zuknow learn together

新しい教材を作成

ビル設備管理テキスト(初級1-7)

カード 15枚 作成者: モバイル楽天 (作成日: 2016/07/29)

  • 労働者の安全等のため、令第12条に定める「特定機械等」のうち、建物管理に関連するものは、①ボイラー、②「 」、③エレベーター、④ゴンドラなどである。

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

ビル管理社内試験対策

公開範囲:

公開

言語:

  • カード表 : 日本語
  • カード裏 : 日本語
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    労働者の安全等のため、令第12条に定める「特定機械等」のうち、建物管理に関連するものは、①ボイラー、②「 」、③エレベーター、④ゴンドラなどである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 第1種圧力容器

    解説

    労働者の安全等のため、令第12条に定める「特定機械等」のうち、建物管理に関連するものは、①ボイラー、②「第1種圧力容器」、③エレベーター、④ゴンドラなどである。

  • 2

    労働者の安全等のため、令第12条に定める特定機械等は、「 」の交付を受けたものでなければ使用できない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 検査証

    解説

    労働者の安全等のため、令第12条に定める特定機械等は、「検査証」の交付を受けたものでなければ使用できない。(P46)

  • 3

    検査証の有効期限を更新する場合は、厚生労働大臣の登録を受けた者が行う「 」を受けなければならない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 性能検査

    解説

    検査証の有効期限を更新する場合は、厚生労働大臣の登録を受けた者が行う「性能検査」を受けなければならない。(P46)

  • 4

    ボイラー、第1種圧力容器は「 」ごとに1回、定期的に自主検査を行い、その結果を記録しておかなければならない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1か月以内

    解説

    ボイラー、第1種圧力容器は「1か月以内」ごとに1回、定期的に自主検査を行い、その結果を記録しておかなければならない。

  • 5

    取り扱うボイラーの伝熱面積の合計が500㎥以上の場合、「 」を取扱作業主任者として選任しなければならない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 特級ボイラー技士

    解説

    取り扱うボイラーの伝熱面積の合計が500㎥以上の場合、「特級ボイラー技士」を取扱作業主任者として選任しなければならない。(P47)

  • 6

    取り扱うボイラーの伝熱面積の合計が500㎥未満の場合、「 」を取扱作業主任者として選任しなければならない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 特級・1級ボイラー技士

    解説

    取り扱うボイラーの伝熱面積の合計が500㎥未満の場合、「特級・1級ボイラー技士」を取扱作業主任者として選任しなければならない。(P47)

  • 7

    2級ボイラー技士を取扱作業主任者として選任出来るのは、ボイラーの伝熱面積の合計が「 」未満の場合である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 25㎥

    解説

    2級ボイラー技士を取扱作業主任者として選任出来るのは、ボイラーの伝熱面積の合計が「25㎥」未満の場合である。

  • 8

    建築設備で高圧ガスを取り扱う機器は主として往復動およびターボ型「 」である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 冷凍機

    解説

    建築設備で高圧ガスを取り扱う機器は主として往復動およびターボ型「冷凍機」である。(P47)

  • 9

    冷凍能力を表す場合には、0°の水1トンを24時間で0°の氷にする能力を「 」として表す。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1冷凍トン[RT]

    解説

    冷凍能力を表す場合には、0°の水1トンを24時間で0°の氷にする能力を「1冷凍トン[RT]」として表す。(P47)

  • 10

    第1種製造者とは、1日の冷凍能力が「 」トン以上の設備を使用している冷凍のためのガスを圧縮し、または液化して高圧ガスを製造しようとするものをいう。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 20

    解説

    第1種製造者とは、1日の冷凍能力が「20」トン以上の設備を使用している冷凍のためのガスを圧縮し、または液化して高圧ガスを製造しようとするものをいう。(P47)

  • 11

    第1種製造者は、「 」を定めて都道府県知事の許可を受けなければならない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 危害予防規程

    解説

    第1種製造者は、「危害予防規程」を定めて都道府県知事の許可を受けなければならない。(P47)

  • 12

    第1種製造者は、特定施設について、定期に都道府県知事が行う「 」を受けなければならない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 保安検査

    解説

    第1種製造者は、特定施設について、定期に都道府県知事が行う「保安検査」を受けなければならない。(P47)

  • 13

    高圧ガスの製造に係る保安に関する業務を管理する為に、「 」を選任する必要がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 冷凍保安責任者

    解説

    高圧ガスの製造に係る保安に関する業務を管理する為に、「冷凍保安責任者」を選任する必要がある。(1日の冷凍能力が20トン以上の場合)(P48)

  • 14

    第2種冷凍機械責任者の資格を有する者は、1日の冷凍能力が「 」の冷凍機の「冷凍保安責任者」に選任されることが出来る。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 300トン未満

    解説

    第2種冷凍機械責任者の資格を有する者は、1日の冷凍能力が「300トン未満」の冷凍機の「冷凍保安責任者」に選任されることが出来る。(P48)

  • 15

    第3種冷凍機械責任者の資格を有する者は、1日の冷凍能力が「 」の冷凍機の「冷凍保安責任者」に選任されることが出来る。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 100トン未満

    解説

    第3種冷凍機械責任者の資格を有する者は、1日の冷凍能力が「100トン未満」の冷凍機の「冷凍保安責任者」に選任されることが出来る。

56646

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ