zuknow learn together

新しい教材を作成

重要 古典単語315 p.258~263

カード 34枚 作成者: ゆらくおん (作成日: 2016/07/01)

  • 「さればよ」、とこそおぼゆれ。いととくも変はる御心かな。

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

詳細はありません

公開範囲:

公開

カテゴリ:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    「さればよ」、とこそおぼゆれ。いととくも変はる御心かな。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 案の定だ

    解説

  • 2

    「そのこととなく」物ぞ悲しき

    補足(例文と訳など)

    答え

    • これということもなく

    解説

  • 3

    左の袖を広げ、月を少し「そばめにかけ」つつ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 横目で見

    解説

  • 4

    かく「ただならずなら」せ給ひてのちは、

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 懐妊し

    解説

  • 5

    横笛、なさけなううらめしけれども、「力なう」涙をおさへて帰りけりら、

    補足(例文と訳など)

    答え

    • どうしようもなく

    解説

  • 6

    例の、「ときしもあれ」雨いたく降り、神いといたく鳴るを胸ふたがりて嘆く。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ほかに時もあろうに

    解説

  • 7

    折ならで色づきにけるもみぢ葉は「ときにあひ」てぞ色まさりける

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ちょうどよい時期に出会っ

    解説

  • 8

    ある人の、いみじう「時にあひ」たる人の婿になりて、

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 時流に乗って栄え

    解説

  • 9

    殿におはして、「とばかり」うち休み給ふ。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ちょっとの間

    解説

  • 10

    こは、「なでふ」事をのたまふぞ。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • なんという

    解説

  • 11

    「なでふ」女が真名書は読む。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • どうして

    解説

  • 12

    「名にし負は」ばいざ言問はん都鳥 わが思ふ人はありやなしやと

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 名前を持つ

    解説

  • 13

    花橘は「名にこそおへれ」、なほ梅のにほひにぞ、いにしへの事も立ちかへり恋しう思ひ出でらるる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 有名であるけれども

    解説

  • 14

    几帳の内にうち臥して引き出でつつ見る心地、后の位にも「何にかはせむ」。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 何にもならない

    解説

  • 15

    「音を泣き」たまふさまの、心深くいとほしければ、

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 声を上げて泣き

    解説

  • 16

    ありし女「のがり」いきたりけり。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • のもとへ

    解説

  • 17

    わが押し取りて居たら「ばこそあらめ」。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ならばともかく

    解説

  • 18

    二人の子やうやう「人となり」て後、

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 一人前になっ

    解説

  • 19

    やうやう、生き出でて、「人となり」給へりけれど、

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 正気に戻り

    解説

  • 20

    胸うちつぶれて「人やりならず」おぼゆ。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 自分のせいである

    解説

  • 21

    「またの」日の、まだつとめて、霜のいと白きに、

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 次の

    解説

  • 22

    やがてかきつく「ままに」、首のほどを食わむとすら、

    補足(例文と訳など)

    答え

    • とすぐに

    解説

  • 23

    かなしき「ままに」、奥へも入らで、やがて端にふしたれば、

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ので

    解説

  • 24

    「昔の人」の必ず求めておこせよとありしかば、求めしに、

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 亡くなった人

    解説

  • 25

    五月待つ花橘の香をかげば「昔の人」の袖の香ぞする

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 昔なじみであった人

    解説

  • 26

    「めもあやに」、いみじき天人の天降れるを、

    補足(例文と訳など)

    答え

    • まぶしいほど立派で

    解説

  • 27

    ただ夜明けむ「やおそきと」合戦を始めておそはせ給へ。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • とすぐに

    解説

  • 28

    法皇のにはかに見えさせ給はぬは。いづ方へ御幸「やらん」。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • であろうか

    解説

  • 29

    その恨み、まして「やらむかたなし」。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 晴らしようがない

    解説

  • 30

    「世にある」僧どもの参らぬはなし。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 世間で評判の高い

    解説

  • 31

    「例ならず」仰せ言などもなくて日頃になれば、

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 普段と違って

    解説

  • 32

    親などの心地あしとて、「例ならぬ」けしきなる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 体調がいつもどおりでない

    解説

  • 33

    中将、「例の」うなづく。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • いつものように

    解説

  • 34

    「例の」車にておはしたり。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • いつもの

    解説

58922

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ