zuknow learn together

新しい教材を作成

天文宇宙検定 3級 1章

カード 25枚 作成者: ひなこ (作成日: 2016/08/03)

  • 太陽に対して、太陰と呼ばれる天体はどれか。

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

詳細はありません

公開範囲:

公開

クイズの回答選択肢:

指定する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    太陽に対して、太陰と呼ばれる天体はどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 誤答選択肢 彗星
    • 土星
    • 冥王星

    解説

    太陽や太陰は中国由来の呼び方である。一方お日さまやお月さまは日本古来の呼び方である。

  • 2

    「月読み」とは月の古い言い方のひとつであるが、「読み」は何を表しているか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 死後の世界
    • 誤答選択肢 神の世界
    • 動物の世界
    • 異空間の世界

    解説

    「読み」とは死後の世界を表す「黄泉」ののことで、月が夜の世界の支配者であることを意味している。

  • 3

    漢字の「月」という字は、何の絵文字から変化してできたものか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 三日月
    • 誤答選択肢 上弦の月
    • 満月
    • 下弦の月

    解説

    月は満ち欠けするので、常にまるい形の太陽と区別するために三日月の形で表したと考えられる。ちなみに「夕」という漢字も、月が傾いた様子を表しているとされる。

  • 4

    江戸時代末期にコペルニクスの地動説を翻訳した元木良永がつくったとされる言葉はどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 地球
    • 誤答選択肢 太陽
    • 海王星
    • 客星

    解説

    本木良永の訳書「和蘭地球図説」や「天地二球用法」においてコペルニクスの地動説を日本に紹介し、その中で「地球」という言葉が登場している。なお「客星」は新星や彗星など、突然現れその後再び見えなくなる天体のことである。客星という言葉は、漢の時代の中国でつくられたと考えられる。

  • 5

    地球を表す記号はどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 誤答選択肢 ⦿

    解説

    ⊕は地球で「◯は地球そのもの、十字は赤道と子午線を表す」という説や、四元素のひとつの土のきごうを転用した説がある。⦿は太陽、⊚は天気記号の晴れを表す。

  • 6

    「惑星」は、なぜ「惑わす星」という意味から名前がついたのか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 星座をつくる星とは異なる動きをするから。
    • 誤答選択肢 年々、数が増加しているから。
    • 年々、数が減少しているから。
    • 星座をつくる星と同じ動きをするから。

    解説

    惑星は地球と同じく太陽のまわりを公転するため、地球から見ると星座をつくる星とは異なる動きをする。また、惑星は「遊星」とも呼ばれ、どちらも江戸期から使われている。明治期に学術用語を統一する際は東京大学関係者が「惑星」、京都大学関係者が「遊星」を主張していた。学術用語として惑星に統一されてからも、「遊星」はフィクションの世界で見られる。(遊星少年パピイ、遊☆戯☆王5D'sの主人公 不動遊星)。

  • 7

    次のうち、惑星の特徴を示す文章はどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 太陽のまわりを回っている大きな天体
    • 誤答選択肢 高温で巨大なガス球で自ら輝いている天体。
    • 地球のまわりを回っている岩石でできた天体。
    • 太陽のまわりを回っている氷でできた小さな天体。

    解説

    惑星は自ら光っているわけではなく、太陽のまわりを回っているために、太陽の光を反射して輝いて見える。

  • 8

    古代から知られてきた主要な5惑星に含まれるものはどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 金星
    • 誤答選択肢 天王星
    • 地球
    • 海王星

    解説

    古代から知られてきた主要な5惑星は、水星・金星・火星・木星・土星で、肉眼で比較的容易に見られる。太陽中心説は古代ギリシャにもあったが、地球が惑星と認識されるようになったのは、16世紀頃である。

  • 9

    古代中国で、「歳星」と呼ばれた惑星はどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 木星
    • 誤答選択肢 水星
    • 金星
    • 火星

    解説

    古代中国では、水星・金星・火星・木星・土星のことをそれぞれ、辰星(しんせい)・太白(たいはく)・熒惑(けいこく)・歳星(さいせい)・填星(てんせい)と呼んでいた。これら「五星」は、肉眼で容易に見ることができ、形を変えない星座の中を渡り歩くように動くことから、古くから知られている。

  • 10

    古代中国で、「太白」と呼ばれた星はどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 金星
    • 誤答選択肢 水星
    • 火星
    • 木星

    解説

    ちなみに宮城県仙台市にある太白山は、「太白星「太白星」(金星)が落ちてきたという伝承から名付けられた。

  • 11

    天王星、海王星、冥王星の名前の由来として正しい組み合わせはどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 天王星ーウラノス、海王星ーネプチューン、冥王星ープルート
    • 誤答選択肢 天王星ーウラノス、海王星ーポセイドン、冥王星ープルート
    • 天王星ーミネルバ、海王星ーポセイドン、冥王星ーサターン
    • 天王星ーミネルバ、海王星ーネプチューン、冥王星ーサターン

    解説

    天王星、海王星、冥王星はそれぞれ、ローマ神話の天の神、海の神、冥界の神の名前が由来となっている。

  • 12

    金星を表す惑星記号はどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 誤答選択肢

    解説

    ♅は天王星で発見者のハーシェルのHに由来、♀が金星で美の女神アフロディテの手鏡に由来、♂は火星でマルスの盾、あるいは槍と盾に由来、♃は木星でゼウスの雷に由来。

  • 13

    惑星記号の組み合わせとして正しいものはどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 木星♃、天王星♅、海王星♆
    • 誤答選択肢 木星 ♃、天王星 ♅、海王星 ♇
    • 木星 ♄、天王星 ☿、海王星 ♇
    • 木星 ♃、天王星 ☿、海王星 ♆

    解説

    木星の惑星記号は、数字の4のような形をしているが、大神ゼウスの放った雷を図案化したものらしい。天王星の記号は、天王星を発見したウィリアム・ハーシェルの頭文字のHを図案化している。海王星(ネプチューン)の記号は、海の神ポセイドンがもつ三又の戟(ほこ)に由来している。ちなみに、☿は水星で伝令神ヘルメスのもつ2匹の蛇が絡み合った杖を象っている。♇は冥王星(Pluto)でPとLのモノグラム。

  • 14

    長らく惑星に分類されていたが2006年になって、準惑星に分類されるようになった天体はどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 冥王星
    • 誤答選択肢 地球
    • 天王星
    • 海王星

    解説

    冥王星は1930年にトンボーによって発見され、9番目の惑星とされた。しかし、近年になって太陽系外縁天体で冥王星と似た大きさのものが続々と見つかるようになったため、天文学者が惑星の定義を検討した結果、2006年に冥王星はケレス(またはセレス)、エリスなどとともに準惑星に分類されるようになった。

  • 15

    パラス、ジュノー、ヴェスタ、イトカワと言えば何の名前か。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 小惑星
    • 誤答選択肢 恒星
    • 彗星
    • 太陽系外縁天体

    解説

    惑星ほどの大きさはないが、太陽のまわりを 回る大小様々な岩塊を小惑星と呼ぶ(現在までに数十万個が見つかっている)。1801年に小惑星として初めて発見されたケレス(現在は準惑星に分類されている)、その後相次いで発見されたパラス、ジュノー、ヴェスタは「四大小惑星」と呼ばれることもある。最も有名なのはイトカワだろう。イトカワは、探査機「はやぶさ」がその表面にタッチダウンして2010年に砂粒を持ち帰ったことでも話題に なった小惑星だ。

  • 16

    はくちょう座X-1の「X」は何のことか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • X線で観測されるということ。
    • 誤答選択肢 ブラックホールをもつということ。
    • 今は消滅したが、かつてそこに天体が存在していたということ。
    • 宇宙の中心の候補であるということ。

    解説

    はくちょう座X-1(Cyg X-1)は、はくちょう座のあたりにあり、X線を出す天体として発見された。その後の観測で青色巨星とブラックホールとの連星系であることが知られている。史上初めてのブラックホール候補天体でもある。発見されているブラックホール候補の中では比較的地球に近く、約6000光年の距離にある。

  • 17

    「火星に対抗するもの」という意味の名の星はどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • アンタレス
    • 誤答選択肢 シリウス
    • スピカ
    • カノープス

    解説

    さそり座の心臓のあたりで赤く輝くアンタレスは、同じく赤く光る火星と夜空で並んで見える時期がある。まるで赤さを競い合っているように見えることから、「火星に対抗するもの」という意味の「アンチ(対抗)・アレス(火星)」が元になって名付けられたと考えられている。この他、今はあまり使われなくなったが、古くは赤星・南の赤星などと呼ばれていたこともある。

  • 18

    南極老人星と呼ばれる星はどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • カノープス(りゅうこつ座)
    • 誤答選択肢 アクルックス(みなみじゅうじ座)
    • ピーコック(くじゃく座)
    • フォーマルハウト(みなみのうお座)

    解説

    日本や中国などからは高度が低く見えにくいことから、カノープスを見たら長寿になるという伝説も生まれた。なお、約1万2000年後には、地球の歳差運動(地軸 のみそすり運動)のため、本当に「南極星」(天の南極にあるという意味で)になる。

  • 19

    アラビア語で飛ぶ鷲(わし)の意味の星はどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • アルタイル
    • 誤答選択肢 ベガ
    • エウロパ
    • リゲル

    解説

    ベガは「落ちる鷲」、エウロパは木星の衛星のひとつ、リゲルは「巨人の左足」の意味。アルタイルは、わし座の1等星で、両脇にある2つの星を一緒につないで、翼を広げて飛ぶ鷲の姿に見立てられた。「落ちる鷲」であること座のベガと対で呼ばれていたようだ。また、アルはアラビア語の定冠詞(英語のthe)にあたり、アルデバラン、アルゴルなどアルがつく星はアラビア語起源の星名であることが多い。

  • 20

    はくちょう座の「デネブ」の語源はどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • めんどりの尾
    • 誤答選択肢 飛ぶワシ
    • 巨人の左足
    • 穀物の穂

    解説

    デネブははくちょう座の尾に当たる部分に位置する。ちなみにアルタイル(わし座)は飛ぶ鷲、リゲル(オリオン座)は巨人の左足、スピカ(乙女座)は穀物の穂を意味する。

  • 21

    「焼き焦がすもの」を意味するギリシャ語に由来する星はどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • シリウス
    • 誤答選択肢 カノープス
    • スピカ
    • アンタレス

    解説

    全天で一番明るいおおいぬ座のシリウスは、ギリシャ語で「焼き焦がすもの」という意味の「セイリオス」に由来する。英語では「Dog Star」、中国語ではオオカミの目にたとえて「天狼」、和名では「青星」などとも呼ばれる。

  • 22

    西郷星と呼ばれた星はどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 火星
    • 誤答選択肢 アンタレス
    • 木星
    • ハレー彗星

    解説

    明治10年(1977年)に明治維新の混乱で起こった西南戦争で西郷隆盛が没した。その頃、火星の大接近がありー2.5等まで明るくなった。人々が、この赤い星の中に西郷隆盛が見えるといったことからこの異名がついた。また、これに便乗し、星の中に西郷を描いた錦絵が何種類も売り出され、人気を博したと言われる。

  • 23

    ポラリスは次のうちどの星のことか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 北極星
    • 誤答選択肢 天狼星
    • 織女星
    • 牽牛星

    解説

    天狼星はおおいぬ座のシリウス、牽牛星(けんぎゅうせい)はわし座のアルタイル、織女星(しょくじょせい)こと座のベガのこと。ポラリスはラテン語の「極」が語源となっている。

  • 24

    和名「すばる」とはどの天体のことか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • プレアデス星団
    • 誤答選択肢 プレセペ星団
    • アンドロメダ銀河
    • オリオン星雲

    解説

    プレアデス星団は、おうし座にあり肉眼でも〜7個の星が集まっている様子が見える。日本では古くから親しまれている呼び名「すばる」は星が一カ所に集まっている、統一されているという意味の「統まる」(すまる)が語源と言われている。他にも「六連星」(むつらぼし)などの和名がある。プレアデスは、ギリシャ神話では女神アルテミスに仕える7人姉妹に例えられる。

  • 25

    「宇宙」という言葉が表す意味として、正しいのは次のうちどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 時間と空間
    • 誤答選択肢 過去と未来
    • 北と南
    • 人と神

    解説

    中国の前漢時代(紀元前2世紀)の哲学書「淮南子」(えなんじ)によると、「宇」は「天地四方上下(空間)」、「宙」は「往古来今(時間)」を意味し、「宇宙」で時空(時間と空間)の全体を意味する。

56988

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ