zuknow learn together

新しい教材を作成

四季にまつわる言葉<春>

カード 38枚 作成者: 吉光 (作成日: 2013/11/19)

  • 泡雪(あわゆき)

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

春にかかわる言葉です。

公開範囲:

公開

カテゴリ:

言語:

  • カード表 : 日本語
  • カード裏 : 日本語
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    泡雪(あわゆき)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 泡のように柔らかく消えやすい雪。

    解説

  • 2

    雨水(うすい)

    補足(例文と訳など)

    答え

    •  二十四節気の一つで、立春から数えて十五日目(二月十九日ごろ)。それまで雪が降ったり水が凍ったりしていたのが、雪が雨に変わり、草木も芽を吹き始め、日ごとに春らしくなるといった意味がこめられている。

    解説

  • 3

    薄氷(うすらい)

    補足(例文と訳など)

    答え

    •  冬が過ぎ、水面をかろうじて覆っている薄い氷。その薄さで春の訪れを知る。

    解説

  • 4

     麗(うらら)か

    補足(例文と訳など)

    答え

    •  空がよく晴れて、暑くも寒くもなく、おだやかな天候。「うらら」「うらうら」も同じ。

    解説

  • 5

     朧月(おぼろづき)

    補足(例文と訳など)

    答え

    •  春の夜の、水蒸気に包まれてぼんやりかすんだ月。「朧」と「霞」は同じ現象だが、「霞」は日中、「朧」は夜。

    解説

  • 6

     陽炎(かげろう)

    補足(例文と訳など)

    答え

    •  水蒸気が地面から立ち昇るとき、あたたかい空気によって光が不規則に屈折する現象。春や夏などに、透きとおった炎のように地面からゆらゆら立ち昇って見える。

    解説

  • 7

     霞(かすみ)

    補足(例文と訳など)

    答え

    •  春の朝から昼にかけて、遠方の山などの前面に帯状にかかって雲のように見えるもの。水蒸気が空気中に浮遊するときに起こる。秋の同じ現象は「霧」と表す。

    解説

  • 8

     風光る

    補足(例文と訳など)

    答え

    •  春になり日差しが強まってくると、吹き渡る風もが光って見えるというたとえ。

    解説

  • 9

     堅雪(かたゆき)

    補足(例文と訳など)

    答え

    •  春の陽気で融けかっかった雪が、夜の冷気で表面がざらめのように堅くなった状態。

    解説

  • 10

     啓蟄(けいちつ)

    補足(例文と訳など)

    答え

    •  二十四節気の一つで、三月六日ごろ。また、このころに冬ごもりをしていた虫が穴から出てくることをいう。実際には、このころ虫が地上に出てくるのは、せいぜい九州南部くらい。

    解説

  • 11

     穀雨(こくう)

    補足(例文と訳など)

    答え

    •  二十四節気の一つで、四月二十一日ごろ。春雨が穀物を潤し成長させる、ということから名づけられた。

    解説

  • 12

     東風(こち)

    補足(例文と訳など)

    答え

    •  春に東または北東から吹いてくる風。春を呼び、梅の花を咲かせるといわれる。

    解説

  • 13

     三寒四温

    補足(例文と訳など)

    答え

    •  寒い日が三日、暖い日が四日というように交互に繰り返されて春になること。

    解説

  • 14

     残雪

    補足(例文と訳など)

    答え

    •  春になっても消えずに残っている雪。「去年(こぞ)の雪」ともいう。

    解説

  • 15

     春暁(しゅんぎょう)

    補足(例文と訳など)

    答え

    •  春の暁。「曙」より時間的には早く、夜半過ぎから夜明け近くの、まだ暗いころ。

    解説

  • 16

     春分(しゅんぶん)

    補足(例文と訳など)

    答え

    •  二十四節気の一つで、三月二十一日ごろ。昼と夜の長さが等しくなる。

    解説

  • 17

     春眠

    補足(例文と訳など)

    答え

    •  春の夜の眠り。「春眠暁を覚えず」は、春の夜は気持ちがよくて夜更かしをすることが多いので、つい、朝になったのも知らずに眠ってしまいがちだ、という意味。

    解説

  • 18

     春雷(しゅんらい)

    補足(例文と訳など)

    答え

    •  啓蟄のころに鳴る、その年はじめての雷。春先の寒冷前線の通過に伴うもので、春の到来を告げる。

    解説

  • 19

     春霖(しゅんりん)

    補足(例文と訳など)

    答え

    •  仲春から晩春にかけての、ぐずついた天候。

    解説

  • 20

     蜃気楼(しんきろう)

    補足(例文と訳など)

    答え

    •  大気の状態によって、光線が屈折して実在しない物体が見えたり、実在する物体が実際とはちがった場所に見える現象。光の屈折によって物体はゆがんだり、長くなったり、さかさまになったり、空中に浮いて見える。蜃(巨大なハマグリ)がはきだす息で楼閣が見えるという中国の古い伝説からきている。海の上に街がみえることから、海市(かいし)とか浮島(うきしま)ともいい、俳句では春の季語になっている。富山県で春先に見られるものが有名。

    解説

  • 21

     清明(せいめい)

    補足(例文と訳など)

    答え

    •  二十四節気の一つで、春分から十五日目(四月五日ごろ)。春先の万物が清らかで生き生きしているようすを表したことば「清浄明潔」の略とされる。

    解説

  • 22

     名残り雪

    補足(例文と訳など)

    答え

    •  もう春が近いというのに、まだ冬を思わせるように降る雪。

    解説

  • 23

     雪崩(なだれ)

    補足(例文と訳など)

    答え

    •  山の斜面の積雪が、春になって地表部分のゆるみが原因となって、山腹を崩れ落ちる現象。日本海側の地方で多く見られる。

    解説

  • 24

     苗代(なわしろ)

    補足(例文と訳など)

    答え

    •  稲の種を蒔き、苗をつくる水田のこと。春の季語でもあり、「万葉集」の時代から多くの歌に詠まれている。

    解説

  • 25

     八十八夜

    補足(例文と訳など)

    答え

    •  立春から数えて八十八日目に当たる日のことで、五月一、二日ころ。農家で、種まきなどの適期とされる。

    解説

  • 26

     花曇(はなぐもり)

    補足(例文と訳など)

    答え

    •  桜の咲く季節に、空一面が薄ぼんやりと曇り、景色がけむってのどかに見えること。ときには霧や雨をともなう場合もある。

    解説

  • 27

     花冷え

    補足(例文と訳など)

    答え

    •  桜の花が咲くころは陽気が変わりやすく、ふいに薄ら寒くなること。

    解説

  • 28

     春一番

    補足(例文と訳など)

    答え

    •  2月末から3月はじめに、その年初めて吹く強い南風。春の訪れを示す。

    解説

  • 29

     春うらら

    補足(例文と訳など)

    答え

    •  穏やかな春の日の、暑くもなく寒くもなく心地よいようす。

    解説

  • 30

     春炬燵(はるごたつ)

    補足(例文と訳など)

    答え

    •  春になって、火を弱めたり、テーブルの役割でしか使わなくなったこたつ。

    解説

  • 31

     春田

    補足(例文と訳など)

    答え

    •  まだ苗を植える前の田。レンゲソウが一面に咲いていたり、田植えに備えて水が張ってある状態の田。

    解説

  • 32

     春告げ鳥

    補足(例文と訳など)

    答え

    •  春が来たことを知らせる鳥。うぐいすの別名でもある。

    解説

  • 33

     彼岸

    補足(例文と訳など)

    答え

    •  春分を中日として、前後3日を合わせた7日間のこと。もともと農業始の神祭をする時期だが、「彼岸参」といって寺や墓に参り仏事も行う。

    解説

  • 34

     麦踏(むぎふみ)

    補足(例文と訳など)

    答え

    •  早春の麦畑で、麦の根元を足で踏み固めること。霜で浮き上がった根を戻したり、新芽が伸びすぎるのを防ぐため。

    解説

  • 35

     山笑う

    補足(例文と訳など)

    答え

    •  早春の山の木々がしだいに芽吹き、山全体が明るく輝いて笑っているように見えるようす。

    解説

  • 36

     雪間(ゆきま)

    補足(例文と訳など)

    答え

    •  春になって雪が融け、ところどころに現れる地表のこと。雪深い地方の情景。

    解説

  • 37

     夜桜

    補足(例文と訳など)

    答え

    •  夜の花見。

    解説

  • 38

     立春(りっしゅん)

    補足(例文と訳など)

    答え

    •  二十四節気の一つで、二月四日ごろ。春の気立つ、つまり春の始まりを意味する。いろいろの行事の起点となっており、八十八夜、二百十日などはこの日から起算する。

    解説

57055

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ