zuknow learn together

新しい教材を作成

公衆衛生学総論2016

カード 118枚 作成者: Shuichiro Fujisada (作成日: 2016/07/16)

  • 健康診断は一次予防である。

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

演習問題をまとめました。

公開範囲:

公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    健康診断は一次予防である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×(二次予防)

    解説

  • 2

    はしかの予防接種は一次予防に該当する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 3

    アルマ・アタ宣言はノーマライゼーションの概念を提示した。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×(プライマリヘルスケア)

    解説

  • 4

    ヘルスプロモーションの概念はトロント憲章で提示された。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×(オタワ憲章)

    解説

  • 5

    ヘルスプロモーションの3大戦略は唱道、能力の付与、環境づくりである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×(環境づくり→調停)

    解説

  • 6

    公衆衛生活動は行政によって行われる活動のみをいう。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×(行政→非政府組織、NGOなど)

    解説

  • 7

    産業保健活動は公衆衛生活動の一種である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 8

    公衆衛生活動の評価は、活動が終わってから実施する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×(評価の企画は実施前に立てる。)

    解説

  • 9

    プリシード・プロシードモデルはヘルスプロモーションの規格と実施を一体化したモデルである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×(+評価も)

    解説

  • 10

    フォーカス・グループ法はアンケート・フィードバックを数回繰り返して、その集団のニーズを明らかにする方法である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×(対象集団の代表者の話し合いによる)

    解説

  • 11

    戦前の我が国の衛生行政は、監督・取締りが中心であった。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 12

    1920年にWHO(世界保健機関)が設立された。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×(1948年)

    解説

  • 13

    1946年に、医科大学に衛生学講座が初めて置かれた。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×(衛生学→公衆衛生)

    解説

  • 14

    合計特殊出生率は1975年に1.00を下回り、その後も低下傾向は続いている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×(2.00を割り、その低下が続いている)

    解説

  • 15

    1960年代の高度経済成長により、公害問題は改善された。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 16

    貝原益軒によって養生訓が著された。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 17

    江戸時代に神田上水、玉川上水が完成した。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 18

    ドイツのコッホによって人口動態の基礎が作られた。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×(William Farrによる)

    解説

  • 19

    明治初期には医制が公布され、西洋医学が採用された。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 20

    戦前に厚生省が設けられた。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 21

    主体環境系とは、主体が環境に影響を及ぼしている環境形成作用のことを指す。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×(環境作用と環境形成作用の両方)

    解説

  • 22

    紫外線は発がんの危険因子でもあるが、人間の健康を支えてもいる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 23

    生態系の中で、人間は分解者として位置づけられる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×(消費者)

    解説

  • 24

    環境基本法は、公害対策基本法をもとに公害対策を強化するために1993年に制定されたもので、地球環境問題への取り組みは含まれていない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×(含まれる)

    解説

  • 25

    環境水域における水質の環境基準のうち、ヒトの健康の保護に関する環境基準の達成率は平成22年度には100%となった。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×(現在でも100%ではない)

    解説

  • 26

    二酸化窒素は低濃度でも呼吸器系の病気を引き起こすので、環境基準が定められている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 27

    昭和30年富山県神通川流域で起こったイタイイタイ病とは、ヒ素に汚染された米の摂取によって引き起こされた腎および骨障害を指す。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×(ヒ素→カドミウム)

    解説

  • 28

    京都議定書は、先進国における温室室効果ガスの削減目標を定めた合意書である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 29

    インフルエンザや肺炎は季節病である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 30

    夜間に免疫能が低くなるのは人間の環境への適応の結果である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×(夜間、免疫能は高くなる)

    解説

  • 31

    人間の生産活動により主に増加している空気成分は二酸化硫黄、二酸化炭素である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 32

    熱中症は気温40度以上になって初めて発生する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×(40度以下でも高湿、無風、疲労、肥満、年齢などが関連して発症)

    解説

  • 33

    クリプトスポリジウムは除去できない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×(除去が義務づけられている)

    解説

  • 34

    汚染度の高い水ではBODの値は上昇するが、CODの値は低下する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×(共に上昇する)

    解説

  • 35

    遊離残留塩素は水道法で規定されている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 36

    大腸菌は水道水から検出されてはいけない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 37

    一般廃棄物の処理は県が行う。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×(市町村)

    解説

  • 38

    産業廃棄物の処理は県が行う。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×(排出者自身)

    解説

  • 39

    一般廃棄物の処理では焼却処分が多かったが、大気汚染の関係で、最近では埋め立て処理が最も多い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×(焼却が多い)

    解説

  • 40

    産業廃棄物で最も多いのは、汚泥である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 41

    人口動態統計は国勢調査と呼ばれる

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×(国勢調査は人口静態統計と呼ばれる)

    解説

  • 42

    老年人口指数は、老年人口を生産年齢人口で除して、%で表したものである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 43

    国際疾病分類の原則では、統計上表現されるのは、死因は一人につき2つまでである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×(原死因と呼ばれる死因1つのみ)

    解説

  • 44

    2012年の死因順位第3位は、2011年に4位であった肺炎である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 45

    標準化死亡比とは、人口構造の違いによる影響を消去するために、特定の基準人口に基づいて算出した死亡率の指標である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 46

    純再生産率とは人の女性が一生の間に生む平均の女児の数である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×(総再生産率)

    解説

  • 47

    新生児とは、生後4週未満の児を言う。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 48

    人口動態統計では妊娠22週未満の死産を自然死産と人口死産に分けて届け出ることになっている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×(22週未満の死産は扱わない)

    解説

  • 49

    平均寿命とは、0歳の平均余命のことである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 50

    日本では完全生命表は10年ごとに作成される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×(5年ごと)

    解説

  • 51

    平均寿命は、その集団の年齢構成の影響を受ける。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×(影響を受けない)

    解説

  • 52

    日本人の平均寿命は、第二次世界大戦前から一貫して世界で最も長い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×(1980年頃から)

    解説

  • 53

    健康日本21は、健康寿命の延伸を基本目標の1つとしている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 54

    患者調査は受診した患者に対して行われる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×(医療施設に対して)

    解説

  • 55

    国民生活基礎調査は無作為抽出された国民に行われる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 56

    国民生活基礎調査では受療率が計算される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×(患者調査で計算される)

    解説

  • 57

    1995年以降の食中毒による死亡者数は年間100人前後である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×(最高で18人)

    解説

  • 58

    国民健康・栄養調査は栄養改善法に基づき行われる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×(健康増進法)

    解説

  • 59

    国民健康・栄養調査は5年おきに行われる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×(毎年)

    解説

  • 60

    国民健康・栄養調査の血液指標は、特定健康診査の検査データで代用される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 61

    国民健康・栄養調査はでは、一日の歩行数が調べられる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 62

    国民健康・栄養調査は市町村が実施する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×(県、保健所)

    解説

  • 63

    家計調査は財務省が実施している。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×(総務省)

    解説

  • 64

    家計調査は都市在住モニターによる消費調査である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×(全国から無作為抽出)

    解説

  • 65

    消費支出に占める食料費の割合をエンゲル係数という。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 66

    罹患率は、一定期間中のいずれかの時点で疾病を有していた人数を、危険曝露人口で割ったものである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×(観察時間の総和で割る)

    解説

  • 67

    時点有病率は、ある一時点において疾病を有する人数を、危険曝露人口で割ったものである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 68

    死亡率は、ある疾病に罹患したもののうち、その疾病が原因で死亡したものの割合である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 69

    期間有病率は、一定期間中に新たに疾病を発病した人数を、危険曝露人口で割ったものである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 70

    致命率は、一定期間中にある疾病で死亡した人数を総人口で割ったものである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 71

    あるコホート集団において、肺がんによる死亡を5年間追跡調査した結果を下の表に示す。肺がんに対する曝露Aの寄与危険(10万人年対)である。正しいのはどれか。       観察人年 肺がんによる死亡数(人) 曝露A あり 20000 200 曝露A なし 30000 150

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 500 (計算) 200/20000*100000=1000 150/30000*100000=500 1000-500=500

    解説

  • 72

    コホート研究では罹患率の測定が可能である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 73

    症例対照研究では寄与危険度が算出できる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×(コホート研究でないとできない)

    解説

  • 74

    交絡因子の補正はデータ解析のときにも可能である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 75

    症例対照研究では、対照群の選出の時にのみ選択バイアスが起こる可能性がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×(対照群、症例群ともにバイアスは働く可能性がある)

    解説

  • 76

    介入研究では参加者に十分な説明を行い、同意を得る必要がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 77

    がん検診の有効性を評価する指標は、対象となるがんの死亡率である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 78

    スクリーニングの有効性評価のための研究方法で、最も信頼性が高いのは、コホート研究である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×(もっとも高いのはランダム化比較臨床試験)

    解説

  • 79

    疾患があることを確実に拾い上げられることを示す指標は、特異度である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×(感度)

    解説

  • 80

    根拠(エビデンス)の質のレベルは、よくデザインされた研究によって得られた知見かどうかで評価される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 81

    保健予防対策の有効性の評価は、培養細胞や実験動物を使った病理学的研究や、よく管理された少数例の人における報告などを中心とした効能の検討があれば十分である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×(一般化できるかどうかわからない)

    解説

  • 82

    疾患管理ガイドラインは臨床現場を規制するために作成されるものである

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×(臨床家や患者が適切な判断を行えるように支援するため)

    解説

  • 83

    すべての患者に対して、常に疾患管理ガイドラインに沿った医療を行わなければならない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×(適応できるのは60〜95%と推定されている)

    解説

  • 84

    ローズ(Rose)は「小さなリスクを背負った多数の集団から発生する患者数は、大きなリスクを背負った少数のハイリスク集団からの患者数よりも多い」ことを予防医学のパラドックスと説明している。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 85

    生活習慣病の予防においては、ハイリスクの者に対するアプローチをしっかり展開すればよく、集団全体に対する保健予防対策をする必要はない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 86

    リスクアナリシスとは、リスクアセスメント、リスクマネジメント、リスクコミュニケーションの3要素からなる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 87

    リスクアセスメントはハザードの同定、ハザードの特性評価、曝露評価、リスクの特性評価の4項目を行うことである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 88

    疫学研究における個人情報保護の基本的な方法として匿名化がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 89

    すべての疫学研究は、研究参加者から個別にインフォームドコンセントを得る必要がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×(倫理審査委員会が承認すれば不要なこともある)

    解説

  • 90

    生活習慣病と成人病は、概念でも疾病の範囲でもまったく同じ物である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×(成人病は加齢に伴って罹患率が高くなる)

    解説

  • 91

    運動週間が関わる疾病として、2型糖尿病、肥満、高血圧などが挙げられている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 92

    遺伝的要因が関与している疾病は、生活習慣病とは言わない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×(遺伝的要因が関与している物もある)

    解説

  • 93

    歯周病の発生と進展には、喫煙習慣も関与している。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 94

    生活習慣病が各個人の生活習慣・行動により生じる物である以上、そのような疾病に罹患するのは本人の自己責任である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×(生活習慣以外の要因でも発症する)

    解説

  • 95

    「健康日本21」は、「アクティブ80ヘルスプラン」に続く、国民健康づくり対策という位置づけで、2000年から開始された。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 96

    「健康日本21」の最終評価では、8割以上の目標項目が「A目標値に達した」もしくはB「目標値に達していないが改善傾向にある」と評価された。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×(約6割)

    解説

  • 97

    「健康日本21(第2次)」では、健康格差の縮小が重要課題として加えられた。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 98

    「健康日本21(第2次)」では、生活習慣病の重症化予防にも力点が置かれている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 99

    「健康日本21(第2次)」の都道府県における計画の策定は、地域保険法に規定されている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×(健康増進法)

    解説

  • 100

    日本型食生活とは、米と野菜中心の伝統的な日本食のことである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×(米・魚・野菜・大豆・肉・卵・乳・油脂・果実)

    解説

  • 101

    日本における廃棄や食べ残しなどによる食品ロスは、供給熱量の25%にもなっている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 102

    安全で安心な食品を提供し、消費者の信頼を確保するために、2002年からトレーサビリティ・システムが導入されている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 103

    「健康づくりのための運動基準2006」は、身体活動・運動量の基準値として「メッツMETs」という数値を示している。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 104

    「健康作りのための運動指針2006」では生活習慣予防のための9項目が示されている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 105

    健康日本21(第2次)では、身体活動・運動対策の指標として、歩数、運動習慣者の割合に加え、自治体の環境整備に関する項目も取り上げられた。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 106

    未成年者の喫煙者率ゼロ%は「健康日本21」の到達目標の一つである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 107

    タバコの害はニコチン依存症とがんに限られる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×(循環器疾患、COPDなど)

    解説

  • 108

    妊娠中の喫煙をなくすことは「健康日本21」の到達目標の一つである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 109

    飲酒の健康影響に個体差が大きい要因に、アルデヒド脱水素酵素の働きがあり、相手に無理にお酒を勧めてはいけない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 110

    アルコールは脂肪肝を促進し、γーGTPが上昇する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 111

    生活習慣病のリスクを高める飲酒量は日平均純アルコール摂取量で、成人男性女性とも40g以上である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×(男女差がある)

    解説

  • 112

    睡眠時間は一日最低8時間はとらなくてはならない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×(個人差がある)

    解説

  • 113

    睡眠に問題のある人は5人に1人以上いる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 114

    飲酒は良い睡眠を取るのに効果的である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×(邪魔する)

    解説

  • 115

    「睡眠時無呼吸症」とは睡眠中にときどき息が止まる病気である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 116

    レム睡眠はノンレム睡眠より深い眠りである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×(レム睡眠は脳が覚醒している)

    解説

  • 117

    歯周病の予防対策は、う蝕の予防対策に比べると、公衆衛生的な対応が容易である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×(セルフケアが主であり、公衆衛生的な予防手段は乏しい)

    解説

  • 118

    小児期におけるう蝕予防対策は、公衆衛生的な歯科保健対策の中でももっとも重要である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

56896

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ