険は小さい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 151

    腰椎分離症の好発年齢は 30~40 歳である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 152

    腰椎分離症の単純エックス線撮影像の特徴的な所見として、正面像で「テリアの首輪」 がみられる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 153

    腰椎分離症の臨床症状として、腰椎の後屈より前屈で痛みが増強することが多い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 154

    筋・筋膜性腰痛症は、画像上の特異的所見がみられず、神経学的検査は必要ない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 155

    筋・筋膜性腰痛症が想定される発痛部位には、筋・筋膜以外に棘上靭帯や棘間靭帯も含まれる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 156

    パワーと筋力は同じ意味である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 157

    パワーは単位時間当たりの仕事である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 158

    パワーは力と速度の積として計算される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 159

    パワーは力を距離で除したものである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 160

    速度がゼロならば、パワーはゼロ以外の値で一定となる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 161

    肩関節前方脱臼について、上腕骨頭後上方部の骨軟骨欠損を伴う。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 162

    肩関節前方脱臼について、初回脱臼年齢が高くなるほど、反復性への移行率が高まる

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 163

    反復性前方脱臼はローテータカフの強化により完治する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 164

    肩関節前方脱臼について、腕が体側よりも後ろに持っていかれて受傷する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 165

    肩関節前方脱臼について、手術療法後のコンタクトスポーツは困難である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 166

    1968 年以降のオリンピックでは正式にドーピング検査が実施されるようになった。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 167

    ドーピングによる副作用は自己責任から生じる問題なので、ドーピングを禁止する理由にはならない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 168

    国際的なドーピング防止活動は国際オリンピック委員会が統括している。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 169

    ドーピングについて、禁止物質や禁止方法を保有することはドーピングである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 170

    ドーピングについて、競技者に対して禁止物質の投与を企てることはドーピングである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 171

    足払いされて転ばないためには、重心を低くして構えたほうがよい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 172

    同じ体格の人間であれば、体重の重い方が姿勢の安定性は高い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 173

    同じ重心の高さであれば、基底面を広げることで安定する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 174

    子どもは相対的に身長が低いので、大人よりも安定して立っていることができる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 175

    地面に接する部分の面積が広ければ、重心位置がどこにあろうとも安定性は変わらない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 176

    足関節外側靭帯損傷について、足関節の軟骨損傷は合併しない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 177

    足関節外側靭帯損傷について、不安定性の診断でストレスエックス線撮影は不要である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 178

    足関節外側靭帯損傷について、新鮮損傷に対しては、まず保存治療が行われることが多い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 179

    足関節外側靭帯損傷について、前距腓靭帯の損傷が多い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 180

    足関節外側靭帯損傷について、中高年においては腓骨側の裂離型骨折を起こすことが多い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 181

    優れたピッチング動作の特徴について、体幹から上肢末端へとタイミング良く順番に加速していく様子がみられる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 182

    優れたピッチング動作の特徴について、体幹の投球方向へのひねり動作が肩関節外旋を生じさせる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 183

    優れたピッチング動作の特徴について、上腕三頭筋の強い収縮によって肘を素早く伸展させる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 184

    優れたピッチング動作の特徴について、手関節のスナップ動作には、手関節の筋力はあまり関与していない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 185

    優れたピッチング動作の特徴について、体幹から上肢へと力学的エネルギーが伝達される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 186

    膝前十字靭帯損傷は、膝を地面にうちつけて発生することが多い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 187

    膝前十字靭帯損傷は、大腿骨に対して脛骨が後方に亜脱臼する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 188

    膝前十字靭帯損傷は、外側半月板前節部損傷が合併しやすい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 189

    膝前十字靭帯損傷後に、放置したままのスポーツ活動は、関節症性変化をきたす誘因ともなる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 190

    膝前十字靭帯損傷の再建術の移植腱としては、半腱様筋や膝蓋腱を用いる場合が多い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 191

    水中では、体積の大きい人ほど浮力が小さい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 192

    水中であっても重力は変わらない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 193

    水中では、浮心と重心の位置が横にずれていると回転が起こる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 194

    水中での抵抗力は移動速度に比例して低下する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 195

    水中では、移動速度が大きいほど揚力が減少する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 196

    閉眼片足立ち時間は 20 歳をピークに加齢とともに低下する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 197

    高齢者では運動時の血圧上昇が起こりやすい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 198

    身体活動水準が異なっても加齢による最大心拍数の低下は同程度である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 199

    唾液中の SIgA(分泌型免疫グロブリン A)は、加齢とともに増加する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 200

    変形性膝関節症では、荷重が少ない水中運動が適している。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 201

    投球による肘関節内側側副靭帯損傷は、繰り返す微細損傷による靭帯変性が原因である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 202

    肘関節内側側副靭帯損傷の合併障害として、上腕骨外側上顆炎がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 203

    肘関節内側側副靭帯損傷の小児期の障害では、リトルリーグ肘とも呼ばれる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 204

    肘の外反ストレステストでは、肘関節の内側が開大し痛みを生じる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 205

    肘関節内側側副靭帯付着部の裂離骨折は偽関節になりやすい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 206

    物体は外力が作用しない限り静止し続けるか、等速直線運動をし続ける。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 207

    外力が作用したとき、物体はその質量に反比例し、力に比例する加速度を持つことを慣性の法則という。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 208

    2物体間に作用し合う力の方向は常に同じである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 209

    運動エネルギーは速度の2乗に比例する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 210

    質量と重量は同じ物理量である

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 211

    リスフラン靭帯とは第 2 と第 3 中足骨間の靭帯である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 212

    リスフラン靭帯損傷時にあまり痛みを訴えないことが特徴的である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 213

    リスフラン靭帯損傷では、荷重時の足部エックス線検査が有用である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 214

    リスフラン靭帯損傷は、治療において免荷は有効ではない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 215

    リスフラン靭帯損傷では、足底挿板の使用は避ける。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 216

    上気道から下気道にいたる急性炎症性気道疾患をかぜ症候群という。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 217

    かぜ症候群の多くは真菌感染によって起こる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 218

    かぜ症候群に対するワクチンはない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 219

    インフルエンザウイルスの主たる感染経路は飛沫感染である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 220

    運動量および強度が高いほど、上気道炎にかかるリスクは低い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 221

    1日の総エネルギー消費量は、基礎代謝量と食事誘発性熱産生の和である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 222

    摂取エネルギーが充足しているかをみる有効な指標の一つに食欲がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 223

    エネルギー消費量の測定方法には間接法、二重標識水法、心拍数法などがある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 224

    自身のエネルギー消費量を把握することは、身体組成の維持のためにも重要となる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 225

    身体活動レべル(PAL)は1日のエネルギー消費量を基礎代謝量で除した値である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 226

    成長期の野球肘について、変形性肘関節症は成長期に認められる野球肘の一つである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 227

    成長期の野球肘について、離断性骨軟骨炎は橈骨頭部の発生が最も多い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 228

    成長期の野球肘について、リトルリーグ肘は上腕骨内側上顆の靭帯付着部の障害である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 229

    成長期の野球肘について、成長期の野球肘は手術適応になる場合が多い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 230

    成長期の野球肘について、離断性骨軟骨炎は病期が進行すると関節遊離体(ネズミ)を生じることがある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 231

    跳動作のバイオメカニクスについて、垂直跳びの地面反力は常に重力とつり合っている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 232

    跳動作のバイオメカニクスについて、垂直跳びで重心の下向き速度が最大の時、地面反力は体重に等しい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 233

    跳動作のバイオメカニクスについて、ドロップジャンプの台の高さは着地後の跳躍高に影響を与えない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 234

    跳動作のバイオメカニクスについて、ホッピングでは下腿の筋腱複合体の伸張と短縮が繰り返される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 235

    跳動作のバイオメカニクスについて、重心の上昇高は、足が地面から離れた瞬間の速度には関係しない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 236

    鼻は顔の中で最も骨が硬いので、損傷を受けやすい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 237

    鼻出血の好発部位は後鼻部である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 238

    鼻出血で、鼻翼の圧迫でも効果がない場合、至急、後鼻腔に鼻タンポンを充填する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 239

    鼻骨骨折では鷲鼻や開口障害が特徴的である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 240

    鼻骨骨折は 3 日以内なら徒手整復が可能である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 241

    皮膚の外傷に対する処置の方法について、出血がある場合にはまず止血を行う。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 242

    皮膚の外傷に対する処置の方法について、消毒薬で傷口をきれいに洗う。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 243

    皮膚の外傷に対する処置の方法について、切り傷の場合にはテープで傷口を合わせる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 244

    皮膚の外傷に対する処置の方法について、皮膚の外傷に対する処置の方法について皮膚が欠損している場合には、ガーゼを使用して、早期に乾燥させる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 245

    皮膚の外傷に対する処置の方法について、爪を剥がした場合には、創傷被覆材で密封し、乾かないようにするとよい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 246

    足の変形について、 図と名称の組み合わせで 謝っているものはどれか?2つ選べ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • cとd

    解説

56554

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ