zuknow learn together

新しい教材を作成

ビル設備管理テキスト(初級2-1)

カード 25枚 作成者: モバイル楽天 (作成日: 2016/07/29)

  • ラーメン構造とは、柱と梁(はり)との結合部を「 」とした構造で、変形しやすい柔構造とも言われ、水平力に対する変形が大きく、柔構造の代表格である。

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

ビル設備社内試験対策

公開範囲:

公開

言語:

  • カード表 : 日本語
  • カード裏 : 日本語
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    ラーメン構造とは、柱と梁(はり)との結合部を「 」とした構造で、変形しやすい柔構造とも言われ、水平力に対する変形が大きく、柔構造の代表格である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 剛接合

    解説

    ラーメン構造とは、柱と梁(はり)との結合部を「剛接合」とした構造で、変形しやすい柔構造とも言われ、水平力に対する変形が大きく、柔構造の代表格である。(P53)

  • 2

    ブレース構造とは、柱と梁を「 」接合とし、斜め材(ブレース)を入れた構造で、変形し難い剛構造といわれ、構造体が三角形を構成するため、変形し難い剛構造となる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ピン

    解説

    ブレース構造とは、柱と梁を「ピン」接合とし、斜め材(ブレース)を入れた構造で、変形し難い剛構造といわれ、構造体が三角形を構成するため、変形し難い剛構造となる。(P53)

  • 3

    基礎は上部構造の荷重を地盤・地業に伝えて、「 」などを起こさないように、釣り合いよく設けなければならない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 不同沈下

    解説

    基礎は上部構造の荷重を地盤・地業に伝えて、「不同沈下」などを起こさないように、釣り合いよく設けなければならない。(P53)

  • 4

    上部の荷重を、基礎を介して効果的に地盤へ伝えるように、地盤に手を加えることを「 」という。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 地業

    解説

    上部の荷重を、基礎を介して効果的に地盤へ伝えるように、地盤に手を加えることを「地業」という。(P54) 種類としては、①割栗地業、②杭打ち地業、③地盤改良等がある。

  • 5

    構造物の荷重を直接良好な地盤に伝達する形式の基礎を「 」という。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 直接基礎

    解説

    直接基礎(ちょくせつきそ)とは、構造物の荷重を直接良好な地盤に伝達する形式の基礎。べた基礎とフーチング基礎に分類される。

  • 6

    柱または受け台1個に対して一つのフーチングをおき、他と連結させていないもの。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 独立フーチング基礎

    解説

    独立フーチング基礎とは、直接基礎の一つで、柱または受け台1個に対して一つのフーチングをおき、他と連結させていないもの。(P54)

  • 7

    鉄筋コンクリートとは「 」は引張る力に対して強いように、コンクリートは圧縮に抵抗するように組み合わせ、両者の付着によって強度の高い構造体に作られたもの。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 鉄筋

    解説

    reinforced concrete construction

  • 8

    主要構造部材に形鋼・鋼管などを用いた構造であり、軽量で、鉄道橋・高層建築などに用いられる構造は?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 鉄骨構造

    解説

  • 9

    鉄筋コンクリートが成立する為には、鉄筋とコンクリートの「 」がほぼ同じであることが重要な要件である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 線膨張係数

    解説

    鉄筋コンクリートが成立する為には、鉄筋とコンクリートの「線膨張係数」がほぼ同じであることが重要な要件である。(P56)

  • 10

    鉄筋コンクリートに求められる要件としては、コンクリートは「 」であり、防錆効果があること。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • アルカリ性

    解説

    鉄筋コンクリートに求められる要件としては、コンクリートは「アルカリ性」であり、防錆効果があること。(P56)

  • 11

    鉄筋コンクリートにおいて、コンクリートの表面から一番近い鉄筋の表面までの距離を「 」という。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 鉄筋のかぶり厚さ

    解説

    鉄筋コンクリートにおいて、コンクリートの表面から一番近い鉄筋の表面までの距離を「鉄筋のかぶり厚さ」という。(P56)

  • 12

    壁の間仕切りを変更する場合は、「 」や建築基準法により、消防用設備や壁仕上げなどについて、法的制限を受けることがある。(P61)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 消防法

    解説

  • 13

    塗装の役割・機能としては①保護機能②美粧機能(美観付与)③「 」機能のような役割・機能がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 性能強化

    解説

  • 14

    コンクリートの表面に打撃を与える事によって、表面の窪みの直径や跳ね返り高さ(反発強度)を測定してコンクリート強度を測定する方法とは何か?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 打撃法

    解説

  • 15

    年間維持管理計画には、法定の「 」項目とメーカー推奨または点検基準に基づく自主項目がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 点検義務

    解説

  • 16

    日常巡回点検では、「目視」「触診」「聴診」などが主な点検方法であるが、状況に応じて「 」を使って判断する場合がある。(P69)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 測定器

    解説

  • 17

    電気配線やコイルなどの導体に電圧を加えると、導体の周りに電圧の大きさに比例した「 」が発生する。(P72)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 電界

    解説

  • 18

    建物の維持管理においては空調関係の費用が最大であり、空調用のエネルギー消費は全体の「 」%弱を占めている(P72)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 50

    解説

  • 19

    建築設備において、各機器の現状を知る手がかりとなるものが「 」である。「 」には機器の諸元の他、建築当初から保守内容が記録保存されている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 設備機器台帳

    解説

  • 20

    空気の組成は、「 」が78%、酸素が21%含まれている。(P70)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 窒素

    解説

  • 21

    酸素量が「 」%以下に低下すると不完全燃焼が始まり、一酸化炭素を発生する(P70)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 19

    解説

  • 22

    一般に酸素濃度の下限は「 」%とされ、これより低下した場合は酸素欠乏の症状が現れ、更には死に至る危険があるとされる(P70)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 16

    解説

  • 23

    熱の移動には①熱伝導②熱対流③「 」がある。(P70)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 熱ふく射

    解説

  • 24

    電荷が移動する場合、電荷の流れを電流といい、「 」の動く方向を電流の流れる方向という。(P71)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 正電荷

    解説

  • 25

    大気圧を圧力0の基準として測った圧力を「 」という。(P71)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ゲージ圧力

    解説

56610

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ