zuknow learn together

新しい教材を作成

管理栄養国試 社会環境

カード 42枚 作成者: あやねちん (作成日: 2016/09/09)

  • 粉じん作業における保護具の着用は、( )予防である。

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

管理栄養士国試対策 穴埋め形式

公開範囲:

公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    粉じん作業における保護具の着用は、( )予防である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 一次予防

    解説

  • 2

    疾病に罹患して病状が進行した段階で、予防の概念を適用することは(できるorできない)。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • できる

    解説

  • 3

    スクリーニング検査は、( )予防である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 二次予防

    解説

  • 4

    予防接種などの特異的予防は、( )予防である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 一次予防

    解説

  • 5

    エイズ患者のカウンセリングサービスは、( )予防である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 三次予防

    解説

  • 6

    プライマリーヘルスケアはのあり方を具体的に示したのは、( )である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 「アルマ・アタ宣言」 1978年 アルマ・アタ市で開催されたWHOとUNICEFの共同国際会議にて、 「2000年までに世界のすべての人に健康を」という基本戦略のもと、プライマリーヘルスケアの理念が打ち出された。

    解説

  • 7

    プライマリーヘルスケアの概念に、地域住民の積極的な参加がある。 ○か×か

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ○ ①地域社会における自助・自決の精神 ②地域住民の積極的な参加 ③地域の主要な保健問題の解決 ④地域社会や国がまかなえる範囲内の費用で行うこと ⑤包括的な保険サービスの提供 ⑥保健関連以外の部門との協力

    解説

  • 8

    ヘルスプロモーションは、「人々が自分の健康を自らがコントロールし、改善できるようにするプロセス」のことで、( )で提唱された。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 「オタワ憲章」 1986年

    解説

  • 9

    ヘルスプロモーションの優先的行動分野 ①健康のための( 1 )の樹立 ②健康のための( 2 ) ③( 3 )活動の強化 ④( 4 )による健康管理 ⑤( 5 )の方向転換(疾病から予防へ)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①健康のための公共政策の樹立 ②健康のための環境づくり ③地域活動の強化 ④自らの手による健康管理 ⑤保健サービスの方向転換(疾病から予防へ)

    解説

  • 10

    ヘルスプロモーションを実践する際に、理想的な枠組みのモデルとして、疫学的視点から考え出されたモデル

    補足(例文と訳など)

    答え

    • プリシード・プロシードモデル

    解説

  • 11

    日本の公衆衛生・公衆栄養上の歴史は( )予防から始まった。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 脚気

    解説

  • 12

    わが国ではじめて、大規模な脚気に関する食事介入研究を行った人物

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 高木兼寛

    解説

  • 13

    麦の混合が脚気予防に効果があることを認めた人物

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 森林太郎(森鷗外) 1886年「日本兵食論」

    解説

  • 14

    ビタミンB1の欠乏が脚気の主因であることを明らかにした人物

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 鈴木梅太郎 1910年(明治43年) 米糠から抗脚気成分のアベリ酸(オリザニン)を発見

    解説

  • 15

    私立栄養研究所を設立。 内務省に国立栄養研究所を設立し初代所長を務めた人物

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 佐伯矩 1920年(大正9年) 内務省に国立栄養研究所設立 学校や工場での給食改善などの研究が行われ、成果をあげてきた。

    解説

  • 16

    汚染された井戸の水がコレラの流行に関係していることを突き止めた人物

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ジョン・スノウ 患者発生マップを作成し、コレラ菌発見の前にコレラ予防対策を実施して、疫学の始まりに大きく貢献した。

    解説

  • 17

    カロリーベースの西洋の栄養学を考案した人物。 諸外国において、はじめて栄養調査の報告を行った。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • カール・フォン・フォイト

    解説

  • 18

    カドミウムの成分規格 食品中のカドミウムの基準値 米(玄米及び精米):( )mg/kg以下 ミネラルウォーター類:( )mg/L以下 食品製造用水(水道水以外):( )mg/L以下

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 米・・・0.4mg/kg以下 ミネラルウォーター・・0.003mg/L以下 食品製造用水・・・0.01mg/L以下 カドミウム摂取による健康障害は腎機能障害である。

    解説

  • 19

    環境基準が定められているもの5つ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ・大気 ・騒音 ・水質 ・土壌 ・ダイオキシン類

    解説

  • 20

    大気汚染にかかる環境基準 一酸化炭素(CO) 1時間値の1日平均値が( )ppm以下であり、かつ、1時間値の( )時間平均値が( )ppm以下であること。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1日平均値・・・・10ppm以下 8時間平均値・・・20ppm以下

    解説

  • 21

    大気汚染にかかる環境基準 光化学オキシダント(OX) 1時間値が( )ppm以下であること。 光化学スモッグの原因となる大気中の酸性化物質。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1時間値・・・0.06ppm以下

    解説

  • 22

    石綿(アスベスト)への職業性暴露と悪性中皮腫発症との関連は、( )研究によって明らかにできる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 症例対照研究

    解説

  • 23

    四日市ぜんそく(気管支喘息)の原因物質は( )などで、1961(昭和36)年頃から発症した。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 硫黄酸化物 一酸化硫黄、二酸化硫黄、三酸化硫黄などが含まれる。

    解説

  • 24

    水中の有機物が酸化剤によって分解されるときに消費される酸素の量。 水質汚濁の指標とされる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 化学的酸素要求量(COD)

    解説

  • 25

    汚染水(水中)の有機物が微生物の働きによって酸化分解されるときに消費される酸素の量(最終酸化物まで分解されるときに必要な酸素の量)を示したもの。 有機物の量と比例する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 生物化学的酸素要求量(BOD)

    解説

  • 26

    イタイイタイ病 地域・・・( ) 原因物質・・・( ) 主症状・・・関節痛、骨軟化症、( )

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 地域・・・神通川下流地域(富山県) 原因物質・・・カドミウム 主症状・・・関節痛、骨軟化症、腎障害

    解説

  • 27

    宮崎県土呂久鉱山や島根県笹ヶ谷鉱山で起こった、有毒貴金属の水質汚濁による公害

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 慢性ヒ素中毒 主症状 皮膚炎、神経痛

    解説

  • 28

    水俣病の原因物質は( )であり、第二水俣病の発生地域は( )である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 原因物質・・・メチル水銀 第二水俣病 阿賀野川流域(新潟県) 主症状 言語障害、目や耳などの機能障害

    解説

  • 29

    放射線による人体への影響の大きさを表す単位

    補足(例文と訳など)

    答え

    • シーベルト(Sv)

    解説

  • 30

    放射能の量を表す単位

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ベクレル(Bq)

    解説

  • 31

    一般廃棄物の処理責任は、( )にある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 市町村

    解説

  • 32

    ( )により、オゾン層破壊物質規定が取り決められた。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • モントリオール議定書(1987年)

    解説

  • 33

    フロン排出抑制法と家電リサイクル法は、( )〜目的に含む国内外の取り決めである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • オゾン層保護対策

    解説

  • 34

    水鳥保護のために湿地保護と適正利用を定めた条約

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ラムサール条約(1971年)

    解説

  • 35

    有害廃棄物の越境移動及びその処分の規制に関する条約

    補足(例文と訳など)

    答え

    • バーゼル条約(1989年)

    解説

  • 36

    ブラジルのリオデジャネイロで「持続可能な開発」をテーマにして開かれ、世界各国の首脳が出席した。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 国連環境開発会議(地球サミット) (1992年)

    解説

  • 37

    生物多様性の保全に関する取り決め

    補足(例文と訳など)

    答え

    • カルタヘナ議定書(2003年)

    解説

  • 38

    熱中症の予防のための指標として、( )がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 湿球黒球温度(WBGT)指数 温熱環境下での熱中症のリスクを判断する指標

    解説

  • 39

    温熱環境の指標である( )は、 室内または日光照射のない室外では( )を測定して計算され、 日光照射のある室外では( )を測定して計算する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 湿球黒球温度(WBGT)指数 日光照射のないところ 湿球温と黒球温 日光照射のあるところ 湿球温と黒球温と乾球温

    解説

  • 40

    無重力環境では、尿量の( )、体液量の( )、筋骨格系の( )がみられる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 尿量増加 体液量減少 筋骨格系の退化

    解説

  • 41

    水道法による水質基準 ・( )は検出されないこと ・臭気、味に異常がないこと ・遊離残留塩素は( )であること ・pH値は( 以上 以下)であること

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 大腸菌は検出されないこと 遊離残留塩素 0.1mg/L(0.1ppm)以上 pH値 5.8以上8.6以下

    解説

  • 42

    最も普及している浄水法

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 急速濾過法

    解説

56689

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ