zuknow learn together

新しい教材を作成

言語発達障害Ⅰ

カード 29枚 作成者: あだーちょ (作成日: 2016/08/22)

  • 検査はS-S法などの( )の領域、円城寺式発達検査などの( )の領域、WPPSIなどの( )の領域の3つに大別できる。

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

言語発達障害Ⅰ

公開範囲:

公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    検査はS-S法などの( )の領域、円城寺式発達検査などの( )の領域、WPPSIなどの( )の領域の3つに大別できる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 言語、発達、知能

    解説

  • 2

    発達年齢0~1歳前後は( )という言語発達段階で、社会的相互交渉などの基盤となる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 前言語期

    解説

  • 3

    発達年齢1歳台は( )という言語発達段階で、1歳台後半では単語獲得数が急激に増える( )が起こる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 語彙獲得期、語彙の爆発的増加

    解説

  • 4

    発達年齢2~3歳は( )という言語発達段階で、( )語連鎖・( )語連鎖が見られる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 幼児前期、2、3

    解説

  • 5

    発達年齢4歳~6・7歳は( )という言語発達段階で、主語や述語の運用の意味の( )、音韻認識などに関わる

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 幼児後期、統語

    解説

  • 6

    知的障害児の特徴的な言語・コミュニケーション症状4つ(1つ目)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 言語発達全般の遅れ

    解説

  • 7

    知的障害児の特徴的な言語・コミュニケーション症状4つ(2つ目)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 言語発達の限界はあるが緩やかに発達する。

    解説

  • 8

    知的障害児の特徴的な言語・コミュニケーション症状4つ(3つ目)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 知的障害のレベルによって差がある。

    解説

  • 9

    知的障害児の特徴的な言語・コミュニケーション症状4つ(4つ目)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • コミュニケーションの機能分化(要求、叙述等)は可能になることが多いが能動性は低い。

    解説

  • 10

    田中ビネー知能検査Ⅴの対象年齢は( )である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 2歳以上

    解説

  • 11

    WISC-Ⅳの対象年齢は( )歳である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 5~16:11

    解説

  • 12

    WIPPSIの対象年齢は( )歳である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 3:10~7:1

    解説

  • 13

    言語行動の3側面は( )( )( )である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 基礎的プロセス、記号形式-指示内容関係、コミュニケーション態度

    解説

  • 14

    3側面のうち、色や形などの弁別・記銘・産生、ことばや動作などの記銘力・模倣力の部分のこと。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 基礎的プロセス

    解説

  • 15

    3側面のうち、実物・絵・身振り・話しことば・文字による単語や分の理解力、表現力の部分の事。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 記号形式-指示内容関係

    解説

  • 16

    3側面のうち、人に対する関心(他者の動作への注目)や他者の感情の理解、コミュニケーション機能の分化の部分のこと。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • コミュニケーション態度

    解説

  • 17

    記号形式-指示内容関係の段階の段階1は( )である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 事物・事態の理解困難

    解説

  • 18

    記号形式-指示内容関係の段階の段階2は( )である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 事物の基礎概念

    解説

  • 19

    記号形式-指示内容関係の段階の段階3は( )である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 言語記号

    解説

  • 20

    記号形式-指示内容関係の段階の段階4は( )である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 語連鎖

    解説

  • 21

    記号形式-指示内容関係の段階の段階5は( )である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 統語

    解説

  • 22

    症状分類のうち、A群は( )である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 音声受診未収得

    解説

  • 23

    症状分類のうち、T群は( )である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 音声発信未収得

    解説

  • 24

    症状分類のうち、B群は( )である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 音声発信困難

    解説

  • 25

    症状分類のうち、C群は( )である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 生活年齢比し遅れ

    解説

  • 26

    事物名称の受診が出来ない場合( )群となる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 27

    事物名称の受信は出来るが音声発信が出来ず、語連鎖の受信が出来る場合は( )群。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 28

    事物名称の受信は出来るが音声発信・語連鎖が出来ない場合は( )群。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 29

    事物名称の受信、音声発信が出来、生活年齢相応の言語発達が見られない場合は( )群。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

56995

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ