zuknow learn together

新しい教材を作成

ビル設備管理テキスト(初級1-4)

カード 21枚 作成者: モバイル楽天 (作成日: 2016/07/26)

  • 室内の清掃については、日常清掃と、「 」以内に1回、日常清掃を行わない箇所について定期に汚れの状況を点検し、必要に応じ、除塵、洗浄等の大掃除を行う。

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

ビル管理社内試験対策

公開範囲:

公開

言語:

  • カード表 : 日本語
  • カード裏 : 日本語
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    室内の清掃については、日常清掃と、「 」以内に1回、日常清掃を行わない箇所について定期に汚れの状況を点検し、必要に応じ、除塵、洗浄等の大掃除を行う。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 6か月

    解説

    室内の清掃については、日常清掃と、「6か月」以内に1回、日常清掃を行わない箇所について定期に汚れの状況を点検し、必要に応じ、除塵、洗浄等の大掃除を行う。(P19)

  • 2

    ネズミ等に対する生息状況の点検は、原則として「 」ごとに1回、特に発生しやすい場所については2か月以内ごとに1回行うことになっている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 6か月

    解説

    ネズミ等に対する生息状況の点検は、原則として「6か月」ごとに1回、特に発生しやすい場所については2か月以内ごとに1回行うことになっている。(P19) ※東京都では月に1回以上の頻度で実施するよう指導している。

  • 3

    冷却塔の冷却水の温度は細菌やアメーバなどの増殖に適しており、「 」も増えやすくなる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • レジオネラ属菌

    解説

    冷却塔の冷却水の温度は細菌やアメーバなどの増殖に適しており、「レジオネラ属菌」も増えやすくなる。また、冷却水がエアロゾルとなるため、最も注意が必要な設備の一つである。(P20)

  • 4

    冷却塔の維持管理方法として、使用開始時および終了時には、冷却水管も含めて殺菌剤を用いた「 」的洗浄を行う。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 化学

    解説

    冷却塔の維持管理方法として、使用開始時および終了時には、冷却水管も含めて殺菌剤を用いた「化学」的洗浄を行う。(P20)

  • 5

    レジオネラ症防止対策として、給湯栓での残留塩素濃度の0.1mg/L以上の確保、または常に「 」の湯が出るようにする。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 55°C以上

    解説

    レジオネラ症防止対策として、給湯栓での残留塩素濃度の0.1mg/L以上の確保、または常に「55°C以上」の湯が出るようにする。(P20)

  • 6

    清掃の原則としては、①建材の「 」を知る、②汚れの「 」を知る、③洗剤の「 」を知る、④汚れの除去方法を知る、⑤保護膜を作る(※「」は同じ語句)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 性質

    解説

    清掃の基本は、汚れ物質の種類と性質、汚れの付着状態、被付着体である建材の性質などを考慮して、とるべき除去方法を定め、清掃用の資材・機械器具などを駆使して行う。(P22)

  • 7

    建築物に付帯する設備で、電力会社から受電する受変電設備などや、電話・放送等設備、情報・IT設備などを「 」設備と呼んでいる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 電気・通信

    解説

    「電気・通信」設備とは、電力会社から受電する受変電設備、非常電源設備(非常用発電機、直流電源装置、蓄電池、UPS、CVCF等)、幹線動力設備、電灯コンセント設備、電話・放送等設備、防犯設備、情報・IT設備など(P22)

  • 8

    冷凍機・ボイラー等や、ダクト・ダンパー、ポンプ等の熱搬送設備、換気設備などを「 」設備と呼んでいる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 空気調和

    解説

    空気調和設備とは、熱源設備(冷凍機・ボイラー等)、空気調和機器、熱搬送設備(ダクト・ダンパー、ポンプ等)、換気設備など。(P23)

  • 9

    水道事業の区分から受水槽以降の給水・給湯・排水設備および衛生器具などを「 」設備と呼んでいる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 衛生

    解説

    水道事業の区分から受水槽以降の給水・給湯・排水設備および衛生器具などを「衛生」設備と呼んでいる。(P23)

  • 10

    警報設備、消火設備、避難設備、防火安全性能を有する消防用設備、消火活動上必要な施設などを「 」設備と呼んでいる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 消防用

    解説

    警報設備、消火設備、避難設備、防火安全性能を有する消防用設備、消火活動上必要な施設などを「消防用」設備と呼んでいる。(P23)

  • 11

    エレベーターやエスカレーターなどの昇降機設備、機械式駐車場設備などを「 」設備と呼んでいる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 搬送

    解説

    エレベーターやエスカレーターなどの昇降機設備、機械式駐車場設備などを「搬送」設備と呼んでいる。(P23)

  • 12

    設備管理業務のうち、対象となる設備機器の運転条件に基づき、スケジュールに従い、機器の起動、運転・監視、停止操作を行うことを「 」業務という。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 運転監視

    解説

    設備管理業務のうち、対象となる設備機器の運転条件に基づき、スケジュールに従い、機器の起動、運転・監視、停止操作を行うことを「運転監視」業務という。(P23)

  • 13

    運転監視の記録は、一般に「 」と呼ばれ、小規模建築物をのぞけば、設備の種別によって電気・ボイラー・空調など数枚の記録用紙を使用する場合が多い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 運転日誌

    解説

    運転監視の記録は、一般に「運転日誌」と呼ばれ、小規模建築物をのぞけば、設備の種別によって電気・ボイラー・空調など数枚の記録用紙を使用する場合が多い。(P24)

  • 14

    データはただの数字の記入ではない。まずその数値が「 」かどうかを判断しながら記入する事である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 正常

    解説

    データはただの数字の記入ではない。まずその数値が「正常」かどうかを判断しながら記入する事である。(P24)

  • 15

    毎日の運転日誌は月単位で整理して、最短で「 」保存する

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 3年間

    解説

    毎日の運転日誌は月単位で整理して、最短で「3年間」保存する。(P25)

  • 16

    保守・点検業務と呼ばれるものは、日常巡回点検、定期点検、「 」点検・検査の3種類がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 法定

    解説

    保守・点検業務と呼ばれるものは、日常巡回点検、定期点検、「法定」点検・検査の3種類がある。(P25)

  • 17

    日常巡回点検においては、各機器が正常な状態で稼働しているかを電圧計・電流計・温度計等の計器類や「 」で確認する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 五感

    解説

    日常巡回点検においては、各機器が正常な状態で稼働しているかを電圧計・電流計・温度計等の計器類や「五感」で確認する。(P25)

  • 18

    日常巡回点検において異常値や異音・異臭、通常とは違う兆候等を発見した場合には、原因を究明し、「 」を行い、故障や事故などを未然に防ぐ。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 必要な措置

    解説

    日常巡回点検において異常値や異音・異臭、通常とは違う兆候等を発見した場合には、原因を究明し、「必要な措置」を行い、故障や事故などを未然に防ぐ。(P25)

  • 19

    機器の点検のみならず、室内の状況など、設置されている状況もよく見る必要がある。天井躯体や配管からの「 」、二重壁からの「 」などにも注意する。(※「」は同じ語句)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 漏水

    解説

    機器の点検のみならず、室内の状況など、設置されている状況もよく見る必要がある。天井躯体や配管からの「漏水」、二重壁からの「漏水」などにも注意する。(P25)

  • 20

    定期点検では、設備機器を停止し、「 」ではできない部分や、より詳細な計測機器を使った点検等を実施する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 日常点検

    解説

    定期点検では、設備機器を停止し、「日常点検」ではできない部分や、より詳細な計測機器を使った点検等を実施する。(P25)

  • 21

    保守点検業務のうち、各設備機器に関わる法令に基づき実施するものを「 」と呼んでいる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 法定点検・検査

    解説

    保守点検業務のうち、各設備機器に関わる法令に基づき実施するものを「法定点検・検査」と呼んでいる。(P25)

56988

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ