zuknow learn together

新しい教材を作成

アカデミー・デュ・ヴァン チャレンジ一問一答!

カード 77枚 作成者: centifolia (作成日: 2014/04/16)

  • 次の中からO.I.V.(国際ブドウ・ブドウ酒機構)2009年度の統計資料において、
    ワイン生産量順位が世界第4位の国を1つ選びなさい。
    A:イタリア
    B:中国
    C:アメリカ
    D:スペイン

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

詳細はありません

公開範囲:

公開

言語:

  • カード表 : 日本語
  • カード裏 : 日本語
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    次の中からO.I.V.(国際ブドウ・ブドウ酒機構)2009年度の統計資料において、 ワイン生産量順位が世界第4位の国を1つ選びなさい。 A:イタリア B:中国 C:アメリカ D:スペイン

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 答え:C ※2014年度日本ソムリエ協会 教本テキスト P44参照  注意:『ワイン受験講座2014』該当ページP9ですが、年度が異なります。      データは教本の数値、順位で覚えてください。 ①イタリア②フランス③スペイン④アメリカ⑤中国⑥アルゼンチン⑦オーストラリア⑧チリ⑨南アフリカ⑩ドイツ

    解説

  • 2

    次の中からO.I.V.(国際ブドウ・ブドウ酒機構)2009年度の統計資料において、 世界のおおよそのぶどう栽培面積として正しいものを1つ選びなさい。 A:570万ha B:670万ha C:770万ha D:870万ha

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 答え:C ※2014年度日本ソムリエ協会 教本テキスト P44参照  注意:『ワイン受験講座2014』該当ページP9ですが、年度が異なります。      データは教本の数値、順位で覚えてください。

    解説

  • 3

    次の中から、アルコール発酵の化学式を示した人物を1人選んでください。 A:エミール・ペイノー B:ジャン・アントワーヌ・シャプタル C:ルイ・パストゥール D:ジョゼフ・ルイ・ゲイ・リュサック

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 答え:D ※『ワイン受験講座2014』該当ページP10

    解説

  • 4

    次の中から、貴腐ワインに特に含まれる酸を1つ選んでください。 A:コハク酸 B:クエン酸 C:グルコン酸 D:酢酸

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 答え:C ※『ワイン受験講座2014』該当ページP10

    解説

  • 5

    次の中から、フレーヴァード・ワインでないものを1つ選びなさい。 A:マルサラ B:ヴェルモット C:レツィーナ D:サングリア

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 答え:A ※『ワイン受験講座2014』該当ページP12、13

    解説

  • 6

    次のAからDのブドウ原品種とその説明の組み合わせのうち、正しいものを1つ選んでください。 A:ヴィティス・ヴィニフェラ―主に台木用に用いられる欧州系原品種 B:ヴィティス・ルペストリス―主にワイン生産用に用いられる北米系原品種 C:ヴィティス・ラブルスカ―主に生食用に用いられる北米系原品種 D:ヴィティス・アムレンシス―生食用・ワイン生産用に用いられる欧州系原品種

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 答え:C ※『ワイン受験講座2014』該当ページP15

    解説

  • 7

    次の中から最も酸が高いブドウ部位に該当するものを1つ選びなさい。 A:種子の間 B:果皮の内側 C:果肉 D:果皮

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 答え:A ※『ワイン受験講座2014』該当ページP15

    解説

  • 8

    EUの栽培地域のゾーン区分において、ドイツの属するZoneを選びなさい。 A:ZoneA B:ZoneB C:ZoneCⅠ D:ZoneCⅡ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 答え:A ※※2014年度日本ソムリエ協会 教本テキスト P11参照 EUでは栽培地域の特性により産地をゾーンに分け、最低アルコール度、補糖、補酸、減酸などの方法を規定しています。 A:ドイツ B:ロワール、アルザス、シャンパーニュ等 CⅠ:ボルドー、ブルゴーニュ等  イタリア北部、スペイン CⅡ:フランス南部、イタリア、スペイン CⅢ(a):ギリシャ CⅢ(b):コルス等、イタリア南部mスペイン、ポルトガル、ギリシャの一部など

    解説

  • 9

    次のブドウの生育サイクルにおいて、プルールとは何を示すでしょうか。次の説明の中から、正しいものを1つ選んでください。 A:ブドウの花が咲くこと B:落葉し休眠した状態のこと C:樹液が枝先から滴りだす時期のこと D:黒ブドウが色づきはじめること

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 答え:C ※『ワイン受験講座2014』該当ページP16

    解説

  • 10

    次の中から、ブドウの生育に最適といわれている年間降雨量を1つ選びなさい。 A:100~500mm B:500~900mm C:900~1300mm D:1300~1600mm

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 答え:B ※『ワイン受験講座2014』該当ページP15

    解説

  • 11

    次の中から、株仕立が広く採用されている産地を1つ選びなさい。 A:南フランス B:日本 C:ドイツ D:エジプト

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 答え:A ※『ワイン受験講座2014』該当ページP17

    解説

  • 12

    次のブドウの病気・害虫について、その対処策との組み合わせが正しいものを1つ選んでください。 A:ベト病―イプロジオン水和剤散布 B:ウドンコ病―硫黄を含む農薬の散布 C:灰色カビ病―ボルドー液散布 D:フィロキセラ―ウイルスフリー苗の育成

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 答え:B ※『ワイン受験講座2014』該当ページP18

    解説

  • 13

    マロラクティック発酵(MLF)に関する記述で正しいものを1つ選んでください。 A:MLFを経たワインはどちらかというとシンプルな香味になる B:MLFを経たワインは酸度が上昇する C:MLFでは炭酸ガスが発生する D:MLFはクエン酸を乳酸に分解する

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 答え:C ※『ワイン受験講座2014』該当ページP21

    解説

  • 14

    基本的に赤ワインの醸造で用いられる用語を、次の中から1つ選んでください。 A:バトナージュ B:マセラシオン・ア・ショー C:クリオ・エクストラクション D:デブルバージュ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 答え:B ※『ワイン受験講座2014』該当ページP22

    解説

  • 15

    ぶどう品種のシノニムの組み合わせで、間違っているものを1つ選んでください。 A:ネッビオーロ=スパンナ=キアヴェンナスカ B:シラー=セリーヌ=シラーズ C:ピノ・ブラン=クレヴネル=ヴァイスブルグンダー D:シュナン・ブラン=サン・テミリオン=ピノー・ド・ラ・ロワール

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 答え:D ※『ワイン受験講座2014』該当ページP27-28

    解説

  • 16

    清酒の仕込み方で、蒸米、米麹、仕込み水を同じ容器に何回かに分けて酵母の繁殖をはかりながら仕込んでいく方法 A:速醸法 B:連醸法 C:段掛法 D:山廃法

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 答え:C ※『ワイン受験講座2014』該当ページP30

    解説

  • 17

    ベルギーを代表するビールを1つ選びなさい。 A:エール B:アルト C:ランビック D:ボック

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 答え:C ※『ワイン受験講座2014』該当ページP31

    解説

  • 18

    次の中から、球磨焼酎の原料として正しいものを1つ選んでください。 A:黒糖 B:麦 C:米 D:サツマイモ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 答え:C ※『ワイン受験講座2014』該当ページP32

    解説

  • 19

    次の中から、ピート煙からのスモーキーな香が特徴であるウイスキーを1つ選んでください。 A:スコッチ B:アイリッシュ C:バーボン D:ジャパニーズ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 答え:A ※『ワイン受験講座2014』該当ページP32

    解説

  • 20

    次のアルマニャックに関する文章の中から、正しいものを1つ選んでください。 A:アルマニャックはガスコーニュ地方産の木目狭いオーク樽(228Lピエス)にて貯蔵される。 B:販売時の最低アルコール度数の規定は、アルマニャックよりコニャックのほうが高い。 C:アルマニャックでは連続式蒸留器の使用のみが認められている。 D:アルマニャックは単一ヴィンテージのものを造ることができる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 答え:D ※『ワイン受験講座2014』該当ページP34、P35

    解説

  • 21

    次の中から、Martinique Vieuxの樽熟成に必要な年数を1つ選んでください。 A:2年以上 B:3年以上 C:4年以上 D:5年以上

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 答え:B ※『ワイン受験講座2014』該当ページP37

    解説

  • 22

    2009年におけるフランスの黒ブドウの栽培面積順位で、正しいものを1つ選んでください。 A:1位 Cabernet Sauvignon 2位 Merlot 3位 Grenache B:1位 Grenache 2位 Syrah 3位 Carignan C:1位 Merlot 2位 Grenache 3位 Cabernet Sauvignon D:1位 Merlot 2位 Grenache 3位 Syrah

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 答え:D ※『ワイン受験講座2014』該当ページP43

    解説

  • 23

    次の中から、フランスワインの品質等級カテゴリー「I.G.P」の数と管轄する組織の組合せで正しいものを1つ選んでください。(アクサン省略) A:135 / I.N.A.O B:135 / FranceAgriMer C:75  / I.N.A.O D: 75  / FranceAgriMer

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 答え:C ※『ワイン受験講座2014』該当ページP43

    解説

  • 24

    次のシャンパーニュの製造工程の組み合わせのうち、先に行われるものが左、後で行われるものが右として、時間軸が正しいものを1つ選んでください。 A:プレスラージュ→デゴルジュマン→ルミュアージュ B:ドザージュ→デゴルジュマン→ティラージュ C:ルミュアージュ→デゴルジュマン→アサンブラージュ D:ティラージュ→ルミュアージュ→ドザージュ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 答え:D ※『ワイン受験講座2014』該当ページP48

    解説

  • 25

    次の中から、Cote des Blancs 地区にある100%クリュでないものを1つ選んでください。 A:Ay B:Oger C:Oiry D:Chouilly

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 答え:A ※『ワイン受験講座2014』該当ページP48

    解説

  • 26

    次の中から、4000kgのブドウから得られるシャンパーニュでの搾汁率について正しい組み合わせを選んでください(アクサン省略)。 A:Premiere Taille 2000リットル、Tete de Cuvee 500リットル B:Premiere Taille 2050リットル、La Cuvee 450リットル C:Tete de Cuvee 2050リットル、Premiere Taille 500リットル D:Premiere Taille 2050リットル、La Cuvee 500リットル

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 答え:C ※『ワイン受験講座2014』該当ページP49

    解説

  • 27

    次の中から、Champagne Douxの1リットルあたりの残糖量として正しいものを1つ選んでください。 A:40g以上 B:50g以上 C:60g以上 D:80g以上

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 答え:B ※『ワイン受験講座2014』該当ページP50

    解説

  • 28

    次の中から、Alsace Grand Cru の51のA.O.C.で使用が認められているブドウ品種の組み合わせの中から正しいものを1つ選んでください。(ただし、例外は除く) A:Klevner、Sylvaner、Gutedel、Riesling B:Riesling、Pinot Gris、Gewurztraminer、Muscat  C:Gutedel、Sylvaner、Gewurztraminer、Riesling D:Pinot Gris、Riesling、Klevner、Muscat

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 答え:B ※『ワイン受験講座2014』該当ページP53

    解説

  • 29

    の中から、Alsace Grand Cru Zotzenbergで認められていないブドウを1つ選んでください。 A:Muscat  B:Sylvaner C:Riesling D:Pinot Gris

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 答え:A ※『ワイン受験講座2014』該当ページP53 テキストの扱い小さいが掲載あり。ゾッツェンベルグはグランクリュで唯一シルヴァーネルが認められている。ミュスカは使用不可。

    解説

  • 30

    次の中から、Pinot Gris Selection de Grains Noblesの果汁糖分最低含有量を1つ選んでください(アクサン省略)。 A:235g/L B:257g/L C:276g/L D:306g/L

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 答え:D ※『ワイン受験講座2014』該当ページP54

    解説

  • 31

    次のブルゴーニュ地方の生産地区のうち、Yonne県に含まれるものを1つ選んでください。 A:ボージョレ B:マコネ C:コート・シャロネーズ D:シャブリ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 答え:D ※『ワイン受験講座2014』該当ページP60

    解説

  • 32

    次の中から、Saint-Brisの主要品種を1つ選んでください。 A:Pinot Noir B:Riesling C:Pinot Gris D:Sauvignon Blanc

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 答え:D ※『ワイン受験講座2014』該当ページP62

    解説

  • 33

    次の中から、Morey-Saint-Denis村にない特級畑を1つ選んでください。 A:Bonnes-Mares B:Clos des Lambrays C:Clos de la Roche D:La Grande Rue

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 答え:D ※『ワイン受験講座2014』該当ページP63

    解説

  • 34

    次のブルゴーニュ地方のAOCの中から赤ワインのみ生産が認められているものを1つ選んでください。 A:Nuits-Saint-Georges B:Morey-Saint-Denis C:Volnay D:Ladoix

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 答え:C ※『ワイン受験講座2014』該当ページP63-65

    解説

  • 35

    次の中ブルゴーニュ地方のグラン・クリュに関する記述の中から正しいものを1つ選んでください。(アクサン省略) A:Corton-Charlemagneを産出できるのは3つの村である。 B:Mazoyeres-ChambertinはChambertinを名乗ることができる。 C:Puligny-Montrachet村には、3つのグラン・クリュが認められている。 D:Cote de Beauneのグラン・クリュは、すべてのクリマが白のみを生産する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 答え:A ※『ワイン受験講座2014』該当ページP63-66

    解説

  • 36

    次の中から、ブルゴーニュ地方のA.O.Cが北から南に順に並んでいるものを1つ選びなさい。 (アクサン省略) A:Fixin - Ladoix - Vougeot - Beaune B:Vosne-Romanee - Chambolle-Musigny - Beaune - Meursault C:Beaune - Monthelie - Saint-Aubin - Santenay D:Vougeot - Monthelie - Beaune - Ladoix

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 答え:C ※『ワイン受験講座2014』該当ページP56

    解説

  • 37

    次の中から、面積が最も大きいGrand Cruを1つ選びなさい。 (アクサン省略) A:Charmes-Chambertin B:Echezeaux C:Musigny D:Clos de Vougeot

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 答え:D ※『ワイン受験講座2014』該当ページP63-64

    解説

  • 38

    次の中から、Grand Cru として、Cortonの白の生産が認められていない村を1つ選びなさい。 (アクサン省略) A:Pernand-Velgelesses B:Aloxe-Corton C:Ladoix

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 答え:A ※『ワイン受験講座2014』該当ページP65

    解説

  • 39

    次の中から、Puligny-Montrachet のみで生産されているGrand Cruを1つ選んでください。 (アクサン省略) A:Montrachet B:Batard-Montrachet C:Chevalier-Montrachet D: Criots-Batard-Montrachet

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 答え:C ※『ワイン受験講座2014』該当ページP66

    解説

  • 40

    次の中から、Cote Chalonnaise地区において、栽培面積の最大のものを1つ選んでください。 (アクサン省略) A:Bouzeron B:Rully C:Mercurey D: Montagny

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 答え:C ※『ワイン受験講座2014』該当ページP71

    解説

  • 41

    次の中から、Cote Chalonnaiseに位置し、赤ワインの生産が可能なA.O.C.を1つ選んでください。(アクサン省略) A:Bouzeron B:Rully C:Montagny D:Saint-Veran

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 答え:B ※『ワイン受験講座2014』該当ページP71

    解説

  • 42

    次の中から、Maconnais地区のA.O.C.でないものを1つ選んでください。(アクサン省略) A:Pouilly-Fuisse B:Pouilly-Loche C:Pouilly-Vinzelles D:Pouilly-Fume

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 答え:D ※『ワイン受験講座2014』該当ページP71、P121

    解説

  • 43

    次の中から、Beaujolais-Villagesの生産可能色を1つ選んでください。 A:赤のみ B:赤・ロゼ C:赤・白 D:赤・白・ロゼ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 答え:D ※『ワイン受験講座2014』該当ページP72

    解説

  • 44

    次の中から、Chambolle-Musigny村の一級畑を1つ選んでください。(アクサン省略) A:Les Cazetiers B:Les Amoureuses C:Clos de la Commaraine D:Clos Saint-Jacques

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 答え:B ※『ワイン受験講座2014』該当ページP68

    解説

  • 45

    次の中から、Meursault村の一級畑でないものを1つ選んでください(アクサン省略)。 A:Perrieres B:Les Gouttes d’Or C:Les Pucelles D:Genevrieres

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 答え:C ※『ワイン受験講座2014』該当ページP69、70

    解説

  • 46

    次の中から、Vosne-RomaneeにないMonopoleを1つ選んでください。(アクサン省略) A:La Tache B:La Romanee C:Clos des Hospices D:La Grande Rue

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 答え:C ※『ワイン受験講座2014』該当ページP73、74

    解説

  • 47

    次の中から、白赤ロゼが生産可能なサヴォワ地方のA.O.C.を1つ選んでください。 A:Seyssel B:Arbois C:Roussette de Savoie D:Bugey

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 答え:D ※『ワイン受験講座2014』該当ページP78、79

    解説

  • 48

    次の中から、収穫したブドウを藁や簀子の上、または天井などに吊るして乾燥させることを表すフランス語を1つ選んでください(アクサン省略)。 A:Ouillage B:Soutirage C:Passerillage D:Tirage

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 答え:C ※『ワイン受験講座2014』該当ページP77

    解説

  • 49

    次の中から、Clavelinの容量として正しいものを1つ選んでください。 A:720ml B:620ml C:500ml D:375ml

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 答え:B ※『ワイン受験講座2014』該当ページP77

    解説

  • 50

    次のローヌ地方のワインに関する文章の中から、正しいものを1つ選んでください。 A:サン・ペレの赤はシラー主体である。 B:エルミタージュではヴァン・ジョーヌがつくられている。 C:サン・ジョゼフよりもクローズ・エルミタージュのほうが法律上白ブドウを多くブレンドできる。 D:ラストーはヴァン・ドゥー・ナテュレルのみ生産可能なA.O.C.である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 答え:C ※『ワイン受験講座2014』該当ページP82,83

    解説

  • 51

    次の中から、Coteaux de Dieで使用が認められているブドウ品種を1つ選んでください(アクサン省略)。 A:Viognier B:Clairette C:Muscat a Petits Grains D:Marsanne

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 答え:B ※『ワイン受験講座2014』該当ページP82

    解説

  • 52

    次の中から、ローヌ河の左岸に位置するA.O.C.を1つ選んでください(アクサン省略)。 A:Chateau-Grillet B:Lirac C:Cornas D:Vinsobres

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 答え:D ※『ワイン受験講座2014』該当ページP84

    解説

  • 53

    次の中から、ロゼ・赤ワインのみ生産がみとめられているA.O.C.を1つ選んでください。 A:Vacqueyras B:Beaumes de Venise C:Gigondas D:Ventoux

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 答え:C ※『ワイン受験講座2014』該当ページP83

    解説

  • 54

    次の中から、マルセイユに最も近くに位置するプロヴァンスのA.O.C.を1つ選んでください。 A:Cassis B:Bandol C:Bellet D:Ajaccio

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 答え:A ※『ワイン受験講座2014』該当ページP88

    解説

  • 55

    次の中から、白ワインが生産可能なA.O.C.を1つ選んでください(アクサン省略)。 A:Cotes de Provence Sainte-Victoire B:Cotes de Provence Frejus C:Cotes de Provence La Londe D:Les Baux de Provence

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 答え:D ※『ワイン受験講座2014』該当ページP87

    解説

  • 56

    次の中から、A.O.C. Ajaccioについて正しいものを1つ選んでください。 A:コルス島東岸に位置している B:コルス島西岸に位置している C:コルス島最北端に位置している D:コルス島最南端に位置している

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 答え:B ※『ワイン受験講座2014』該当ページP86

    解説

  • 57

    次の中から、Patrimonioの赤ワインの主要ブドウ品種を1つ選んでください。 A:Nielluccio B:Sciacarello C:Malvoisie de Corse D:Grenache Noir

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 答え:A ※『ワイン受験講座2014』該当ページP89

    解説

  • 58

    次の中から、Minervoisの生産可能色を選んでください。 A:赤のみ B:白のみ C:赤・白 D:赤・白・ロゼ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 答え:D ※『ワイン受験講座2014』該当ページP92

    解説

  • 59

    次の中から、Cremant de Limoux の主要品種を1つ選んでください。 A:Mauzac B:Macabeu C:Chardonnay D:Rolle

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 答え:C ※『ワイン受験講座2014』該当ページP92

    解説

  • 60

    次の中から、Malbecのシノニムを1つ選んでください。 A:Tannat B:Duras C:Auxerrois D:Negrette

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 答え:C ※『ワイン受験講座2014』該当ページP95

    解説

  • 61

    次の中から、A.O.CのPecharmantのある地区を選んでください。 A:ベルジュラック地区 B:ガロンヌ地区 C:トゥールーズ・アヴェイ・中央山塊地区 D:ピレネー地区

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 答え:A ※『ワイン受験講座2014』該当ページP95

    解説

  • 62

    次の中から、ボルドー地方・ガロンヌ河右岸に位置していない甘口ワインの産地を1つ選んでください。 A:ルピアック B:セロン C:サント・クロワ・デュ・モン D:カディヤック

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 答え:B ※『ワイン受験講座2014』該当ページP98、P104

    解説

  • 63

    次の中から、赤ワインが生産可能なA.O.C.を1つ選んでください。 A:バルサック B:コート・ド・ブライュ C:ボルドー・オー・ブノージュ D:コート・ド・ブール

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 答え:D ※『ワイン受験講座2014』該当ページP103-104

    解説

  • 64

    次の中から、白ワインが生産可能なA.O.C.を1つ選んでください。 A:ブライュ B:カディヤック・コート・ド・ボルドー C:カスティヨン・コート・ド・ボルドー D:サント・フォワ・ボルドー

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 答え:D ※『ワイン受験講座2014』該当ページP103 P104

    解説

  • 65

    次のオー・メドック地区の村名A.O.C.を3つ並べたもののうちで、その位置関係がジロンド河上流から下流へ正しい順番になっている組み合わせを1つ選んでください。左が上流、右が下流となります。 A:サン・テステーフ―ポイヤック―サン・ジュリアン B:ムーリス―マルゴー―ポイヤック C:サン・ジュリアン―ポイヤック―サン・テステーフ D:マルゴー―サン・テステーフ―サン・ジュリアン

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 答え:C ※『ワイン受験講座2014』該当ページP102

    解説

  • 66

    次のソーテルヌ地区の格付けシャトーのうち、1級のものを1つ選んでください。 A:シャトー・ロメール B:シャトー・シガラ・ラボー C:シャトー・ド・マル D:シャトー・ド・ミラ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 答え:B ※『ワイン受験講座2014』該当ページP106、107

    解説

  • 67

    メドック地区の格付け5級シャトーから、A.O.C.Margauxのものを1つ選んでください。 A:Chateau Cantemerle B:Chateau Haut-Batailley C:Chateau du Tertre D:Chateau Croizet-Bages

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 答え:C ※『ワイン受験講座2014』該当ページP106、107

    解説

  • 68

    次の中から、メドックの格付け5級シャトーで、Labarde 村で産出 されるものを1つ選んでください。(アクサン省略) A:Chateau Belgrave B:Chateau Dauzac C:Chateau Grand-Puy-Ducasse D:Chateau Pedesclaux

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 答え:B ※『ワイン受験講座2014』該当ページP106、107

    解説

  • 69

    次のロワールのA.O.C.の中から、ロゼワインが生産できないものを1つ選んでください(アクサン省略)。 A:Cheverny B:Cabernet de Saumur C:Touraine Noble-Joue D:Anjou Gamay

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 答え:D ※『ワイン受験講座2014』該当ページP118-120

    解説

  • 70

    次の中から、サントル・ニヴェルネ地区のA.O.C.で白ワインが生産できないものを1つ選んでください(アクサン省略)。 A:Reuilly B:Coteaux du Giennois C:Chateaumeillant D:Bourgueil

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 答え:C ※『ワイン受験講座2014』該当ページP120-121

    解説

  • 71

    次の中から、甘口ワインを生産しないA.O.C.を1つ選んでください(アクサン省略)。 A:Coteaux de l’Aubance B:Coteaux du Layon C:Quincy D:Savennieres

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 答え:C ※『ワイン受験講座2014』該当ページP118-121

    解説

  • 72

    次のA.O.C.とブドウ品種の組み合わせの中から、間違っているものを1つ選んでください(アクサン省略)。 A:Saumur Puy-Notre-Dame、 Breton B:Gros Plant du Pays Nantais、Folle Blanche C:Quincy、Sauvignon Blanc D:Cheverny、Romorantin

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 答え:D ※『ワイン受験講座2014』該当ページP118-121

    解説

  • 73

    次の中から、黒ぶどう品種を1つ選んでください。 A:コルヴィーナ B:ピコリット C:フィアーノ D:アルバーナ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 答え:A ※『ワイン受験講座2014』該当ページP130-132

    解説

  • 74

    次の中から、2012年度統計において州別生産量3位の州を1つ選んでください。 A:ヴェネト州 B:シチリア州 C:ピエモンテ州 D:プーリア州

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 答え:B ※『2014ソムリエ教本』該当ページP216、

    解説

  • 75

    次の中から、2011年度統計において、ワイン生産量3位のD.O.P(D.O.C.G/D.O.C)を1つ選んでください。 A:Prosecco B:Chianti C:Asti D:Montepulciano d'Abruzzo

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 答え:D ※『2014ソムリエ教本』該当ページP216、 注意:『ワイン受験講座2014』のデータとは、年度が異なります。     データは必ず教本の数値、順位で覚えてください。   

    解説

  • 76

    次の中から、パダナ平野の影響を最も受ける州を1つ選んでください。 A:ピエモンテ B:トスカーナ C:マルケ D:エミリア・ロマーニャ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 答え:D ※『ワイン受験講座2014』該当ページP130

    解説

  • 77

    次の中から、イタリアのぶどう品種で生産量1位の品種を1つ選んでください。 A:トレッビアーノ B:サンジョベーゼ C:ネッビオーロ D:アリアニコ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 答え:B ※『ワイン受験講座2014』該当ページP130-131

    解説

56869

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ