zuknow learn together

新しい教材を作成

熟語・連語 初級7

カード 25枚 作成者: YASKA (作成日: 2016/07/17)

  • get up


    My mother gets up at six every morning.

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

中学1年から高校入試までの熟語・連語・決まり文句・副詞句・句動詞などのまとめ

公開範囲:

公開

カテゴリ:

言語:

  • カード表 : 英語
  • カード裏 : 日本語
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    get up

    補足(例文と訳など)

    • My mother gets up at six every morning.

    答え

    • 起きる

    解説

    get up getは、「ある状態を引き起こして得る(状態の変化)」。upは、「上に」から「【移動】(横になっている状態から)起こして」。それで、《起きた状態への変化を引き起こす》となり、『起き上がる』の意味となる。 〔母は起きます、六時に、毎朝。〕

  • 2

    give up

    補足(例文と訳など)

    • He did not give up the plan.

    答え

    • あきらめる

    解説

    give up giveは、「何かを自分のところから出す」。upは、「上に」。それで、《何かを出して上に放り投げるイメージ》となり、『あきらめる』の意味となる。 〔彼はあきらめなかった、その計画を。〕

  • 3

    go away

    補足(例文と訳など)

    • The young man thanked us and went away.

    答え

    • 立ち去る

    解説

    go away goは、「視点のある場所から離れていく」から「【場から離れる】去る」。awayは、「視点のあるところから(距離が)離れて」から「【ある地点から】離れて」。それで、《視点のあるここから離れて行く》となり、『立ち去る』の意味となる。 〔その若者は、お礼を言った私たちに、そして立ち去った。〕

  • 4

    go back to ~(場所)

    補足(例文と訳など)

    • He will go back to America next month.

    答え

    • どこどこへ帰る

    解説

    go back to ~(場所) goは、「視点のある場所から離れていく」から「【ある所に向かう】行く」。backは、「後ろ」から「【元に戻って】(元いたところに)戻って」。toは、「対象と向き合って」から「【到着点】」。それで、《to以下の到着点に戻って行く》となり、『(どこどこ)へ帰る』の意味となる。 〔彼は帰る、アメリカへ、来月。〕

  • 5

    go into ~

    補足(例文と訳など)

    • They went into the elevator.

    答え

    • 何々の中に入る

    解説

    go into ~ goは、「視点のある場所から離れて行く」から「【ある所に向かう】行く」。intoは、「(外から)(何々)の中に(入り込んで)」から「【場所・空間】の中に」。それで、《(何々)の中に入り込んで行く》となり、『(何々)の中に入る』の意味となる。他に「よく調べる,仕事に就く」など。 〔彼らは入っていった、エレベーターに。〕

  • 6

    go off

    補足(例文と訳など)

    • He went off to college.

    答え

    • 出かける

    解説

    go off goは、「視点のある場所から離れていく」から「【場から離れる】離れる」。offは、「(何々)から離れて」から「【ある場所を】離れて」。それで、《視点のある場所から離れて行く》となり、『出かける,立ち去る,出発する,(警報が)鳴る』の意味となる。 〔彼は出かけました、大学に。〕

  • 7

    go on

    補足(例文と訳など)

    • We went on walking until midnight.

    答え

    • ・何々をし続ける, ・進む

    解説

    go on goは、「視点のある場所から離れていく」から「【進行する】向かっている最中」。onは、「(何々)に接触して」から「【動作過程】連続して」。それで、『(何々)し続ける,進む』の意味となる。 〔私たちは歩き続けた、真夜中まで。〕

  • 8

    go out

    補足(例文と訳など)

    • You should not go out alone at night.

    答え

    • 外出する

    解説

    go out goは、「視点のある場所から離れていく」から「【場から離れる】出発する」。outは、「外に」から「【出て行く】内から外へ出て」。それで、《視点のある場所から外に出て行く》となり、『出かける』の意味となる。 〔あなたはしないほうがいい、外出を、1人で、夜に。〕

  • 9

    go up

    補足(例文と訳など)

    • The rocket went up.

    答え

    • ・登る, ・上がる, ・近寄る

    解説

    go up goは、「視点のある場所から離れていく」から「【進行する】動く」。upは、「上に」から「【垂直、水平移動】」。それで、《上に行く,近づいて行く》となり、『上がる、登る,近寄る』の意味となる。 〔ロケットが上がっていった。〕

  • 10

    graduate from ~

    補足(例文と訳など)

    • My father graduated from a famous university in Tokyo.

    答え

    • どこどこを卒業する

    解説

    graduate from ~ graduateは、「卒業する」。fromは、「(起点を示して)(何々)から」から「【動作の起点(場所)】」。それで、『(どこどこ)から卒業する』の意味となる。英では主に大学に対して使われ、米ではどの学校でも使われる。 〔私の父は卒業した、ある有名大学を、東京の。〕

  • 11

    grow up

    補足(例文と訳など)

    • I want to live in America when I grow up.

    答え

    • 大人に成長する

    解説

    grow up growは、「自生力で成長する」。upは、「上に」から、「しっかり、すっかり」という強調のニュアンスになる。それで、《(すっかり)成長する》となり、『大人になる』の意味となる。 〔私は住みたい、アメリカに、大人になったら。〕

  • 12

    hear from ~

    補足(例文と訳など)

    • I have not heard from him for a long time.

    答え

    • 誰々から便りをもらう,連絡がある

    解説

    hear from ~ hearは、「(聴覚器官が機能して)聞こえる」、から「耳にする」。fromは、「(物事の起点を示して)そこから」から「【動作・状態の起点】」。それで、《from以下の起点からのことを耳にする》となり、慣用的に『(誰々)から連絡がある、便りをもらう』の意味となる。 〔私は、便りがない彼からの、長い間。〕

  • 13

    hear of ~

    補足(例文と訳など)

    • Have you ever heard of such a thing?

    答え

    • ・何々を耳にする, ・何々について聞く

    解説

    hear of ~ hearは、「(聴覚器官が機能して)聞こえる」。ofは、「切っても切れない、(何々)の(何々)という関係」。から「【(関連】(何々)について」。それで、《of以下のことについて、聞こえている》となり、『(何々)を耳にする、(何々)について聞く』の意味となる。 〔あなたは今までに耳にしたことがありますか、そのようなことを?〕

  • 14

    hold on

    補足(例文と訳など)

    • Hold on please.

    答え

    • ・持ちこたえる, ・電話を切らずに、待つ

    解説

    hold on holdは、「一時的におさえておく」。onは、「(何々)に接触して」から「【動作過程】連続して」。それで、《一時的にその連続した状態をおさえておく》となり、『持ちこたえる,そのままにする』の意味となる。 〔(電話)を切らないでいてください。〕

  • 15

    hold on to ~

    補足(例文と訳など)

    • He held on to my arm.

    答え

    • 何々につかまっている

    解説

    hold on to ~ holdは、「一時的におさえておく」から「【つかまる】」。onは、「(何々)に接触して」から「【連続】」。toは、「対象と向き合って」から「【行為の行き先】(何々)に対して」。それで、《to以下に対して接した(連続した)状態をおさえておく》となり、『(何々)につかまっている』の意味となる。hold on だと「そのままにしておく」となる。 〔彼はつかまっていた、私の腕に。〕

  • 16

    hurry up

    補足(例文と訳など)

    • We are late. Let's hurry up," Tom said. Tom said.

    答え

    • 急ぐ

    解説

    hurry up hurryは、「(さっと)急ぐ」。upは、「上に」から「【仕上がりの強調】しっかり,ちゃんと」など。それで、『急いで、ほんとに』の意味となる。upがなくても基本的な意味は伝わる。 〔「俺たちは遅れている、急ごうぜ」と、トムは言った。〕

  • 17

    keep up with ~

    補足(例文と訳など)

    • Please walk more slowly. I can’t keep up with you.

    答え

    • 誰々に遅れずについていく

    解説

    keep up with ~ keepは、「比較的長い間保つ」から「【状態を維持する】」。upは、「上に」から「【状態】が高いレベルに」。withは、「(何々)とともに」から「【同伴】(誰々)といっしょに」。それで、《with以下といっしょに高いレベルを維持する》となり、『(誰々)に遅れずについていく』の意味となる。 〔どうか、歩いて下さい、もっとゆっくり。私はついていけません、あなたに。〕

  • 18

    laugh at ~

    補足(例文と訳など)

    • They will laugh at you if you do such a thing.

    答え

    • ・何々を笑う, ・何々をあざ笑う

    解説

    laugh at ~ laughは、「声を上げて笑う」。atは、「(何々)のところに」から「【感情の対象】」。それで、《at以下のところで声を出して笑う》となり、『(何々)を笑う』の意味となる。文脈によって「あざ笑う」というマイナスイメージも出る。 〔彼らは笑うだろう、あなたを、もし、あなたがしたら、そんなことを。〕

  • 19

    learn about ~

    補足(例文と訳など)

    • Let's learn about America.

    答え

    • 何々のことを覚える

    解説

    learn about ~ learnは、「知識・技術などを学習・経験を通して身につける」。aboutは、「対象を含んで(漠然と)その周辺に」から「【対象】について」。それで、《対象についてあれこれ身につける》となり、『(何々)のことを覚える』の意味となる。 〔学ぼう、アメリカについて。〕

  • 20

    leave for ~

    補足(例文と訳など)

    • He has already left for school.

    答え

    • どこどこへ向けて出発する

    解説

    leave for ~ leaveは、「持っていかないで(そのままの状態にして)去る」。forは、「(何々)に向かって」から「【方向】」。それで、《for以下に向けて、今いる場所をそのままにして離れる》となり、『(どこどこ)へ向けて出発する』の意味となる。 〔彼はすでに出発した、学校に向けて。〕

  • 21

    listen to ~

    補足(例文と訳など)

    • Tom is listening to the CD now.

    答え

    • 何々を聞く

    解説

    listen to ~ listenは、「耳を傾ける」。toは、「対象と向き合って」から「【行為の行き先】(何々)に対して」。それで、《対象に対して耳を傾ける》となり、『(何々)を聞く』の意味となる。 〔トムは聞いています、CDを、今。〕

  • 22

    live in ~

    補足(例文と訳など)

    • He has lived in Kyoto for one year.

    答え

    • どこどこに住む

    解説

    live in ~ liveは、「生きる」。inは、「空間内に」から「【場所】の中に」。それで、《liveの後に前置詞+場所が続けば「住む」》となり、『どこどこに住む』の意味となる。 〔彼は住んでいる京都に、1年間。〕

  • 23

    look at ~

    補足(例文と訳など)

    • Look at that big tree.

    答え

    • 何々を見る

    解説

    look at ~ lookは、「視線を向けて見る」。atは、「(何々)のところに」から「【目標・方向】」。それで、《対象のところに目を向ける》となり、『(何々)を見る』の意味となる。 〔見て、あの大きな木を。〕

  • 24

    look after ~

    補足(例文と訳など)

    • I have to stay home to look after my cat.

    答え

    • ・何々の世話をする, ・見送る

    解説

    look after ~ lookは、「視線を向けて見る」。arterは、「基準(時)よりあとに」から「【位置・順序】(何々)を追って」。それで、《(何々)のあとを追って見る》となり、『(何々)の世話をする,見送る』の意味となる。 〔私は家に居なければならない、世話をするために、自分の猫を。〕

  • 25

    look around ~

    補足(例文と訳など)

    • I looked around, but he wasn't there.

    答え

    • どこどこを見回す

    解説

    look around ~ lookは、「視線を向けて見る」。aroundは、「対象の周囲に(ぐるっと)」から「【あちこちを】」。それで、《対象をあちこち見回す》となり、『どこどこを見回す』の意味となる。 〔私は見回した、しかし彼は居なかった、そこに。〕

56953

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ