zuknow learn together

新しい教材を作成

ビル設備管理テキスト(初級1-5)

カード 21枚 作成者: モバイル楽天 (作成日: 2016/07/27)

  • 保守点検業務のうち、法定点検・検査であるボイラーの「性能検査」は、「 」に1回行わなければならない。

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

ビル管理社内試験対策

公開範囲:

公開

言語:

  • カード表 : 日本語
  • カード裏 : 日本語
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    保守点検業務のうち、法定点検・検査であるボイラーの「性能検査」は、「 」に1回行わなければならない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 検査証の有効期限内

    解説

    保守点検業務のうち、法定点検・検査であるボイラーの性能検査は、「検査証の有効期限内」に1回行わなければならない。(P26)

  • 2

    「建築物衛生法」によって義務付けられている飲料水検査は、「 」に1回実施しなければならない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 6か月

    解説

  • 3

    建築基準法第12条によって定められている「建築物設備の検査」は「 」に1回行うことが義務付けられている。(P26)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1年

    解説

  • 4

    建築物基準法第12条に定めらている「昇降機(エレベーター)」の定期検査は、「 」に1回行うことが義務付けられている。(P26)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1年

    解説

  • 5

    建築物衛生法で定められている「排水槽の清掃」は「 」に1回行うことが義務付けられている。(P26)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 6か月

    解説

  • 6

    電気事業法で定められている、「事業用電気工作物の自主保安検査」は、「 」に1回行うことが義務付けられている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1年

    解説

  • 7

    ボイラー及び圧力容器安全規則で定められている「ボイラーの定期自主検査」は「 」に1回行うことが義務付けられている。(P26)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1か月

    解説

  • 8

    高圧ガス保安法によって定めらている「冷凍機の保安検査」は「 」に1回行うことが義務付けらている。(P26)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 3年

    解説

    冷凍空調施設に係る保安検査は、高圧ガス保安法第35条に基づくもので、許可を受け、完成検査に合格して、製造を開始した施設に対して定期的(3年毎)に行われる(確認する)もので、当該施設が許可を受けた内容と同じ状態で維持されているか否かについて、行う(確認する)検査です。

  • 9

    高圧ガス保安法によって定められている「冷凍機の定期自主検査」は「 」以内に1回行うことが義務付けられている。(P26)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1年

    解説

  • 10

    浄化槽法によって定められている「浄化槽の点検及び清掃」は「 」に1回行うことが義務付けられている。(P26)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1年

    解説

  • 11

    消防法施行規則によって定められている「消防用設備等の機器点検」は「 」に1回行うことが義務付けられている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 6か月

    解説

  • 12

    消防法施行規則によって定められている「消防用設備等の総合点検」は「 」に1回行うことが義務付けられている。 (P26)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1~3年

    解説

  • 13

    消防法によって定められている「防火対象物定期検査報告」は「 」に1回行うことが義務付けられている

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1年

    解説

    2002年の法改正に伴いビル・マンションの所有者は、創設された防火対象物点検報告制度により、年1回は総務大臣所轄の登録免除を受けた有資格者(防火対象物点検資格者)による入念な点検と報告が義務づけられました。消防用設備等点検がハード面の点検であるのに対して、防火対象物点検では応急措置、救援救護、避難誘導などの防火管理体制の点検を行います。

  • 14

    消防法第10条では危険物が指定数量の「 」以上の一般取扱所について、1年に1回の検査を義務付けている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 10倍

    解説

  • 15

    建築物衛生法で定められている「特定建築物」の環境衛生が適切に行われているかを監督指導する職務内容で、「特定建築物」ごとに選任されるのは?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 建築物環境衛生管理技術者

    解説

  • 16

    建物管理業務を委託する場合、その発注方式には①分離発注、②一括発注、③「 」の3つの方式がある。(P32)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • コストオン

    解説

  • 17

    建物管理業務を委託する場合、ビルメンテナンス業務を行う会社に清掃・設備管理・「 」・その他の業務を一括して発注する方式。(P32)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 警備

    解説

  • 18

    分離発注と一括発注を折衷した方式で、清掃や設備管理などの業務について個別に直接契約するとともに、これらの委託経費に現場管理費をオンする形でビル管理会社と契約を結ぶ方式は?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • コストオン方式

    解説

    分離発注と一括発注を折衷した方式で、まずお客さまは、建築会社と設備会社を選定し、それぞれの工事費をとりまとめ、それに設備工事の現場管理のための経費を加えた(オンした)金額で、建築会社に発注します。したがって、契約上は、設備会社は建築会社の下請けというかたちになります。

  • 19

    一定の権限が与えられた機関(国会など)で制定され、その効力が広い範囲に及ぶものを「 」と呼ぶ。(P37)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 法令

    解説

  • 20

    「特殊建築物」とは、「 」の者、または弱者の使用に供する病院、映画館、ホテル、百貨店などと限定している。(P38)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 不特定多数

    解説

  • 21

    「特殊建築物」とは、「 」の発生の恐れが大または火災荷重が大きい駐車場、倉庫などと限定している。(P38)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 大火災

    解説

56600

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ