zuknow learn together

新しい教材を作成

キャリアコンサルタント カウンセリング理論内容と理論名

カード 43枚 作成者: hongaw (作成日: 2016/08/14)

  • ⼼を意識・前意識・無意識の3つに分け、精神分析療法により無意識を意識化

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

理論内容と理論名(理論家)
勉強中のもののため、編集が発生することはご了承ください

公開範囲:

公開

言語:

  • カード表 : 日本語
  • カード裏 : 日本語
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    ⼼を意識・前意識・無意識の3つに分け、精神分析療法により無意識を意識化

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 局所論(深層心理学) フロイト

    解説

  • 2

    性的な心のエネルギーのやりとり、増減で心の動きを表現

    補足(例文と訳など)

    答え

    • リビドー理論(経済論的観点) フロイト

    解説

  • 3

    ⼼の発達を段階に分けてまとめた理論

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 心理-性発達理論 フロイト

    解説

  • 4

    エス・自我・超自我で心の動きを捉える

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 構造論 フロイト

    解説

  • 5

    ⼼の動きを「⼒のせめぎ合い」として理解しようとする考え⽅

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 力動論 フロイト

    解説

  • 6

    危険、不安、不快を避けるために、種々の⼿段を⽤いる「自我」の機能の一種

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 防衛機制(適応論) アンナ・フロイト

    解説

  • 7

    家族構成、幼少期の記憶、劣等感や対⼈関係上の問題などを扱う

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 個人心理学 アドラー

    解説

  • 8

    中年期を「人生の正午」にあたるとし、この時期に最⼤の⼼理的危機「中年の危機」を迎える

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 分析心理学 ユング

    解説

  • 9

    精神分析の快楽主義と現実原則を適⽤し「昇華」の概念で説明

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 精神分析による職業選択 ブリル

    解説

  • 10

    青年期以降の職業選択⾏動は、乳幼児期の欲求タイプが対応する

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 精神分析による職業選択 ボーディン

    解説

  • 11

    生涯にわたる変化の過程としての発達としてとらえる。階層的。12才~形式的操作期以降、論理的思考が可能に

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 発達理論:知能の発達 ピアジェ

    解説

  • 12

    階層的発達理論

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 道徳性の発達 コールバーグ

    解説

  • 13

    順序的発達理論であり、危機を乗り越えると徳を得る

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 漸成的発達理論 エリクソン

    解説

  • 14

    順序的発達理論であり、移行期と安定期のサイクルを持つ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 成人発達理論 レビンソン

    解説

  • 15

    発達理論の一つであり、日本人が提唱したもの

    補足(例文と訳など)

    答え

    • アイデンティティのラセン式発達モデル 岡本祐子

    解説

  • 16

    1.身体的成熟 2.文化・社会からの要請 3.個人の価値観や要求水準

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 発達段階に対応する発達課題の概念 ハヴィガースト

    解説

  • 17

    「欲求」の研究、グループダイナミクス、集団心理、リーダーシップ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 社会心理学 レヴィン

    解説

  • 18

    職業選択は生涯にわたる発達的プロセス。欲求と現実で妥協すながらも最適を求める。空想期、試行期、現実期

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 職業発達プロセス ギンズバーグ

    解説

  • 19

    マイクロシステム、メゾシステム、エクソシステム、マクロシステム個人と環境の相互作用

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ⽣態学的システム理論 ブロンフェンブレンナー

    解説

  • 20

    「自己概念」と「経験」が一致している状態が「一致」と称し、才能が最大限発揮できる受容・共感・一致

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 人格理論、クライエント中心療法 ロジャーズ

    解説

  • 21

    「今・ここ」で、いかに話しているか、何を感じ、何を話しているかを問題にし、「アウェアネス」を高め、「自覚」や「気づき」を得ることで自己成長を促す

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ゲシュタルト療法 フレデリック・S・パールズ

    解説

  • 22

    ゲシュタルト療法の手法の一つ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • フォーカシング ユージン・ジェンドリン

    解説

  • 23

    ⼈は⾃分の⼈⽣に対して責任を持つべき存在であり、⾃分の⾏動や感じ方、考え方も自己責任とする。内面で最も必要としているものに応じて行動。5つの基本的ニーズ(生存・所属・力・自由・楽しみ)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 現実療法 ウィリアム・グラッサー

    解説

  • 24

    固有性の重視、意味の探求、選択する自由と責任。人間を「現存在」と呼んだ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 実存療法 ハイデガー

    解説

  • 25

    固有性の重視、意味の探求、選択する自由と責任。死・苦悩・争い・罪といった人生の壁=「限界状況」

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 実存療法 ヤスパース

    解説

  • 26

    病を「異常」とせず、患者が存在するうえで何らかの「意味」があると捉える

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 現存在分析 ルートヴィヒ・ビンスワンガー

    解説

  • 27

    実存療法の一つ※ハイデガーの思想により忠実とする

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 現存在分析 メダルト・ボス 

    解説

  • 28

    ロゴテラピー、意味への意志、限界状況においても「意志の自由」を持つ、逆説志向と脱反省

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 実存療法 ヴィクトール・フランクル

    解説

  • 29

    アメリカでうまれ、人間性心理学に近い。不安の研究など

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 実存療法 ロロ・メイ

    解説

  • 30

    実存的な問題を「死」「孤独」「人生の意味」「自由」の4つに集約、究極の関心事を考える

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 実存的精神療法、集団精神療法 アーヴィン・ヤーロム

    解説

  • 31

    物事の捉え方に絶対的なものはなく、全ては社会やそこに属する人々が構築しているのであり、「全一」の経験などない「言葉」は重要であり、「言葉」が世界を作り上げる

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 社会構成主義 ガーゲン

    解説

  • 32

    カントやピアジェの現実観を基礎に発展

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 社会構成主義 デュルケーム

    解説

  • 33

    ウェル・ビーイングを構成する5つの要素①ポジティブ感情②エンゲージメント③関係性④意味・意義⑤達成ウェル・ビーイングは「強み」に支えられ、「強み」発達で向上

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ウェル・ビーイング理論 マーティン・セリグマン

    解説

  • 34

    「強み」としての特性①知恵と知識②勇気③人間性④正義⑤節制⑥超越性強みを把握する

    補足(例文と訳など)

    答え

    • VIA強みテスト クリストファー・ピーターソン、マーティン・セリグマン

    解説

  • 35

    要求と能力レベル一致で、時間感覚を失うほどの⾼い集中⼒、楽しさ、⾃⼰没⼊感覚

    補足(例文と訳など)

    答え

    • フロー経験 ミハイ・チクセントミハイ

    解説

  • 36

    ⼈間は非論理的な思考過程に陥りやすい悲観的思考に導く信念こそが問題A-B-C-D-Eで、Bがイラショナルビリーフ(①なばならぬ信念②悲観的信念③非難・⾃⼰卑下信念④欲求不満低耐性信念

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 論理療法 アルバート・エリス

    解説

  • 37

    A-B-Cで、Bが自動思考(認知の歪み)①選択的抽出②恣意的推論③過度の⼀般化④拡大解釈や過小評価⑤自己関連づけ⑥分極化思考

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 認知療法 アーロン・ベック

    解説

  • 38

    無条件刺激と中性刺激が対になって反復すると、中性刺激(exベル)が条件刺激に変化し、無条件反応と同じ反応(条件反応)を引き起こすレスポンデント条件付けをもとにした療法、系統的脱感作法、筋弛緩法、自律訓練法、暴露法など

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 行動療法 ウォルピ

    解説

  • 39

    ⽣体の⾃発的な⾏動に対して⼀定の結果(快または不快)が伴うことにより、そ の⾏動が定着したり消失したりすること、トークンエコノミー、除外学習法

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 行動療法 スキナー

    解説

  • 40

    個人の遺伝的特性や個人差について、客観的な実験機器や統計的分析を用いた

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 特性因子理論 個人差研究 ゴールトン(英)

    解説

  • 41

    個々の特性(trait)を認め、測定により、その人らしさ(一貫性)と他との違い(多様性)を把握可能。個人心理学

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 特性因子理論 ビネー(仏)

    解説

  • 42

    パーソナリティ特性と職業選択や仕事上の⾏動とを結びつけて「早期決定論」を提唱幼少期の家庭環境や「養育態度」が人格の形成に影響を及ぼし、将来の職業選択を⽅向づける「保護者の態度(情緒型・拒否型・受容型)」

    補足(例文と訳など)

    答え

    • パーソナリティ発達理論と職業分類 ロー

    解説

  • 43

    パーソンズの流れを汲み、特性因⼦理論をもとにしながら、精神分析とは異なる臨床⽀援として「5ステップのカウンセリング」を理論化

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 特性因子理論 ウィリアムソン

    解説

56706

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ