zuknow learn together

新しい教材を作成

生化学 代謝

カード 12枚 作成者: miuuu (作成日: 2016/07/09)

  • 空腹時血糖値は

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

代謝

公開範囲:

公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    空腹時血糖値は

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 70-110mg/dl

    解説

  • 2

    食事をすると血糖値は一次的に増加し、増加したブドウ糖は 血中から細胞内へ〇〇で運ばれる

    補足(例文と訳など)

    答え

    • GLUT

    解説

  • 3

    骨格筋や脂肪細胞にあるGLUTは?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • GLUT4

    解説

  • 4

    膵臓ランゲルハンス島のβ細胞には〇〇のGLUTがある。細胞内へ入ったブドウ糖は直ちにATP合成へ向かう。合成された大量のATPは〇〇を閉鎖し、細胞を脱分極させ、電位依存型〇〇チャネルを開口して、インスリン分泌が起きる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 2型のGLUT ATP依存型カリウムイオンチャネル カルシウムイオンチャネル

    解説

  • 5

    血中インスリン濃度が上がると、骨格筋や脂肪細胞では、インスリン作用によって細胞膜のGLUTが〇〇し、細胞のグルコース取り込みが増える

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 増加

    解説

  • 6

    細胞内へ入ったブドウ糖は、〇〇という酵素によってグルコース6リン酸になる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ヘキソキナーゼ

    解説

  • 7

    ヘキソキナーゼには4種類のアイソザイムがあり、肝臓にあるのは〇〇でブドウ糖に対する特異性が高く、Km値は〇〇。このことは、消化管で吸収された糖が〇〇を通って肝臓に運ばれることを考えると理にかなっている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 4型 大きい 肝門脈

    解説

  • 8

    G6Pからは一連の反応によりピルビン酸が生成される。これを〇〇という。酸素を必要とせず、細胞の〇〇で起きる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 解糖 細胞質基質

    解説

  • 9

    ピルビン酸は細胞の〇〇内へはいり、ピルビン酸脱水素酵素で〇〇になる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ミトコンドリア アセチルCoA

    解説

  • 10

    生じた(p)はオキサロ酢酸と縮合して、(q)になる,この反応は大きな(r)を伴うので不可逆的である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • アセチルCoA クエン酸 発熱

    解説

  • 11

    あとは、一連の反応によって再び、オキサロ酢酸になるが、この一連の反応を(s)という。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • クレブス回路

    解説

  • 12

    クレブス回路の一連の反応の1回転によって1分子のGTP(ATP)とともに.還元カとして3分子の(t)と1分子の(u)を獲得する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • NADH FADH2

    解説

56724

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ