zuknow learn together

新しい教材を作成

31.大宰府の芸能,伝説,信仰,門前町等

カード 50枚 作成者: enchan (作成日: 2014/04/14)

  • 道真没後6年にして讒言した(1)が39歳で亡くなり,配流を認可した(2)帝の皇子(3)親王も21歳の若さで亡くなった。

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

詳細はありません

公開範囲:

公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    道真没後6年にして讒言した(1)が39歳で亡くなり,配流を認可した(2)帝の皇子(3)親王も21歳の若さで亡くなった。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①藤原時平 ②醍醐天皇 ③保明(やすあきら)

    解説

  • 2

    保明親王の死後の翌年924年に醍醐帝は道真を(1)大臣に戻し官位を(2)にあげ左遷の詔を破棄させた。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①右大臣 ②正二位

    解説

  • 3

    930年には(1)に落雷があり大納言などが焼死。醍醐帝も同年(2)歳で亡くなった。947年には京都に(3)が建てられた。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①清涼殿 ②46 ③北野天神

    解説

  • 4

    飛梅は道真没後の(1)年に京都から飛んできた。(2)と言う品種。なお天満宮には(3)種(4)本の梅がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①915 ②色玉垣 ③197 ④6000

    解説

  • 5

    道真を扱った歌舞伎は(1),(2)が有名で,特に(1)は(3,4)と並んで丸本物の三大傑作と言われる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①菅原伝授手習鑑 ②天満宮菜種御供 ③④仮名手本忠臣蔵・義経千本桜 丸本物(まるほんもの):義太夫節(文楽の音楽)の狂言を歌舞伎化した芝居。竹本劇ともいう。近松門左衛門の「国性爺合戦」が歌舞伎化されたのが始め。他に、「菅原伝授手習鑑」「義経千本桜」「仮名手本忠臣蔵」など。

    解説

  • 6

    能の(1)は天満宮を舞台にしたもので摂社の(2)社も登場する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①老松 ②福部社

    解説

  • 7

    多くの渡唐天神像が描かれた事を表すのに「隠元の(1)仙崖の(2)」と言う。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①達磨 ②渡唐天神

    解説

  • 8

    天神は(1)の元へその日の内に飛んである歌を詠んだがそれは?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①仏鑑禅師 唐衣おらで北野の神ぞとは  袖にもちたる梅にても知れ 歌の意味はzuknow資料11参照の事。

    解説

  • 9

    (1)が大宰府の霊岩に寺を建立し,衣を安置。天神は毎日霊岩を拝護。よって山号は霊岩(2),寺名は(3)蔵。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①鉄牛円心 ②神護 ③光明

    解説

  • 10

    曲水の宴は浙江省会稽山にあった(1)で(2)が行ったのが有名。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①蘭亭 ②王羲之

    解説

  • 11

    曲水の宴は日本では(1)年に(2)が始めたが,その後途絶え昭和(3)年に再興された。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①958 ②小野好古 ③38(1963) この年前から太宰府町をあげて史跡解除,宅地開発の動きが激しさを増していた

    解説

  • 12

    天満宮の四度宴とは?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 正月の内宴、曲水の宴、七夕の宴、残菊の宴

    解説

  • 13

    天神様のお願いをする際,(1)までは(2)で祈祷することが最高の祈祷とされた。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①江戸 ②連歌

    解説

  • 14

    1356年に著された連歌集(1)は(2,3)の共著であるが,そこには連歌と(4)の深い関係も見られる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①菟玖波集 ②③二条良基、救済 ④天神信仰 何故菟玖波という名をつけたのか?pages資料12参照。

    解説

  • 15

    毎年2月に行われる梅花の宴はどの団体が行うのか?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 市民遺産第5号「万葉集つくし歌壇」を伝えるために大宰府万葉会が行う。 「つくし」は何故か平仮名

    解説

  • 16

    福岡藩にあった雨乞いの五社の祈祷所とそれぞれの祈祷所の名前は?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 筥崎(机島座主坊)、太宰府(華台坊)、宝満山(楞伽院の水鏡祈祷)、雷山(中の坊の神面祈祷)、田島(宗像)

    解説

  • 17

    お籠り(おこもり)とは?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 本来は、身を清めた後外部との接触を断ち神に祈願すること。時代と共に潔斎の意味が薄れムラの寄合となった。

    解説

  • 18

    太宰府での春籠もりの特徴は?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 全国的な春籠もりは豊作祈願だが,当地は天満宮4月の厄除祈願大祭の影響を受け厄除,米寿喜寿還暦初老を祝う。

    解説

  • 19

    サナブリ籠りとは?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 田植終了,残して置いた苗を庚申塔猿田彦に供え家族一同あるいはムラ一同で慰労し合った。 さなぶりとは,田植終了後,田の神を送る行事。〈さのぼり〉とも,西日本では〈しろみて〉とも。田や水口(みなくち),屋内の荒神や竈(かまど)神に苗を供え,田植に参加した人を招いて祝宴をはり早乙女(さおとめ)を特に上座にすえた。

    解説

  • 20

    夏祭り・ヨドとは?現在では(1),(2)だけで行われている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ヨドとは宵祭り、夏祭りの事。現在は①衣掛天満宮と②国分天満宮でだけ行われている。 朝日地蔵の夏祭りは違う?

    解説

  • 21

    夏籠もりとは?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 7月初〜中旬に氏神に集まり豊作と疫病除けを祈願する。多くの神社ではお願立てをするが殆どがお潮井採りである。

    解説

  • 22

    七夕籠もりとは?現在では(1)と(2)だけしか行われていない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 七夕の日に台風除け出穂祈願を行う。①観世音寺②坂本区だけで行われている。

    解説

  • 23

    秋籠もりとは?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 9月末〜10月初に夏籠もりで祈願した願いが成就した事を感謝。殆どの神社が宮座と一緒に行う。

    解説

  • 24

    宮座とは?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 最も大切な祭りで古いしきたりなど残っている。基本は神を迎え五穀豊穣を関係者一同で感謝し直会を行う。

    解説

  • 25

    現在木うその原料となる木は何が多いか? また主に何処で産出されるのか?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • コシアブラ、大分県(西部森林管理署)

    解説

  • 26

    数え41の初老の男子と還暦の男女が天満宮に献梅する行事を(1)と言い,その翌年に(2)神社に紅葉を奉納するのが(3)。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①梅あげ ②竈門 ③紅葉(もみじ)あげ

    解説

  • 27

    近松門左衛門作の菅公の一代記ともいうべき作品名は?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 天神記 ■あらすじ 初段・2段目 藤原時平(ふじわらのしへい)の密告により丞相は流罪に。丞相を見送ったのは、寺子屋の子どもたち。その手に、梅の枝や松の枝。時平は丞相暗殺を計る。時平の家臣・兼竹(かねたけ)とその妻十六夜(いざよい)の子は丞相の御台所(みだいどころ)に育てられており、2人は主人の丞相暗殺の企てを阻止しようとし、十六夜は殺される。 3段目 十六夜(いざよい)の父白太夫(しらたゆう)は、代々菅家に仕え九州・大宰府に流された菅丞相(かんしょうじょう)に同行する。十六夜の兄荒藤太(あらとうた)は、丞相の暗殺を企みるが、十六夜が亡霊となって現れ討たれます。丞相が梅の木の下に逃れ、「東風吹かば匂ひおこせよ梅の花 主なしとて春な忘れそ」という歌を詠むと、梅の花が咲いて丞相の姿を隠します。 4段目 菅丞相(かんしょうじょう)は天拝山に登り天に祈って雷神となる。 5段目 丞相の雷神は内裏(だいり)を襲い藤原時平(ふじわらのしへい)を2つに裂いて殺す。 そして、恨みが晴れて神の姿に変わります。

    解説

  • 28

    人形浄瑠璃 天満宮菜種御供の別名は?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 時平(しへい)の七笑(ななわらい)

    解説

  • 29

    1982年の太宰府市制施行を記念して宝満山で行われた行事二つは?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①入峰 ②採燈護摩供

    解説

  • 30

    連歌師宗祇の著作(1)集の編纂も手伝った連歌師(2)は野口英世の祖先でもある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①新撰菟玖波集 ②猪苗代兼載

    解説

  • 31

    連歌師宗祇を看取ったのが後継者と言われる(1)で,諺(2)のいい始めの人物である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①宗長 ②急がば回れ

    解説

  • 32

    ダブリュウとは(1)? そもそもの語源は(2)?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①川の近くに竹を立て注連縄を張り、水の豊潤と牛馬の安全を祈る川祭り ②牛馬の疫病除けの駄祭りと風流(祭りの意味)が一つになった

    解説

  • 33

    おヨドとは?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 宵祭りの事。夏の夜の女・子供の行事

    解説

  • 34

    恵比寿祭りとは?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 商業地区では商売繁盛、農村では五穀豊穣を祈る

    解説

  • 35

    上三町は天満宮に奉仕する(1)町で(2-5)など60家があり宿坊でもあった。鬼すべでは(6)を担う。別名(7)参道と言った。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①社家 ②ー⑤別当 宮司 三綱 衆徒 ⑥燻手(すべて) ⑦馬場参道

    解説

  • 36

    下三町は(1)町を中心に(2-3),(4-5)町を中心に(6-8)が住み,鬼すべでは(9-10)を担う別名(11)参道の町であった。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①大町 ②③宿屋 商家 ④⑤新町 五条 ⑥ー⑧商人 職人 農民 ⑨⑩鬼係 鬼警固 ⑪大町参道

    解説

  • 37

    江戸時代太宰府には構口が四ヶ所あったがそれらは?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 高橋口、五条口、三条口、溝尻口

    解説

  • 38

    四つの構口の内,三浦の碑があったのは?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 高橋口と三条口

    解説

  • 39

    江戸時代には棲み分けも出来,上三町(1,2,3)と下三町(4,5,6)に区分けされた。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①②③三条、連歌屋、馬場 ④⑤⑥大町、新町、五条

    解説

  • 40

    上三町は(1)奉行の管轄で(2)が支配する(3)分,下三町は(4)奉行の管轄であった(5)に属した。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①寺社 ②宮司 ③御社領分 ④郡 ⑤宰府村

    解説

  • 41

    1949年には昭和天皇の(1)への立ち寄りがあった。これは戦争被害者の救済を目的として(2)製品を製造していた。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①水城村授産場 ②藁製品

    解説

  • 42

    中世太宰府最大の産業は(1)で六座の内(2)氏が中心で(3)として戦国時代からの文書が伝わっている。遺跡は(4)がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①鋳物(金属生産) ②平井 ③宰府鋳物師(いもじ) ④鉾の浦遺跡

    解説

  • 43

    馬場参道は(1)以降の建物で占められ大町参道は(2)時代の(3)建物が(4)軒残った。(3)以外にも10軒以上歴史的建造物がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①明治 ②江戸 ③宿屋 ④5

    解説

  • 44

    馬場参道に明治以降の建物が多く残り大町参道には江戸時代以降の宿屋建物を含め多く残った理由は?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 神仏分離で馬場参道の社家は廃業し土地家屋の多くは細分化され建て直されたから。

    解説

  • 45

    大町参道に残っている江戸時代の宿屋建物5軒は?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 松屋 大野屋 泉屋 日田屋 大和屋

    解説

  • 46

    玄清法印が確立した琵琶は(1)と言い,それを舞台芸能としたのが(2)琵琶である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①玄清流法盲僧琵琶 ②筑前(荒神)琵琶

    解説

  • 47

    六座の面は能面より(1)く,かつて宰府や観世音寺にあった(2)社に能が奉納されていた時に用いられた。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①古 ②祇園社 中世太宰府の職能集団である「六座」の活動を知ることが出来る貴重なもの。

    解説

  • 48

    江戸時代における原山での雨乞いは(1)の命令,(2)の指揮のもと行われた。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①藩主 ②郡奉行

    解説

  • 49

    雨乞いの修法の導師は(1)が務め,使用する水瓶七個を掘り出すのは三条と大原の(2)両家の主人二人と決められていた。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①華台坊 ②有岡

    解説

  • 50

    雨乞いの水瓶と祈願文は文永年間の(1)坊(2)のものを寛永21年に(3)が書き改め,それを又明治に(4)が書き写し現存する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①華台坊 ②良慶 ③良悦 ④大城谷良範

    解説

56900

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ