zuknow learn together

新しい教材を作成

ネクステまとめテスト①

カード 30枚 作成者: 醍醐一也 (作成日: 2016/07/20)

  • I tried hard ( ).
    私は笑わないように懸命に努力した。

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

第5,6,7章 不定詞、動名詞、分詞から各10問ずつ計30問

公開範囲:

公開

カテゴリ:

クイズの回答選択肢:

指定する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    I tried hard ( ). 私は笑わないように懸命に努力した。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • not to laugh
    • 誤答選択肢 to not laugh
    • do not laugh
    • to laugh not

    解説

    【不定詞の用法ー否定語】 否定する語not/neverは、不定詞の直前に置く。

  • 2

    john is only thirteen. He is ( ) to get a driver's license. ジョンはまだ13歳です。車の免許を取れるほどの年齢ではありません。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • not old enough
    • 誤答選択肢 not too young
    • too old
    • young enough

    解説

    【不定詞を用いた慣用表現】 ... enough to do:とても…なので〜する

  • 3

    It is caress ( ) him to make the same mistake. 同じ間違いを犯すなんて彼は不注意だった。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • of
    • 誤答選択肢 for
    • in
    • on

    解説

    【不定詞の用法】 it is + 人の性質・性格 + of A to do

  • 4

    I'm going to leave now, ( ) be late. 遅れないように、今出かけるつもりです

    補足(例文と訳など)

    答え

    • so as not to
    • 誤答選択肢 enough to
    • as to
    • not such as to

    解説

    【不定詞を用いた慣用表現】 so as not to do / in order not to do:…しないように

  • 5

    " Peter hunts rabbits." " Yes, I have watched him ( )." 「ピーターはうさぎ狩りをするね」「うん、彼がそうするのを見たことがあるもの」

    補足(例文と訳など)

    答え

    • do that
    • 誤答選択肢 to be done that
    • to doing that
    • to do that

    解説

    【原型不定詞】 感覚動詞、使役動詞の目的格補語となる不定詞は原型不定詞となる。

  • 6

    Because of his bad manners, the man was made ( ) the party. その男はマナーが悪かったので、パーティーを追い出された。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • to leave
    • 誤答選択肢 leave
    • leaving
    • left

    解説

    【原型不定詞】 英文が受動態となった場合、to不定詞をとる。 問題文の能動態 Because of his bad manners, they made him leave the party.

  • 7

    ( ) to say, world peace is desirable for all people. 言うまでもなく、世界平和は人類全てにとって望ましいものです。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • Needless
    • 誤答選択肢 When it comes
    • Why don't you
    • Quite a few

    解説

    【独立不定詞】 needless to say:言うまでもなく

  • 8

    I went to your house in the rain, ( ) find you out. 雨の中君の家に行ったのに、君は留守でした。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • as to
    • 誤答選択肢 enough to
    • only to
    • so to

    解説

    【不定詞の副詞的用法】 逆接的結果 only to do:結局〜だった

  • 9

    This expedition will be expensive, to say ( ) of the danger. 危険なことはもちろんのこと、この探検には金がかかる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • nothing
    • 誤答選択肢 no
    • anything
    • any

    解説

    【独立不定詞】 to say nothing of A:Aは言うまでもなく

  • 10

    The book was ( ) difficult for us to understand. この本は難しすぎて私たちには理解できなかった。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • too
    • 誤答選択肢 enough
    • not too
    • enough not

    解説

    【不定詞を用いた慣用表現】 too ... to do:とても…なので〜できない

  • 11

    My mother complains of ( ) too lazy. 私の母は私があまりに怠惰だと文句を言う。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • my being
    • 誤答選択肢 I am
    • I being
    • me to be

    解説

    【動名詞の基本用法】 動名詞の意味上の主語は、代名詞の場合は所有格又は目的格を入れる。

  • 12

    I am ashamed of ( ) such foolish things. 私はそのような愚かなことをしたことを恥じている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • having done
    • 誤答選択肢 being done
    • doing
    • having been done

    解説

    【動名詞の基本用法】 完了動名詞having doneは、文の述語動詞の時点よりも「前」であることを表す。

  • 13

    She was praised for ( ) a lie. 彼女は嘘をつかなかったことを褒められた。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • not having told
    • 誤答選択肢 having told not
    • having not told
    • hacing told no

    解説

    【動名詞の基本用法】 動名詞の否定語は、動名詞の直前に置く。

  • 14

    It is no use ( ) to overtake them. 彼らに追いつこうとするなんてむだなことだ。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • trying
    • 誤答選択肢 to try
    • try
    • to trying

    解説

    【動名詞を用いた「…しても無駄だ/意味がない」の表現】 it is no use/good doing

  • 15

    I'm looking forward to ( ) you in London. 私はロンドンであなたに会えるのを楽しみにしています。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • seeing
    • 誤答選択肢 seen
    • see
    • saw

    解説

    【toの後に動名詞をとる表現】 look forward to A/doing:…することを楽しみに待つ

  • 16

    I'm nervous. I'm not used ( ) to a large audience. 私は緊張しています。たくさんの聴衆に話をするのは慣れていないのです。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • to speaking
    • 誤答選択肢 to speak
    • in speaking
    • of speaking

    解説

    【toの後に動名詞をとる表現】 be used to A/doing:…することに慣れている

  • 17

    Mrs. Robinson was busy ( ) her daughter cook in the kitchen. ロビンソン夫人は、キッチンで娘の料理を手伝うのに忙しかった。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • helping
    • 誤答選択肢 help
    • to help
    • for helping

    解説

    【省略可能なinの後に動名詞をとる表現】 be busy ( in ) doing:…するのに忙しい

  • 18

    It goes ( ) saying that hunger is the best sause. 空腹が最高のソースであることは言うまでもないことだ。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • without
    • 誤答選択肢 not
    • nothing
    • needless

    解説

    【動名詞を用いた慣用表現】 It goes without saying that節:…は言うまでもないことだ

  • 19

    ( ) arriving in Chicago, he paid a visit to Mr. Mouse. 彼はシカゴに着くとすぐにモース氏を訪問した。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • On
    • 誤答選択肢 In
    • With
    • As

    解説

    【動名詞を用いた慣用表現】 on doing:…するとすぐに/…すると同時に

  • 20

    There is ( ) what will happen to us tomorrow. 私たちには明日何が起きるかわからない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • no telling
    • 誤答選択肢 no having told
    • not telling
    • not to tell

    解説

    【動名詞を用いた慣用表現】 There is no doing:…できない

  • 21

    A ship ( ) more than 500 passengers is missing. 500人以上の乗客を乗せた船が行方不明です。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • carrying
    • 誤答選択肢 carry
    • carried
    • is carried

    解説

    【名詞を修飾する分詞】 現在分詞の後置修飾 2語以上で名詞を修飾する場合、後ろから名詞を修飾する。

  • 22

    She sat ( ) her children. 彼女は、自分の子供たちに囲まれて座っていた。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • surrounded by
    • 誤答選択肢 surrounded
    • surrounding
    • to surround

    解説

    【主格補語となる分詞】 主語との関係を見て現在分詞か過去分詞かを判断する。

  • 23

    The driver kept the engine ( ) while we waited. 私たちが待っている間、運転手はエンジンをかけたままにしていた。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • runnning
    • 誤答選択肢 run
    • to run
    • ran

    解説

    【目的格補語となる分詞】 SVOCのOとCの能動関係で現在分詞か過去分詞かを判断する。

  • 24

    I cannot keep my eyes ( ) to his terrible situation. 私は彼のひどい状態に目をつぶっておくことができない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • closed
    • 誤答選択肢 closing
    • to close
    • close

    解説

    【目的語補語となる分詞】 SVOCのOとCの能動関係で現在分詞か過去分詞かを判断する

  • 25

    I heard him ( ) a song in the bathroom. 私は彼が浴室で歌を歌っているのを聞いた。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • singing
    • 誤答選択肢 having singing
    • to sing
    • to be singing

    解説

    【目的格補語となる分詞】 SVOCのOとCの能動関係で現在分詞か過去分詞かを判断する

  • 26

    I could not make myself ( ) in English. 私は英語で話を通じさせることができなかった。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • understood
    • 誤答選択肢 to understand
    • understand
    • understanding

    解説

    【分詞の慣用表現】 make oneself understood:自分の言うことを相手に分からせる

  • 27

    ( ) a dancer herself, she has excellent posture. 彼女自身がダンサーなので彼女はとても良い姿勢をしている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • Being
    • 誤答選択肢 Been
    • To be
    • Having been

    解説

    【分詞構文】 分からないときは、分詞構文の作り方をもう一度確認すること。

  • 28

    ( ) what to say, I didn't say anything. 何を言って良いかわからなかったので、何も言わなかった。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • Not knowing
    • 誤答選択肢 Knowing not
    • Not known
    • Known not

    解説

    【分詞構文】 否定を表すときは、分詞の直前にnot/neverを置く

  • 29

    ( ) raining the day before, the picnic was postponed. 前の日に雨が降り出したので、ピクニックは延期された。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • It having started
    • 誤答選択肢 Having been started
    • It has started
    • It has been started

    解説

    【独立分詞構文】 前と後ろの文で主語が異なる場合、主語を省略せずに分詞構文を作る。

  • 30

    ( ) in plain English, the book is suitable for beginners. 易しい英語で書かれているので、この本は初心者向けです。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • Written
    • 誤答選択肢 Writing
    • To write
    • Having written

    解説

    【受動態の分詞構文】 基本形はbeing done 但し、このbeingは省略されることがあるので注意。

56548

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ