zuknow learn together

新しい教材を作成

ネイリスト検定 3級

カード 11枚 作成者: ばにら (作成日: 2016/07/04)

  • 本来のマニキュアとは〇〇語の「マヌス」と「キュア」からきた「手の手入れ」のことである。

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

詳細はありません

公開範囲:

公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    本来のマニキュアとは〇〇語の「マヌス」と「キュア」からきた「手の手入れ」のことである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ラテン

    解説

  • 2

    ギリシャ・ローマ時代に手入れとしての〇〇が流行した。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • マニキュア

    解説

  • 3

    ギリシャ・ローマ時代において上流階級の中で〇〇という言葉が生まれ流行した。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • マヌス・キュア

    解説

  • 4

    古代エジプト時代は爪の色が身分を表し、王と王妃は〇〇、その他の者は薄い色しか許されなかった。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 濃い赤

    解説

  • 5

    アメリカで〇〇年代初頭、ネイル技術を職業とするマニキュアリストやネイルサロンが出現した。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1980

    解説

  • 6

    明治時代にはフランスからマニキュア術が伝えられ〇〇術として発達した。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 磨爪

    解説

  • 7

    中国では、古くから「爪染め」が行われており、遊牧民の女性たちも〇〇と「爪紅」を行っていたことが明らかにされている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 紅粧

    解説

  • 8

    女性の身だしなみとしてマニキュアが浸透し始めて、爪に蜜蝋や油、研磨剤を使ってセーム革で磨き、職業としてのマニキュアリストが登場したのは〇〇世紀である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 近代・19

    解説

  • 9

    飛鳥・奈良時代の赤は〇〇という酸化鉄を主成分としたものが用いられていた。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 紅殻

    解説

  • 10

    ネイルに色を施すという歴史は、〇〇時代(紀元前3000年以前)から営まれてきたと言われている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 古代エジプト

    解説

  • 11

    テーブルセッティングとは用具・材料の準備と消毒管理、〇〇的配置をいう。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 衛生

    解説

56916

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ