zuknow learn together

新しい教材を作成

ビル設備管理テキスト(初級1-3)

カード 20枚 作成者: モバイル楽天 (作成日: 2016/07/25)

  • 建築物環境衛生管理基準等において、浮遊粉じん測定は「 」以内ごとに1回の較正を行う事となっている。

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

ビル管理社内試験対策

公開範囲:

公開

言語:

  • カード表 : 日本語
  • カード裏 : 日本語
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    建築物環境衛生管理基準等において、浮遊粉じん測定は「 」以内ごとに1回の較正を行う事となっている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1年

    解説

    建築物環境衛生管理基準等において、浮遊粉じん測定は「1年以内」ごとに1回の較正を行う事となっている。(P13)

  • 2

    建築物環境衛生管理基準等において、冷却塔・冷却水管・加湿装置の清掃は「 」以内ごとに1回実施と定められている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1年

    解説

    建築物環境衛生管理基準等において、冷却塔・冷却水管・加湿装置の清掃は「1年以内」ごとに1回実施と定められている。

  • 3

    建築物環境衛生管理基準等において、貯水槽の清掃は「 」以内ごとに1回実施と定められている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1年

    解説

    建築物環境衛生管理基準等において、貯水槽の清掃は「1年以内」ごとに1回実施と定められている。(P13)

  • 4

    建築物環境衛生管理基準等において、給水の水質検査は「 」以内ごとに1回実施と定められている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 6か月

    解説

    建築物環境衛生管理基準等において、給水の水質検査は「6月以内」ごとに1回実施と定められている。

  • 5

    建築物環境衛生管理基準等において、給水の残留塩素等の測定は「 」以内ごとに1回実施と定められている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 7日

    解説

    建築物環境衛生管理基準等において、給水の残留塩素等の測定は「7日」以内ごとに1回実施と定められている。

  • 6

    建築物環境衛生管理基準等において、排水槽等の清掃は「 」以内ごとに1回実施と定められている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 6か月

    解説

    建築物環境衛生管理基準等において、排水槽等の清掃は「6か月」以内ごとに1回実施と定められている。

  • 7

    建築物環境衛生管理基準等において、清掃および廃棄物処理は日常清掃のほか、大掃除を「 」以内ごとに1回実施と定められている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 6か月

    解説

    建築物環境衛生管理基準等において、清掃および廃棄物処理は日常清掃のほか、大掃除を「6か月」以内ごとに1回実施と定められている。

  • 8

    建築物環境衛生管理基準等において、ネズミ等の点検防除は「 」以内ごとに1回実施と定められている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 6か月

    解説

    建築物環境衛生管理基準等において、ネズミ等の点検防除は「6か月」以内ごとに1回実施と定められている。

  • 9

    空気環境の管理基準値において、温度は17°C以上「 」°C以下に定められている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 28

    解説

  • 10

    空気環境の管理基準値において、相対湿度は40%以上「 」%以下に規定されている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 70

    解説

    空気環境の管理基準値において、相対湿度は40%以上「70」%以下に規定されている。

  • 11

    空気環境の管理基準値において、気流については「 」m/秒以下に規定されている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 0.5

    解説

    空気環境の管理基準値において、気流については「0.5」m/秒以下に規定されている。

  • 12

    空気環境の管理基準値において、一酸化炭素の平均値は「 」ppm以下に規定されている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 10

    解説

    空気環境の管理基準値において、一酸化炭素の平均値は「10」ppm以下に規定されている。

  • 13

    空気環境の管理基準値において、二酸化炭素の平均値は「 」ppm以下に規定されている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1,000

    解説

    空気環境の管理基準値において、二酸化炭素の平均値は「1,000」ppm以下に規定されている。

  • 14

    空気環境の管理基準値において、浮遊粉じんの平均値は「 」mg/㎥以下に規定されている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 0.15

    解説

    空気環境の管理基準値において、浮遊粉じんの平均値は「0.15」ミリグラム/立方メートル以下に規定されている。

  • 15

    空気環境の管理基準値において、ホルムアルデヒドの平均値は「 」mg/㎥以下に規定されている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 0.1

    解説

    空気環境の管理基準値において、ホルムアルデヒドの平均値は「0.1」ミリグラム/立方メートル以下に規定されている。

  • 16

    給水管理・飲料水検査における残留塩素等の測定は、「 」法により1週間以内に1回測定を行う。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • DPD

    解説

    給水管理・飲料水検査における残留塩素等の測定は、「DPD」法により1週間以内に1回測定を行う。(P16)

  • 17

    貯水槽については、1年以内ごとに1回、受水槽・高置水槽などを清掃し、「 」は必ず作成し、保管すること。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 清掃作業報告書

    解説

    貯水槽については、1年以内ごとに1回、受水槽・高置水槽などを清掃し、「清掃作業報告書」は必ず作成し、保管すること。(P15)

  • 18

    定期的な水質検査については、原則として給水系統別に「 」において行う。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 末端給水栓

    解説

    定期的な水質検査については、原則として給水系統別に「末端給水栓」において行う。(P15)

  • 19

    雑用水を利用する場合、給水栓における水に含まれる遊離残留塩素濃度を「 」以上に保持する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 0.1mg/L

    解説

    雑用水を利用する場合、給水栓における水に含まれる遊離残留塩素濃度を「0.1mg/L」以上に保持する。

  • 20

    排水管理において、グリース阻集器については、使用日ごとに捕集物を除去し、「 」以内ごとに1回清掃を行う必要がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 7日

    解説

    排水管理において、グリース阻集器については、使用日ごとに捕集物を除去し、「7日」以内ごとに1回清掃を行う必要がある。(P18)

56869

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ