zuknow learn together

新しい教材を作成

臨床免疫学

カード 104枚 作成者: 709dk (作成日: 2016/07/21)

  • 自然免疫は生体が生まれつき持っている免疫である。

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

詳細はありません

公開範囲:

公開

言語:

  • カード表 : 日本語
  • カード裏 : 日本語

クイズの回答選択肢:

指定する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    自然免疫は生体が生まれつき持っている免疫である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ⚪︎
    • 誤答選択肢 ×

    解説

  • 2

    獲得免疫は生まれた後に獲得した免疫である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ⚪︎
    • 誤答選択肢 ×

    解説

  • 3

    能動免疫の獲得にワクチンを用いる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ⚪︎
    • 誤答選択肢 ×

    解説

  • 4

    受動免疫は抗体を自分で産生する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×
    • 誤答選択肢 ⚪︎

    解説

    受動免疫は他の個体から抗体を得る免疫

  • 5

    不完全抗原は単独で抗体を産生する

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×
    • 誤答選択肢 ⚪︎

    解説

    不完全抗原 抗体と反応性はあるが、単独では抗体産生を誘導できない

  • 6

    完全抗原は単独で抗体産生、免疫系を賦活化する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ⚪︎
    • 誤答選択肢 ×

    解説

  • 7

    生体に入って異物として認識され、免疫反応を引き起こすものを抗体という。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×
    • 誤答選択肢 ⚪︎

    解説

    抗原が免疫反応を引き起こす。

  • 8

    B細胞とT細胞は単球である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×
    • 誤答選択肢 ⚪︎

    解説

    B細胞とT細胞はリンパ球である。

  • 9

    マクロファージは抗原提示を行う。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ⚪︎
    • 誤答選択肢 ×

    解説

  • 10

    抗原非特異的な免疫に関するのは無顆粒白血球である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×
    • 誤答選択肢 ⚪︎

    解説

    抗原非特異的な免疫に関するのは顆粒白血球である。 (好中球・好酸球・好塩基球)

  • 11

    T細胞は胸腺で分化する

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ⚪︎
    • 誤答選択肢 ×

    解説

  • 12

    ヘルパーTは免疫反応を抑制する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×
    • 誤答選択肢 ⚪︎

    解説

    ヘルパーTは免疫反応を活性化する。

  • 13

    キラーTは細胞を破壊する

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ⚪︎
    • 誤答選択肢 ×

    解説

  • 14

    抑制T細胞は存在する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ⚪︎
    • 誤答選択肢 ×

    解説

  • 15

    骨髄で分化するのはB細胞である

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ⚪︎
    • 誤答選択肢 ×

    解説

  • 16

    B細胞は最終的に形質細胞となって、免疫を抑える。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×
    • 誤答選択肢 ⚪︎

    解説

    B細胞は形質細胞となり抗体を産生する。

  • 17

    抗原提示細胞には樹状細胞とマクロファージがある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ⚪︎
    • 誤答選択肢 ×

    解説

  • 18

    B細胞は体液性免疫ではない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×
    • 誤答選択肢 ⚪︎

    解説

    B細胞は体液性免疫です

  • 19

    液性免疫は体液を流れる抗体が抗原と反応することである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ⚪︎
    • 誤答選択肢 ×

    解説

  • 20

    免疫グロブリンはたんぱく質であり、細胞性免疫である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×
    • 誤答選択肢 ⚪︎

    解説

    免疫グロブリンは液性免疫です γ-グロブリン分画に属するタンパク質

  • 21

    免疫グロブリンはY鎖の違いでIgG,IgA,IgM,IgD,IgEに分別される

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×
    • 誤答選択肢 ⚪︎

    解説

    免疫グロブリンはH鎖の違いでIgG,IgA,IgM,IgD,IgEに分別される

  • 22

    パパインはタンパク質は分解酵素である

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ⚪︎
    • 誤答選択肢 ×

    解説

  • 23

    血中で最も多く存在し、主な抗体であるのはIgGである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ⚪︎
    • 誤答選択肢 ×

    解説

  • 24

    胎盤を通して母体の免疫能を胎児へ行こうすることはない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×
    • 誤答選択肢 ⚪︎

    解説

    IgGは胎盤を通過して胎児へ移動する。

  • 25

    IgAのほとんどが粘膜に存在する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ⚪︎
    • 誤答選択肢 ×

    解説

  • 26

    IgAは血液中で2量体として存在する

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×
    • 誤答選択肢 ⚪︎

    解説

    J鎖と結合した2量体として存在しているのは粘膜中であり 血液中では単量体として存在する。

  • 27

    IgMはJ鎖で結合し5量体を形成している。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ⚪︎
    • 誤答選択肢 ×

    解説

  • 28

    溶血、溶菌作用が強いのは?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • IgM
    • 誤答選択肢 IgA
    • IgG
    • IgR

    解説

  • 29

    IgDは血中に微量にしか存在しない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ⚪︎
    • 誤答選択肢 ×

    解説

  • 30

    IgEは血中濃度は微量であるが、アレルギーに関与する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ⚪︎
    • 誤答選択肢 ×

    解説

  • 31

    一次免疫応答ではIgGの後にIgMが作られる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×
    • 誤答選択肢 ⚪︎
    • 市丸ギン

    解説

    一次応答ではIgMの後のIgGが産生される。

  • 32

    二次免疫応答はIgGが多くなる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ⚪︎
    • 誤答選択肢 ×

    解説

  • 33

    補体は血清中にあり、第10成分からなる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×
    • 誤答選択肢 ⚪︎

    解説

    C1~C9までの9個の成分からなる

  • 34

    補体の活性で、抗原抗体複合体によって活性化されることを「古典経路」と言う。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ⚪︎
    • 誤答選択肢 ×

    解説

  • 35

    抗原抗体反応がないと補体は活性化しない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×
    • 誤答選択肢 ⚪︎

    解説

    抗原抗体反応がなくても補体が活性化されることを「副経路」という。

  • 36

    補体にはレクチン経路も存在する

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ⚪︎
    • 誤答選択肢 ×

    解説

  • 37

    細胞性免疫はT細胞である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ⚪︎
    • 誤答選択肢 ×

    解説

  • 38

    ツベルクリン反応は細胞性免疫である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ⚪︎
    • 誤答選択肢 ×

    解説

  • 39

    遅延性過敏反応、移植免疫、腫瘍免疫、細胞内寄生微生物やウイルス感染は体液性免疫である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×
    • 誤答選択肢 ⚪︎

    解説

    細胞性免疫です

  • 40

    自己と非自己を区別するのはMHC(主要組織適合遺伝子複合体)である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ⚪︎
    • 誤答選択肢 ×

    解説

  • 41

    ヒト白血球抗原をHLAという。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ⚪︎
    • 誤答選択肢 ×

    解説

  • 42

    HMCには3つのクラスがある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×
    • 誤答選択肢 ⚪︎

    解説

    クラスは2つである。 クラス1:赤血球を除く多くの細胞に存在する クラス2:抗原提示細胞に存在する

  • 43

    MHCクラス1はマクロファージに存在する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×
    • 誤答選択肢 ⚪︎

    解説

    MHCクラス1は赤血球以外の多くの細胞に存在する。 マクロファージはMHCクラス2が存在する。

  • 44

    ウイルスに反応するのはMHCクラス1である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ⚪︎
    • 誤答選択肢 ×

    解説

  • 45

    細菌に対してMHCクラス2が反応する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ⚪︎
    • 誤答選択肢 ×

    解説

  • 46

    ウイルス感染細胞はMHCクラス1分子と結合して、Tcが認識することで抗原を産生する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ⚪︎
    • 誤答選択肢 ×

    解説

  • 47

    Thが認識するのはウイルスと結合したHMCクラス2分子である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×
    • 誤答選択肢 ⚪︎

    解説

    MHCクラス2分子と結合した外来抗原をThが認識してサイトカインを出し、マクロファージの活躍、抗体産生増加する。

  • 48

    サイトカインはマクロファージの働きを低下させ、抗体産生を抑制する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×
    • 誤答選択肢 ⚪︎

    解説

    サイトカインの仕事 ・マクロファージ活性化 ・抗体産生増加

  • 49

    サイトカインは免疫系に関与する細胞の間で情報を伝達する生理活性物質である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ⚪︎
    • 誤答選択肢 ×

    解説

  • 50

    モノカインはリンパ球が産生するサイトカインの一種である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×
    • 誤答選択肢 ⚪︎

    解説

    リンパ球が産生するのはリフォカイン 単球、マクロファージがモノカイン

  • 51

    インターロイキシンは赤血球の間で作用する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×
    • 誤答選択肢 ⚪︎

    解説

    白血球の間で作用する

  • 52

    サイトカインは血球細胞の分化には関与しない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×
    • 誤答選択肢 ⚪︎

    解説

    血球細胞の分化に関与する!

  • 53

    アレルギーとはその症状を引き起こす物のことである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×
    • 誤答選択肢 ⚪︎

    解説

    アレルギーとは症状であり 症状を引き起こす物はアレルゲンと呼ぶ

  • 54

    アレルギーを1〜4型に分けた分類をクリーム分類と言う。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×
    • 誤答選択肢 ⚪︎

    解説

    アレルギーの分類はクムース分類である

  • 55

    1型はアナフィラキシーであり、液性免疫でIgEが関与している

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ⚪︎
    • 誤答選択肢 ×

    解説

    アナフィラキシーショック、気管支喘息、花粉症、急性蕁麻疹

  • 56

    1型アレルギーではヒスタミン、セロトニンを分泌する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ⚪︎
    • 誤答選択肢 ×

    解説

  • 57

    2型アレルギーは細胞傷害であり、液性免疫である。 IgEが関与している。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×
    • 誤答選択肢 ⚪︎

    解説

    関与するのはIgGとIgM 血液型不適合輸血、自己免疫性溶血性貧血、特発性血小板減少性紫斑病

  • 58

    3型アレルギーは免疫複合体で、IgM,IgGが関与する。 時間経過は数時間である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ⚪︎
    • 誤答選択肢 ×

    解説

    急性糸球体腎炎、全身性エリテマトーデス、過敏性肺臓炎

  • 59

    4型アレルギーは急性過敏症候群といい、細胞性免疫、Tリンパが関与している。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×
    • 誤答選択肢 ⚪︎

    解説

    4型遅延型過敏症 細胞性免疫 Tリンパ  1日〜数日 接触性皮膚炎、移植臓器拒絶反応、移植片対宿主病

  • 60

    SCID(重症複合性免疫不全症候群)は先天性の免疫不全である

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ⚪︎
    • 誤答選択肢 ×

    解説

  • 61

    伴性無γグロブリン血症は後天的な免疫不全である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×
    • 誤答選択肢 ⚪︎

    解説

    先天性である

  • 62

    IgA単独欠損症は先天的な免疫不全である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ⚪︎
    • 誤答選択肢 ×

    解説

  • 63

    続発性免疫不全は放射線や薬物によっても起こるが… IHV感染によるAIDSが代表的である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ⚪︎
    • 誤答選択肢 ×

    解説

  • 64

    免疫不全により日和見病になることはない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×
    • 誤答選択肢 ⚪︎

    解説

    日和見病とは免疫が低下している時に起こる病気である

  • 65

    免疫学的寛容とは自身の細胞は攻撃しないことである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ⚪︎
    • 誤答選択肢 ×

    解説

  • 66

    自己に対する免疫反応を自己免疫という。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ⚪︎
    • 誤答選択肢 ×

    解説

  • 67

    自己免疫により引き起こされる疾患を自己免疫疾患という

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ⚪︎
    • 誤答選択肢 ×

    解説

  • 68

    自己免疫はT細胞の異常とB細胞の活性により起こる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ⚪︎
    • 誤答選択肢 ×

    解説

  • 69

    全身性自己免疫疾患を膠原病と総称することもある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ⚪︎
    • 誤答選択肢 ×

    解説

  • 70

    橋本病は自己免疫疾患ではない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×
    • 誤答選択肢 ⚪︎

    解説

    自己免疫疾患です。甲状腺濾胞上皮に対する細胞性免疫

  • 71

    バセドウ病は抗甲状腺刺激ホルモンレセプター抗体による自己免疫疾患である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ⚪︎
    • 誤答選択肢 ×

    解説

  • 72

    重症筋無力症は神経・筋に対する自己免疫疾患である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ⚪︎
    • 誤答選択肢 ×

    解説

  • 73

    自己免疫性溶血性貧血は抗赤血球抗体が引き起こす自己免疫疾患である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ⚪︎
    • 誤答選択肢 ×

    解説

  • 74

    特発性血小板減少性紫斑病は自己免疫疾患ではない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×
    • 誤答選択肢 ⚪︎

    解説

    自己免疫疾患です

  • 75

    原発性胆汁性肝硬変は抗ミトコンドリア抗体が原因の自己免疫疾患です。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ⚪︎
    • 誤答選択肢 ×

    解説

  • 76

    インスリン依存性糖尿病は自己免疫疾患ですよね?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • はい
    • 誤答選択肢 いいえ

    解説

  • 77

    交換性眼炎って、自己免疫疾患ですけど。 何に対する抗体なんですか?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ブドウ膜
    • 誤答選択肢 レモン膜
    • イチゴ膜
    • オレンジ膜
    • 角膜

    解説

  • 78

    種々の各成分に対する抗体、抗赤血球抗体、抗リン脂質抗体が関与する全身性の免疫疾患は?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 全身性エリテマトーデス
    • 誤答選択肢 部分的エリテマトーデス
    • 多分エリテマトーデス
    • 私がエリテマトーデス

    解説

  • 79

    関節性リウマチは全身性自己免疫疾患である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ⚪︎
    • 誤答選択肢 ×

    解説

    リウマチ因子 (変性IgGに対する抗体)

  • 80

    全身性硬化症は臓器に関与する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×
    • 誤答選択肢 ⚪︎

    解説

    皮膚に関与する。 核物質に対する抗体。

  • 81

    多発性筋炎は筋・皮膚に作用する全身性自己免疫疾患である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ⚪︎
    • 誤答選択肢 ×

    解説

  • 82

    シェーグレン症候群はOOOである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 全身性自己免疫疾患
    • 誤答選択肢 臓器特異的自己免疫疾患

    解説

  • 83

    混合性結合織病は全身性自己免疫疾患である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ⚪︎
    • 誤答選択肢 ×

    解説

  • 84

    臓器をあげる人はどれ?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • donor
    • 誤答選択肢 recipient
    • ブラック・ジャック
    • 神代利世

    解説

  • 85

    臓器を受け取るのは誰?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • recipient
    • 誤答選択肢 donor
    • 金木ケン
    • ピノ子

    解説

  • 86

    移植される臓器をなんという?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • グラフト
    • 誤答選択肢 赫包
    • Rc細胞
    • ギフト

    解説

  • 87

    移植の名称でないのはどれ?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • iPS移植
    • 誤答選択肢 自己移植
    • 同系移植
    • 同種移植
    • 異種移植

    解説

  • 88

    移植された組織に対しても免疫を移植免疫という。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ⚪︎
    • 誤答選択肢 ×

    解説

  • 89

    拒絶反応はB細胞が関与している。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×
    • 誤答選択肢 ⚪︎

    解説

    T細胞が関与している

  • 90

    ドナーとレシピエントのBMIを一致させる必要が有る

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×
    • 誤答選択肢 ⚪︎

    解説

    一致させたいのはHLA

  • 91

    移植の時に免疫を弱めるために使うのは?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 免疫抑制剤
    • 誤答選択肢 クインケ
    • Qバレット
    • Rc抑制剤

    解説

  • 92

    幹細胞を移植することを「造血幹細胞移植」と呼ぶ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ⚪︎
    • 誤答選択肢 ×

    解説

  • 93

    ドナーの細胞がレシピエントに対して攻撃することを移植片対宿主反応という。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ⚪︎
    • 誤答選択肢 ×

    解説

  • 94

    移植片対宿主反応により引き起こされる障害を、移植片宿主病という。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ⚪︎
    • 誤答選択肢 ×

    解説

  • 95

    悪性腫瘍に対する抗原を腫瘍抗原という

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ⚪︎
    • 誤答選択肢 ×

    解説

  • 96

    腫瘍抗原に対する免疫反応を腫瘍免疫という

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ⚪︎
    • 誤答選択肢 ×

    解説

  • 97

    A型の人は A抗原と抗B抗体を持つ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ⚪︎
    • 誤答選択肢 ×

    解説

  • 98

    B型の人は B抗体と抗A抗体を持つ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ⚪︎
    • 誤答選択肢 ×

    解説

  • 99

    AB型は 抗原、抗体共に持たない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×
    • 誤答選択肢 ⚪︎

    解説

    A抗原、B抗原を持つ 抗体はもたない

  • 100

    O型は 抗体、抗原共にA・B両方もつ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×
    • 誤答選択肢 ⚪︎

    解説

    抗原なし 抗B抗体、抗A抗体あり

  • 101

    おもて検査は血球を調べる

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ⚪︎
    • 誤答選択肢 ×

    解説

  • 102

    うら検査は何を調べる?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 血清
    • 誤答選択肢
    • 血球
    • Rc値

    解説

  • 103

    輸血して良いの血液がわからなかったので、とりあえずAB型にした。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×
    • 誤答選択肢 ⚪︎

    解説

    わからなければO型 O型の血液にはA,B抗原がないので

  • 104

    輸血前に血液が凝集するか見る検査をなんという?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • クロスマッチ
    • 誤答選択肢 ダブルマッチ
    • デスマッチ
    • ダッグマッチ

    解説

56942

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ