zuknow learn together

新しい教材を作成

英語うんちく・雑学 ②

カード 52枚 作成者: のらきち (作成日: 2016/08/11)

  • ISBN

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

詳細はありません

公開範囲:

公開

カテゴリ:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    ISBN

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 国際標準図書番号 International Standard Book Number

    解説

  • 2

    centre

    補足(例文と訳など)

    答え

    • センター、中心 *欧州では英国式に綴る。

    解説

  • 3

    VAT

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 付加価値税 *Value Added Tax 米国を除く全OECD諸国では導入されている。日本の消費税法はVATと分類される。

    解説

  • 4

    web-surfing slacker

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 仕事中にサボってネットサーフィンする人

    解説

  • 5

    ghosting

    補足(例文と訳など)

    答え

    • (SNSなどで)一方的につながりを遮断すること

    解説

  • 6

    Hellenistic

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ヘレニズム様式の、 ギリシャ風の *Hellenist はギリシャ語・文化を受容した非ギリシャ人を指す。アレクサンドロス大王が征服した地域に、BC4世紀からBC1世紀にかけて栄え、東西の文化が融合した美術様式。

    解説

  • 7

    from Toronto to Timbuktu

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 世界中に、世界の隅々まで *16世紀には西アフリカ最大のイスラム都市だったところで「遠く離れた場所」の代名詞としても使われる。

    解説

  • 8

    from here to Timbuktu

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ここからはるか遠いところへ。 *長い旅のことを表す表現

    解説

  • 9

    from Timbuktu to Kalamazoo

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 世界中に、世界の隅々まで *Kalamazoo はMichigan 州南西部の都市

    解説

  • 10

    deep space exploration vehicle

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 深宇宙探査機 *2030年代に火星に人類を送り込む計画をしているOrion 等

    解説

  • 11

    Toasty Roasty Man

    補足(例文と訳など)

    答え

    • トースティー・ロースティ・マン *道化師の人形 clown figure シカゴ万博用にチャールズクレーターが製作したポップコーン製造機で付けられていた人形

    解説

  • 12

    urban professional

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 都会の専門職 *yuppie: young urban professional 1980年代当初は若いエリートを指したが、やがて自己中心的、表面的というニュアンスで軽蔑的に用いられるようになった。

    解説

  • 13

    work-life integration

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 仕事と私生活の一体化・融合

    解説

  • 14

    organic growth

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 有機的成長、自律的成長 *ビジネス用語:M&Aによらない本業(顧客拡大・新商品開発など)重視によるビジネス拡大

    解説

  • 15

    me time

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 自分の時間 *meism は自分主義で自分以外のものには目を向けないという自己中心の考え方。70年代の若者を中心。70年代のことをMe Decade とも

    解説

  • 16

    R&R

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 休養と娯楽・保養 *rest and recreation

    解説

  • 17

    pay it forward

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 恩送りをする *人から受けた恩を別の人へ返すこと

    解説

  • 18

    By George!

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 何とまあ! *英国語の感嘆詞。George は神の婉曲表現。

    解説

  • 19

    blind date

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ブラインドデート *初対面どうしのデート

    解説

  • 20

    sizzling steak

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ジュージュー(音を立てる)ステーキ

    解説

  • 21

    retirement crisis

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 引退後の危機

    解説

  • 22

    gold watch

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 金時計 *永年勤続者が退職時に贈られる褒賞としての金時計

    解説

  • 23

    intelligent house

    補足(例文と訳など)

    答え

    • インテリジェントハウス *未来のハイテク住宅

    解説

  • 24

    pipe dream

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 夢物語、空想的な考え *アヘン吸飲者が見るような、から

    解説

  • 25

    blossom

    補足(例文と訳など)

    答え

    • (果実を結ぶ)花 *bloom は観賞用。総称がflower

    解説

  • 26

    Hail Mary

    補足(例文と訳など)

    答え

    • アベマリア、アメフトで試合終了直前に一か八かで投げるロングパスを指す

    解説

  • 27

    arsenal

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 兵器庫、武器庫 *ロンドン東部の地名Woolwich Arsenal は 王立の兵器工場があった。サッカークラブチームがある

    解説

  • 28

    bloc

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ブロック、圏 *もとはフランス語。共通の利害を持つ国家が政治・経済の共通目的のために提携した連合。

    解説

  • 29

    North Atlantic Treaty Organization

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 北大西洋条約機構 *1949年結成。NATO発音はネイトー。対抗してWarsaw Pact が1955年設立。

    解説

  • 30

    from Stettin to Trieste

    補足(例文と訳など)

    答え

    • シュチェチンからトリエステ *ポーランド・バルト海からイタリア・アドリア海にひかれたthe Iron Curtain by Winston Churchill

    解説

  • 31

    finch

    補足(例文と訳など)

    答え

    • フィンチ *アトリ科の鳥の総称だが, 一般的にはもっと広く異なるグループの種子食の小鳥の多くもこう呼ばれている。Darwin's --

    解説

  • 32

    Last Universal Common Ancestor

    補足(例文と訳など)

    答え

    • LUCA ルカ ー 全生物の最終共通祖先

    解説

  • 33

    massive open online courses

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 大規模公開オンライン講座 *主にアメリカの大学で運営されているインターネット講座。MOOCs

    解説

  • 34

    random acts of kindness

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 相手を選ばない親切行為 *米作家Anne Herbertが1980年代に提唱したムーブメント

    解説

  • 35

    Virtue is its own reward

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 《諺》美徳は、それ自身が報酬である。

    解説

  • 36

    crabapple

    補足(例文と訳など)

    答え

    • クラブアップル *小粒で酸味が強いリンゴ

    解説

  • 37

    Decadence

    補足(例文と訳など)

    答え

    • デカダン運動 *19世紀末にフランスを中心として広まった退廃的な美を追求する運動

    解説

  • 38

    digital junk food

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ネット上のくず情報・無用な情報

    解説

  • 39

    New Age concept

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ニューエイジ的発想 *1980年代既成の西洋的価値観に対して主に米国や英国で起こった,神秘的・超自然的価値を追求する思潮をいう

    解説

  • 40

    driveway

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 通りから車庫や玄関までの私有地内の道

    解説

  • 41

    loon

    補足(例文と訳など)

    答え

    • アビ、ヘイケドリ *カナダの国鳥。マガモくらいの大きさで水に潜って魚を捕る鳥。カナダの1ドル硬貨の別名をルーニー

    解説

  • 42

    loonie

    補足(例文と訳など)

    答え

    • カナダドル、1ドル硬貨 *toonie は2ドル硬貨。ルーン=アビ

    解説

  • 43

    Constantine the Great

    補足(例文と訳など)

    答え

    • コンスタンティヌス大帝 *紀元330年に東西ローマを統一。軍人。キリスト教を公認

    解説

  • 44

    Make hay while the sun shines

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 好機逸すべからず

    解説

  • 45

    partial eclipse

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 部分日[月]食 *皆既食は、total xxxxx

    解説

  • 46

    Tucson

    補足(例文と訳など)

    答え

    • トゥーソン *アリゾナ州の町。綴りに注意

    解説

  • 47

    Phoenix

    補足(例文と訳など)

    答え

    • フェニックス *アリゾナ州の都市。発音注意

    解説

  • 48

    boiling hot

    補足(例文と訳など)

    答え

    • うだるように暑い

    解説

  • 49

    sharing economy

    補足(例文と訳など)

    答え

    • シェアリングエコノミー *家や車など個人の資産をシェアして利用していくことを指す

    解説

  • 50

    rebounding

    補足(例文と訳など)

    答え

    • リバウンディング *小型のトランポリンを使う運動

    解説

  • 51

    gray matter

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 頭脳、知力、能力 *解剖学での脳の灰白質。特に脳や脊髄に見られる神経組織が赤みがかった灰色。

    解説

  • 52

    The English summer - three fine days and a thunderstorm

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 晴れの日が3日と雷雨が1度でイギリスの夏は終わる。 *イギリスの夏が短いことを表現。

    解説

56679

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ