zuknow learn together

新しい教材を作成

認知症 病態論

カード 20枚 作成者: 聖鵬 (作成日: 2016/08/05)

  • 変性性認知症
    3分類

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

詳細はありません

公開範囲:

公開

カテゴリ:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    変性性認知症 3分類

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1.皮質性認知症状 2.皮質下性認知症状 3.辺縁型認知症

    解説

  • 2

    皮質性認知症 種類

    補足(例文と訳など)

    答え

    • アルツハイマー病 レビー小体型認知症 前頭側頭型認知症 嗜銀顆粒性認知症

    解説

  • 3

    皮質下性認知症 種類

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 進行性核上性麻痺 認知症を伴うパーキンソン病 大脳基底核変性症

    解説

  • 4

    辺縁型認知症

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 神経原繊維変化優位型老年期認知症

    解説

  • 5

     前頭側頭葉変性症:三郡

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 前頭側頭型認知症 進行性非流暢性失語 意味性認知症

    解説

  • 6

    アルツハイマー病の病理

    補足(例文と訳など)

    答え

    • βアミロイドの蓄積(細胞外)→老人斑 リン酸化タウタンパクの蓄積(細胞内)→神経原繊維変化 ⇒細胞死

    解説

  • 7

    アポリポタンパクE(ApoE) 〔血中でコレステロール運搬〕 アルツハイマー発症リスクが高い型は

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 4型 (稀な2型、大部分の3型、一部の4型がある。)

    解説

  • 8

    前頭側頭変性症 病理

    補足(例文と訳など)

    答え

    • タウタンパクの蓄積 ものと TDP-43蓄積 するものがある。 FUSタンパクが蓄積するタイプもある。

    解説

  • 9

    DLB臨床診断基準改訂版 2005年 主症状とコア症状

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 主症状 進行性の認知機能障害 コア症状 a 動揺性の認知機能 b 繰り返す幻視 c 非薬物性のパーキンソン症状

    解説

  • 10

    ドネペジルの作用機序

    補足(例文と訳など)

    答え

    • コリンエステラーゼ阻害薬

    解説

    行動・心理症状(特にうつ・無関心)に対する改善効果が強い。

  • 11

    ガランタミンの作用機序は

    補足(例文と訳など)

    答え

    • コリンエステラーゼ阻害薬

    解説

    ニコチン性アセチルコリン受容体の感受性を亢進 神経伝達物質(ドパミン・GABA・グルタミン)の分泌促進

  • 12

    リバスチグミンの作用機序

    補足(例文と訳など)

    答え

    • コリンエステラーゼ阻害薬

    解説

    ブチルコリンエステラーゼ阻害作用 介護者負担軽減、投薬コンプライアンスの向上

  • 13

    メマンチンの作用機序

    補足(例文と訳など)

    答え

    • NMDA受容体阻害薬

    解説

    NMDA受容体:N-メチル-D-アスパラギン酸受容体 行動・心理症状(BPSD)特に興奮・攻撃性に対する抑制効果が強い。

  • 14

    アルツハイマー型認知症の適応薬

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ドネペジル  (アリセプト) ガランタミン (レミニール) リバスチグミン(リバスタッチ・イクセロンパッチ) メマンチン  (メマリー)

    解説

    アルツハイマー病への効用範囲 ドネペジル:軽度~高度 ガランタミン・リバスチグミン:軽度~中等度 メマンチン:中等度~高度

  • 15

    レビー小体型認知症の適応薬

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ドネペジル(アリセプト)

    解説

    ジェネリック医薬品のドネペジルは適応がとれていない。

  • 16

    経口の抗認知症薬

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ドネペジル (アリセプト) ガランタミン(レミニール) メマンチン (メマリー)

    解説

  • 17

    貼付薬の抗認知症薬

    補足(例文と訳など)

    答え

    • リバスチグミン(リバスタッチ・イクセロンパッチ)

    解説

    一日一回 4.5㎎/日~18㎎/日 規格 4.5㎎ 9㎎ 13.5㎎ 18㎎

  • 18

    アリセプトの剤型

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 錠剤 D剤 ドライシップ 細粒 ゼリー剤

    解説

    一日一回 3㎎/日~10㎎/日 規格 3㎎ 5㎎ 10㎎

  • 19

    レミニールの剤型

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 錠剤 D錠 液剤

    解説

    一日2回 8㎎/日から24㎎/日 規格 4㎎ 8㎎ 12㎎

  • 20

    高齢の認知症者への薬物治療の注意点と原則は何か

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1 少量で開始し、穏やかに増量する。 2 薬剤用量は若年者より少なくする。 3 効果を短時間で評価する。 4 服用方法を簡易にする。 5 多剤服用を避ける 6 服薬コンプライアンス(アドヒアランス)を確認する。

    解説

56989

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ