zuknow learn together

新しい教材を作成

10-④化政文化(3)文学・芸能

カード 11枚 作成者: さとちん (作成日: 2013/11/19)

  • 11代将軍徳川( )の時代に江戸を中心に発達した文化を一般に化政文化と呼ぶ。

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

空き時間にサクッと確認してみてください!

公開範囲:

公開

カテゴリ:

言語:

  • カード表 : 日本語
  • カード裏 : 中国語(中国)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    11代将軍徳川( )の時代に江戸を中心に発達した文化を一般に化政文化と呼ぶ。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 家斉

    解説

  • 2

    ( )は、『雨月物語』を著した。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 上田秋成

    解説

  • 3

    ( )は、『仕懸文庫』などを著し、寛政の改革で処罰された。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 山東京伝

    解説

  • 4

    江戸の遊里を舞台に男女の会話を描く( )の代表的作家は、山東京伝である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 洒落本

    解説

  • 5

    ( )は、天明期の俳人で、『十便十宜図』の作者の1人でもある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 蕪村(与謝蕪村)

    解説

  • 6

    当世風の洒落を織り込み、成人向けに編集した冊子を( )という。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 黄表紙

    解説

  • 7

    ( )は、近松門左衛門に師事し、『仮名手本忠臣蔵』などを著した。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 竹田出雲

    解説

  • 8

    ( )は、庶民の風俗・日常生活を面白おかしく描いた小説のことである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 滑稽本

    解説

  • 9

    ( )作の『南総里見八犬伝』は、( )の代表作である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 曲亭(滝沢)馬琴、読本

    解説

  • 10

    ( )は『東海道四谷怪談』の作者である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 鶴屋南北

    解説

  • 11

    『金々先生栄花夢』は( )の黄表紙の代表作である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 恋川春町

    解説

56646

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ