zuknow learn together

新しい教材を作成

検索技術者試験(サーチャー試験)3級

カード 112枚 作成者: 白石華菜恵 (作成日: 2016/09/09)

  • ADSL

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

検索技術者試験3級のテキストの用語集より。

公開範囲:

公開

言語:

  • カード表 : 日本語
  • カード裏 : 日本語
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    ADSL

    補足(例文と訳など)

    答え

    • (asymmetric Digital Subscriber Line)ADSLモデムを介してアナログ電話回線を利用し、デジタル信号を送受信するネット接続方式。

    解説

  • 2

    CATV

    補足(例文と訳など)

    答え

    • (cable television)ケーブルモデムを介してケーブルテレビ回線の空いている周波数帯を利用し、デジタル信号を送受信するネット接続方式。

    解説

  • 3

    Dos攻撃

    補足(例文と訳など)

    答え

    • (Denial of Service attack)大量のパケットを送り付けてサーバーに過負荷をかけ、機能を停止させる行為をいう。

    解説

  • 4

    DRM

    補足(例文と訳など)

    答え

    • (Digital Rights Management)デジタル著作権管理。デジタルデータの複製に制限をかけるための技術の総称のこと。不当な複製防止に役立つことから、多くのダウンロード系、パッケージ系商品に取り入れ垂れている。

    解説

  • 5

    e-文書法

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 法令により企業に神での保存が義務付けられている財産や税関関連などの書類等を、要件を満たすことにより電子データとして保存することを認める法律

    解説

  • 6

    FTP

    補足(例文と訳など)

    答え

    • (File Transfer Protocol)ネットワークでファイルの転送を行うための通信プロトコル。

    解説

  • 7

    FTTH

    補足(例文と訳など)

    答え

    • (Fiber To The Home)FTTHはONU(Optical Network Unit デジタル信号⇔光信号)を介して直接自宅まで引き込んだ光ファイバーケーブルを利用し送受信するネット接続方式。

    解説

  • 8

    HTML

    補足(例文と訳など)

    答え

    • (HyperText Markup Language)ウェブページを記述するために開発された言語で、マークアップ言語のひとつ。テキストファイルにレイアウトやリンク先などのルール化されているタグを記述していく。インターネットで公開されているウェブページのほとんどはHTMLで作成されている。

    解説

  • 9

    HTTP

    補足(例文と訳など)

    答え

    • (Hypertext Transfer Protocol)ウェブサーバーとウエブブラウザ間でハイパーテキストのページを送受信するのにつかわれる通信プロトコル。

    解説

  • 10

    HTTPS

    補足(例文と訳など)

    答え

    • (Hypertext Transfer Protocol Secure)ウェブサーバーとウェブブラウザ間のHTTPによるデータ送受が暗号化されていることを意味する通信プロトコル。

    解説

  • 11

    IMAP

    補足(例文と訳など)

    答え

    • (Internet Message Access Protocol)電子メール受信用のプロトコルの一つ。電子メールはメールサーバー側で管理する方式。

    解説

  • 12

    IPアドレス

    補足(例文と訳など)

    答え

    • (Internet Protocol address)IPネットワークに接続されている個々のコンピュータに与えられる識別番号。

    解説

  • 13

    LAN

    補足(例文と訳など)

    答え

    • (Local Area Network)ケーブルや無線などを使って、同一の敷地内や建物内といった比較的狭い範囲のネットワーク。校内通信網ともいう。

    解説

  • 14

    Nグラム法

    補足(例文と訳など)

    答え

    • (N-gram)検索の対象文字列を検索するために、文字列を一文字ずつずらしながらN文字単位に分割して目的の文字列を調べる方法。2文字単位に分割して調べる場合を売グラムという。

    解説

  • 15

    OCR

    補足(例文と訳など)

    答え

    • (optical character recognition)高額文字認識のこと。OCRを使用することにより、手作業でコンピュータに入力する手間を省くことができる。ひらがな、カタカナ、アルファベット、漢字など混在するような文書の場合は誤認識することもある。

    解説

  • 16

    OPAC

    補足(例文と訳など)

    答え

    • (Online Public Access Catalog)オンライン閲覧目録あるいはオンライン利用者目録という。各図書館の所蔵資料の目録をコンピュータで検索できるようにしたもの。一般にインターネットで公開されている。

    解説

  • 17

    CPU

    補足(例文と訳など)

    答え

    • (Central Processing Unit)中央演算処理装置。キーボード等の入力装置や記憶装置からデータを受け取って、演算を行い、その結果を出力装置や記憶装置に命令を出す。

    解説

  • 18

    POP

    補足(例文と訳など)

    答え

    • (Post Office Protocol)インターネットなどのTCP/IPネットワークで標準的に用いられている電子メール受信用の通信プロトコルの一つ。ダウンロードした電子メールは端末側で管理する方式。

    解説

  • 19

    RFID

    補足(例文と訳など)

    答え

    • (radio frequency identifer)ICチップにデータを読み書きする技術のことで、ICリーダーがないと書き込んだデータを読むことができない。RFIDは電子タグやICタグとも言われ、ITC(情報通信技術)分野や物流分野、食品分野、環境分野と様々な分野で活用されている。

    解説

  • 20

    SMTP

    補足(例文と訳など)

    答え

    • (Simple Mail Transfer Protocol)インターネットなどのTCP/IPネットワークで標準的に用いられている電子メール送信用の通信プロトコル。

    解説

  • 21

    TCP/IP

    補足(例文と訳など)

    答え

    • (Transmission Control Protocol/Internet Protocol)インターネットにおける標準的な通信プロトコル。

    解説

  • 22

    UPS

    補足(例文と訳など)

    答え

    • (Uninterruptible Power Supply)停電などにより電力供給が途絶えても一定時間電力を供給することができる装置。無停電電源装置ともいう。

    解説

  • 23

    WAN

    補足(例文と訳など)

    答え

    • (Wide Area Network)電気通信事業者が提供する回線を利用して、本社LANと遠隔地の支社LANをつなげるなど、広い地域をカバーするネットワーク。広域通信網ともいう。

    解説

  • 24

    XML

    補足(例文と訳など)

    答え

    • (eXtensible Markup Language)HTMLと違ってタグを自由に設定でき、文書構造やデータの意味を記述する言語。マークアップ言語のひとつ。

    解説

  • 25

    XSL

    補足(例文と訳など)

    答え

    • (eXtensible Stylesheet Language)XMLで記述した文書をウェブページ上で、HTMLで記述したように見栄え良く閲覧できるようにするためのスタイルシート言語。

    解説

  • 26

    アップポスティング

    補足(例文と訳など)

    答え

    • (up-posting)シソーラスの下位語の統制語が付与された記事に対して、その上位語を付加して、上位語でも検索できるようにすること。

    解説

  • 27

    アプリケーション・ソフトウェア

    補足(例文と訳など)

    答え

    • (application software)OSの機能を利用して、OSの上で動作するソフトウェア。身近なものとしてWordやExcelがある。

    解説

  • 28

    一次情報データベース

    補足(例文と訳など)

    答え

    • (primary source database)全文や音声、映像などの原情報が搭載されているデータベースのことを言う。具体的には全文データベース、音声コンテンツデータベース、映像コンテンツデータベース、マルチメディアデータベースなどがある。

    解説

  • 29

    一次資料

    補足(例文と訳など)

    答え

    • (primary material)著者が公開する原文情報を収録した資料のことで、具体的には図書、雑誌、新聞、規格資料、学位論文、政府刊行物などがある。英語ではprimary sourceともいう。

    解説

  • 30

    インターネット

    補足(例文と訳など)

    答え

    • (Internet)社内LANや企業WAN等の国内外のあらゆるネットワークが相互接続された世界規模のネットワーク。

    解説

  • 31

    イントラネット

    補足(例文と訳など)

    答え

    • (intranet)インターネットの技術を使って組織内だけで利用するためのネットワーク。

    解説

  • 32

    インバーテッドファイル

    補足(例文と訳など)

    答え

    • (inverted file)転置ファイルともいう。検索結果を迅速に処理し表示するために、各レコードから切り出された語句や数値などを検索キーとして再編成した索引ファイルのことである。データベースを構成するレコードの件数表示のほか、データベース中での各検索キーの出現位置や出現フィールドなどが記録されている。

    解説

  • 33

    引用

    補足(例文と訳など)

    答え

    • (citation)公表された著作物の一部分を自分の著作の中に取り込むことで、著作権法上の権利制限に該当する。

    解説

  • 34

    ウィキペディア

    補足(例文と訳など)

    答え

    • (Wikipedia)ウィキメディア財団が運営しているインターネット上の無料の百科事典で、誰でも匿名で自由に記事を執筆したり編集したりできる。多くの言語で書かれた百科事典である。専門家による監修や編集は行われない。

    解説

  • 35

    ウェブ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • (Web)World Wide Web(略名:WWW)のことで、インターネット上で情報(コンテンツ)を閲覧することのできる仕組み。

    解説

  • 36

    ウェブサイト

    補足(例文と訳など)

    答え

    • (web site)インターネット上に公開されている複数のウェブページによって構成された一つのまとまり。またはウェブページがおかれている場所。ホームページや単にサイトともいう。

    解説

  • 37

    ウェブブラウザ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • (web browser)ウェブサイトを閲覧するためのアプリケーションソフトウェア。例えばMicrosoft社のInternet Explorer、Google社のGoogle Chromeなどがある。

    解説

  • 38

    ウェブページ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • (web page)ウェブブラウザをつかって一度に表示される文書。

    解説

  • 39

    オペレーティング・システム

    補足(例文と訳など)

    答え

    • (operating system)入出力の制御、主記憶装置やハードディスクなどのハードウェアの管理、プロセスの管理といった、コンピュータの基本的な管理や制御を行っているソフトウェア。

    解説

  • 40

    共通暗号方式

    補足(例文と訳など)

    答え

    • (common key cryptosystem)暗号化を行う送信者と復号を行う受信者が同じ鍵(共通鍵)を使用する暗号方式。使用する鍵は第三者には秘密にしなければならないことから、秘密鍵暗号方式ともいう。

    解説

  • 41

    近接演算子

    補足(例文と訳など)

    答え

    • (proximity operator)二つの検索語がデータベース中に出現する位置関係を指定するために使用される演算子。二つの語の間に挟まる語数や、それらの検索語の順序などについての指定ができる。AND演算子に比べてノイズを排除できる。

    解説

  • 42

    クラッキング

    補足(例文と訳など)

    答え

    • (cracking)悪意を持って他人のコンピュータに侵入し、データを盗み見たり、プログラムやデータを改ざん・破壊する行為を言う。

    解説

  • 43

    クリエイティブ・コモンズ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • (Creative Commons)著作権の適正な再利用の促進を目的として、クリエイティブ・コモンズ・ライセンス(Creative Commons License)を提供している国際的非営利組織とそのプロジェクトの総称。

    解説

  • 44

    グローバルIPアドレス

    補足(例文と訳など)

    答え

    • (Global Internet Protocol address)プロバイダから与えられる世界で固有のIPアドレス。インターネットで通信する際に相手を特定してIPパケット送信したりするのに必要となる。

    解説

  • 45

    形態素解析

    補足(例文と訳など)

    答え

    • (morpshological analysis)文章を意味のある単語(形態素)に区切り、辞書を利用して品詞や内容を判別すること。コンピュータによる自然言語処理技術のひとつである。

    解説

  • 46

    携帯電話回線

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 携帯電話会社が個々に採用している無線通信規格(Wi-Fi、LTE、WiMAX等)に応じて、個々の規格に適したモバイルルーターを介して送受信を行うネット接続方式。

    解説

  • 47

    検索エンジン

    補足(例文と訳など)

    答え

    • (search engine)インターネット上の情報資源を検索するためのソフトウェアあるいはサービス。著名なものはGoogle、bingなど。

    解説

  • 48

    検索式

    補足(例文と訳など)

    答え

    • (query)検索質問を検索語で表現し、二つ以上の検索語を論理演算子(AND演算子、OR演算子、NOT演算子)や近接演算子などの演算子で組み合わせて表現したもの。AND演算子はスペースで代用されることも多い。

    解説

  • 49

    検索漏れ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • (drop-out)検索要求に合致しているにもかかわらず、検索されなかった情報。

    解説

  • 50

    公開暗号方式

    補足(例文と訳など)

    答え

    • (secret key cryptosystem)暗号化を行う送信者と復号を行う受信者が異なる鍵(公開鍵と秘密鍵)を使用する暗号方式。受信者が公開鍵と秘密鍵を作成し、送信者は受信者の公開鍵を入手し暗号化を行う。そして、受信者は自分の秘密鍵で復号する。

    解説

  • 51

    個人情報保護法

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 個人の権利と利益を保護するために、個人情報を取り扱う事業者に対して、その取扱い方を定めた法律。正式名称は「個人情報の保護に関する法律」である。

    解説

  • 52

    コンピュータウイルス

    補足(例文と訳など)

    答え

    • (computer virus)コンピュータに侵入し、データを破壊したり、ほかのコンピュータに増殖するなどを目的に作られた悪意あるプログラム。

    解説

  • 53

    サーチャー

    補足(例文と訳など)

    答え

    • (searcher)エンドユーザーの求めている情報をデータベースなどのコンテンツを搭載した検索ツールを使って、情報検索をする専門家のことをいう。企業の情報管理部門や企業図書室などに配属されている。サーチャーはインフォメーションスペシャリストやインフォメーションプロフェッショナルなどともいう。

    解説

  • 54

    再現率

    補足(例文と訳など)

    答え

    • (recall ratio)データベース中に存在する情報要求に合致する適合情報全体のうち、実際に検索された適合情報の割合を指す。検索漏れの程度を示す指標。

    解説

  • 55

    シーケンシャルファイル

    補足(例文と訳など)

    答え

    • (sequential file)シリアルファイル、書誌ファイルともいう。データベースに収録されるレコード単位に順次連続的に入力されたファイル。

    解説

  • 56

    シソーラス

    補足(例文と訳など)

    答え

    • (thesaurus)もともとは類語辞書の意味で、Rogetのシソーラスはゆうめいである。情報検索の分野では、統制用語を階層的に整理し、同義語、関連語や語の説明を加えた用語集のことを指す。これを知識モデルとして体系化したものがオントロジーと考えられる。

    解説

  • 57

    主記憶装置

    補足(例文と訳など)

    答え

    • (main memory)CPU(Cebtral Processing Unit)から直接操作できるもので、データやプログラムを記憶する装置。

    解説

  • 58

    主題分析

    補足(例文と訳など)

    答え

    • (subject analysis)情報検索する場合は、情報要求の内容を分析し、そこに表現されている概念を言葉に表現する作業を言い、この言葉を検索語に置き換えて検索する。索引作業の場合は、データベースに収録されている文献などの中で表現されている内容やテーマを分析して、言葉に表現する作業を言い、索引語としてデータベースに蓄積される。

    解説

  • 59

    情報検索

    補足(例文と訳など)

    答え

    • (information retrieval)あらかじめ蓄積された情報集合から、ある特定の条件に合致した情報のみを取り出すこと。略してIRともいう。

    解説

  • 60

    情報資源

    補足(例文と訳など)

    答え

    • (information resources)図書や雑誌、新聞などの印刷資料やCD-ROMやDVDなどの日印刷資料とさらに電子書籍や電子ジャーナル、有料・無料データベース、ウェブページなどのネットワーク情報資源を含めたものをいう。

    解説

  • 61

    抄録

    補足(例文と訳など)

    答え

    • (abstract)主観的な解釈や批判をくわえず、論文や記事の内容の概略を簡潔に表した文書のことをいう。記事の内容を迅速に把握する目的で作られている。

    解説

  • 62

    書誌

    補足(例文と訳など)

    答え

    • (bibliography)図書や雑誌などの書誌情報を一定の配列方法に従って収録した文献リストのことで、目録との違いは、収録資料の所在の記載がないことである。

    解説

  • 63

    書誌ユーティリティ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • (bibliographic utility)書誌を安定的に供給している機関や仕組みのことを言う。主な書誌ユーティリテイとして、日本の国立情報学研究所や米国のOCLC(Online Compter Library Center)などがある。

    解説

  • 64

    深層ウェブ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • (deep web)ウェブ上に公開されている情報のうち、検索エンジンでアクセスできない情報。

    解説

  • 65

    スケアウェア

    補足(例文と訳など)

    答え

    • (scareware)コンピュータの画面上に偽のウイルス警告を表示して脅し、ユーザーの恐怖感を煽るソフトウェア。

    解説

  • 66

    ストップワード

    補足(例文と訳など)

    答え

    • (stop word)不要語ともいう。文章中に高頻度で出現する語で、インバーテッドファイルに収録されない語。英語では、of、the、withなどがストップワードに指定されている。

    解説

  • 67

    ストリーミング

    補足(例文と訳など)

    答え

    • (streaming)サーバー側にあるコンテンツにアクセスし、閲覧する方法である。具体的に動画コンテンツサイトでは、YouTubeやニコニコ動画などがある。

    解説

  • 68

    スパイウェア

    補足(例文と訳など)

    答え

    • (spyware)ユーザーのキーボードやマウスからの入力情報や閲覧履歴情報などを監視し、ユーザーの承認の有無に関わらずに監視した情報を特定の場所に送信するソフトウェア全般を指す。

    解説

  • 69

    スパムメール

    補足(例文と訳など)

    答え

    • (spam mail)インターネットなどで収集したメールアドレスをもとに、受信者の許可を得ることなく無差別かつ大量に送り付けてくる広告メールのこと。必要なメールが分かりにくくなることから「迷惑メール」ともよばれる。

    解説

  • 70

    正規表現

    補足(例文と訳など)

    答え

    • (regular expression)文字列の集合を一つの文字列で表現する方法のひとつ。この表現方法を利用すれば、文書中から容易に文字列を検索できる。例えばカタカナ文字だけを検索するなどである。

    解説

  • 71

    生体認証

    補足(例文と訳など)

    答え

    • (biometrics)人の身体的特徴を用いて本人確認を行う認証技術。指紋や顔を使った認証方式がよく使われている。

    解説

  • 72

    精度

    補足(例文と訳など)

    答え

    • (precision ratio)実際に得られた検索結果の情報全体のうち、どれだけ適合情報が検索されたかという割合を表す。ノイズの程度を示す指標。

    解説

  • 73

    セキュリティ・ホール

    補足(例文と訳など)

    答え

    • (security hole)コンピュータソフトウェアのバグや不具合と言ったセキュリティ上の欠陥。プログラムのコーディングミスやシステムの設定ミス、未熟なシステム設計などが原因で生じる。セキュリティ・ホールを放置しておくと、クラッカー等の攻撃により被害を受ける可能性がある。

    解説

  • 74

    全文データベース

    補足(例文と訳など)

    答え

    • (full text database)テキストの全文が検索出来て、閲覧できるものをいう。全文データベースのコンテンツの種別には学術論文や新聞記事、国会議事録、特許、判例などがある。

    解説

  • 75

    ダウンロード

    補足(例文と訳など)

    答え

    • (download)コンテンツ提供側のサイトから、ファイルをデバイスに持ってくることを言う。デバイスにファイルが保存されると、インターネットに接続されていない状況でもコンテンツを閲覧することができる。ただし、ファイルそのものをダウンロードするため、コンテンツ提供側からはコピーされる危険性も懸念される。

    解説

  • 76

    著作権法

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 著作権、著作権者及び著作隣接権の権利を定め、著作物の適正な利用を図る法律。

    解説

  • 77

    データベース

    補足(例文と訳など)

    答え

    • (database)データベースの定義は、著作権法やJIS X 0807で確認することができる。情報検索や図書館の分野では、データベースは情報のまとまりが蓄積されており、コンテンツを検索し入手するためのツールとして理解されている。

    解説

  • 78

    テキストファイル

    補足(例文と訳など)

    答え

    • (text file)文字コードのみから構成されるファイル形式で、保存時の拡張子は「txt」である。

    解説

  • 79

    デジタルアーカイブ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • (digital archive)文化情報資源を蓄積・保存するためにデジタル化し、インターネットを通じて提供するシステムのこと。日本では国立国会図書館や国立公文書館が大規模なデジタルアーカイブを構築している。

    解説

  • 80

    デジュール標準

    補足(例文と訳など)

    答え

    • (de jure standard)政府や国際機関が定めた標準で、IS、JIS、ANSIなどがある。

    解説

  • 81

    デバイス

    補足(例文と訳など)

    答え

    • パーソナルコンピュータや携帯電話、スマートフォン、汎用タブレット端末、電子書籍専用読書端末(電子書籍リーダー)などの端末のこと。

    解説

  • 82

    デファクト標準

    補足(例文と訳など)

    答え

    • (de facto standard)「事実上の標準」という意味で、政府や国際機関が定めたものではないが、実際に広く使われている標準で、例えばインターネット通信プロトコルのTCP/IPなどがこれである。

    解説

  • 83

    電子ジャーナル

    補足(例文と訳など)

    答え

    • (electronic journal)学術雑誌を電子化したもので、パソコンなどで閲覧することができるものをいう。オンラインジャーナルともいう。

    解説

  • 84

    電子書籍

    補足(例文と訳など)

    答え

    • (electronic book)何らかのデバイスを用いて、電子化されたコンテンツを閲覧用のフォーマットを使って読むことができるものをいう。E-bookともいう。

    解説

  • 85

    電子署名法

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 電子署名が手書きの署名や押印と同じように法的効力を持つことを定めている法律。正式名称は「電子署名及び認証業務に関する法律」である。

    解説

  • 86

    電子署名

    補足(例文と訳など)

    答え

    • (electronic signature)公開鍵暗号方式での秘密鍵を利用し、電子データが本人によって作成されたことの保証、および電子データが改ざんされていないことを保証する技術。

    解説

  • 87

    電子透かし

    補足(例文と訳など)

    答え

    • (digital watermaking)画像や音などのデジタルデータに、品質には影響を与えずに、特定の情報を埋め込む技術。著作権情報を埋め込むために利用されることが多い。

    解説

  • 88

    トランケーション

    補足(例文と訳など)

    答え

    • (truncation)検索語と完全に一致する語句ではなく、文字列として部分的に一致するものを検索すること。一致の仕方に応じて、前方一致、中間一致(部分一致)、後方一致、中間任意(前後一致)の4種類に分けられる。

    解説

  • 89

    二次情報データベース

    補足(例文と訳など)

    答え

    • (secondary source database)一次情報を圧縮したデータベースのことで、具体的には書誌データベースや抄録データベースなどがある。二次情報データベースは、一次資料にたどり着くための検索ツールでもある。

    解説

  • 90

    二次資料

    補足(例文と訳など)

    答え

    • (secondary material)一次資料を圧縮した資料のことで、一次資料にたどり着くためのツールでもある。具体的には、目録、抄録誌、索引誌などがある。英語ではsecondary sourceともいう。

    解説

  • 91

    ノイズ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • (noise)検索ノイズともいう。検索された情報のうち、その検索要求に合致していなかった情報。

    解説

  • 92

    納本制度

    補足(例文と訳など)

    答え

    • (legal deposit)図書などの出版物をその国の責任ある公的機関に納入することを発行者などに義務付ける制度のことで、納本された出版物などは永久保存される。日本では国立国会図書館が唯一の納本図書館で、国立国会図書館法で定められている。

    解説

  • 93

    バイナリファイル

    補足(例文と訳など)

    答え

    • (binary file)テキストファイルも含めコンピュータが扱えるすべてのファイル形式の総称。

    解説

  • 94

    パケット交換方式

    補足(例文と訳など)

    答え

    • (packet exchange method)送信するデジタルデータをある大きさ、すなわちパケットという単位に分割して一つ一つ送信する方式。パケットには、データのほか通信先のアドレスやそのパケットが全体のどの部分を指すのかという位置情報などが付加されている。

    解説

  • 95

    ハッキング

    補足(例文と訳など)

    答え

    • (hacking)ハッカー(コンピュータ技術に精通した人のこと)により、ウェブサイトが改ざん、破壊される行為をいう。

    解説

  • 96

    表層ウェブ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • (surface web)ウェブページに記載されている情報のうち、検索エンジンでアクセスできる情報。

    解説

  • 97

    ファイアウォール

    補足(例文と訳など)

    答え

    • (firewall)ファイアウォールとは火災に火の手を防ぐ「防火壁」の意味で、コンピュータ・ネットワークにおいてはLAN内部への外部ネットワークからの不正な侵入を防ぐ役割の総称である。ファイアウォールの設定は、LAN内部と外部ネットワークの境界に置き、外部ネットワークからのアクセスを遮断するかどうかの設定を行う。

    解説

  • 98

    不正アクセス禁止法

    補足(例文と訳など)

    答え

    • インターネットなどにおいて、不正アクセス行為とその助長行為を規制する法律。正式名称は「不正アクセス行為の禁止等に関する法律」である。

    解説

  • 99

    不正競争防止法

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 営業秘密の侵害、原産地偽装、模造品・海賊版商品の販売などを規制している法律。

    解説

  • 100

    フラッシュメモリ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • (flash memory)データの消去・書き込みを自由に行うことができ、不揮発性(電源を切っても内容が消えない)の半導体メモリの一種。

    解説

  • 101

    ブロードバンド

    補足(例文と訳など)

    答え

    • (broadband)帯域幅が広い回線を言う。

    解説

  • 102

    プロキシサーバー

    補足(例文と訳など)

    答え

    • (proxy server)「プロキシ」とは代理の意味で、LAN内部からの外部ネットワークへのアクセスを代理で行うサーバーの総称である。通常は、LAM内部と外部ネットワークの境界に位置するファイアウォール上で稼働する。

    解説

  • 103

    ポータルサイト

    補足(例文と訳など)

    答え

    • (potal site)インターネット上の情報資源へのリンクなどを提供するウェブサイト。ポータルとは入口という意味。

    解説

  • 104

    ボーンデジタル

    補足(例文と訳など)

    答え

    • (born digital)初めからデジタル情報で作成された電子出版物のことである。デジタルファーストとも言われている。

    解説

  • 105

    補助記憶装置

    補足(例文と訳など)

    答え

    • (auxiliary memory)CPU(Central Processing Unit)から直接操作できないため、電源を切ってお内容が残る記録原理を用いて情報の記録や保存を行う装置。例えば、ハードディスク、USBフラッシュメモリなどがある。

    解説

  • 106

    マルウェア

    補足(例文と訳など)

    答え

    • (malware)悪意あるソフトウェアの総称。コンピュータウイルス、トロイの木馬、ボット、ワーム、スパイウェアなどがある。

    解説

  • 107

    迷惑メール防止法

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 無差別かつ大量に短時間のうちに送信される広告などの迷惑メールなどを規制している法律。正式名称は「特定電子メールの送信の適正化などに関する法律」である。

    解説

  • 108

    メタデータ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • (metadata)データに対して、このデータは何のデータなのかという情報を記述したでーた。例えば、文献データに対する書誌情報、写真データに対する撮影場所・条件などの情報である。

    解説

  • 109

    文字コード

    補足(例文と訳など)

    答え

    • (character code)コンピュータ上で文字や記号を扱うために、それら一つ一つに割り当てられた固有の番号を言う。

    解説

  • 110

    モデム

    補足(例文と訳など)

    答え

    • (modem)音声の様なアナログ信号をデジタル変換し、またデジタル信号をアナログ変換する装置で、変調復調装置と訳す。遠距離通信には電波、音声や光の様なアナログ信号を使うので、コンピュータのデジタル信号と相互変換するために用いる。

    解説

  • 111

    ランキング

    補足(例文と訳など)

    答え

    • (ranking)検索結果レコードを重要と思われる順に並べることで、重要度順あるいは適合度順などとも言われる。特に検索エンジンでは膨大な検索結果件数が収集されるため、ランキングにより表示される。該当ページの重要性、検索語との一致の程度などを評価する。

    解説

  • 112

    論理演算

    補足(例文と訳など)

    答え

    • (Boolean operation)検索したい内容の論理的な関係を表現する集合の概念で、情報検索の世界では論理積(AND検索)、論理和(OR検索)、論理差(NOT検索)の三種類がある。

    解説

56968

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ