zuknow learn together

新しい教材を作成

40.太宰府の史跡・文化財関連(2)

カード 46枚 作成者: enchan (作成日: 2014/04/16)

  • (1)天然紀念物保存法は,史跡は(2)のまま保存すべきであると言うのが基本的な考え方。

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

詳細はありません

公開範囲:

公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    (1)天然紀念物保存法は,史跡は(2)のまま保存すべきであると言うのが基本的な考え方。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①史蹟名勝 ②現状

    解説

  • 2

    遺跡と史跡の違いは?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 遺跡は有形無形民俗文化財や記念物などの埋蔵文化財のこと。 史跡は遺跡の中で学術上価値の高いものとして国県市町村が指定したもの

    解説

  • 3

    文化財保護法で分けられた六種類の文化財とは?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 有形文化財、無形文化財、民俗文化財、記念物、文化的景観、伝統的建造物群

    解説

  • 4

    S28年に大宰府跡,水城・大野城跡が特別史跡に格上げになったが問題が残った。それは?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 格上げに指定範囲の拡張はされず、政庁跡から観世音寺背後の四王寺山麓一帯の宅地計画で 一気に破壊の危機に瀕した。

    解説

  • 5

    S41年には追加指定の範囲を広げ従来の(1)haから政庁跡,学校院,観世音寺及び子院を含む(2)haに拡大した。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①12 ②122

    解説

  • 6

    S43年に第一回の(1)が天満宮で開かれた。委員長(2),副は(3),奈良(4)から(5)が(6)に着任した。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①大宰府史跡発掘調査指導委員会 ②竹内理三 ③鏡山猛 ④奈良国立文化財研究所 ⑤藤井功 ⑥福岡県教育委員会

    解説

  • 7

    政庁跡の発掘は(1)から始まった。当時政庁跡は(2)の皇居(3)跡と信じられていた。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①中門・南門跡 ②天智天皇 ③木の丸殿

    解説

  • 8

    S43,45年と(1)主導の話合が続き,45年9月に関係者の合意を得た。そして同年(2,3)の指定,(4)の追加指定が告示された。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①文化庁 ②③学校院跡、観世音寺境内及び子院跡、④特別史跡大宰府跡の拡大指定

    解説

  • 9

    なお老司瓦窯跡は(1)年に附として(2)に追加された。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①平成22年 ②観世音寺境内及び子院跡

    解説

  • 10

    現在中門,南門跡の礎石の欠失部分は(1)で補い,回廊は(1,2)で,築地塀は(3)で表示している。いわゆる(4)方式である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①模造石 ②AS舗装 ③柘植の植栽 ④平城京

    解説

  • 11

    史跡保存の出発点は益軒の(1)でその後の(2)図会や種信の(3),勝従の(4),常足の(5,6)などの著作に繋がった。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①筑前国続風土記 ②筑前名所図会 ③太宰府志 ④太宰府考 ⑤⑥太宰管内志 太宰府徴

    解説

  • 12

    水城大堤之碑は(1)年に(2)によって建立され,撰文は(3,4)である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①大正4 ②水城青年会 ③④武谷水城、竹森善太郎

    解説

  • 13

    国分寺跡にある石碑は(1)と銘され建立したのは(2)で揮毫撰文は(3,4)である。(5)年の事である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①聖武帝勅建筑前国分寺碑 ②国分の人々 ③④黒田長成、中島利一郎 ⑤昭和3年

    解説

  • 14

    都督府古趾碑は(1)年に(2)であった(3)が建立した。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①明治四年 ②大野城の名主 ③高原善七郎

    解説

  • 15

    太宰府址碑は(1)年に篆書(2),撰文(3),揮毫(4)によって(5)が建立した。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①明治13 ②有栖川宮熾仁親王 ③渡辺清 ④日下部鳴鶴 ⑤三笠郡の有志

    解説

  • 16

    太宰府碑は(1)年に(2)の弟子達によって,実に(2)の起案後(3)後に建立されたものである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①大正3 ②亀井南冥 ③120年後 (大正3年は他に,張堂大龍による観世音寺碑建立された)

    解説

  • 17

    観世音寺寺号碑は(1)年に福島県(2)寺の(3)が揮毫し石工(4)が彫った。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①大正3 ②妙林寺 ③張堂大龍 ④関要次郎

    解説

  • 18

    遺跡復帰之碑は(1)年に(2)の荒廃を嘆いた(3)によって建立,撰文は(4)。現在は(5)宗(6)派(7)が建っている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①1896(明治29) ②横岳崇福寺 ③杉山松太郎 ④吉嗣拝山 ⑤臨済宗 ⑥大徳寺派 ⑦瑞雲寺

    解説

  • 19

    梅大路の道標は(1)年に(2)の人々によって建てられた。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①明治11年 ②五条の人々

    解説

  • 20

    奉納三所塩食之碑は(1)年に建立され,揮毫したのは(2)である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①文政13(1830年) ②仙厓和尚

    解説

  • 21

    高橋紹運の菩提寺(1)寺山門の横に建つのが(2)で,(3)頃に七代住職(4)が建立した。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①西正寺 ②岩屋城主高橋紹運公並勇士菩提寺碑 ③昭和40 ④山内興隆

    解説

  • 22

    平成25年現在,政庁跡の発掘調査は(1)次を超え,条坊跡に至っては(2)次を超えた。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①223 ②300

    解説

  • 23

    太宰府市指定の文化財で建造物4件は何?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 相輪橖、老松社本殿、日吉神社本殿・拝殿 附 棟札、宝満山の石造鳥居

    解説

  • 24

    太宰府市指定の文化財で彫刻の3点(登録名で)は?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①木造文殊菩薩・弥勒菩薩立像光背,蓮華座及び方形台共 ②木造鑑真和上坐像,後屏,牀座共 ③六座の面附納入箱

    解説

  • 25

    太宰府市指定の文化財で古文書1点は?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 今川了俊書状 明徳2(1391)年2月25日、九州探題の今川了俊が斎藤兵庫丞に宛てた書状で、筑後国三瀦の所領をめぐる大友氏の押妨(他人の所領などに押し入って乱暴を働いたり、不当な課税を行うこと)に対し、今川了俊が配下の奉行人である三須入道に大友方の押妨をすぐに停止させるように伝えた内容が書かれており、太宰府中世史にとって貴重な資料です。

    解説

  • 26

    太宰府市指定の文化財で考古資料の内水城と原山周辺で出土したものは夫々何?更にH27年に追加された2点は?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 水城;鬼瓦 原山;銅製経筒経巻共附陶製外容器 追加:木印(印面「直嶋」) 銅印(印面「高」)

    解説

  • 27

    太宰府市の指定文化財で歴史資料1点は何?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 大野城・太宰府旧蹟全図北

    解説

  • 28

    太宰府市の指定文化財で史跡3点は?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①陣ノ尾1号墳 ②内山辛野遺跡 ③般若寺跡

    解説

  • 29

    太宰府市指定の文化財で天然記念物8点は?(H27年に新たに2点指定分含む)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 清明井の榎,地禄神社のイチイガシ,若宮神社の杜,太宰府天満宮のイチイガシ,戒壇院の菩提樹,日吉神社の社叢,光明寺のチシャノキ,坂本のムクノキ

    解説

  • 30

    太宰府周辺では小型の仏像が3体程発掘されたが,国重文で四王寺山毘沙門堂で出土したものは?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 石造如来形立像:せきぞうにょらいぎょうりゅうぞう (現在、宇美八幡が所蔵)

    解説

  • 31

    国重文で宝満山で発見された経筒の中から出てきた仏像は(1)で,出土物は一括して(2)という名で登録されている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①金銅菩薩立像 ②筑前国筑紫郡宝満山経塚出土品 (Cf.県指定有形民俗文化財:宝満山山岳信仰関係資料)

    解説

  • 32

    太宰府周辺で出土した小型の仏像で観世音寺で出土したものは?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 金銅如来立像

    解説

  • 33

    宮ノ本丘陵古代墓地出土品の内買地券の出土は全国で(1)例しかない。文字数は(2)文字。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①2 ②96

    解説

  • 34

    宮ノ本丘陵古代墓地出土品は買地券の他何がある(5)?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 八陵鏡、唐式鏡、土師器、黒色土器、獣帯鏡

    解説

  • 35

    宮ノ本丘陵古代墓地出土品の内,獣帯鏡だけは独立して何に指定されている?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 市の考古資料として独立して指定を受けている。

    解説

  • 36

    神ノ前窯跡出土瓦附2号窯出土土器遺跡の附以下は何故付け足された?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 出土した須恵器は瓦の年代推定の根拠資料となるため附指定を受けた。

    解説

  • 37

    宮ノ本遺跡出土の獣帯鏡が独立して市の考古資料として指定されたのは何故か?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 獣帯鏡は12号古墳から出土したが、2C前半の中国製で全国的にも類例がない珍しいものであるため。

    解説

  • 38

    平成26年に県指定の名勝となった史跡とは?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 光明寺庭園

    解説

  • 39

    古都大宰府保存協会は平成27年に創立(1)周年を迎えた。テーマは(2)である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①40 ②まもる、つたえる、いかす

    解説

  • 40

    昭和7年に大野城跡が国の遺跡に指名された際の名称は(1)でその後現在の大野城跡に変更されたのは(2)年である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①大野城阯 竝 四王寺阯 ②1976年昭和51年 S28に特別史跡になった際は,大野城阯 附 四王寺阯であった。

    解説

  • 41

    大野城跡の宇美町と大野城市によって全山が指定されたのは(1)年で引続き太宰府町側全山が指定されたのは(2)年。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①1976年 ②1981年

    解説

  • 42

    飯盛山山頂から出土した瓦経は県指定文化財となっているが太宰府ではどこから出土している(2)?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①②観世音寺北側の山裾、朝日山北斜面の裾

    解説

  • 43

    太宰府市指定の考古資料はH27年に指定された(1)(2)を含め(3)点となる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①②木印(印面「直嶋(あたいのしま)」 銅印(印面「高」) ③10

    解説

  • 44

    市指定の天然記念物はH27年に指定された(1)(2)を含め全部で(3)点となる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①②光明寺のチシャノキ 坂本のムクノキ ③8

    解説

  • 45

    市指定の文化財で考古資料10点とは(10)?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 銅製経筒経巻共附陶製外容器 板碑三点 宮ノ本遺跡 神の前 鬼瓦 獣帯鏡 木印(学業院中学出土) 銅印(国分寺跡出土)

    解説

  • 46

    大野城跡などが集中豪雨で被災したのは(1)年である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①H15(2003)

    解説

57003

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ