zuknow learn together

新しい教材を作成

キャリアコンサルタント 理論と理論家

カード 60枚 作成者: hongaw (作成日: 2016/08/12)

  • ライフステージ、ライフロール、ライフ・キャリア・レインボー

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

理論と理論家とキーワード

公開範囲:

公開

言語:

  • カード表 : 日本語
  • カード裏 : 日本語
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    ライフステージ、ライフロール、ライフ・キャリア・レインボー

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ドナルド・E・スーパー

    解説

    ●自己概念の形成●乳児期:分化→2~3歳:同一化→具体的職業名を伴った同一化●職業的自己概念●肯定的自己概念、否定的自己概念●妥当な映像と現実吟味→自己概念の修正●職業的成熟6指標●ライフステージ、マキシサイクル、ミニサイクル●ライフロール、ライフ・キャリア・レインボー●キャリア決定のアーチ(左個人特性、右社会特性)

  • 2

    スリー・レター・コード、RIASEC(リアセック)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ジョン・L・ホランド

    解説

    スリー・レター・コード●6つのホランド・タイプ、RIASEC(リアセック)●分化、未分化

  • 3

    ハップンスタンス・ラーニング・セオリー

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ジョン・D・クルンボルツ

    解説

    ●先天的な資質●環境条件や出来事●学習経験、先行子、、正強化・罰、道具的学習経験、連合的学習経験●ハップンスタンス・ラーニング・セオリー(クルンボルツ、ミッチェル、レヴィン)●「こうじじゅらくぼう」

  • 4

    4S

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ナンシー・K・シュロスバーグ

    解説

    ●転機!(役割・関係・日常生活・自分自身)●イベントとノンイベント●影響度3要因(転機そのもの、本人、支援システム<人・物的・公的民間機関>)●乗り切り方=4S[①Situstion(状況)②Self(自己)③Supports(支援)④Strategies(戦略)]

  • 5

    トランジション、ニュートラル・ゾーン

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ウィリアム・ブリッジス

    解説

    ●変化とは状況変化、「トランジション」とは心理的変化●①「終わり」→②「ニュートラル・ゾーン」(猶予期間)→③「始まり」●

  • 6

    統合的ライフ・プランニング

    補足(例文と訳など)

    答え

    • L・サニー・ハンセン

    解説

    ●統合的ライフ・プランニング:グローバル等6つ+1健康の重要課題●人生の役割:4L(①労働・Labor ②愛・Love ③学習・Learning ④余暇・Leisure)

  • 7

    三者相互作用

    補足(例文と訳など)

    答え

    • バンデューラ

    解説

    ●三者相互作用(①個人的要因(性別・人種、能力・思考)②環境的要因(社会的・経済的環境)③個人の起こす行動 )

  • 8

    社会的認知キャリア理論(SCCT)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • レント・ブラウン・ハケット

    解説

    ●自己効力感=①個人的達成②代理学習③社会的説得④情緒的覚醒●結果期待(①物理的な成果②自己評価的成果③社会的成果)●個人的目標

  • 9

    キャリア構成理論

    補足(例文と訳など)

    答え

    • マーク・L・サビカス

    解説

    ●ナラティブアイデンティティ●マイクロナラティブからマクロナラティブを構成●キャリアテーマ(マクロナラティブに統合する暗黙のパターン)●キャリアストーリーインタビュー(①ロールモデル②いつも見る雑誌・テレビ番組③お気に入りの本・映画④お気に入りの格言・モットー⑤幼少期の思い出)●①ナラティブの再構成②ナラティブの脱構成③ナラティブの共構成

  • 10

    キャリア・アンカー

    補足(例文と訳など)

    答え

    • エドガー・H・シャイン

    解説

    ●内的キャリアと外的キャリア●心理的契約●キャリア・アンカー=個人(佐野にどう寄ったか?)(「戦前、自分はほうきを持って奉仕した人生」)●キャリア・サバイバル=職務と役割の戦略的プランニングのツール●オープン・システム・プランニング

  • 11

    プロティアン・キャリア

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ダグラス・T・ホール

    解説

    ●ホールといえば…、プロティアン・キャリア!=変幻自在なキャリア●心理的成功=「アイデンティティ+アダプタビリティ」●アダプタビリティ=適応コンピテンス(反応学習、アイデンティティの探索、統合力)×適応モチベーション●発達的関係●メンタリング(理論家クラム)キャリア的機能/心理・社会的機能

  • 12

    意思決定の理論(機械的なプロセス)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ヒルトン

    解説

    ●機械的なプロセス(①自己概念、希望、期待、職業観などの「前提」→②迷い等の「不協和音(不協和)」→③②を解消する情報の収集や①の再検討をする「再調整」

  • 13

    意思決定の理論(「客観的・合理的な意思決定の理論」→「積極的不確実性」)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ジェラット

    解説

    ●初期には「客観的・合理的な意思決定の理論」(①予測システム②評価(価値観)システム③決定システム●晩年には「積極的不確実性」の概念(3つの概念、想像しない、確信しすぎない、手放す)

  • 14

    欲求5段階説

    補足(例文と訳など)

    答え

    • マズロー

    解説

    ●①生理的欲求 ②安全欲求 ③所属と愛情の欲求 ④自尊と承認の欲求 ⑤自己実現欲求。①から④=欠乏欲求。⑤のみ=成長欲求

  • 15

    衛生要因と動機づけ要因

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ハーズバーグ

    解説

  • 16

    内発的動機づけ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ハーロウの提唱

    解説

    ●サルの研究:報酬エサより好奇心・興味=「内発的動機づけ」

  • 17

    アンダーマイニング効果とエンハンシング効果

    補足(例文と訳など)

    答え

    • デシの実験

    解説

    ●外的報酬(外発的動機づけ)のやる気は短期的=アンダーマイニング効果●仕事自体のモチベーション効果は長期的=エンハンシング効果

  • 18

    局所論(深層心理学)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • フロイト(ウィーン/医師)

    解説

    ⼼を意識・前意識・無意識の3つに分け、精神分析療法により無意識を意識化。

  • 19

    リビドー理論(経済論的観点)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • フロイト(ウィーン/医師)

    解説

    性的な心のエネルギー(リビドー)のやりとり、増減で心の動きを表現。

  • 20

    心理-性発達理論

    補足(例文と訳など)

    答え

    • フロイト(ウィーン/医師)

    解説

    ⼼の発達を段階に分けてまとめた理論。

  • 21

    構造論

    補足(例文と訳など)

    答え

    • フロイト(ウィーン/医師)

    解説

    局所論に次いで、⼼をモデル化したもの。エス・自我・超自我で心の動きを捉える。

  • 22

    力動論

    補足(例文と訳など)

    答え

    • フロイト(ウィーン/医師)

    解説

    ⼼の動きを「⼒のせめぎ合い」として理解しようとする考え⽅。構造論+「外界」

  • 23

    防衛機制(適応論)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • アンナ・フロイト

    解説

    危険、不安、不快を避けるために、種々の⼿段を⽤いる「自我」の機能の一種。

  • 24

    個人心理学

    補足(例文と訳など)

    答え

    • アドラー

    解説

    家族構成、幼少期の記憶、劣等感や対⼈関係上の問題などを扱う

  • 25

    分析心理学

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ユング

    解説

    中年期を「人生の正午」にあたるとし、この時期に最⼤の⼼理的危機「中年の危機」を迎える

  • 26

    精神分析を職業選択に応用

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ブリル

    解説

    精神分析の快楽主義と現実原則を適⽤し「昇華」の概念で説明。

  • 27

    精神分析を職業選択に応用

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ボーディン

    解説

    ⻘年期以降の職業選択⾏動は、乳幼児期の欲求への対応タイプが対応する。

  • 28

    ①均衡②同化③調節④シェマ(概念)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ピアジェ(心理学者)

    解説

    発達を構成する3要素:「成⻑/⽼化」「成熟」「学習」。 ⼼理学における発達観3つ:1.成⻑過程としての発達 2.分化-統合過程としての発達 3.生涯にわたる変化の過程としての発達。 ピアジェの知能の発達研究:12才~形式的操作期以降、論理的思考が可能に。

  • 29

    道徳性の発達

    補足(例文と訳など)

    答え

    • コールバーグ

    解説

    発達を構成する3要素:「成⻑/⽼化」「成熟」「学習」。 ⼼理学における発達観3つ:1.成⻑過程としての発達 2.分化-統合過程としての発達 3.生涯にわたる変化の過程としての発達。 ピアジェの知能の発達研究:12才~形式的操作期以降、論理的思考が可能に。

  • 30

    漸成的発達理論

    補足(例文と訳など)

    答え

    • エリクソン(精神分析家)

    解説

    発達を構成する3要素:「成⻑/⽼化」「成熟」「学習」。 ⼼理学における発達観3つ:1.成⻑過程としての発達 2.分化-統合過程としての発達 3.生涯にわたる変化の過程としての発達。 ピアジェの知能の発達研究:12才~形式的操作期以降、論理的思考が可能に。

  • 31

    成人発達理論

    補足(例文と訳など)

    答え

    • レビンソン

    解説

    発達を構成する3要素:「成⻑/⽼化」「成熟」「学習」。 ⼼理学における発達観3つ:1.成⻑過程としての発達 2.分化-統合過程としての発達 3.生涯にわたる変化の過程としての発達。 ピアジェの知能の発達研究:12才~形式的操作期以降、論理的思考が可能に。

  • 32

    アイデンティティのラセン式発達モデル

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 岡本祐子

    解説

    発達を構成する3要素:「成⻑/⽼化」「成熟」「学習」。 ⼼理学における発達観3つ:1.成⻑過程としての発達 2.分化-統合過程としての発達 3.生涯にわたる変化の過程としての発達。 ピアジェの知能の発達研究:12才~形式的操作期以降、論理的思考が可能に。

  • 33

    発達段階に対応する発達課題の概念

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ハヴィガースト

    解説

    1.身体的成熟 2.文化・社会からの要請 3.個人の価値観や要求水準

  • 34

    フロイトと並ぶ力動論者

    補足(例文と訳など)

    答え

    • レヴィン

    解説

    フロイトと並ぶ力動論の代表的な論者で、「欲求」の研究。

  • 35

    職業発達プロセス

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ギンズバーグ

    解説

    職業選択は生涯にわたる発達的プロセス

  • 36

    ⽣態学的システム理論

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ブロンフェンブレンナー(米/発達心理学者)

    解説

    マイクロシステム、メゾシステム、エクソシステム、マクロシステム。個人と環境の相互作用

  • 37

    人格理論、クライエント中心療法

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ロジャーズ

    解説

    「自己概念」と「経験」が一致している状態が「一致」と称し、才能が最大限発揮できる。受容・共感・一致

  • 38

    「今・ここ」「アウェアネス」「自覚」「気づき」

    補足(例文と訳など)

    答え

    • フレデリック・S・パールズ(精神科医)

    解説

    「今・ここ」で、いかに話しているか、何を感じ、何を話しているかを問題にし、「アウェアネス」を高め、「自覚」や「気づき」を得ることで自己成長を促す。

  • 39

    フォーカシング

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ユージン・ジェンドリン

    解説

  • 40

    選択理論(日本)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ウィリアム・グラッサー(米/精神科医)

    解説

    ⼈は⾃分の⼈⽣に対して責任を持つべき存在であり、⾃分の⾏動や感じ方、考え方も自己責任とする。5つの基本的ニーズ(生存・所属・力・自由・楽しみの各ニーズ)

  • 41

    人間を「現存在」

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ハイデガー(ドイツ)

    解説

    人間を「現存在」と呼んだ

  • 42

    人生の壁=「限界状況」

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ヤスパース(ドイツ)

    解説

    死・苦悩・争い・罪といった人生の壁=「限界状況」

  • 43

    現存在分析

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ルートヴィヒ・ビンスワンガー(スイス/精神科医)

    解説

    病を「異常」とせず、患者が存在するうえで何らかの「意味」があると捉える。

  • 44

    現存在分析

    補足(例文と訳など)

    答え

    • メダルト・ボス (スイス/精神科医)

    解説

    ※ハイデガーの思想により忠実とする

  • 45

    限界状況においても「意志の自由」を持つ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ヴィクトール・フランクル(ウィーン/精神医)

    解説

    ロゴテラピー(実存療法唯一の専門技法)

  • 46

    ロジャーズやマズローと共に人間性心理学

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ロロ・メイ(米/臨床心理学者)

    解説

    ヨーロッパの実存療法が精神分析寄りに対し、アメリカは人間性心理学に近い

  • 47

    実存的精神療法

    補足(例文と訳など)

    答え

    • アーヴィン・ヤーロム(米/集団精神療法)

    解説

    実存的な問題を「死」「孤独」「人生の意味」「自由」の4つに集約

  • 48

    4つのテーゼ (言葉は無限にあり言葉が世界を構成。人々の関係から意味が与えられ、同時に未来をも創造している)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ガーゲン

    解説

    物事の捉え方に絶対的なものはなく、全ては社会やそこに属する人々が構築しているのであり、「全一」の経験などない。「言葉」は重要であり、「言葉」が世界を作り上げる

  • 49

    4つのテーゼ (言葉は無限にあり言葉が世界を構成。人々の関係から意味が与えられ、同時に未来をも創造している)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • デュルケーム

    解説

    カントやピアジェの現実観を基礎に発展

  • 50

    ウェル・ビーイング理論

    補足(例文と訳など)

    答え

    • マーティン・セリグマン(米/心理学会会長)

    解説

    ウェル・ビーイングを構成する5つの要素①ポジティブ感情②エンゲージメント③関係性④意味・意義⑤達成。ウェル・ビーイングは「強み」に支えられ、「強み」発達で向上。

  • 51

    「強み」としての特性

    補足(例文と訳など)

    答え

    • クリストファー・ピーターソン

    解説

    「強み」としての特性①知恵と知識②勇気③人間性④正義⑤節制⑥超越性。強みは、VIA強みテストで把握可能。

  • 52

    「フロー経験」

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ミハイ・チクセントミハイ

    解説

    要求と能力レベル一致で、時間感覚を失うほどの⾼い集中⼒、楽しさ、⾃⼰没⼊感覚

  • 53

    「問題解決志向」 「症状除去志向」

    補足(例文と訳など)

    答え

    • アルバート・エリス(米/臨床心理学者)

    解説

    ⼈間は非論理的な思考過程に陥りやすい。悲観的思考に導く信念こそが問題。A-B-C-D-Eで、Bがイラショナルビリーフ(①なばならぬ信念②悲観的信念③非難・⾃⼰卑下信念④欲求不満低耐性信念

  • 54

    「問題解決志向」 「症状除去志向」

    補足(例文と訳など)

    答え

    • アーロン・ベック(米/精神科医)

    解説

    A-B-Cで、Bが自動思考(認知の歪み)①選択的抽出②恣意的推論③過度の⼀般化④拡大解釈や過小評価⑤自己関連づけ⑥分極化思考

  • 55

    レスポンデント条件付け (パブロフの犬)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ワトソン(1920年~)学習理論 スキナー(1953年)初の行動療法

    解説

    無条件刺激と中性刺激が対になって反復すると、中性刺激(exベル)が条件刺激に変化し、無条件反応と同じ反応(条件反応)を引き起こす。

  • 56

    オペラント条件付け

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ワトソン(1920年~)学習理論 スキナー(1953年)初の行動療法

    解説

    ⽣体の⾃発的な⾏動に対して⼀定の結果(快または不快)が伴うことにより、そ の⾏動が定着したり消失したりすること。

  • 57

    個人差研究

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ゴールトン(英)

    解説

    個々の特性(trait)を認め、測定により、その人らしさ(一貫性)と他との違い(多様性)を把握可能。近年、近年はビッグファイブという5因子モデルが注目。性格を5つの特性、外向性・愛着性・統制性・情動性・遊戯性)で捉える。

  • 58

    個人心理学

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ビネー(仏)

    解説

    個々の特性(trait)を認め、測定により、その人らしさ(一貫性)と他との違い(多様性)を把握可能。近年、近年はビッグファイブという5因子モデルが注目。性格を5つの特性、外向性・愛着性・統制性・情動性・遊戯性)で捉える。

  • 59

    早期決定論

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ロー

    解説

    パーソナリティ特性と職業選択や仕事上の⾏動とを結びつけて「早期決定論」を提唱。幼少期の家庭環境や「養育態度」が人格の形成に影響を及ぼし、将来の職業選択を⽅向づける。「保護者の態度(情緒型・拒否型・受容型)」

  • 60

    5ステップのカウンセリング

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ウィリアムソン

    解説

    パーソンズの流れを汲み、特性因⼦理論をもとにしながら、精神分析とは異なる臨床⽀援として「5ステップのカウンセリング」を理論化。

56806

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ