zuknow learn together

新しい教材を作成

【朝テスト】化学 1〜105

カード 105枚 作成者: Kotomi Kameda (作成日: 2014/04/18)

  • 定比例の法則によればa.b2種の元素からなる化合物が2種以上ある時、これらの化合物間では
    aの一定量と結合している
    bの質量は簡単な整数比と
    なる

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

詳細はありません

公開範囲:

公開

カテゴリ:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    定比例の法則によればa.b2種の元素からなる化合物が2種以上ある時、これらの化合物間では aの一定量と結合している bの質量は簡単な整数比と なる

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × これは倍数比例の法則

    解説

  • 2

    化学反応の前後で物質全体の質量は変わらない これは質量保存の法則である

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ⚪︎

    解説

  • 3

    1molの窒素と3molの水素を反応させると、2molのアンモニアガスが生じるのは定比例の法則で説明される

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × できない

    解説

  • 4

    各々の化合物において成分元素の質量の比は一定である これは、定比例の法則である

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ⚪︎

    解説

  • 5

    2種の元素A.Bから2種類以上の化合物ができる時Aの一定量と化合するBの質量は簡単な整数比になっている。は倍数比例の法則である

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ⚪︎

    解説

  • 6

    アボガドロの法則によれば、すべての気体は同じ温度で同じ圧力の時は同じ体積中に同数の原子が含まれる

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 同数の原子ではなく分子

    解説

  • 7

    気体は種類によらず、同温、同圧、同体積なら同数の分子を含む。これは気体反応の法則である

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × アボガドロの法則

    解説

  • 8

    物質はそれ以上分けることができない原子という粒子からできている。これは原子説である

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ⚪︎

    解説

  • 9

    ある原子の質量数からその原子の原子番号を引いた数はその原子の中性子の数に等しい

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ⚪︎

    解説

  • 10

    原子の質量数は電子の数と陽子の数の和に等しい

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 電子の数が中性子の数なら正しい

    解説

  • 11

    陽子の数と中性子の数の和をその原子の質量数と言う

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ⚪︎

    解説

  • 12

    40Arの中性子の数は18である

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 中性子の数は22

    解説

  • 13

    37Crと39Kの中性子の数は共に20である

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ⚪︎

    解説

  • 14

    陽子と中性子の質量はほぼ等しい

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ⚪︎

    解説

  • 15

    原子の質量は原子核中の陽子と中性子の質量の和にほぼ等しい

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ⚪︎

    解説

  • 16

    原子核中の陽子の数と中性子の数は常に等しい

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 等しいとは限らない

    解説

  • 17

    原子核中の陽子の数は常に原子番号に一致する

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ⚪︎

    解説

  • 18

    原子核に含まれる陽子の数はそれぞれの原子に固有のもので、この数をその原子の原子番号と言う

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ⚪︎

    解説

  • 19

    原子核中の陽子の数は原子番号と呼ばれ、同じ元素の原子は全て同じ原子番号をもつ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ⚪︎

    解説

  • 20

    質量数は必ず原子番号より大きい

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 1H質量数=原子番号

    解説

  • 21

    原子番号か大きくなると原子核中の中性子の数は必ず増える

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × そうとは限らない

    解説

  • 22

    Al3+と同じ電子配置を持つ希ガスの原子はアルゴンである

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × アルゴンではなくネオン

    解説

  • 23

    原子核の名称は原子核に最も近いK殻から外側へアルファベット順に名付けられている

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ⚪︎

    解説

  • 24

    各電子殻に入ることのできる電子の数の上限はK殻ら2個、L殻は8個、M殻は16個である

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × M殻は18個

    解説

  • 25

    N2、HCN、HCHOはすべて同数の電子をもつ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × N2.HCNは14個、 HCHOは16個

    解説

  • 26

    カリウム原子の電子配置では、K殻は2個、L殻は8個、M殻は1個の電子をもっている

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × M殻に8個.N殻に1個

    解説

  • 27

    Mg2+とO2-の電子配置はともにNaの電子配置に等しい

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ⚪︎

    解説

  • 28

    ナトリウムの一価の陽イオンと希ガスのアルゴン原子は同じ数の電子を持つ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × アルゴンではなくネオン

    解説

  • 29

    フッ素原子の一価の陰イオンとアルミニウム原子の三価の陽イオンとは同じ電子配置を持つ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ⚪︎

    解説

  • 30

    塩素とカルシウムがそれぞれ最も安定したイオン作った時それらの電子配置は等しい

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ⚪︎

    解説

  • 31

    塩化物イオンの電子配置は希ガスと同じなので、塩化物イオンは反応性に乏しい

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × イオンなので別の話

    解説

  • 32

    典型元素では最外殻電子を価電子と言う

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ⚪︎

    解説

  • 33

    Be.Mg.Caはすべて同数の最外殻電子を持つ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ⚪︎

    解説

  • 34

    Na.Al.Clの価電子は全てM殻にある

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ⚪︎

    解説

  • 35

    典型元素では同族の元素の最外殻電子の数はすべて等しい

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 18族のHeが2、その他は8 価電子の数なら正しい

    解説

  • 36

    窒素原子の最外殻の電子の数は7である

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 7ではなく5

    解説

  • 37

    ナトリウム、アルゴン、ケイ素についてその価電子の数を比べると、Ar>Na>Siの順になる

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × Si>Na>Arの順番

    解説

  • 38

    Ne原子の価電子は8個。そのため単原子分子として安定して存在する

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 価電子の数は0

    解説

  • 39

    ネオン原子は最外殻電子は8個であるが、価電子は0である

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ⚪︎

    解説

  • 40

    希ガス原子の価電子の数はいずれも0である

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ⚪︎

    解説

  • 41

    遷移元素は原子番号が大きくなると最外殻電子の数も増加する

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 遷移原素の電子配置では最外殻電子の数は1か2で、原子番号が増えると内側の電子殻の電子が増える

    解説

  • 42

    Cl-とK+は最外殻電子の数が同じなので化学的性質がよく似ている

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × イオンの場合は電子配置が同じ=化学的性質が同じとは限らない

    解説

  • 43

    アルゴン原子の最外殻、18個の電子で満たされている

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 44

    O2-、F-、Na+、Mg2+、Ai3+はNeと同じ電子配置を持つイオンであるが、その大きさはこの順に小さくなる

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ⚪︎

    解説

  • 45

    同じ周期に属する元素(希ガスは除く)の原子半径は原子番号の増加とともに大きくなる

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 原子番号の増加とともに小さくなる

    解説

  • 46

    H-Fの共有結合の距離はH-Iの共有結合の距離より短い

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ⚪︎

    解説

  • 47

    原子がイオンになっても大きさは変化しない

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 原子が安定な陽イオンになると最外殻が変わって小さくなる

    解説

  • 48

    Cl-はK+より大きいイオンである

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ⚪︎

    解説

  • 49

    K+はRB+より大きいイオンである

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 小さい

    解説

  • 50

    原子の大きさは原子核の大きさにほぼ等しい

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 原子の大きさに対して原子核の大きさは非常に小さい

    解説

  • 51

    K+とCl-ではKの方がイオン半径が大きい

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 小さい

    解説

  • 52

    同じ元素の原子で陽子の数が異なる原子を同位体と言う

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 陽子の数ではなく中性子の数

    解説

  • 53

    同位体は互いに原子番号と原子核中の中性子の数とが同じである

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 原子番号が同じで中性子の数が異なる

    解説

  • 54

    1H、2Hは質量数が異なるが陽子の数は同じであり互いに同位体である

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ⚪︎

    解説

  • 55

    重水素は水素の同素体である

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 同素体でなく同位体

    解説

  • 56

    1H原子と2H原子とは互いに同素体であり化学的性質が似ている

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 同素体でなく同位体

    解説

  • 57

    1H原子の質量は2H原子の質量の約半分である

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ⚪︎

    解説

  • 58

    2H原子は陽子、中性子、電子が約各一個である

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ⚪︎

    解説

  • 59

    普通の水には2H原子と酸素からなる重水分子と1H原子と酸素からなる水分子が存在するから純物質では無い

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 同位体の組み合わせが異なるものが含まれても、混合物としては扱わない。化学的性質は同じ

    解説

  • 60

    2Hと2Hが結合した分子と、1Hと1Hが結合した分子と比べた場合、2H-2Hの結合距離の方が、1H-1Hの結合距離より約1.5倍長い

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 同位体どうしでは、電子配置、原子核の正電荷は同じだから原子の大きさもほぼ同じ

    解説

  • 61

    互いに同位体である原子に含まれている電子の数は必ずしも等しくない

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 必ず等しい。原子の陽子の数=電子の数

    解説

  • 62

    水素の同位体として1H、2H、酸素の同位体として16O、17O、18Oを考えると水には6種類の分子が存在する

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 組み合わせて3×3 = 9種類

    解説

  • 63

    原子量が整数から大きく外れるのは、陽子と中性子の質量が異なるためである

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 同位体が存在するためで陽子1個の質量と中性子1個の質量はほぼ同じ

    解説

  • 64

    元素の原子量はその元素の同素体の原子質量に存在率をかけて計算した原子質量の平均値である

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 同素体でなく同位体

    解説

  • 65

    塩素の同位体、35Clと37Clの天然素材はそれぞれ約75%約35%であるから、塩素原子35Cl37Clの占める割合は約38%である

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ⚪︎

    解説

  • 66

    炭素の原子量が整数ならないのは同位体が存在するからである

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ⚪︎

    解説

  • 67

    アルゴンの単体は常温で無色無臭の気体であり分子量と原子量は等しい

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ⚪︎

    解説

  • 68

    一酸化窒素と二酸化窒素は同じ元素ができており同素体である

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 同素体ではない。同素体は同じ元素の単体でなければならない

    解説

  • 69

    一酸化窒素と二酸化窒素は同位体である

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 同位体ではない。同位体は元素でなければならない

    解説

  • 70

    硫黄の同素体には、斜方硫黄、単斜硫黄、ゴム状硫黄などがある。斜方硫黄、単斜硫黄は水に溶けないが二酸化炭素には溶ける

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ⚪︎

    解説

  • 71

    斜方硫黄と単斜硫黄は同素体でいずれも8原子分子からなる

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ⚪︎

    解説

  • 72

    ダイアモンドと黒鉛はともに炭素の同素体である

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ⚪︎

    解説

  • 73

    ダイアモンド、黒鉛、一酸化炭素、二酸化炭素は全て炭素の同素体である

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × ダイアモンドと黒鉛は同素体。同素体は互いに化学的性質は異なる

    解説

  • 74

    塩素には1価、0価、あるいは7価など、多くの同素体がある

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 文章自体意味不明

    解説

  • 75

    リンには同素体があるが酸素には同素体がない

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 酸素の同素体は酸素とオゾン

    解説

  • 76

    黒鉛、亜鉛、鉛は同素体の関係にある

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 同素体は同じ元素の単体で性質が異なるものを言う

    解説

  • 77

    2Hと1Hは同素体の関係にある

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 同素体ではなく同位体

    解説

  • 78

    C60分子の炭素の骨格構造はダイヤモンドと同じである

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × サッカーボールのような感じ

    解説

  • 79

    周期表とは原子を質量数の順に並べ、性質のよく似た元素が縦の欄に並ぶように組んだ表である

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 原子番号の順、または陽子の数の順に並べたものが周期表

    解説

  • 80

    第3周期の元素は第1周期の元素よりも原子番号、質量数ともに大きい

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ⚪︎

    解説

  • 81

    原子番号が4、12、19の元素は周期表で全て同じ族に属する同族元素である

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 19の元素は同族でない

    解説

  • 82

    周期表15族の原子はいずれも5個の価電子を持っている

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ⚪︎

    解説

  • 83

    周期表の第1周期から第3周期までの元素はすべて典型元素である

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ⚪︎

    解説

  • 84

    14族には金属元素と非金属元素の両方が含まれる

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ⚪︎

    解説

  • 85

    LiからFまでの第二周期の典型元素では族番号が増えるほど、電気陰性度は小さくなる

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 大きくなる

    解説

  • 86

    原子が1個の電子を失って1価の陽イオンになるときに放出するエネルギーを、原子の第一イオン化エネルギーという

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 放出するエネルギーではなく吸収するエネルギー

    解説

  • 87

    原子から一個の電子を取り去るのに必要なエネルギーをその原子の第一イオン化エネルギーという

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ⚪︎

    解説

  • 88

    第一イオン化エネルギーが小さい原子は陽イオンになりやすい

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ⚪︎

    解説

  • 89

    同一周期の中では金属元素のイオン化エネルギーは非金属元素よりも小さい

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ⚪︎

    解説

  • 90

    アルゴンのイオン化エネルギーはネオンより小さい

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ⚪︎

    解説

  • 91

    H原子はLi原子より陽イオンになりやすい

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 同族元素では原子番号の大きい方がに陽イオンなりやすい

    解説

  • 92

    Clの第一イオン化エネルギーはBrより大きい

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ⚪︎

    解説

  • 93

    Naの第一イオン化エネルギーの値はHの値よりも大きい

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 同族元素では原子番号の大きい方がイオン化エネルギーが小さい

    解説

  • 94

    希ガス元素の原子の第一イオン化エネルギーは原子番号の増加とともに減少する

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ⚪︎

    解説

  • 95

    原子が1個の電子を得てイオン化するために必要なエネルギーを第一イオン化エネルギーという

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 得てではなく放出

    解説

  • 96

    同族元素の原子では原子番号が大きくなるにつれて、第一イオン化エネルギーも小さくなる

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ⚪︎

    解説

  • 97

    原子から電子を1個取り入れて1価の陰イオンなるときに吸収するエネルギーを電子親和力という

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 吸収するエネルギーではなく放出するエネルギー

    解説

  • 98

    原子が電子を1個受け取って陰イオンになる時に放出するエネルギーを電子親和力という。この値が小さいほど陰性が強く陰イオンになりやすい

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 電子親和力の値が大きいほど陰性が強く陰イオンになりやすい

    解説

  • 99

    電子親和力の大きい原子ほど陰イオンになりやすい

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ⚪︎

    解説

  • 100

    F原子はO原子より陰イオンになりやすい

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ⚪︎

    解説

  • 101

    電気陰性度の小さな原子ほど陰イオンになりやすい

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 大きい原子ほど陰イオンになりやすい

    解説

  • 102

    電気陰性度は第二周期において右にいくほど増大する

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ⚪︎

    解説

  • 103

    電気陰性度の大きい元素は陰性が強く、電気陰性度の小さい元素は陽性が強い

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ⚪︎

    解説

  • 104

    イオン化エネルギーの値を周期表の同じ周期の元素間に比べると、アルカリ金属元素の値がハロゲン元素の値より大きいが、電気陰性度の値はアルカリ金属の方が小さい

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 電気陰性度についての記述は正しいが、イオン化エネルギーに関しては逆

    解説

  • 105

    電子親和力とは原子が電子1個を取り込んで陰イオンになるときに放出されるエネルギーである

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ⚪︎

    解説

57012

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ