zuknow learn together

新しい教材を作成

微生物学(土曜日の方)

カード 204枚 作成者: Shuichiro Fujisada (作成日: 2016/07/08)

  • リノール酸とアラキドン酸は必須脂肪酸に属し、いずれもn-6系の多価不飽和脂肪酸である。

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

プリントの問題をまとめました。

公開範囲:

公開

言語:

  • カード表 : 日本語
  • カード裏 : 日本語
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    リノール酸とアラキドン酸は必須脂肪酸に属し、いずれもn-6系の多価不飽和脂肪酸である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 2

    リノール酸はn-3系の多価不飽和脂肪酸である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×(n-6系)

    解説

  • 3

    オレイン酸は、飽和脂肪酸である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×(一価不飽和脂肪酸、n-9系)

    解説

  • 4

    オレイン酸は、n-9系の一価不飽和脂肪酸である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 5

    オレイン酸、リノール酸、リノレン酸は炭素数18の不飽和脂肪酸であり、それぞれ二重結合を1個、2個、3個含む。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 6

    α-リノレン酸はn-6系の多価不飽和脂肪酸である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×(n-3系)

    解説

  • 7

    γ-リノレン酸はn-3系の多価不飽和脂肪酸である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×(n-6系)

    解説

  • 8

    リノール酸、リノレン酸、アラキドン酸は食物から摂取しなければならない必須脂肪酸である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 9

    人体に多い飽和脂肪酸はパルミチン酸とステアリン酸である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 10

    ラウリン酸、パルミチン酸、ステアリン酸は飽和脂肪酸である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 11

    ステアリン酸はn-6系の多価不飽和脂肪酸である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×(飽和脂肪酸)

    解説

  • 12

    パルミチン酸は不飽和脂肪酸である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×(飽和脂肪酸)

    解説

  • 13

    エイコサペンタエン酸はアラキドン酸と比べて炭素数が多い

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×(EPA=20、アラキドン酸=20)

    解説

  • 14

    β酸化される炭素は、脂肪酸のカルボキシル基の炭素の隣に存在する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×(2つ隣)

    解説

  • 15

    オレイン酸は、ヒトの体内で合成される

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 16

    トランス脂肪酸は、飽和脂肪酸である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 17

    ゴルジ装置は細胞分裂の際に染色体を移動させる働きを持つ。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×(中心体)

    解説

  • 18

    ミトコンドリアはATPを作る場所である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 19

    粗面小胞体は細胞骨格を構成している。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 20

    リソソームではたんぱく質が合成される

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 21

    たんぱく質合成場所はどこか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • リボソーム

    解説

  • 22

    加水分解酵素を含む場所はどこか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • リソソーム

    解説

  • 23

    エネルギー産生場所はどこか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ミトコンドリア

    解説

  • 24

    ゴルジ体ってなにしてるの?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • たんぱく質修飾・分類・輸送・分泌小胞を作る

    解説

  • 25

    粗面小胞体と滑面小胞体の機能の違い

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 粗面→たんぱく質修飾、滑面→ステロイド合成、脂肪酸合成、有害物質無毒化

    解説

  • 26

    成熟赤血球に核はいくつあるか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 0(ない)

    解説

  • 27

    肝細胞に核はあるか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 複数ある

    解説

  • 28

    骨格筋の筋細胞には核はいくつあるか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 複数ある

    解説

  • 29

    マクロファージや巨核細胞、破骨細胞にはいくつ核があるか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 2つ以上

    解説

  • 30

    ミトコンドリアでは、解糖系の反応が進行する

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×(細胞質)

    解説

  • 31

    粗面小胞体では、ステロイドホルモンの合成が行われる

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×(滑面)

    解説

  • 32

    ゴルジ体では、脂肪酸の分解が行われる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×(ミトコンドリアでのβ酸化)

    解説

  • 33

    リソソームでは、糖新生が行われる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×(細胞質)

    解説

  • 34

    iPS細胞は、神経細胞に分化できる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 35

    糖質のうちアルデヒド基を持つものをアルドース、ケトン基を持つものをケトースという。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 36

    D-グルコースは体内でエネルギー源となるが、L-グルコースは利用されない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 37

    グルコースはその光学的特性からD型とL型に区別される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 38

    グルコースのD型とL型の生理活性は同じである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 39

    グルコースはα型とβ型に区別される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 40

    グルコースは水溶液中では、常にα型である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×(常にα型→β型も存在する)

    解説

  • 41

    ペントースは炭素数6個の単糖であり、グルコースやガラクトースがある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×(ペントース→ヘキソース)

    解説

  • 42

    リボースとデオキシリボースは核酸の成分として重要である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 43

    D-リボースとD-2-デオキシリボースは、いずれも核酸の構成成分である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 44

    デオキシリボースは、リボースから酸素2原子が除去されたものである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×(2原子→1原子)

    解説

  • 45

    フルクトースはアルドースである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×(ケトース)

    解説

  • 46

    フルクトースは五炭糖である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×(六炭糖)

    解説

  • 47

    グルコースは、ケトースである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×(アルドース)

    解説

  • 48

    リボースは、RNAの構成糖である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 49

    イノシトール1,4,5-1三リン酸は、糖脂質である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 50

    グルコースは肝臓や筋肉でグリコーゲンとして蓄えられる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 51

    血中のグルコースが低下すると肝臓と筋肉のグリコーゲンが分解されて血糖を維持する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×(筋肉は即座にはグリコーゲンを分解できない。)

    解説

  • 52

    グルコースが過剰になるとヘキソキナーゼによりグルコース6-リン酸となる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 53

    過剰に摂取したグルコースは肝臓や筋肉にグリコーゲンとして貯蔵される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 54

    肝臓や筋肉に貯蔵されるグリコーゲンの量には限界があり、これを超えて過剰に摂取されたグルコースは中性脂肪として貯蔵される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 55

    筋肉中のグリコーゲンは必要に応じて分解され、グルコース6-リン酸を経て解糖系に入る。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 56

    筋肉にはグルコース6-リン酸ホスファターゼが存在しないので、筋肉中のグリコーゲンは直接血糖を供給できない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 57

    肝臓は筋肉中で生成した乳酸をピルビン酸に変換して代謝することが出来る。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×(逆)

    解説

  • 58

    トリグリセリドはリパーゼによって分解されて、脂肪酸を遊離してグリセロールを生成する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 59

    脂肪組織におけるトリグリセリドの分解は、アドレナリンによって促進される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 60

    肝臓におけるトリグリセリドの分解は、インスリンによって促進される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×(抑制)

    解説

  • 61

    脂肪細胞のトリアシルグリセロールは、リポたんぱく質リパーゼの作用でグリセロールと遊離脂肪酸に分解される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×(ホルモン感受性リパーゼ)

    解説

  • 62

    脂肪酸の酸化は小胞体で行われる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×(ミトコンドリア)

    解説

  • 63

    ゴルジ体では、脂肪酸の分解が行われる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×(ミトコンドリア)

    解説

  • 64

    肝臓のグリコーゲンは血統の維持に利用される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 65

    糖新生は筋肉で行われる

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 66

    脂肪細胞中のトリアシルグリセロールの分解はインスリンにより促進される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×(抑制)

    解説

  • 67

    脂肪酸合成はリボソームで行われる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×(細胞質)

    解説

  • 68

    β酸化は細胞質ゾルで行われる

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×(ミトコンドリア)

    解説

  • 69

    血管内皮は何上皮?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 単層扁平上皮

    解説

  • 70

    胸膜は何上皮?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 単層扁平上皮

    解説

  • 71

    腎臓の尿細管は何上皮?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 単層立方上皮

    解説

  • 72

    主な消化管粘膜は何上皮?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 重層扁平上皮

    解説

  • 73

    気管内表面は何上皮?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 多列線毛上皮

    解説

  • 74

    主な尿路系は何上皮?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 移行上皮

    解説

  • 75

    口腔や肛門などの消化管の端は何上皮?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 重層扁平上皮

    解説

  • 76

    ミトコンドリアでは、解糖系の反応が進行する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 77

    心筋は、平滑筋である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 78

    食道は、重層扁平上皮に覆われている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 79

    ミトコンドリアでは解糖が行われる

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 80

    核小体ではtRNAが合成される

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 81

    脂肪細胞はヒスタミンを放出する

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 82

    食後、血中のキロミクロン濃度は低下する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 83

    食後、肝臓では脂肪酸合成が低下する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 84

    空腹時、血中の遊離脂肪酸濃度は上昇する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 85

    空腹時、脳はケトン体をエネルギー源として利用する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 86

    空腹時、筋肉はケトン体を産生する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×(肝臓)

    解説

  • 87

    ブドウ糖からのグリコーゲン合成過程はUDPが関与する酵素によって進行する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ○(UDPグルコースピロホスホリラーゼ)

    解説

  • 88

    グリコーゲンホスホリラーゼによる反応生成物はグルコースである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×(グルコース1-リン酸)

    解説

  • 89

    グリコーゲンはグルコース6-リン酸を経てグルコースに分解される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 90

    細胞内でグルコースの需要が高まるとグリコーゲンはグルコース1-ホスファターゼによりグルコース1-リン酸となる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×(グルコース1-ホスファターゼ→ホスホリラーゼ+脱分岐酵素)

    解説

  • 91

    グルコース6-リン酸はグルコース6ホスファターゼによりグルコースとなる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 92

    グルコースが過剰になると、ヘキソキナーゼによりグルコース6-リン酸となる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ○(肝臓以外の場合。肝臓の場合はグルコキナーゼ)

    解説

  • 93

    グルコース6-リン酸は、グルコース1-リン酸、UDP-グルコースを経てグリコーゲンとなる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 94

    肝臓ではグリコーゲンの利用にあたっては、グルコース6ホスファターゼによってグルコースに分解される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 95

    グリコーゲンの加水分解によってグルコース1-リン酸が生成する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×(加水分解→リン酸化(過リン酸分解)

    解説

  • 96

    グリコーゲンの加リン酸分解による生成物は、グルコースである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×(グルコース1-リン酸)

    解説

  • 97

    グルコース-6-ホスファターゼは解糖系の酵素である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×(肝臓のグリコーゲン貯蔵のところ)

    解説

  • 98

    グルコースが解糖系によって嫌気的に代謝されると、クエン酸が生じる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×(クエン酸→ピルビン酸(乳酸?))

    解説

  • 99

    解糖はグルコース1分子が2分子のピルビン酸、または乳酸に分解される過程である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 100

    グルコース1分子あたり生成されるATPは解糖過程では通常2分子である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 101

    解糖系はミトコンドリア内にある代謝経路である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×(ミトコンドリア→細胞質)

    解説

  • 102

    ヘキソキナーゼは、解糖系の酵素である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 103

    筋肉のグリコーゲンは血糖値の維持に利用される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 104

    赤血球は、エネルギー源として乳酸を利用している。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×(グルコース)

    解説

  • 105

    肝臓は、脂肪酸からグルコースを産生している。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×(できない)

    解説

  • 106

    脳は、エネルギー源としてリボースを利用している。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×(グルコースとケトン)

    解説

  • 107

    脂肪組織は、グルコースをトリアシルグリセロールに変換して貯蔵する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 108

    腎臓は左右の大きさが同じであり、また、同じ高さの位置にある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×(右が低い)

    解説

  • 109

    腎臓の実質は皮質と髄質に分けられる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 110

    腎盂は尿管の起始部にあたる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 111

    糸球体は腎髄質中に50万個くらい存在する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×(皮質に100万個)

    解説

  • 112

    腎は腎皮質と腎髄質からなり、血液の約90%は髄質部を流れている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×(皮質部を流れている)

    解説

  • 113

    糸球体を流れる血液は動脈血である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 114

    尿管は膀胱の三角部という部分に開口する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 115

    外尿道括約筋は陰部神経によって支配される随意筋である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 116

    腎糸球体は腎髄質に無数に存在し、尿の再吸収を行っている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×(皮質)

    解説

  • 117

    腎の構造機能上の単位としてのネフロンは、数個の糸球体が1本の尿細管に集合して形成されている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×(数個→1個)

    解説

  • 118

    腎臓における尿の生成は糸球体の再吸収機能と尿細管におけるろ過機能によってなされている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×(糸球体のろ過、尿細管による再吸収)

    解説

  • 119

    血液中の赤血球は糸球体でろ過される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×(大きいものはされない)

    解説

  • 120

    尿は糸球体→近位尿細管→尿管→集合管→腎盂の順に生成される

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 121

    尿は糸球体→ヘンレ係蹄→集合管→腎盂→尿管の順に生成される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 122

    尿は糸球体→ヘンレ係蹄→集合管→遠位尿細管→腎盂の順に生成される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 123

    尿は近位尿細管→糸球体→遠位尿細管→尿管→腎盂の順に生成される

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 124

    尿は糸球体→集合管→近位尿細管→ヘンレ係蹄→腎盂の順に生成される

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 125

    尿は腎盂から尿細管をへて尿道に流入し、膀胱に集められる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 126

    電解質の排泄は主に近位尿細管により行われている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×(排泄→再吸収)

    解説

  • 127

    血液中の重炭酸塩やリン酸塩は血液中の濃度に応じて糸球体でろ過される一方、尿細管からも分泌される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×(分泌→再吸収)

    解説

  • 128

    原尿の10%が尿として体外へ排出される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×(1%)

    解説

  • 129

    尿細管で再吸収される原尿は、糸球体でろ過された量の約1%である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 130

    糸球体からは一日約10Lの原尿が作られ、その80%が血液中に再吸収される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×(150〜120L)

    解説

  • 131

    糸球体でろ過された水の約10%が尿細管から再吸収される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×(99%)

    解説

  • 132

    糸球体でろ過されたブドウ糖、カリウム、尿酸、アミノ酸などは近位尿細管で大部分が吸収される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 133

    ボーマン嚢にこし出された原尿中のブドウ糖、アミノ酸は尿細管において血液中に再吸収される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 134

    糸球体でろ過されたブドウ糖やアミノ酸は、ほとんど尿細管から再吸収される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 135

    糸球体でろ過されたブドウ糖やアミノ酸は尿細管において再吸収される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 136

    ブドウ糖、アミノ酸、たんぱく質はほぼ100%再吸収される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 137

    副腎皮質ホルモンであるアルドステロンはン尿細管に作用して、ナトリウムやカリウムの再吸収を抑制する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×(尿細管→集合管)

    解説

  • 138

    遠位尿細管でのNaの再吸収は副腎皮質から分泌されるアルドステロンによって促進される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 139

    尿量は主に脳下垂体後葉ホルモンによって調節される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 140

    バソプレシン分泌が低下すると、低張液となる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 141

    血漿浸透圧が上昇すると、バソプレシンの分泌が低下する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 142

    下垂体後葉ホルモンであるバソプレシンは尿細管に作用して、水の再吸収を高めて尿量を減少させる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 143

    下垂体後葉から分泌される抗利尿ホルモンの欠乏によって尿崩症が起こる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 144

    腎臓はレニンを分泌して血圧を調整している。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 145

    腎臓の近位尿細管より、レニンが分泌される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×(顆粒細胞)

    解説

  • 146

    レニンは尿管から分泌される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×(顆粒細胞)

    解説

  • 147

    腎臓はレニンを分泌する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 148

    レニンは血中でアンギオテンシノーゲンを作り、アンギオテンシノーゲンは末梢血管を収縮させ血圧を維持させる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×(作り→変換し)

    解説

  • 149

    腎機能障害による血圧上昇はレニンの産生調節異常の関与によるところがおおきい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 150

    レニン産生→骨障害

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 151

    血圧が下がり、腎血流量が減少するとレニンの分泌も減少する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×(上昇する)

    解説

  • 152

    心房性ナトリウム利尿ペプチド(ANP)は、ナトリウムの排泄を促進する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 153

    腎臓はプロスタグランジンを分泌して骨髄の造血を促進する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×(エリスロポエチン)

    解説

  • 154

    慢性腎不全では、エリスロポエチンの産生が亢進する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×(低下)

    解説

  • 155

    腎性貧血の原因はエリスロポエチンの産生障害による。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 156

    エリスロポエチンの産生→不整脈

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×(貧血)

    解説

  • 157

    エリスロポエチンはカルシウムの再吸収を促進する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×(パラソルモン)

    解説

  • 158

    腎臓はビタミンDを酸化して活性化に関与している。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 159

    甲状腺ホルモンにより、活性型ビタミンDの産生が促進される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 160

    腎臓はビタミンDを活性型に変換する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 161

    腎機能障害はビタミンDの活性化障害を起こし、骨量低下の原因となる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 162

    ビタミンD活性化→高血圧

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×(低カルシウム血症)

    解説

  • 163

    腎臓は赤血球や白血球の生成、ビタミンDやKの活性化、血圧やミネラル代謝の調節などの働きをしている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 164

    腎臓は体液の浸透圧やpHを一定に保つ。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 165

    腎臓は水溶性の代謝産物を排泄している。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 166

    腎臓の機能によって体液の浸透圧と酸塩基平衡が維持されている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 167

    腎臓は尿を生成し、水・電解質平行を維持する機能を担っている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 168

    腎臓はコレステロールを排泄する

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×(再吸収される)

    解説

  • 169

    腎臓は体液量を調節する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 170

    酸塩基平衡調節→貧血

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×(エリスロポエチン)

    解説

  • 171

    尿のpHは動物性タンパクの摂取により酸性に傾く。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 172

    血液のpHが上昇すると、腎からのH+排泄は促進される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 173

    人の血漿浸透圧は約50mOsm/Lである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×(280〜290)

    解説

  • 174

    乏尿は一日尿量が100ml以下とされている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×(400ml)

    解説

  • 175

    尿の色調は尿中の血色素(ヘモグロビン)による

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×(ウロクロムなど)

    解説

  • 176

    尿のにおいは尿中に存在する尿酸のためである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×(アンモニア)

    解説

  • 177

    尿の濃度は、塩類の吸収量を調節することにより行われ、これにはサイロキシンが関与している。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×(バソプレシン、アルドステロン、パラソルモンなど)

    解説

  • 178

    人は最大約300mOsm/Lまで尿を濃縮することができる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×(1400mOsm/L)

    解説

  • 179

    無尿とは尿道が閉塞して尿を排泄できなることを言う。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×(腎臓で作れない)

    解説

  • 180

    尿の比重は、1.000未満である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 181

    循環血液量が減少すると、アルドステロンの分泌は抑制される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 182

    糸球体濾過値(GFR)の正常値は、約50ml/分である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×(120ml)

    解説

  • 183

    イヌリンや内因性クレアチニンのクリアランスは糸球体濾過量を示す。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 184

    腎臓はクレアチニンを排泄する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 185

    尿素・尿酸・クレアチニン排泄→高窒素血症

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 186

    クレアチニン、尿素は尿細管から血中濃度に依存して一部が再吸収される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×(されない)

    解説

  • 187

    ネフローゼでは血尿が見られる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 188

    ネフローゼでは1日4gのたんぱく尿が見られる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 189

    ネフローゼでは血中アルブミン濃度は4.0g/dlである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 190

    ネフローゼでは収縮期血圧が160mmHgである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 191

    ネフローゼでは血中コレステロール濃度は140mg/dlである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 192

    ネフローゼ症候群の診断に、脂質異常症は必須条件である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 193

    慢性腎不全では、腎不全状態を引き起こすネフロンの荒廃の原因は糸球体の病変に限られる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×(限られない)

    解説

  • 194

    慢性腎不全では、高血圧や心不全の合併症は水分やナトリウムの貯留が主たる原因である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 195

    慢性腎不全では、高カルシウム血症によりカルシウム塩が析出して異所性石灰化が起こる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 196

    慢性腎不全では、浮腫に対して利尿剤投与を続けている場合でも食塩の厳重な制限を要する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×(ケースバイケースである)

    解説

  • 197

    慢性腎不全では、透析療法が導入されれば低タンパク質、高エネルギーの食事療法は不要となる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 198

    慢性腎不全では、ビタミンDの活性化障害により腸管からのカルシウムの吸収障害を生じ、低カルシウム血症を起こす。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 199

    慢性腎不全では、ネフロンの数の減少により、腎臓からの硫黄、リン酸、有機酸などの排泄が障害されて代謝性アシドーシスを起こす。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 200

    慢性腎不全では、腎不全患者に見られる貧血の主な原因は、たんぱく尿や顕微鏡的血尿の持続的な排泄によるためである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×(エリスロポエチン減少)

    解説

  • 201

    慢性腎不全では、高血圧の発生は体内に水分とナトリウムが貯留した組織液の増量と高レニン血症とが関与する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 202

    腎前性急性腎不全では、高浸透圧尿となる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 203

    高カリウム血症はカリウムの排泄障害によるものである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 204

    糸球体腎炎にはA群β溶血性連鎖球菌感染が関与する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

56610

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ