zuknow learn together

新しい教材を作成

病理学

カード 64枚 作成者: あだーちょ (作成日: 2016/07/31)

  • 法律に基づいて行われている解剖3つ。

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

病理学

公開範囲:

公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    法律に基づいて行われている解剖3つ。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 系統解剖、病理解剖、法医解剖

    解説

  • 2

    医学教育目的で行われる解剖は?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 系統解剖

    解説

  • 3

    死因の特定目的で行われる解剖は?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 病理解剖

    解説

  • 4

    普通死(病死)以外に行われる解剖は?対象となる死体は?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 法医解剖、異状死体(※漢字間違い注意)

    解説

  • 5

    先天異常とは( )のかたより、奇形とは( )のかたよりであり、成立・原因が( )にあるもの。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 機能、形態、胎生期

    解説

  • 6

    病変について、適応の仕方が受動的なものを( )病変という。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 退行性

    解説

  • 7

    病変について、適応の仕方が能動的なものを( )病変という。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 進行性

    解説

  • 8

    適応現象において、組織、臓器の容積の変化のうち、減少するものを( )という。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 萎縮

    解説

  • 9

    適応現象において、組織、臓器の容積の変化のうち、増加するものを( )( )という。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 肥大、過形成

    解説

  • 10

    適応現象において、修復するものを( )( )( )という。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 再生、化生、創傷治癒

    解説

  • 11

    適応範囲を超えた場合、可逆的変化を( )という。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 変性

    解説

  • 12

    適応範囲を超えた場合、非可逆的変化を( )という。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 壊死

    解説

  • 13

    細胞や組織に異常な物質が出現する事を( )という。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 変性

    解説

  • 14

    変性のうち、正常でみられない物質が関与する障害を( )という。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 代謝障害

    解説

  • 15

    代謝障害の種類5つ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 蛋白質代謝障害、脂質代謝障害、糖質代謝障害、無機質代謝障害、色素代謝

    解説

    覚え方:博士と無職(はく:蛋白質,し:脂質,と:糖質,む:無機質,しょく:色素)

  • 16

    蛋白質代謝障害では( )の変性が起こる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 粘液

    解説

  • 17

    細胞質内に粘液を貯留した細胞を( )といい、核が偏在している。代表例:( )

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 印環細胞、胃癌

    解説

  • 18

    蛋白質代謝障害のうち、尿酸の代謝異常で起こるものは( )という。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 痛風

    解説

  • 19

    脂質代謝障害ではコレステロールの存在比率が変化するが、( )血症( )血症( )血症があげられる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 高LDLコレステロール、低HDLコレステロール、高トリグリセライド

    解説

    LDL:悪玉コレステロール、HDL:善玉~、トリグリセライド:中性脂肪の事。

  • 20

    肝臓で作られたコレステロールは( )の形として血液を細胞へ流れ、細胞作りに利用。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • LDL

    解説

  • 21

    不要な細胞のコレステロールは( )の形として血液を肝臓へ流れる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • HDL

    解説

  • 22

    ( )が血中で過剰→( )の細胞に蓄積→余分な( )を処理する細胞が関与して( )となる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • LDL、血管壁、LDL、動脈硬化

    解説

  • 23

    糖質の代謝障害のうち、インスリンの絶対的・相対的な不足であるものは( )という。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 糖尿病

    解説

  • 24

    膵臓のB細胞が壊れていてインスリン分泌量が少ない糖尿病を( )という。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • インスリン依存型糖尿病

    解説

    常に体外からインスリンの補給が必要となる。

  • 25

    末梢細胞のインスリンのレセプターが減少している糖尿病を( )という。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • インスリン非依存型糖尿病

    解説

  • 26

    色素代謝異常のうち、体内で形成される色素を( )、対外から入り込んだ色素を( )という。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 体内性色素、体外性色素

    解説

  • 27

    体内性色素のうち、日焼け等に関与するのは( )、黄疸に関与するのは( )である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • メラニン、ビリルビン

    解説

  • 28

    赤血球が脾臓で破壊されると、血液中で( )としてアルブミンと結合する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 間接ビリルビン

    解説

  • 29

    ( )の状態では人体に対して毒性があるため、( )で蛋白質と結合し( )(=無毒)となる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 間接ビリルビン、肝臓、直接ビリルビン

    解説

  • 30

    ( )は肝臓の毛細血管に入り、( )を通り、( )より十二指腸に分泌される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 直接ビリルビン、総胆管、ファーター乳頭

    解説

  • 31

    ビリルビンの黄色の沈着が起こった病態の事を( )という。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 黄疸

    解説

  • 32

    黄疸の種類3つ。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 肝前性黄疸、肝性黄疸、肝後性黄疸

    解説

  • 33

    ( )はビリルビンの過剰酸性により( )の増加した状態のこと。肝臓処理→間に合っていない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 肝前性黄疸、間接ビリルビン

    解説

  • 34

    ( )は胆道の閉塞により( )が増加した状態。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 直接ビリルビン

    解説

  • 35

    肝臓の障害及び、胆道の閉塞が同時に起こる黄疸を( )という。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 肝性黄疸

    解説

  • 36

    肥大は細胞( )が増加、過形成は細胞( )が増加する事である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 容積、数

    解説

  • 37

    欠損した細胞が同じ種類の細胞の増殖により修復されることを( )という。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 再生

    解説

  • 38

    欠損した細胞が違う種類の細胞により修復される事。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 化生

    解説

    例:腸上皮化生、扁平上皮化生

  • 39

    創面にみられる顆粒状で鮮紅色の組織の事。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 肉芽組織

    解説

  • 40

    肉芽細胞はまず( )が増殖しながら膠原繊維を形成する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 線維芽細胞

    解説

  • 41

    新生( )により結合組織の増殖を促す

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 毛細血管

    解説

  • 42

    ( )が壊死した細胞や細菌を貪食する

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 炎症細胞

    解説

  • 43

    経過とともに膠原繊維化し、毛細血管や炎症細胞は消失。膠原繊維の集まり[( )]に置換。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 瘢痕組織

    解説

  • 44

    骨折とは骨の( )が途絶した状態の事。原因で分類すると( )( )の2種類の骨折がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 連続性、外傷性骨折、病的骨折

    解説

  • 45

    骨折部位の外界との交通状況で分類すると( :開放性)( :閉鎖性)の2種類がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 複雑骨折、単純骨折

    解説

    開放性骨折:皮膚を破っている状態。

  • 46

    骨折は( )の形成、( )の形成を経て治癒する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 肉芽組織、仮骨

    解説

  • 47

    ( )などの体液の循環の異常の事を( )という。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 血液・リンパ液・脳脊髄液、循環障害

    解説

  • 48

    末梢血管拡張→局所の( )の流入増加→熱感+、紅色に腫脹した状態のことは?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 動脈血、充血

    解説

  • 49

    静脈の狭窄・閉塞による静脈圧上昇→局所の( )のうっ滞→暗赤色に腫脹した状態は?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 静脈血、うっ血

    解説

  • 50

    毛細血管透過性亢進、静脈圧亢進→細胞間隙、体腔に( )貯留→腫脹、色調変化無い状態は?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 水分、浮腫

    解説

  • 51

    血管内、心腔内で血液が凝固した状態を( )という。凝固塊=( )

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 血栓症、血栓

    解説

  • 52

    血栓の成立条件は( )( )( )である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 血管壁の障害、血流の変化、血液性状の変化

    解説

  • 53

    血管内腔を非溶解物質がふさいだ状態を( )という。閉塞した物質=( )

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 塞栓症、栓子

    解説

  • 54

    塞栓症の栓子による分類は( )( )( )である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 血栓塞栓症、空気塞栓症、脂肪塞栓症

    解説

    脂肪塞栓症は血管が破損し、脂質が血管に流入する事で起こる。骨折時→骨髄の脂質流入で起こる。

  • 55

    炎症の5徴候は( )( )( )( )( )である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 発赤、腫脹、疼痛、発熱、機能障害

    解説

  • 56

    生体の細胞が( )的に過剰増殖した状態の事は?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 自律、腫瘍

    解説

  • 57

    ( )との形態の類似度を分化度という。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 発生母細胞

    解説

  • 58

    発生母細胞との類似度が高いことを( )、低いことを( )、どの正常組織にも類似していない事を( )という。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 高分化、低分化、未分化

    解説

  • 59

    腫瘍は( )( )に分けられ、前者は境界明瞭・高分化、後者は境界不明瞭・低分化などの特徴がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 良性腫瘍、悪性腫瘍

    解説

  • 60

    腫瘍の命名法、上皮性腫瘍のうち良性腫瘍には(○○_)、悪性腫瘍には(○○_)と名付ける。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 腫、癌

    解説

  • 61

    腫瘍の命名法、非上皮性腫瘍のうち良性腫瘍には(○○_)、悪性腫瘍には(○○_)と名付ける。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 腫、肉腫

    解説

  • 62

    胃癌を原発巣とし、左鎖骨上窩の静脈のリンパ節などに転移する事。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ウィルヒョウ転移

    解説

  • 63

    移転性卵巣癌の一つの腫瘍は( )といい、( )の有無のチェックを行う。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • クルーケンベルク腫瘍、印環細胞

    解説

  • 64

    直腸膀胱窩あるいはダグラス窩に播種するのは( )転移。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • シュニッツラー

    解説

56989

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ