zuknow learn together

新しい教材を作成

臨床神経学_眼関係、顔面神経麻痺、球麻痺

カード 16枚 作成者: あだーちょ (作成日: 2016/07/29)

  • 図の記号の名称を答えよ

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

臨床神経学_眼関係、顔面神経麻痺、球麻痺
※球麻痺は準備中

公開範囲:

公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    図の記号の名称を答えよ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • A:視交叉、B:視索、C:外側膝状体、D:視放線、E:視覚中枢(後頭葉)

    解説

  • 2

    図の箇所が障害された時の視野の欠損部分は上の楕円部分に記すとどうなるか?(左視神経の損傷)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 図の通り(左側全盲)

    解説

  • 3

    図の箇所が障害された時の視野の欠損部分は上の楕円部分に記すとどうなるか?(左視索の損傷)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 図の通り(右の同名半盲)

    解説

  • 4

    図の箇所が障害された時の視野の欠損部分は上の楕円部分に記すとどうなるか?(視交叉の損傷)また、この部位の損傷の主原因は?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 図の通り(両耳側半盲)。主原因:下垂体腫瘍、前交通動脈動脈瘤

    解説

  • 5

    対光反射の刺激伝達ルートは図の通りであるが、求心路は( )、遠心路は( )である。また、この遠心路は( )の収縮に関与していて、縮瞳の作用をする。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 視神経、動眼神経、瞳孔括約筋、

    解説

  • 6

    各筋肉の名称と支配を受ける神経の名称を述べよ。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • A上斜筋:滑車神経、B上直筋:動眼神経、C内側直筋:動眼神経、D外側直筋:外転神経、E下直筋:動眼神経、F下斜筋:動眼神経

    解説

  • 7

    図の場合の麻痺がある神経は?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 右目の動眼神経

    解説

  • 8

    図の場合の麻痺がある神経は?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 左目の外転神経

    解説

  • 9

    図の場合の麻痺がある神経は?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 右目の動眼神経

    解説

  • 10

    水平共同運動において、図のAとBが関与する筋は?※両目は患者と向き合っている状態とする。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • A:外側直筋、B:内側直筋

    解説

  • 11

    核間性眼筋麻痺の場合、出来なくなる運動は( )である。この場合、片目ずつ光を追わせた時の動きは(正常・異常)である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 水平性共同運動、正常

    解説

  • 12

    図の通り、顔面神経の額周辺は(一側・両側)支配であり、額から下の部分は(一側・両側)支配である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 両側、一側

    解説

  • 13

    図のように顔面神経の中枢性麻痺がある場合、額を動かす事は(可能・不可能)である。また、額より下の部分は動かす事は(可能・不可能)であり。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 可能、不可能

    解説

  • 14

    図のように顔面神経の末梢性麻痺がある場合、額を動かす事は(可能・不可能)である。また、額より下の部分は動かす事が(可能・不可能)である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 不可能、不可能

    解説

  • 15

    仮性球麻痺では下顎反射は(低下・亢進)する。咽頭反射は(亢進・低下)する。繊維束攣縮は(あり・なし)。舌萎縮は(あり・なし)。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 下顎反射:亢進、咽頭反射:亢進or低下、繊維束攣縮:なし、舌萎縮:なし。

    解説

  • 16

    球麻痺では下顎反射は(低下・亢進)する。咽頭反射は(亢進・低下)する。繊維束攣縮は(あり・なし)。舌萎縮は(あり・なし)。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 下顎反射:低下、咽頭反射:低下、セに即攣縮:あり、舌萎縮:あり

    解説

56804

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ