zuknow learn together

新しい教材を作成

QlikView、Qlik Senseの関数(条件付き関数編)

カード 5枚 作成者: 株式会社アシスト 教育部 (作成日: 2016/07/21)

  • If

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

無料で使えるBIツール「QlikView」と「Qlik Sense」の関数をまとめた暗記帳です。
この暗記帳は「条件付き関数編」です。条件を元に値の置き換えなどをおこなう、7個の関数についてまとめています。

QlikViewとQlik Senseは企業での利用はもちろん、個人の方でも無料で簡単にはじめられるBI(ビジネス・インテリジェンス)ツールです。
詳細はぜひ弊社のブログをご覧ください。
http://qlikview-training.ashisuto.co.jp

公開範囲:

公開

カテゴリ:

言語:

  • カード表 : 日本語
  • カード裏 : 日本語
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    If

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 条件式を元に演算をおこないます。

    解説

    条件式を指定して、条件式を満たすときの値と満たさなかったときの値を指定します。 複数の条件式を設定したり、条件式を入れ子にすることもできます。 例:実績が目標以上だった場合は「達成」、目標未満だった場合は「未達成」と表示します。 If(実績 >= 目標, '達成', '未達成') 例:粗利実績が粗利目標以上だった場合は「達成」、そうでなかった場合は、さらに条件をかけ、売上実績が売上目標以上だった場合は「売上のみ達成」、そうでなかった場合は、「未達成」と表示します。 If(粗利実績 >= 粗利目標, '達成', If(売上実績 >= 売上目標 , '売上のみ達成', '未達成'))

  • 2

    Class

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 数値を一定間隔でグループ化します。

    解説

    金額を1万円単位にグループ化する場合などに使用します。 Class関数の結果は「下限値 <= x < 上限値」の形式で表示されます。 ラベルを指定することで「x」の部分を任意の文字列に変更できますが、「<=」や「<」などの記号も含めて、表示を変更したい場合は別途、関数を指定する必要があります。 数式:Class(数式, 間隔 [, ラベル [, 開始値] ] ) ※[ ]内を省略した時、ラベルは「x」, 開始値は0になります。 例:売上単価を、開始値5千円で、1万円単位にグループ化します。 また、ラベルを「売上」に変更します。 Class(売上単価, 10000, '売上', 5000)

  • 3

    Alt

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 複数の数式を列挙して、最初に見つかった有効な数値を返します。

    解説

    NULL値の置き換えや、日付の解析などに使用します。 例:実測値が無いときは予測値を表示します。 Alt(実測値, 予測値) 例:更新日時がNULL値のときは、「更新なし」という文字列に置き換える。 Alt(更新日時, '更新なし')

  • 4

    Pick

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 数値の連番を文字列に置き換えます。

    解説

    複数の数式(多くの場合は文字列)を列挙して、数値nに対してn番目の数式を返します。 Match関数と逆の動作をする関数です。 例:「12345」という数値のランクを、「ABCDE」という文字列のランクに置き換えます。 Pick(ランク数値, 'A', 'B', 'C', 'D', 'E') as ランク文字 ※as句を使って、「ランク文字」という項目名をつけています。

  • 5

    Match、MixMatch、 WildMatch

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 文字列を数値の連番に置き換えます。

    解説

    複数の数式(多くの場合は文字列)を列挙して、数式がn番目の値と一致した場合に、数値nを返します。 Pick関数と逆の動作をする関数です。 類似の関数が3つありますが、大文字小文字を区別するかどうかなどが違うだけで、構文や動作はおなじです。 Match:大文字と小文字を区別します。 MixMatch:大文字と小文字を区別しません。 WildMatch:大文字と小文字を区別しません。かつワイルドカード(*と?)が使用できます。 例:「ABCDE」という文字列のランクを、「12345」という数値のランクに置き換えます。 Match(ランク文字, 'A', 'B', 'C', 'D', 'E') as ランク数値 ※as句を使って、「ランク数値」という項目名をつけています。

57038

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ