zuknow learn together

新しい教材を作成

sigsg pt2 運療 代謝

カード 90枚 作成者: ななななななな (作成日: 2016/07/31)

  • 末梢骨格筋での酸素の取り込みは何によって求められるか?

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

詳細はありません

公開範囲:

公開

カテゴリ:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    末梢骨格筋での酸素の取り込みは何によって求められるか?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 動静脈酸素較差

    解説

  • 2

    動静脈酸素較差は何によって求められるか?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • Fickの理論式

    解説

  • 3

    動静脈酸素較差差は(1)と同様に中等度の運動強度まで速やかに増加し、その後は緩徐に頭打ちとなる

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1回拍出量

    解説

  • 4

    Fickの理論式

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 酸素摂取量=心拍出量×動静脈酸素較差

    解説

  • 5

    酸素摂取量の式

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 酸素摂取量=1回拍出量×心拍数×動静脈酸素較差

    解説

  • 6

    運動時は心臓から送り出された血流は(1)に多く流れるように調節される

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 酸素需要量が増大しら骨格筋

    解説

  • 7

    運動時開始後の活動筋、非活動筋の血流量

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 増加、減少

    解説

  • 8

    安静時の臓器、脳への血流

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 臓器;20〜30%、脳;15〜20%

    解説

  • 9

    脳血流は(1)に保たれている

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1000ml

    解説

  • 10

    血管拡張に働く機序3つ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 中枢性調節機序、局所性調節機序、血管収縮機序

    解説

  • 11

    中枢性機序を2つ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 交感神経因子、内分泌因子

    解説

  • 12

    局所性調節機序の2つの因子

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 代謝性、血管性

    解説

  • 13

    心臓や血管系の適応が(1)効果で末梢骨格筋での適応は(2)効果と呼ぶ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 中枢、末梢

    解説

  • 14

    軽度〜中等度の運動中の1回拍出量の増加に関与する因子を2つ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 静脈還流量、左室拡張末期容量の増加

    解説

  • 15

    有酸素トレーニングでなにが増加するか?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 心臓の収縮力

    解説

  • 16

    有酸素トレーニングでなにが減少するか?3つ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 安静時心拍数、運動時心拍数、末梢血管抵抗

    解説

  • 17

    有酸素トレーニングで自律神経はどのように変化するか?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 交感神経の興奮が抑制される

    解説

  • 18

    有酸素トレーニングで末梢血管抵抗が減少する理由

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 血管内皮細胞機能が改善するため

    解説

  • 19

    骨格筋に対する有酸素トレーニングの効果

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 遅筋繊維の肥大、筋グリコーゲン濃度増加、筋ミオグロビン濃度増加、毛細血管の発達、ミトコンドリアの数、密度、大きさの増加

    解説

  • 20

    短期間の有酸素運動で効果があらわれやすいのは?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 末梢効果

    解説

  • 21

    等張性運動での効果

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 末梢血管抵抗の減少、収縮期血圧増加

    解説

  • 22

    等張性運動であまり変化しないもの

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 拡張期血圧

    解説

  • 23

    等尺性運動での変化

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 末梢血管抵抗の上昇、両血圧上昇

    解説

  • 24

    筋力増強運動では参加筋群量を?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 少なく

    解説

  • 25

    筋力増強運動では筋収縮力を?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 中等度に止める(40〜60%1RM)

    解説

  • 26

    筋力増強運動では収縮時間を?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 短く

    解説

  • 27

    筋力増強運動では1セットの反復回数を?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 少なく

    解説

  • 28

    筋力増強運動では反復時間の休止時間を?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 長く

    解説

  • 29

    筋力増強運動では息こらえは?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 避ける

    解説

  • 30

    血圧上昇を抑えたい場合は(1)を使用するようにし、休憩は(2)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 多くの筋群、こまめにとる

    解説

  • 31

    加齢により低下する循環機能4つ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 運動耐容量、心拍出量、動静脈酸素含量、心筋収縮性

    解説

  • 32

    加齢による運動時心拍反応の低下の原因を2つ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 基質的変化、自律神経系の調節能力の低下

    解説

  • 33

    加齢による(1)の低下は認めない

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 左室駆出率

    解説

  • 34

    加齢により(1)は増加する

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 左室拡張末期容積、

    解説

  • 35

    加齢により(1)が進み心臓の(2)が増大すことから(3)が生じる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 動脈硬化、後負荷、心肥大

    解説

  • 36

    左室の肥大は(1)に対する代償と考えられている

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 血管抵抗

    解説

  • 37

    動脈血酸素含量較差の加齢による低下は(1)の減少による運動筋の(2)の減少が関与している

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 筋肉量、毛細血管密度

    解説

  • 38

    安静臥床が循環機能に及ぼす影響で顕著なものは何の低下であるか?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1回拍出量

    解説

  • 39

    1回拍出量の低下は(1)の低下に関与する

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 全身持久力

    解説

  • 40

    安静臥床を続けると血液が上体に移動するのに伴い(1)は抑制され(2)(3)の増加で利尿が促進され、(4)が減少する

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 交感神経、プロスタグラン人、心房性ナトリウムペプチド、血漿量

    解説

  • 41

    血漿量の減少で同じく減少するもの4つ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 左室拡張末期容積、静脈還流量、筋緊張、運動時の1回拍出量

    解説

  • 42

    安静臥床期間と最大酸素摂取量の変化率との間には(1)がある

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 負の相関関係

    解説

  • 43

    安静時の代謝とは食後(1)、(2)で覚醒している状態

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 12〜14時間、背臥位安静

    解説

  • 44

    成人の基礎代謝は?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1200〜1400kcal

    解説

  • 45

    基礎代謝は標準値の±(1)%

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 10

    解説

  • 46

    基礎代謝は何の影響を受けるか?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 体重、伸長、性別、年齢

    解説

  • 47

    安静時のエネルギー供給機構

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 有酸素系回路

    解説

  • 48

    安静時の定常状態における呼気ガス分析から呼吸を求めると何が算出されるか?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 燃料源

    解説

  • 49

    脂質の呼吸商

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 0.7

    解説

  • 50

    糖質の呼吸商

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1.0

    解説

  • 51

    たんぱく質の呼吸商

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 0.84

    解説

  • 52

    呼吸商の式

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 単位時間あたりのCO2排出量÷単位時間当たりの酸素消費量

    解説

  • 53

    燃料源と代謝経路を調節を筋細胞内でしているのは?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ADPの濃度

    解説

  • 54

    筋細胞外での調節には血中の4つのものを一定範囲内に保つためのメカニズムがある

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ブドウ糖、中性脂肪、コレステロール、アミノ酸

    解説

  • 55

    筋細胞外の調節に関わるホルモン3つ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • インスリン、グルカゴン、カテコールアミン

    解説

  • 56

    筋細胞外の調節に関わる臓器

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 膵臓、肝臓、筋、脳、視床下部

    解説

  • 57

    筋細胞外の代謝調節は(1)によってことなる

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 全身、局所の運動強度

    解説

  • 58

    低強度〜中強度で(1)の活動亢進により(2)の分泌が上昇する

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 交感神経系、カテコールアミン

    解説

  • 59

    低強度〜中強度で(1)と(2)は低下したままになる

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 血中インスリン、血糖

    解説

  • 60

    低強度〜中強度で(1)は順次上昇し、運動筋への(2)の供給を増加させる

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 血中遊離脂肪酸(FFA)

    解説

  • 61

    低強度〜中強度で運動時のエネルギー源としての(1)の消費は少なくなり(2)の消費が増加する

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 糖質、脂質

    解説

  • 62

    運動初期は筋肉(1)における酸素の貯留あるいは酸素の補充も十分でありおおくの(2)を酸化燃焼できる

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ミオグロビン、脂肪

    解説

  • 63

    高強度の運動では必要な(1)の補給が不足し血中(2)が増加する

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 酸素、乳酸

    解説

  • 64

    高強度の運動では交感神経系の活動が強まり(1)(2)が増加する

    補足(例文と訳など)

    答え

    • アドレナリン、血中カテコールアミン

    解説

  • 65

    高強度の運動では脳下垂体から2つのホルモンが分泌される

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 副腎皮質刺激ホルモン、コルチゾール

    解説

  • 66

    高強度の運動では運動初期血糖値低下で(1)が分泌され(2)が分解される

    補足(例文と訳など)

    答え

    • グルカゴン、肝グリコーゲン

    解説

  • 67

    高強度の運動で産出されたコルチゾールは3つの成分を肝臓で(1)に変える

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 血中乳酸、ピルビン酸、アラニン、糖質

    解説

  • 68

    高強度の運動では膵臓で(1)が産出される

    補足(例文と訳など)

    答え

    • インスリン

    解説

  • 69

    高強度の運動では(1)(2)の上昇が運動筋への(3)の供給を増加させ、脂質の取り込みを促進する

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 血中インスリン、血糖、糖質

    解説

  • 70

    最大収縮の(1)を超える収縮は血管を圧迫し、血流を減少させる

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 30%

    解説

  • 71

    静的呼吸は(1)代謝に依存する

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 嫌気的

    解説

  • 72

    (1)の産生によって運動が限界に達する

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 乳酸

    解説

  • 73

    動的な短い時間の最大下運動では(1)によってATPは減少しない

    補足(例文と訳など)

    答え

    • Lohman反応

    解説

  • 74

    局所等張性運動時でVO2MAXとなる時の有酸素運動では(1)と(2)が近似する

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 下肢筋のグルコース取り込み速度、肝グルコース放出速度

    解説

  • 75

    長期の運動では脂肪がエネルギー源として優位に消費される機構をなんと呼ぶか?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 筋グリコーゲンの節約機構

    解説

  • 76

    VO2MAXの75%の継続的な運動では何がエネルギー源として消費されるか?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 脂肪酸

    解説

  • 77

    20%MVCより強い運動強度であれば(1)で弱い運動であれば(2)にグリコーゲンが使われる

    補足(例文と訳など)

    答え

    • Ⅱ、Ⅰ

    解説

  • 78

    筋細胞外からインスリン受容体が刺激されグルコースが取り入れられたのち運動は(1)を細胞膜へ移動させ、同時に(2)も活性化する

    補足(例文と訳など)

    答え

    • GULT(グルコーストランスポーター)、糖輸送活性

    解説

  • 79

    筋肉のタイプによって(1)の含有量の最大糖輸送活性は大きくことなる

    補足(例文と訳など)

    答え

    • GULT4

    解説

  • 80

    赤筋は白筋に比べ3〜5倍の(1)と(2)をゆうする

    補足(例文と訳など)

    答え

    • GULT4、糖輸送活性

    解説

  • 81

    赤筋の筋収縮の効果はインスリンの(1)となる

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 2倍

    解説

  • 82

    インスリン受容体とインスリン結合能力の低下が生じている状態

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 耐糖能の異常

    解説

  • 83

    AMPの増加と酵素反応を起こす(1)の活性化は筋収縮に伴って生じている

    補足(例文と訳など)

    答え

    • AMPK

    解説

  • 84

    インスリン介在信号に代わってグルコーストランスポーターの移動を促すもの2つ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • AMPの増加、AMPKの活性化

    解説

  • 85

    GULT4の移動を促す信号が発生すると?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 糖代謝の改善

    解説

  • 86

    糖代謝の改善が効果的な運動強度

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 50%VO2max

    解説

  • 87

    有酸素系で増加する者たち

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1

    解説

  • 88

    解糖系では筋力の28%の増加は筋の(1)(2)酸、(3)の安静時レベルの優位な増加によってもたらされる

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ATP、クレアチンリン、グリコーゲン

    解説

  • 89

    運動時代謝量の代謝量と安静時の代謝量の差を基礎代謝で除したエネルギー量

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 相対的エネルギー代謝量

    解説

  • 90

    運動時の代謝量を安静時の代謝量で除して求めるもの

    補足(例文と訳など)

    答え

    • MET

    解説

57034

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ