zuknow learn together

新しい教材を作成

sigsg pt2 循環器(内科)

カード 117枚 作成者: ななななななな (作成日: 2016/07/09)

  • 心電図で較正波の高さは10mVを表す

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

詳細はありません

公開範囲:

公開

カテゴリ:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    心電図で較正波の高さは10mVを表す

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×、1mVである

    解説

  • 2

    心電図の記録用紙は毎秒20mmの速さで流れる

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×、毎秒25mmの速さで流れる

    解説

  • 3

    心電図でP波は心房の興奮で生じる

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 4

    心電図でQRS波は心室の再分極過程を表す

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×、心室の興奮で生じる

    解説

  • 5

    心電図でT波は通常下向きである

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×、T波は心室の興奮からの電気的回復時に生じる

    解説

  • 6

    心電図でP波は洞結節の興奮に対応する

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×、P波は心房の興奮に対応する

    解説

  • 7

    心電図でPQ間隔は心房内の興奮伝導時間である

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×、P波が心房内の興奮伝導時間である

    解説

  • 8

    心電図でQRS間隔は心室全体への興奮伝導時間である

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 9

    心電図でST部分は心室の再分極する過程を示す

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×、心室の再分極はT波に対応する

    解説

  • 10

    心電図でT波はPurkinje線維症の再分極に対応する

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×、心室の再分極はT波に対応する

    解説

  • 11

    不整脈を呈さないのは? 1、心房細動 2、期外収縮 3、房室ブロック 4、T波の逆転 5、WPW症候群

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 4、T波の逆転は虚血性心疾患で見られる波形の異常で不整脈はない

    解説

  • 12

    洞徐脈は直ちに直流通電等の処置が必要である

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×、徐脈性不整脈である、薬物療法や体外ペーシングを行う

    解説

  • 13

    心房細動は直ちに直流通電等の処置が必要である

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×、直ちに必要ではない

    解説

  • 14

    心室細動は直ちに直流通電等の処置が必要である

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 15

    心房性期外収縮は直ちに直流通電等の処置が必要である

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×、上室性不整脈で緊急性に乏しい

    解説

  • 16

    WPW症候群は直ちに直流通電等の処置が必要である

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 発作性上室頻脈などの合併症がなければ経過観察のみである

    解説

  • 17

    急性心筋梗塞で高血圧は危険因子である

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 18

    急性心筋梗塞で冠動脈の閉塞で起こる

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 19

    急性心筋梗塞で胸痛のない心筋梗塞が存在する

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 20

    急性心筋梗塞は心電図上、異常Q波が最も早期の変化である

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×、T波の増高が最も早く見られ、時間と共にST上昇→異常Q波→陰性T波が見られるようになる

    解説

  • 21

    急性心筋梗塞では血中CK値が上昇する

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 22

    急性心筋梗塞で喫煙は危険因子になる

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 23

    急性心筋梗塞では不整脈を伴うことが多い

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 24

    急性心筋梗塞で心電図ではST上昇が見られる

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 25

    急性心筋梗塞は血中の白血球数の増加が見られる

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 26

    急性心筋梗塞でニトログリセリンの舌下投与が治療に有効である

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×、効果はない

    解説

  • 27

    心筋梗塞の合併症で誤っているのは? 1、心室頻拍 2、下肢静脈瘤 3、肩手症候群 4、僧帽弁逆流 5、心室中隔穿孔

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 2、下肢静脈瘤は下肢の機能不全が原因で起こる長時間の立位・筋肉労働が誘因となり、中高齢の女性に多い

    解説

  • 28

    急性心筋梗塞の発症後の血液検査所見でないのはどれか? 1、白血球数増加 2、トロポニン上昇 3、クレアチニン上昇 4、乳酸脱水素酵素上昇 5、クレアチニンキナーゼ上昇

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 3、クレアチニンの上昇は腎機能低下が起こる腎不全などに見られる

    解説

  • 29

    狭心症に関して誤っているのは? 1、男性に多い 2、動脈硬化が原因となる 3、糖尿病は危険因子である 4、発作の誘因に精神的緊張がある 5、発作時には不可能心電図検査を行う

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 5、不可能心電図検査は労作性狭心症の検出に用いる。発作が起こっているときに行ってはならない

    解説

  • 30

    収縮期血圧の低下は冠血流を減少させる

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×、拡張期の低下によって冠血流量は減少する、主に拡張期に影響を与える

    解説

  • 31

    心拍数の低下は冠血流を減少させる

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×、心拍数ではなく心拍出量の低下によって冠血流量は減少する

    解説

  • 32

    大動脈弁狭窄は冠血流を減少させる

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 33

    心房中隔欠損は冠血流を減少させる

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×、影響はあまりない

    解説

  • 34

    僧帽弁狭窄は冠血流を減少させる

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×、合併症のない僧帽弁狭窄症では安静時心拍出量はほぼ正常である

    解説

  • 35

    心不全の分類としてNYHA分類がある

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 36

    右心不全では末梢血管の虚脱が顕著となる

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×、右心不全では右室への血液の取り込みが悪くなっており、大静脈系のうっ滞や浮腫が著名となるが、末梢血管の虚脱とはならない

    解説

  • 37

    左心不全では左室拡張終期圧が上昇する

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 38

    肺高血圧症は右心不全の原因となる

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 39

    大動脈弁狭窄症は左心不全の原因となる

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 40

    左心不全では肝脾大を来す

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×、右心不全の症状である

    解説

  • 41

    左心不全では頸静脈怒張が見られる

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×、右心不全の症状である

    解説

  • 42

    右心不全では肺動脈圧が上昇する

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×、肺動脈圧の上昇は左心不全により起こる

    解説

  • 43

    右心不全では下腿浮腫が見られる

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 44

    心不全では脳性ナトリウム利尿ペプチドが低下する

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×、上昇する

    解説

  • 45

    左心不全の症状は? 1、高血圧 2、肝脾腫 3、起座呼吸 4、下腿浮腫 5、頸静脈怒張

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 3

    解説

  • 46

    胸水は心不全では見られにくい

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 47

    左室前壁の不動化は心不全では起こりにくい

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 48

    心胸郭比が70%だと心不全は起こりにくい

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 49

    左室駆出率が60%だと心不全が見られにくい

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×、心臓の収縮力が低下するために、左室駆出率は35〜45%に低下する

    解説

  • 50

    脳性ナトリウム利尿ペプチドの増加は心不全が見られにくい

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 51

    僧帽弁狭窄症による心不全で頸静脈怒張は初期から見られる

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×、頸静脈怒張は右心不全による静脈系のうっ滞が原因である

    解説

  • 52

    僧帽弁狭窄症による心不全で呼吸困難は初期から見られる

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 53

    僧帽弁狭窄症による心不全で肝脾腫は初期から見られる

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×、右心不全により全身の静脈系のうっ滞を来し諸臓器にうっ血がみられる

    解説

  • 54

    僧帽弁狭窄症による心不全で高血圧は初期から見られる

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×、左心不全により全身に血圧を送れないので低下する

    解説

  • 55

    僧帽弁狭窄症による心不全で浮腫は初期から見られる

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×、右心不全による全身の静脈系のうっ滞などにより浮腫を来す

    解説

  • 56

    右心不全の直接的原因として高血圧がある

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×、高血圧は全身の血圧上昇による過度の仕事負荷に対する心臓の代償変化として、最初は求心性肥大が認められる

    解説

  • 57

    右心不全の直接的原因として肥大型心筋症がある

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×、心不全に至ることはない

    解説

  • 58

    右心不全の直接的原因として僧帽弁閉鎖不全がある

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×、僧帽弁閉鎖不全では左房、左室に容量負荷を来すことで左心から全身への拍出量が低下し、肺循環にうっ血が生じ、まず心不全を呈する

    解説

  • 59

    右心不全の直接的原因として原発性肺高血圧症がある

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 60

    右心不全の直接的原因として大動脈弁閉鎖不全がある

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×、大動脈弁逆流により左室の容量負荷が生じ、左心から全身への拍出量が低下する

    解説

  • 61

    アテローム硬化が関与する疾患に慢性収縮性心膜炎がある

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×、慢性収縮性心膜炎は結核、ウイルスなどによる感染症が多い

    解説

  • 62

    アテローム硬化が関与する疾患に慢性閉塞性肺疾患がある

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×、慢性閉塞性肺疾患は遺伝に加えて有害物質吸引による肺の炎症による疾患である

    解説

  • 63

    アテローム硬化が関与する疾患に内頸動脈狭窄症がある

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 64

    アテローム硬化が関与する疾患に椎骨動脈解離がある

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×、椎骨動脈解離は外傷性と非外傷性がある

    解説

  • 65

    アテローム硬化が関与する疾患に肝硬変がある

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×、肝硬変はウイルスなどによる感染症や喫煙などが原因になるとされている

    解説

  • 66

    アテローム硬化が関与する疾患にBuerger病がある

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×、原因は不明だが95%が喫煙習慣とされている

    解説

  • 67

    アテローム硬化が関与する疾患に肥大型心筋症がある

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×、肥大型心筋症の原因として心筋症の収縮単位であるサルコメアを構成する蛋白質の遺伝異常が指摘されている

    解説

  • 68

    アテローム硬化が関与する疾患に悪性腎硬化症がある

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×、悪性腎硬化症は急激な血圧の上昇によって生じる

    解説

  • 69

    アテローム硬化が関与する疾患に僧帽弁狭窄症がある

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 僧帽弁狭窄症の原因はリウマチ熱後の弁膜炎が多い

    解説

  • 70

    アテローム硬化が関与する疾患に腹部大動脈瘤がある

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 71

    Buerger病は喫煙習慣と関わりがある

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 72

    下腿静脈瘤は妊娠と関わりがある

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 73

    解離性大動脈瘤はアテローム硬化と関わりがある

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 74

    深部静脈血栓症と長期臥床は関わりがある

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 75

    結節性多発動脈炎と溶連菌感染症は関わりがある

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×、結節性多発動脈炎は全身の中小動脈に血管炎を起こす自己免疫疾患であるので溶連菌感染症とはなんの関わりもない

    解説

  • 76

    閉塞性動脈硬化症は男性よりも女性に多い

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×、男性に多い

    解説

  • 77

    閉塞性動脈硬化症は20〜30歳代に多い

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×、50歳以上に多い

    解説

  • 78

    閉塞性動脈硬化症は低血圧の人に多い

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×、高血圧、糖尿病、高脂血症

    解説

  • 79

    閉塞性動脈硬化症は間欠性跛行が見られる

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 80

    閉塞性動脈硬化症は主に四肢の近位側の動脈が侵される

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 81

    深部静脈血栓症を起こしやすい因子として人工膝関節置換術がある

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 82

    深部静脈血栓症を起こしやすい因子として橈骨遠位端骨折がある

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×、これ自体が原因ではない

    解説

  • 83

    深部静脈血栓症を起こしやすい因子として心房細動がある

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×、心房細動により心内血栓が生じやすくその血栓が血流にのって脳血管へと運ばれ脳塞栓をきたす可能性がある

    解説

  • 84

    深部静脈血栓症を起こしやすい因子として血友病がある

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×、凝固能が亢進することはない

    解説

  • 85

    深部静脈血栓症を起こしやすい因子として高血圧がある

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×、高血圧のみで血栓症が起こることはない

    解説

  • 86

    深部静脈血栓の予防方法で弾性ストッキングは適切である

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 87

    深部静脈血栓の予防方法で足関節の自動運動は適切である

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 88

    深部静脈血栓の予防方法で水分摂取の制限は適切である

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×、水分が不足すると血液粘稠度が増加し、血栓が形成されやすくなる

    解説

  • 89

    深部静脈血栓の予防方法でギプス固定は適切である

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×、ギプス固定することによりその部位の運動性は低下し静脈のうっ滞を起こし血栓形成のリスクが上昇する

    解説

  • 90

    深部静脈血栓の予防方法で冷却は適切な処置である

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×、深部静脈血栓症の予防には保温を行う

    解説

  • 91

    エコノミー症候群は心内血栓が原因である

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×、エコノミー症候群では長時間の座位保持により下肢に深部静脈血栓を生じ、その後の歩行により血栓が肺動脈に詰まっておこる疾患である

    解説

  • 92

    脳塞栓症の原因は内頸動脈血栓である

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 93

    潜函病の原因は脂肪塞栓である

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×、血液内の溶存ガスが気泡化し塞栓となった状態である

    解説

  • 94

    肺塞栓の原因に空気塞栓がある

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×、肺塞栓の原因は血栓、脂肪、潰瘍細胞などである

    解説

  • 95

    腎梗塞の原因は静脈血栓である

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×、肺塞栓の原因は腎臓の動脈の閉塞によって起こる

    解説

  • 96

    肩手症候群は免疫グロブリン製剤が適切である

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×、使用しない

    解説

  • 97

    視床痛にはA型ボツリヌス毒素製剤が適切である

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×、この痛みには薬物療法の効果が薄い

    解説

  • 98

    症候性てんかん薬は抗血小板薬が適切である

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×、血栓形成予防に用いられる

    解説

  • 99

    深部静脈血栓症には抗凝固剤が適切である

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 100

    夜間せん妄には睡眠導入剤が適切である

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×、抗精神薬を用いることがある

    解説

  • 101

    ワルファリンの作用を減弱させる薬品にヘパリンがある

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×、ワルファリンと同じく血液を凝固する

    解説

  • 102

    ワルファリンの作用を減弱させる薬品に抗血小板薬がある

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×、血栓をできにくくする薬品である

    解説

  • 103

    ワルファリンの作用を減弱させる薬品にビタミンKがある

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 104

    ワルファリンの作用を減弱させる薬品にペニシリン系抗菌薬がある

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×、ワルファリンの効果を高める薬品である

    解説

  • 105

    ワルファリンの作用を減弱させる薬品に非ステロイド性抗炎症薬がある

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×、血小板凝集の抑制作用や消化管出血による出血傾向を助長する作用などがある

    解説

  • 106

    等張性運動中は等尺性運動よりも収縮期血圧の上昇が少ない

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 107

    代謝当量(METs)は安静臥床での酸素摂取量を基準にしている

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×、安静座位の酸素摂取量を基準としている

    解説

  • 108

    Hugh Jones分類のⅡ度では階段を上ると息切れが起こる

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 109

    最大運動負荷試験では運動負荷終点まで負荷を加える

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 110

    嫌気性代謝閾値(AT)は最大酸素摂取量の約60%

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 111

    喫煙と肺癌は関連がある

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 112

    脂肪の過剰摂取と痛風は関連がある

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×、プリン体の過剰摂取

    解説

  • 113

    食塩の過剰摂取は高血圧症は関連がある

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 114

    運動不足は高脂血症と関連がある

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 115

    アルコール過剰摂取は肝障害と関連がある

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 116

    運動中に突然死するリスクが高い疾患に肺動脈弁閉鎖不全がある

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×、拡張期に肺動脈から右室への血流を引き起こす肺動脈の機能不全である

    解説

  • 117

    運動中に突然死するリスクが高い疾患に心房中隔欠損症がある

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×、 心房中隔欠損症は成人になってからも発見される場合のある疾患で突然死は来さない

    解説

56777

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ