zuknow learn together

新しい教材を作成

政経 2. 3) ⑷ー4) ⑵

カード 13枚 作成者: akito_0914 (作成日: 2016/07/23)

  • ソ連を中心とした、東ヨーロッパ諸国などの体制

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

2. 3) ⑷ マルクス以後の現実の変化
から
4) ⑵ ジョン=メイナード=ケインズ『雇用利子及び貨幣の一般理論』(1936)

公開範囲:

公開

カテゴリ:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    ソ連を中心とした、東ヨーロッパ諸国などの体制

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 社会主義体制

    解説

  • 2

    社会主義体制では原則として全国民を〇〇として企業間の国内競争を回避した

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 労働者

    解説

  • 3

    社会主義体制で政府はなにをしていたか

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 政府による生産活動の完全管理

    解説

  • 4

    社会主義体制における政府による生産活動の完全管理を〇〇経済と呼ぶ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 計画経済

    解説

  • 5

    社会主義体制では最終的になにを目指したか

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 理想社会

    解説

  • 6

    社会主義体制では理想社会に移行する過渡期は権力をどうするか

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 共産党中央部に権力を集中させる(前衛思想)

    解説

  • 7

    資本主義国のポスト産業資本主義への移行の背景2つ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1、労働者の賃金上昇 2、社会保障制度の整備

    解説

  • 8

    ポスト産業資本主義への移行において資本家の生産効率の追求の仕方にどんな変化が起こったか

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 労働者の賃金を最低賃金に固定して長時間労働させる→労働者が労働意欲を維持できる状況が基本

    解説

  • 9

    具体的にどのように利益を追求したか3つ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 定常的な賃金上昇 生産量の拡大継続 結果の不平等を労働意欲の駆動力としながらシステムが崩壊しない程度に不平等を緩和

    解説

  • 10

    19C→20C→21Cで政府像はどう変化したか3つ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 19C 夜警国家 20C 福祉国家 21C 危機管理国家

    解説

  • 11

    『雇用利子及び貨幣の一般理論』の著者

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ジョン=メイナード=ケインズ

    解説

  • 12

    ケインズが考える不況・恐慌の原因

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 有効需要を超える過剰供給

    解説

  • 13

    有効需要とは

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 貨幣を伴う需要 (消費需要+投資需要)

    解説

56571

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ