zuknow learn together

新しい教材を作成

日本語の美しい表現<あ行>

カード 34枚 作成者: 吉光 (作成日: 2013/11/19)

  • 逆さ別れ

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

日本語の様々な美しい表現です。

公開範囲:

公開

カテゴリ:

言語:

  • カード表 : 日本語
  • カード裏 : 日本語
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    逆さ別れ

    補足(例文と訳など)

    答え

    •  親より先に子が死ぬこと。 〔用例〕逆さ別れほどの親不孝はない。

    解説

  • 2

     細(さざ)れ

    補足(例文と訳など)

    答え

    •  細かい。小さい。わずかな。 〔用例〕細れ石。細(れ)波。

    解説

  • 3

     然(さ)のみ

    補足(例文と訳など)

    答え

    •  それほど。これといって特に。 〔用例〕然のみ困難ではない。

    解説

  • 4

     然(さ)は然(さ)りながら

    補足(例文と訳など)

    答え

    •  それはそうであるけれども。

    解説

  • 5

     さやか

    補足(例文と訳など)

    答え

    •  見た目にはっきりしていること。 〔用例〕秋来ぬと目にはさやかに見えねども・・・

    解説

  • 6

     さやけさ

    補足(例文と訳など)

    答え

    •  よく澄んでいて、はっきりしている状態。

    解説

  • 7

    冴(さ)ゆる

    補足(例文と訳など)

    答え

    •  冷たく凍りつくとともに、澄み切って鮮やかなようす。 〔用例〕月冴ゆる。

    解説

  • 8

     さようなら

    補足(例文と訳など)

    答え

    •  別れを告げる挨拶。「さようならば」の省略で、「そういう事情だからお暇します」の意味を含む。何かと余韻を残す話し言葉が多い日本語の典型といえるのでは。

    解説

  • 9

     さんざめく

    補足(例文と訳など)

    答え

    •  ざわざわと騒ぐ。

    解説

  • 10

     燦々(さんさん)

    補足(例文と訳など)

    答え

    •  日の光が明るくきらきらと輝くようす。

    解説

  • 11

     柵(しがらみ)

    補足(例文と訳など)

    答え

    •  水の勢いを弱めるために水中に杭を打ち、それに木の枝や竹などをからませたもの。転じて、身にまとわりついて離れないもの。絶つことの出来ない関係。〔用例〕恋の柵。

    解説

  • 12

     然るに

    補足(例文と訳など)

    答え

    •  ところが。そうであるのに。〔用例〕金融緩和政策は実行された。然るに、それが中小零細企業に行き渡っていない。

    解説

  • 13

     如(し)くは無し

    補足(例文と訳など)

    答え

    •  比較するものがない。 〔用例〕油断大敵、身の用心に如くは無し。

    解説

  • 14

     静寂(しじま)

    補足(例文と訳など)

    答え

    •  静まり返ること。

    解説

  • 15

     認(したた)める

    補足(例文と訳など)

    答え

    •  文章を書く。整える。処置する。食事をする。 〔用例〕手紙を認める。

    解説

  • 16

    しっぽり

    補足(例文と訳など)

    答え

    •  しっとりと全体的に十分ぬれるさま。雨が静かに降るさま。男女間の愛情のこまやかなさま。 〔用例〕春雨にしっぽりと濡れる。

    解説

  • 17

     しどけない

    補足(例文と訳など)

    答え

    •  身なりなどがきちんとせずだらしない。しまりがない様子。 〔用例〕しどけないネグリジェ姿。

    解説

  • 18

     しとど

    補足(例文と訳など)

    答え

    •  ひどく濡れるさま。びっしょり。

    解説

  • 19

    東雲(しののめ)

    補足(例文と訳など)

    答え

    •  明け方。夜明け。元日の夜明けを「初東雲」という。

    解説

  • 20

     忍び逢い

    補足(例文と訳など)

    答え

    •  男女がこっそり逢うこと。逢引。

    解説

  • 21

     仕舞屋(しもたや)

    補足(例文と訳など)

    答え

    •  以前に商売をしていたが、やめてしまった家。商売をしていない一般の家。 〔用例〕この界隈は仕舞屋だらけになってしまった。

    解説

  • 22

     如才(が)無い

    補足(例文と訳など)

    答え

    •  要領がよく、抜け目がない。 〔用例〕上司をうまく使いこなす彼は、如才が無い。

    解説

  • 23

     深々(しんしん)

    補足(例文と訳など)

    答え

    •  夜が静かに更けていくようす。寒さが身にしみるようす。奥深いようす。

    解説

  • 24

     すずろ

    補足(例文と訳など)

    答え

    •  心のおもむくままに物事をするさま。これといったあてもないさま。これといった根拠や理由のないさま。本意に反しているさま。予想外であるさま。風情がないさま。突然。程度を超えているさま。むやみ。やたら。 「すずろ言」は、つまらない言葉。「すずろ歩き」は、あてもなく歩き回ること。「すずろ心」は、浮ついた心。

    解説

  • 25

     昴(すばる)

    補足(例文と訳など)

    答え

    •  おうし座にある星団の名前。「統一」という意味の「すばまる」という雅語が変化したもの。

    解説

  • 26

     すべからく

    補足(例文と訳など)

    答え

    •  当然。本来ならば。(「すべきであること」の約。下に「べし」が来ることが多い。)  〔用例〕学生はすべからく勉強すべし。

    解説

  • 27

     赤心

    補足(例文と訳など)

    答え

    •  いつわりのない心。まごころ。誠意。(「赤」は明らかという意味) 〔用例〕彼の赤心が通じた。

    解説

  • 28

     せせらぎ

    補足(例文と訳など)

    答え

    •  小川。漢字で書くと「細流」。

    解説

  • 29

     是非も無い

    補足(例文と訳など)

    答え

    •  いいも悪いもない。仕方がない。 〔用例〕そういう事情なら是非も無い。

    解説

  • 30

     先達(せんだつ)

    補足(例文と訳など)

    答え

    •  他の人より先にその分野に進み、業績・経験を積んで他を導くこと。また、その人。先輩。 〔用例〕先達に学ぶ。

    解説

  • 31

     糟糠(そうこう)の妻

    補足(例文と訳など)

    答え

    •  貧乏な頃からともに苦労してきた妻。

    解説

  • 32

     相好(そうごう)を崩す

    補足(例文と訳など)

    答え

    •  顔をほころばせて、にこやかに笑う。心から喜ぶさま。 〔用例〕孫の顔を見て相好を崩す。

    解説

  • 33

     楚々(そそ)

    補足(例文と訳など)

    答え

    •  清らかで美しいようす。さっぱりしていて趣があるようす。

    解説

  • 34

     卒爾(そつじ)ながら

    補足(例文と訳など)

    答え

    •  「突然で失礼ですが」というときの決まり文句。 〔用例〕卒爾ながらお尋ねいたします。

    解説

56968

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ