zuknow learn together

新しい教材を作成

sigsg pt2 消化器(内科)

カード 53枚 作成者: ななななななな (作成日: 2016/07/09)

  • 絞扼性イレウスは保存療法で治癒することが多い

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

詳細はありません

公開範囲:

公開

カテゴリ:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    絞扼性イレウスは保存療法で治癒することが多い

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×、腸管の血行不全を来すので直ちに手術しなければならない

    解説

  • 2

    絞扼性イレウスは腸管の血流障害をともなう

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 3

    絞扼性イレウスの腹痛は軽度である

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×、急激な嘔吐を伴い強度の腹痛が見られる

    解説

  • 4

    絞扼性イレウスの特徴として下血が見られる

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×、見られることもあるが特徴ではない

    解説

  • 5

    絞扼性イレウスは結腸に好発する

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×、回盲部に好発する

    解説

  • 6

    腸重積は高齢者に多い

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×、乳幼児に多い

    解説

  • 7

    腸重積は左結腸に多い

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×、回盲部

    解説

  • 8

    腸重積では腸雑音は亢進する

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 9

    腸重積では腸管の血流は保たれる

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×、絞扼性イレウスであるため腸管の血行不全を来す

    解説

  • 10

    腸重積は鼠径ヘルニアの嵌頓で起こる

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×、腸管重積は腸管がさらに肛門側の腸管に嵌頓することで起こるので別物である

    解説

  • 11

    大腸がんは食生活が発症に影響する

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ◯、高脂肪食あ危険因子となる

    解説

  • 12

    大腸がんの組織型は腺がんが最も多い

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 13

    大腸がんの転移は肺転移が最も多い

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×、血行転移による肝転移が最も多い

    解説

  • 14

    大腸がんは我が国では胆管がんより有病率が高い

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ◯、弾性では胃癌、肺癌に次いで3番目 女性では乳がんに次いで2番目

    解説

  • 15

    大腸がんは便潜血陽性が診断上重要な所見である

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ◯、確定診断は大腸内視鏡検査

    解説

  • 16

    急性膵炎では膵石が見つかる

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×、膵石は慢性膵炎で見つかる

    解説

  • 17

    急性膵炎は60才以上の女性に多い

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×、50代の男性に多い

    解説

  • 18

    急性膵炎はアルコール性が最も多い

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ◯、37%

    解説

  • 19

    急性膵炎は初期から糖尿病を合併する

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×、慢性膵炎に比べて多くない

    解説

  • 20

    急性膵炎の重症での死亡率は1%未満である

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×、9%

    解説

  • 21

    急性膵炎は細菌感染が原因となる

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×、誘因にはなるが原因ではに

    解説

  • 22

    急性膵炎は尿アミラーゼが上昇する

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 23

    急性膵炎は膵癌を合併することが多い

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×、急性膵炎は多くは保存療法で回復する。膵癌の危険因子は慢性膵炎である

    解説

  • 24

    急性膵炎は触診により腫大した膵臓を触れることができる

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×、膵臓は腹膜後器官に固定された臓器なので不可能

    解説

  • 25

    ペリコバクター・ピロリの原因 1、胆嚢炎 2、急性膵炎 3、萎縮性胃炎 4、逆流性食道炎 5、潰瘍性大腸炎

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 3

    解説

  • 26

    虚血性大腸炎の初期症状は腹痛である

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 27

    虚血性大腸炎の大半が手術適応となる

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×、大半は内科的治療にて数日のうちに症状が消失する

    解説

  • 28

    虚血性大腸炎の発症のピークは50代である

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×、50〜70の高齢者が多い

    解説

  • 29

    虚血性大腸炎の好発部位は上行結腸である

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×、左側結腸の脾湾曲部から直腸S状結腸接合部

    解説

  • 30

    虚血性大腸炎は頻回の下痢が発症の誘因となる

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×、便秘が誘因となり虚血が生じるため

    解説

  • 31

    A型肝炎の腫瘍感染経路は輸血である

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×、飲料水、生カキなどの経口感染

    解説

  • 32

    慢性肝炎の半数以上はB型肝炎を原因とする

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×、70%がC型肝炎

    解説

  • 33

    肝硬変の原因はアルコールが最も多い

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×、ウイルスが80%アルコールは10%

    解説

  • 34

    肝癌の半数以上は肝硬変から進展して生じる

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 35

    肝硬変の症状でないものは? 1、黄疸 2、高アンモニア血症 3、脾腫 4、食道静脈瘤 5、血小板増多

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 5、肝機能障害によりトロンボポチエンの合成が障害され、脾臓による脾機能亢進症によりしょうじる

    解説

  • 36

    門脈圧亢進の症状でないのは? 1、食道静脈瘤 2、腹部静脈怒張 3、腎機能低下 4、浮腫 5、腹水

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 3、腎静脈は直接下大動脈へ流入し、門脈圧の影響を受けない

    解説

  • 37

    肝臓の機能不全で起こる病態でないもの 1、黄疸 2、腹水 3、出血傾向 4、意識障害 5、高コレステロール血症

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 5、肝臓ではコレステロールの合成をしており、肝機能不全ではコレステロールが低下する

    解説

  • 38

    出血の症状で少量の喀血は致死的にならない

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×、少量でも気道狭窄の原因になる

    解説

  • 39

    出血の症状で上部消化管出血はコーヒー様残渣様の吐物となる

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 40

    出血の症状で下部消化管出血は黒色軟便となる

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×、黒色便は右側結腸から口側の消化管出血で見られ、赤色便秘は左側結腸以下で見られる

    解説

  • 41

    出血の症状で下部消化管出血は大量出血となる

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×、下部消化管出血は大量出血になると決まっていない

    解説

  • 42

    出血の症状で内痔核からの出血は光沢のある暗赤色の便となる

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×、内痔核のような肛門付近の消化管出血では鮮やかな赤色便が見られる

    解説

  • 43

    肝硬変の患者が大量の吐血をした場合の原因として出血性胃炎が考えられる

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×、出血性胃炎では吐血を見るが食道・胃静脈瘤破裂ほどの大量出血を見ない

    解説

  • 44

    肝硬変の患者が大量の吐血をした場合の原因として吻合部潰瘍が考えられる

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×、肝硬変では門脈圧亢進で血流がうっ血するため、胃・十二指腸潰瘍が発症しやすく出血も見られるが量は比較的少ない

    解説

  • 45

    肝硬変の患者が大量の吐血をした場合の原因として食道静脈瘤が考えられる

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 46

    肝硬変の患者が大量の吐血をした場合の原因としてアカラシアが考えられる

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×、アカラシアの主症状は嚥下障害なので出血は見られない

    解説

  • 47

    肝硬変の患者が大量の吐血をした場合の原因として逆流性食道炎が考えられる

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×、通常出血は見られない

    解説

  • 48

    低蛋白血症の原因でないものは? 1、飢餓 2、骨折 3、肝硬変 4、ネフローゼ症候群 5、潰瘍性大腸炎

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 2、そのような事実はない

    解説

  • 49

    新生児の生理的黄疸は直接型ビリルビンが増加する

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×、新生児の生理的黄疸は溶血とグルクロン酸酸抱合能力の未熟さが原因と言われている。間接ビリルビン上昇を認める

    解説

  • 50

    遺伝性球状赤血球症では直接型ビリルビンが増加する

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×、赤血球の膜以上のための脾臓で溶血が起こり、間接ビリルビンが上昇する

    解説

  • 51

    自己免疫性溶血性黄疸では直接型ビリルビンが増加する

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×、自己免疫性溶血性黄疸では、溶血により間接ビリルビンが上昇する

    解説

  • 52

    Rh血液型の不適合では直接型ビリルビンが増加する

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×、血液型不適合では溶血により間接ビリルビンが上昇する

    解説

  • 53

    先天性胆道閉塞症では直接型ビリルビンが増加する

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ◯、直接型ビリルビンが血中に逆流するため、直接ビリルビンが上昇する

    解説

56973

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ