zuknow learn together

新しい教材を作成

ビル設備管理テキスト(初級2-3)

カード 28枚 作成者: モバイル楽天 (作成日: 2016/09/06)

  • 安全の為の作業心得として、お互いに「 」のチェックを行い、軽い準備体操をして体を整えてから作業を行う(P93)

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

ビル管理社内試験対策

公開範囲:

公開

言語:

  • カード表 : 日本語
  • カード裏 : 日本語
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    安全の為の作業心得として、お互いに「 」のチェックを行い、軽い準備体操をして体を整えてから作業を行う(P93)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 服装

    解説

  • 2

    安全衛生教育を大別すると、安全衛生に関する①精神教育②知識・技能教育③「 」がある。(P94)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 行動の監視と教育

    解説

  • 3

    企業で行う安全衛生教育の対象者は、その都度行うものとして新規採用者、作業内容に変更のあった者、および、「 」従事者である。(P94)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 危険作業

    解説

  • 4

    爆発または火災が発生する恐れがある場所で電動工具などの電気機械器具を使用する場合は、「 」のものを使用する。(P96)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 防爆型

    解説

  • 5

    ボイラー起動の際、または失火後の再点火にあたっては、炉内爆発を防止する目的で、炉内や煙道の「 」を十分に実施する。(P97)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 排ガス換気

    解説

    排ガス換気(プレパージ)

  • 6

    電気取扱者以外立ち入り禁止の場所以外における、電気機械機器の充電部分には、原則として感電防止のための囲いまたは「 」を設けなければならない(P97)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 絶縁囲い

    解説

  • 7

    コード付きハンドランプなどは、電球の損傷や電球を取り替えるときに感電する恐れがあるので、口金部分の露出と電球の損傷を防ぐ目的で「 」を取り付けなければならない。(P97)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ガード

    解説

  • 8

    電気機器の金属外覆には、異常な電位の上昇による危険を防止する目的で、「 」、その他の適切な措置を講じなければならない。(P97)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 接地

    解説

  • 9

    可搬式や移動式の電動機械器具であって、対地電圧が「 」を超えるものには「感電防止用 漏電遮断装置」を接続しなければならない。(P97)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 150V

    解説

  • 10

    水気の多い場所や鉄板上など、導通性高い場所で、感電の危険が高い場所で使用する電動機械機器の接続電路には、「 」を接続しなければならない。(P97)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 感電防止用漏電遮断装置

    解説

  • 11

    電流動作方式の感電防止用漏電遮断装置は、定格感度電流が「 」以下、動作時間が0.1秒以下の定格のものを使用する(P97)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 30mA

    解説

  • 12

    人体の通過電流値が「 」の時が生理的に悪影響を及ぼさない最大の許容電流値であり、危険性の始まりである。(P98)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 5mA

    解説

  • 13

    人体の通過電流値が10~20mAの時、「 」といって、離脱の限界である。持続して筋肉の収縮が起こり、握った電線を離せなくなる(P98)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 不随意電流

    解説

  • 14

    皮膚抵抗や体内抵抗を考えると、人体の抵抗値は「 」程度であり、100Vの電線に触れた場合、18mAの電流が体内で流れることになる。(P98)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 5,500Ω

    解説

  • 15

    より線を塩化ビニルで絶縁被覆したコードが「 」で、差し込み式のプラグを使用し、コンセントより電源をとる小容量機械の家庭用電気器具などに広く使われている(P98)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 平型ビニルコード

    解説

  • 16

    平型ビニルコードは「 」用であり、壁や床などに固定してはならない。(P99)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 移動配線

    解説

  • 17

    より線に紙テープあるいは綿糸を巻き、ゴム混合物で被覆した後、編組みを施したコードが「 」であり、熱に強いので電熱器や電気炬燵に使われている(P99)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ゴムコード

    解説

  • 18

    軟銅より線をゴム混合物または塩化ビニルで絶縁したうえ、外装を丈夫なゴムまたは塩化ビニルで分厚く被覆したものが「 」である。(P99)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • キャブタイヤケーブル

    解説

  • 19

    電気設備の「 」点検は、全館停電して精密点検をするのが一般的であり、停電作業はその都度、詳細なマニュアルを作成しなければならない。(P99)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 年次

    解説

  • 20

    法令では、高さが2m以上の箇所で作業を行う場合、墜落による危険防止措置として「 」の設置などを義務付けている。(P99)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 作業床

    解説

  • 21

    法令では、作業床を設置した場合、作業床の端、開口部などに「 」などを設ける事が義務付けている。(P100)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 囲い手すり

    解説

  • 22

    高さが2m以上の箇所で作業を行わせる場合で、作業床を設ける事が困難などの対策の一つとして「 」の使用がある(P100)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 安全帯

    解説

  • 23

    貯水槽内、タンクやボイラー内や地下ピットなどで作業を行うときは、「 」による災害を避けるため、対策及び硫化水素発生に対する措置を講じなければならない。(P100)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 酸素欠乏症

    解説

  • 24

    換気設備は、作業場所の条件に応じ、換気用送風機および排気装置を設けるなどして、常時酸素濃度を18%以上、硫化水素濃度は「 」以下に保つよう、十分な換気を行うこと(P100)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 10ppm

    解説

  • 25

    作業用安全帽の種類のうち、「A」は「 」用である。(P101)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 飛来落下物

    解説

  • 26

    産業用安全帽の種類のうち、「B」は「 」用である。(P101)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 墜落時保護

    解説

  • 27

    作業中に誤って物を落とす危険や有害物を取り扱う作業では、足部を保護するために「 」を使用する必要がある(P101)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 安全靴

    解説

  • 28

    電気設備の活線または、活線近接作業を行う場合に使用する保護具を「 」という。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 絶縁保護具

    解説

56568

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ