zuknow learn together

新しい教材を作成

わかりやすい、ビタミンの種類とその役割

カード 13枚 作成者: Kei (作成日: 2014/04/22)

  • ビタミンA
    (レチノール)

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

ビタミンとは有機栄養素のことです。(ミネラルが無機栄養素。)体内では合成されないビタミンは、人間の生理学的機能に作用して『生体リズムと体調の調節・疲労回復・免疫力向上(生体防御)・疾患の予防・疾患からの回復促進・老化予防』などの好ましい効果を発揮します。ビタミンの主要作用である体調のバランスを整える作用は、『体内の物質代謝(栄養の分解・吸収・排泄)の調整作用』と言い換えることも出来ます。

公開範囲:

公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    ビタミンA (レチノール)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 『目のビタミン』といわれ、視覚機能の調節と深い関係があり、欠乏すると夜盲症というビタミン欠乏症を発症します。 滑らかな皮膚を形成し、気管支や肺、鼻、消化器の粘膜を保護する作用もあり、この粘膜保護と抗がん作用の関係を指摘する研究者もいます。 癌予防効果では、ビタミンAの前駆物質であるβカロチンが注目されています。

    解説

  • 2

    ビタミンD (カルシフェロール)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 骨の形成や発育に関係しているビタミンで、日光に当たることで体内で合成されます。90分間の日光照射で、夏期700IU、冬期400IUを合成できるとされます。成人の所要量は100IU程度ですから、一時間程度日光に当たれば、十分に必要量を合成できます。 肝臓・腎臓を経由して合成された活性型ビタミンDだけが、カルシウムやリンの吸収を助けて骨を形成するので、肝臓・腎臓に障害があると骨の健康を維持する活性型ビタミンDを合成できなくなります。

    解説

  • 3

    ビタミンE (トコフェロール)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 『老化防止のビタミン』とも言われ、細胞を損傷する活性酸素を抑える抗酸化作用があるとされます。 老化の原因物質の一つとされる過酸化脂質(不飽和脂肪酸の酸化物質)の生成を抑える作用がビタミンEにはあるとされ、動脈硬化や細胞の老化といった活性酸素の有毒性を和らげます。 ホルモンの分泌バランスを調整する作用もあり、更年期の女性のサプリメントとしても推奨されます。

    解説

  • 4

    ビタミンK (フィロキノン)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 血液凝固作用を維持する為に必要なビタミンで、肝臓で生成されるプロトロンビンを作る為にビタミンKが必要なのです。 特別に食事内容を工夫したり、サプリメントを摂取しなくても、普通は腸内細菌によってビタミンKは自然に合成されています。 ビタミンDのようにカルシウムの代謝を促進して、健康な骨を作る働きもあります。

    解説

  • 5

    ビタミンB1 (サイアミン)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 人間のエネルギー源である炭水化物(糖質)を分解してエネルギーを取り出す為に必要なビタミンです。体内で糖質を分解する時に補酵素としての役割を果たします。 ビタミンB1が不足すると糖質をエネルギーに変換できなくなり、疲労物質である乳酸が体内に蓄積します。 中枢神経系と末梢神経系の正常な情報伝達活動を維持する働きもあり、不足すると精神機能のバランスを崩して情緒不安定になったり、運動機能が低下することがあります。

    解説

  • 6

    ビタミンB2 (リボフラビン)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ビタミンB2は脂肪(脂質)の代謝を促進するビタミンで、『脂肪代謝のビタミン』とも言われ『健康的なダイエット』に効果的なビタミンでもあります。 ビタミンB1と同じく老化の原因の一つとされる過酸化脂質の生成を抑え、コレステロールの濃度を低下させる働きがあります。 直射日光に照射されると分解されてしまうので、ビタミンB1と同じく不足しやすいビタミンでもあります。

    解説

  • 7

    ビタミンB6 (ピリドキシン)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ビタミンB6は、タンパク質の代謝を促進するビタミンで、『肉食の多い人の代謝促進』に効果的なビタミンでもあります。 滑らかな皮膚の健康を保つ働きがあり、精神機能の正常性を維持する作用もあります。 免疫機能を正常化する作用もあるので、アトピー性皮膚炎や花粉症などのアレルギー疾患にもある程度の作用が期待できるかもしれません。

    解説

  • 8

    ビタミンB12 (コバラミン)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 健康な赤血球の生成に関係するビタミンで、ビタミンB12が極端に不足すると巨赤芽球貧血という一つ一つの赤血球が大きくなり、赤血球の総数が減るという特殊な貧血が発症します。 胃から分泌される酵素で小腸から吸収されるので、胃の調子が悪くなるとビタミンB12の機能も低下します。 中枢神経系の活動によって成り立つ精神機能を正常に保つ働きをしており、集中力・思考力・記憶力といった知的活動とも関係しているといわれます。

    解説

  • 9

    ナイアシン (ニコチン酸)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 体内で、酸化還元反応の代謝に関係しているビタミンで、効率的に代謝を行って生活に必要なエネルギーを取り出します。 ナイアシンはさまざまな酵素の補酵素として働き、アルコールを飲んだときに生成される悪酔いの原因物質・アセトアルデヒドを分解します。 ナイアシンが極端に不足すると、日光を照射された部分に激しい皮膚の炎症が起きるペラグラという難病を発症し、重症化すると認知に関係する精神機能も障害される恐れがあります。

    解説

  • 10

    パントテン酸

    補足(例文と訳など)

    答え

    • パントテン酸はタンパク質や脂質の代謝を促進するビタミンで、効率的にエネルギーを取り出します。 脂質の代謝を活発化するので、コレステロールの濃度を適性に保つ作用があり、腸内細菌によっても合成されるので不足しにくいビタミンでもあります。 副腎皮質ホルモンや性ホルモンの合成を促進して、生理学的なストレス・コーピングを行う機能も持っています。ホルモン分泌によって、性欲を高め性機能を増進させる作用もあります。

    解説

  • 11

    葉酸 プテロイルグルタミン酸

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 体内の細胞の基本情報である核酸の生成を助け、健康な赤血球の形成に関係する重要なビタミンです。 ビタミンB12と同じように、骨髄で作られる赤血球の成熟に関係しているビタミンで、不足すると特殊な巨赤芽球貧血を引き起こします。 正常なDNAの遺伝子情報の伝達にも関係しているとされ、胎児の中枢神経系(脳)の発達には葉酸が必要だとされています。 科学的な因果関係のエビデンスが明確なわけではありませんが、妊婦に葉酸が過度に不足すると、小頭症など脳の発育不全の疾患が発生しやすくなると言われています。

    解説

  • 12

    ビタミンH ビオチン

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ビオチンはビタミンHとも言われ、皮膚の健康を保ち皮膚の炎症を抑えるビタミンで、皮膚組織以外にも内分泌器官(甲状腺・性腺)の正常な機能を維持する働きがあります。 生卵の卵白に含まれるアビジンは、ビオチンの吸収を阻害するので、生卵を食べ過ぎないようにして、卵は加熱して食べるようにするといいでしょう。

    解説

  • 13

    ビタミンC アスコルビン酸

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ビタミンCは、『美肌・美白のビタミン』としてサプリメントの広告で宣伝されることの多いビタミンです。 美しい皮膚の形成効果は、ビタミンCのコラーゲンを合成する作用とメラニン生成(シミ・ソバカス)を抑止する効果のことを言っています。コラーゲンは、皮膚だけでなく、血管、関節、骨、軟骨の構成物質でもあります。 ビタミンCは、万能のビタミンとも呼ばれるように、皮膚の健康維持の機能だけではなく、抗酸化物質として老化を抑制する作用、コレステロールの蓄積を抑える作用、肝臓の機能強化、免疫機能の上昇、疲労回復効果、目の健康維持など実にさまざまな機能を持っています。

    解説

56738

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ