zuknow learn together

新しい教材を作成

06-⑧鎌倉幕府の滅亡

カード 13枚 作成者: さとちん (作成日: 2013/11/19)

  • 鎌倉中期以降、亀山天皇のに始まる( )統と、後深草上皇に始まる( )統に対立していた。

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

空き時間にサクッと確認してみてください!

公開範囲:

公開

カテゴリ:

言語:

  • カード表 : 日本語
  • カード裏 : 日本語
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    鎌倉中期以降、亀山天皇のに始まる( )統と、後深草上皇に始まる( )統に対立していた。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 大覚寺、持明院

    解説

  • 2

    後醍醐天皇の倒幕計画で、1324年のものを( )、1331年のものを( )とよんだ。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 正中の変、元弘の変

    解説

  • 3

    1318年に皇位についた( )天皇は、父である後宇多上皇の院政を停止し天皇親政を行った。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 後醍醐

    解説

  • 4

    後醍醐天皇は( )の結果、( )に流された。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 元弘の変、隠岐

    解説

  • 5

    鎌倉幕府滅亡の際、鎌倉を攻めて北条氏を滅ぼした武将は( )である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 新田義貞

    解説

  • 6

    建武政権が設置した所領に関する訴訟機関を( )という。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 雑訴決断所

    解説

  • 7

    後醍醐天皇による新政は、1334年に改元された年号をつけて( )と呼ばれた。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 建武の新政

    解説

  • 8

    ( )は、建武政権の実態や当時の混乱した世相を、ユーモアに変えて批判した文章として有名である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 二条河原落書

    解説

  • 9

    建武の新政の目標とした、摂政・関白を置かない政治体制を( )と呼ぶ。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 天皇親政

    解説

  • 10

    この頃鎌倉幕府では、得宗( )のもとで、内管領( )が専権をふるっていた。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 北条高時、長崎高資(たかすけ)

    解説

  • 11

    ( )上皇の皇子の対立を契機に、両統は対立した。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 後嵯峨

    解説

  • 12

    建武政権では、諸国に( )・( )を併置した。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 国司・守護

    解説

  • 13

    鎌倉幕府滅亡の際、幕府に背いて六波羅探題を攻め落とした武将は( )である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 足利高氏

    解説

56998

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ