zuknow learn together

新しい教材を作成

日本語の美しい表現<あ行>

カード 57枚 作成者: 吉光 (作成日: 2013/11/19)

  • 藹々(あいあい)

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

日本語の様々な美しい表現です。

公開範囲:

公開

カテゴリ:

言語:

  • カード表 : 日本語
  • カード裏 : 日本語
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    藹々(あいあい)

    補足(例文と訳など)

    答え

    •  おだやかなようす。打ち解けたようす。 〔用例〕和気藹々 草木がさかんに茂っているようす。

    解説

  • 2

     相合傘(あいあいがさ)

    補足(例文と訳など)

    答え

    •  一本の傘に男と女が二人で入ること。

    解説

  • 3

     逢引(あいびき)

    補足(例文と訳など)

    答え

    •  愛し合う男女が人目を忍んで逢うこと。

    解説

  • 4

     あえか

    補足(例文と訳など)

    答え

    •  弱々しく、幼いかわいらしさのあるさま。いかにもはかなげに見えるさま。 〔用例〕彼女のような、あえかな女性には逢ったことがない。

    解説

  • 5

     青海原(あおうなばら)

    補足(例文と訳など)

    答え

    •  青々とした広い海。

    解説

  • 6

     贖(あがな)う

    補足(例文と訳など)

    答え

    •  つぐなう。埋め合わせをする。 〔用例〕罪を贖う。

    解説

  • 7

     明け暮れ

    補足(例文と訳など)

    答え

    •  「夜明けと夕暮れ」が転じて、日々、毎日。また、明けても暮れても、いつも。 〔用例〕仕事だけに明け暮れる毎日は、味気ない。

    解説

  • 8

     朝な夕な

    補足(例文と訳など)

    答え

    •  毎朝毎夕。いつも。常に。 〔用例〕朝な夕な、般若心経を唱える。

    解説

  • 9

     朝ぼらけ

    補足(例文と訳など)

    答え

    •  夜明けが方の空がほんのりと明るくなったころ。元は「朝おぼろ明け」。

    解説

  • 10

     汗みずく

    補足(例文と訳など)

    答え

    •  汗にぐっしょり濡れたようす。汗みどろ。漢字で書くと「汗水漬」。

    解説

  • 11

     あだ情け

    補足(例文と訳など)

    答え

    •  かりそめの情け。

    解説

  • 12

     あたら

    補足(例文と訳など)

    答え

    •  惜しいことに。むざむざ。 〔用例〕あたら若い命を捨てる。

    解説

  • 13

     あっぱれ

    補足(例文と訳など)

    答え

    •  感動して褒め称える気持ちを表すことば。漢字で書くと「天晴」。

    解説

  • 14

     艶姿(あですがた)

    補足(例文と訳など)

    答え

    •  女性の美しく色っぽい姿。

    解説

  • 15

     当て所(ど)ない

    補足(例文と訳など)

    答え

    •  目当てや頼りとするところがない。〔用例〕当て所なく、夜の都会をさまよった。

    解説

  • 16

     あながち

    補足(例文と訳など)

    答え

    •  必ずしも。まんざら。 〔用例〕あながち悪いとは言えない。

    解説

  • 17

     数多(あまた)

    補足(例文と訳など)

    答え

    •  数が多くあること。たくさん。 〔用例〕数多の苦難を乗り越える。

    解説

  • 18

     天つ乙女(あまつおとめ)

    補足(例文と訳など)

    答え

    •  天に住む乙女、すなわち天女のこと。「天つ」の「つ」は格助詞で、「天の」という意味。

    解説

  • 19

     あまつさえ

    補足(例文と訳など)

    答え

    •  その上さらに。あろうことか。おまけに。〔用例〕折りからの大雪、あまつさえ車が故障してしまった。

    解説

  • 20

     あまねく

    補足(例文と訳など)

    答え

    •  広く。一般に。

    解説

  • 21

     天(あめ)が下

    補足(例文と訳など)

    答え

    •  この国土。日本中。空の下。

    解説

  • 22

     あやなす

    補足(例文と訳など)

    答え

    •  美しい模様をつくる。美しく彩る。うまく扱う。

    解説

  • 23

     あらずもがな

    補足(例文と訳など)

    答え

    •  あって欲しくない。ないほうがよい。〔用例〕あらずもがなの終章。

    解説

  • 24

     ありてい

    補足(例文と訳など)

    答え

    •  ありのまま。事実のまま。漢字で書くと「有体」または「有態」。

    解説

  • 25

     案に違(たが)う

    補足(例文と訳など)

    答え

    •  予想していたことや思案していたことが的中しない。 〔用例〕案に違う試合展開となってきた。

    解説

  • 26

     言い知れぬ

    補足(例文と訳など)

    答え

    •  言うに言われない。何とも言えない。

    解説

  • 27

     いかばかり

    補足(例文と訳など)

    答え

    •  どれほど、どんなに。物事の数や程度の多さをおしはかる場合に用いる。 〔用例〕いかばかりお喜びのことでしょう。

    解説

  • 28

     いかんせん

    補足(例文と訳など)

    答え

    •  どうしようもない。残念ながら。 〔用例〕いかんせん、手遅れだ。

    解説

  • 29

     生きとし生けるもの

    補足(例文と訳など)

    答え

    •  この世に生を受けているものすべて。地上のすべての生き物。 〔用例〕生きとし生けるものの権利は、神の前では平等だ。

    解説

  • 30

    礎(いしずえ)

    補足(例文と訳など)

    答え

    •  ものごとの基礎となるもの。家の柱の下にすえる土台石。柱石。

    解説

  • 31

     居ずまい

    補足(例文と訳など)

    答え

    •  座っている姿勢や態度。

    解説

  • 32

     いそしむ

    補足(例文と訳など)

    答え

    •  「励む」の雅語的表現。ただ、単なる「励む」とはニュアンスが異なり、いそいそと仕事や勉強に取り組むようす、そのことに何か喜びを見出しているようすがうかがえる表現。

    解説

  • 33

     幼(いと)けない

    補足(例文と訳など)

    答え

    •  幼い。あどけない。 〔用例〕幼けない子どもたちを残しては行けない。

    解説

  • 34

     いとど

    補足(例文と訳など)

    答え

    •  いっそう。ますます。〔用例〕やさしい言葉をかけられて、いとど寂しさが募ってきた。

    解説

  • 35

     暇乞い(いとまごい)

    補足(例文と訳など)

    答え

    •  別れを告げること。辞めたいと申し出ること。

    解説

  • 36

     今を時めく

    補足(例文と訳など)

    答え

    •  よい時勢にめぐりあい、今が最高の状態にあること。 〔用例〕たちまちのうちに、今を時めく人気歌手となる。

    解説

  • 37

     いみじくも

    補足(例文と訳など)

    答え

    •  非常にうまく。適切に。 〔用例〕暑さ寒さも彼岸まで、とはいみじくも言ったものだ。

    解説

  • 38

     いやさか

    補足(例文と訳など)

    答え

    •  いよいよ栄えること。

    解説

  • 39

     いやしくも

    補足(例文と訳など)

    答え

    •  仮にも。少なくとも。 〔用例〕いやしくも人の上に立つ者ならば、そのようなことはすべきでない。 もしも。万一。 〔用例〕いやしくもこれが事実なら、早急に手を打つべきだ。

    解説

  • 40

     言わずもがな

    補足(例文と訳など)

    答え

    •  言うまでもない。もちろん。 〔用例〕英語はいわずもがな、フランス語も話す。 言わないでくれるといい。言わないほうがいい。 〔用例〕言わずもがなのことを言う。

    解説

  • 41

    いわんや

    補足(例文と訳など)

    答え

    •  なおさら。まして。文末に「をや」をつけて、「大人でさえ難しいのに、いわんや子供においてをやだ」などと言う。

    解説

  • 42

    堆(うずたか)い

    補足(例文と訳など)

    答え

    •  積み重なって高く盛り上がっている。 〔用例〕堆く積もった土砂。 高貴である。高慢である。

    解説

  • 43

    うたかた

    補足(例文と訳など)

    答え

    •  水に浮かぶあわ。(水に浮かぶあわのように)消えやすくはかないこと。

    解説

  • 44

    うたた

    補足(例文と訳など)

    答え

    •  いよいよ。ますます。 〔用例〕うたた同情の念に堪えない。

    解説

  • 45

    諾(うべな)う

    補足(例文と訳など)

    答え

    •  もっともなことであると同意する。 〔用例〕彼の意見を諾う人が多かった。

    解説

  • 46

    海鳴り

    補足(例文と訳など)

    答え

    •  海上からひびいてくる遠雷のような音。

    解説

  • 47

    うらうら

    補足(例文と訳など)

    答え

    •  よく晴れて暖かくのどかなようす。うららか。

    解説

  • 48

    悦に入(い)る

    補足(例文と訳など)

    答え

    •  物事がうまくいって、喜んで満足する様子。

    解説

  • 49

    おうち

    補足(例文と訳など)

    答え

    •  相手のこと。今ではあまり聞くことができなくなったが、大阪の古い仕舞屋(しもたや)にいた上品なおばあちゃんやおじいちゃんなどが使っていた言葉。

    解説

  • 50

    奥床(おくゆか)しい

    補足(例文と訳など)

    答え

    •  奥にひそむものに強く心がひかれる。さらによく知りたい。深みと品位があって、心がひかれる。 〔用例〕奥床しい女性が少なくなった。

    解説

  • 51

    おしなべて

    補足(例文と訳など)

    答え

    •  全体にわたって。一様に。概して。 〔用例〕今年の稲はおしなべて出来がいいようだ。

    解説

  • 52

    遠近(おちこち)

    補足(例文と訳など)

    答え

    •  あちらこちら。ここかしこ。 〔用例〕鶏の声が遠近に聞こえる。

    解説

  • 53

    押っ取り刀

    補足(例文と訳など)

    答え

    •  取るものも取りあえず、あわてて駆けつけるさま。刀を腰に差す暇もなく、手に持ったままであること。 〔用例〕急な知らせに、押っ取り刀で駆けつけた。

    解説

  • 54

    御目文字(おめもじ)

    補足(例文と訳など)

    答え

    •  お目にかかることをいう女性語。 〔用例〕一度御目文字いたしたく・・・。

    解説

  • 55

    思いなしか

    補足(例文と訳など)

    答え

    •  そう思ってみると、そんな気がする。 〔用例〕思いなしか、今日の彼は元気がなかった。

    解説

  • 56

    面映(おもはゆ)い

    補足(例文と訳など)

    答え

    •  恥ずかしい。照れくさい。

    解説

  • 57

    折節(おりふし)

    補足(例文と訳など)

    答え

    •  その時々。その場合場合。 〔用例〕折節の思いを日記に綴る。

    解説

56646

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ