zuknow learn together

新しい教材を作成

熟語・連語 初級9

カード 25枚 作成者: YASKA (作成日: 2016/08/08)

  • set up


    Let's set up a tent here.

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

中学1年から高校入試までの熟語・連語・決まり文句・副詞句・句動詞などのまとめ

公開範囲:

公開

カテゴリ:

言語:

  • カード表 : 英語
  • カード裏 : 日本語
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    set up

    補足(例文と訳など)

    • Let's set up a tent here.

    答え

    • ・何々を設置する, ・設立する

    解説

    set up setは、「(定められた位置に)据える」から「【ある状態にする】」。upは、「上に」から「【活動状態】」。それで、《活動状態にする》となり、『立てる,設置する,設立する』の意味となる。 〔立てましょうテントを、ここに。〕

  • 2

    show A around B

    補足(例文と訳など)

    • She showed me around the town.

    答え

    • A(人)にB(場所)を案内する

    解説

    show A around B showは、「人前に示す」から「【方法・場所を示す】案内する」。aroundは、「対象の周囲に(ぐるっと)」。それで、《対象のまわりをぐるっと案内する》となり、『A(人)にB(場所)を案内する』の意味となる。 〔彼女は案内した、私に、その町をぐるりと。〕

  • 3

    sit down

    補足(例文と訳など)

    • Sit down here and listen to me.

    答え

    • 腰を下ろす

    解説

    sit down sitは、「座る」。downは、「下に」から「【下方への移動】」。だから、『腰を下ろす』の意味となる。 〔座りなさい、ここに、そして聞きなさい、私の言うことを。〕

  • 4

    speak to ~

    補足(例文と訳など)

    • Don't speak to me.

    答え

    • 誰々に話しかける

    解説

    speak to ~ speakは、「一方向に音(声)を出す」。toは、「対象に向き合って」から「【行為の行き先】(何々)に対して」。それで、《to以下の対象に対して声を出す》となり、『(誰々)に話しかける』の意味となる。 〔話しかけないで、私に。〕

  • 5

    spend A on B

    補足(例文と訳など)

    • He spends a lot of money on video games.

    答え

    • AをBに費やす

    解説

    spend A on B spendは、「何かのために(お金・時間・エネルギー)を費やす」。onは、「(何々)に接触して」から「【(何々)に関して】」。それで、《Bに関してAを費やす》となり、『AをBに費やす』の意味となる。 〔彼は費やした、たくさんのお金を、テレビゲームに。〕

  • 6

    stand up

    補足(例文と訳など)

    • He stood up and answered it.

    答え

    • 立ち上がる

    解説

    stand up standは、「立っている」。upは、「上に」から「【垂直移動】上の方へ」。だから、『立ち上がる』の意味となる。 〔彼は立ち上がり、答えた、そのことを。〕

  • 7

    stay at ~

    補足(例文と訳など)

    • I stayed at his house yesterday.

    答え

    • どこどこに泊まる

    解説

    stay at ~ stayは、「(違う場所や状態に移行せず)とどまる」から「【泊まる】」。atは、「(何々)のところに」から「【場所】」。それで、《at以下のところに留まる》となり、『(どこどこ)に泊まる』の意味となる。 〔私は泊まった、彼の家に、昨日。〕

  • 8

    stay away from ~

    補足(例文と訳など)

    • She has stayed away from work for a week.

    答え

    • ・何々から離れている, ・何々を休む

    解説

    stay away from ~ stayは、「(違う場所や状態に移行せず)とどまる」。awayは、「(視点の置かれたところから)離れて」から「【地点から】離れて」。fromは、「(物事の起点を示して)(何々)から」から「【動作の起点】」。それで、《from以下から距離が離れたところにとどまる》となり、『(何々)から離れている』の意味となる。 〔彼女はとどまっている、離れたところに、仕事から、一週間。〕

  • 9

    stay up late

    補足(例文と訳など)

    • Don't stay up late.

    答え

    • 遅くまで起きている

    解説

    stay up late stayは、「(違う場所や状態に移行せず)とどまる」。upは、「上に」から「【活動状態】」。lateは、「終わりに近い」から「【遅い】」。それで、《その日の遅くまで、活動状態のままでとどまっている》となり、『遅くまで起きている』の意味となる。 〔起きているな、遅くまで。〕

  • 10

    stay with ~

    補足(例文と訳など)

    • I stayed with my grandparents during summer.

    答え

    • 誰々のところに滞在する

    解説

    stay with ~ stayは、「違う場所や状態に移行せずに、留まる」。withは、「(何々と)ともに」から「【同伴】(何々)といっしょに」。それで、《with以下の人とともに留まる》となり、『(誰々)のところに滞在する』の意味となる。 〔私は祖父母のところに滞在しました、夏の間に。〕

  • 11

    succeed in ~

    補足(例文と訳など)

    • They succeded in developing a new medicine.

    答え

    • 何々に成功する

    解説

    succeed in ~ succeedは、「物事をスムーズに行う」から「【成功する】」。inは、「空間内に」から「【範囲】において」。それで、《in以下の範囲において成功する》となり、『(何々)に成功する』の意味となる。 〔彼らは成功した、薬の開発に。〕

  • 12

    suffer from ~

    補足(例文と訳など)

    • He is suffering from headache.

    答え

    • 何々で苦しむ

    解説

    suffer from ~ sufferは、「苦痛を経験する」から「【苦しむ】」。fromは、「(物事の起点を示して)(何々)から」から「【原因】」。それで、《from以下が原因で苦痛を経験する》となり、『(何々)で苦しむ』の意味となる。 〔彼は、苦しんでいる、頭痛で。〕

  • 13

    take A to B

    補足(例文と訳など)

    • My father took us to the park.

    答え

    • A(人)をBに連れて行く

    解説

    take A to B takeは、「何かを自分のところに取り込む」から「【手に取る】」。toは、「対象に向き合って」から「【到着点】」。それで、《A(人)を手にとって、to以下のB(場所)まで》となり、『A(人)をBに連れて行く』の意味となる。 〔父は私たちを公園に連れて行った。〕

  • 14

    take away ~

    補足(例文と訳など)

    • Someone took my bag away.

    答え

    • ・何々を連れ去る, ・何々を持ち去る

    解説

    take away ~ takeは、「何かを自分のところに取り込む」から「【手に取る】つかむ」。awayは、「(視点の置かれたところから)離れて」。それで、《手に取って(つかんで)、離れた状態に》となり、『持ち去る』の意味となる。他に「奪う,取り上げる,取り除く,(数)を引く,連行する」など。 〔誰かが私のカバンを持ち去った。〕

  • 15

    take in ~

    補足(例文と訳など)

    • Forests take in CO2.

    答え

    • 何々を吸収する

    解説

    take in ~ takeは、「何かを自分のところに取り込む」から「【吸収する】」。inは、「空間内に」から「「中へ」という意味を付け足す役割》。よって『(何々)を(中へ)吸収する』の意味となる。他に「取り入れる,受け入れる,理解する,飲み込む,だます」など。 〔森林は吸収する、二酸化炭素を。〕

  • 16

    take off

    補足(例文と訳など)

    • Their plane took off at 10 o'clock.

    答え

    • ・出発する, ・離陸する, ・外す

    解説

    take off takeは、「何かを自分のところに取り込む」。offは、「(何々)から離れて」から「【対象】から離れて」。それで、《出かけるときに、気持ちや、持って行くものを自分の中に取り込んで、その場を離れる》となり、『出発する,離陸する』の意味となる。 〔彼らの飛行機は離陸した、10時に。〕

  • 17

    take out ~

    補足(例文と訳など)

    • He took out a pen from his pocket.

    答え

    • 何々を取り出す

    解説

    take out ~ takeは、「何かを自分のところに取り込む」から「【手に取る】」。outは、「外に」。それで、《何かを手にして外に出す》となり、『(何々)を取り出す』の意味となる。他に「連れ出す,引き出す,持ち帰る,取り除く」など。 〔彼は取り出した、ペンを、自分のポケットから。〕

  • 18

    take over ~

    補足(例文と訳など)

    • He took over his father's business.

    答え

    • 何々を引き継ぐ

    解説

    take over ~ takeは、「何かを自分のところに取り込む」。overは、「(弧を描くように)(何々)を覆って」。それで、《over以下のことを自分の上にふたをする感覚で覆い、それを取り込む》となり、『over以下を引き継ぐ』の意味となる。他に「支配する,乗っ取る」など。 〔彼は引き継いだ、彼の父の仕事を。〕

  • 19

    talk about ~

    補足(例文と訳など)

    • We talked about our dreams.

    答え

    • 何々について話す

    解説

    talk about ~ talkは、「言葉でやりとりをする」。aboutは、「対象を含んで(漠然と)その周辺に」から「【話題の中心とその周辺を含んで】(何々)について」。それで、《about以下についてあれこれ言葉でやりとりをする》となり、『(何々)についていろいろ話す』の意味となる。 〔私たちは話しました、自分たちの夢について。〕

  • 20

    talk to ~

    補足(例文と訳など)

    • She began to talk to me.

    答え

    • 誰々と向き合って話す

    解説

    talk to ~ talkは、「言葉でやりとりをする」。toは、「対象と向き合って」から「【対象に向いて】」。それで、『(誰々)と向き合って話す』の意味となる。 〔彼女は話し始めた、私に向かって。〕

  • 21

    tell A from B

    補足(例文と訳など)

    • I could not tell Taro from his brother.

    答え

    • AとBを見分ける

    解説

    tell A from B tellは、「相手にある内容を伝える」から「【(相手の姿・様子から)(事実を)知る】」。fromは、「(物事の起点を示して)そこから」から「【判断の元】(何々)から判断すると」。それで、《Bから判断するとAがわかる》となり、『AとBを見分ける』の意味となる。相手に何かを伝えるには、その内容を知っていないと伝えられない。そのためtellには、「知る」というニュアンスが出てくる。 〔私は見分けられない、太郎と彼の弟とを。〕

  • 22

    thank A for B

    補足(例文と訳など)

    • Thank you for your help.

    答え

    • A(人)にB(内容)のことについて感謝する

    解説

    thank A for B thankは、「感謝する」。forは、「(何々)に向かって」から「【理由・原因】」。それで、《まずA(人)に感謝を述べて、何に対してなのかの理由をfor以下で述べる》だから、『A(人)にB(内容)のことについて感謝する』の意味となる。 〔感謝します、あなたの助けに対して。〕

  • 23

    think about ~

    補足(例文と訳など)

    • I was thinking about the future.

    答え

    • 何々について考える

    解説

    think about ~ thinkは、「(思考の筋道をたどって)考える」。aboutは、「対象を含んで(漠然と)その周辺に」から「(何々)について」。それで、《about以下についていろいろと考える》となり、『(何々)について考える』の意味となる。 〔私は考えていた、将来に対して。〕

  • 24

    think of ~

    補足(例文と訳など)

    • What do you think of this plan?

    答え

    • ・何々のことを考える, ・何々のことを思う

    解説

    think of ~ thinkは、「(思考の筋道をたどって)考える」。ofは、「切っても切れない、(何々)の(何々)という関係」から「【行為の出所】(何々)で」。それで、《of以下のことで考える》となり、『(何々)を思う』の意味となる。 〔なにを思いますか、この計画について?〕

  • 25

    throw away ~

    補足(例文と訳など)

    • Don't throw away an empty can.

    答え

    • 何々を投げ捨てる

    解説

    throw away ~ throwは、「(すばやく)(さっと)投げる」。awayは、「(視点の置かれたところから)離れて」から「(ある地点から)離れて」。それで、《距離のあるところに(さっと)投げる》となり、『(何々)を投げ捨てる』の意味となる。 〔投げ捨てないで、空き缶を。〕

56551

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ