zuknow learn together

新しい教材を作成

生理学③

カード 144枚 作成者: Suwa Masatoshi (作成日: 2016/06/29)

  • 右心室から拍出された血液は、肺動脈、肺毛細血管、肺静脈を経て左心室に戻る。この経路を____と言う。

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

詳細はありません

公開範囲:

公開

クイズの回答選択肢:

指定する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    右心室から拍出された血液は、肺動脈、肺毛細血管、肺静脈を経て左心室に戻る。この経路を____と言う。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 肺循環(小循環)
    • 誤答選択肢 体循環(大循環)

    解説

  • 2

    左心室から拍出された血液は大動脈に入り、各器官に分配された後、大静脈から右心房に戻ってくる。この経路を____という。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 体循環(大循環)
    • 誤答選択肢 肺循環(小循環)

    解説

  • 3

    心臓から流出した血液が心臓に戻るには、安静時の成人の場合、____を要する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 約1分
    • 誤答選択肢 約10分
    • 約2分
    • 約3分

    解説

  • 4

    心臓から出る血液を運ぶ血管はすべて____と呼ばれる

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 動脈
    • 誤答選択肢 静脈
    • 静脈血
    • 動脈血

    解説

  • 5

    心臓へ血液を送り込むすべての血管は____と呼ばれる

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 静脈
    • 誤答選択肢 動脈
    • 静脈血
    • 動脈血

    解説

  • 6

    酸素に富む鮮紅色の血液は____と呼ばれる

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 動脈血
    • 誤答選択肢 静脈血
    • 静脈
    • 動脈

    解説

  • 7

    二酸化炭素に富む暗赤色の血液は____と呼ばれる

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 静脈血
    • 誤答選択肢 動脈血
    • 動脈
    • 静脈

    解説

  • 8

    体循環器系の動脈は____を運ぶ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 動脈血
    • 誤答選択肢 静脈血

    解説

  • 9

    体循環器系の静脈は____を運ぶ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 静脈血
    • 誤答選択肢 動脈血

    解説

  • 10

    肺循環器系の肺動脈は____を運ぶ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 静脈血
    • 誤答選択肢 動脈血

    解説

  • 11

    肺循環器系の肺静脈は____を運ぶ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 動脈血
    • 誤答選択肢 静脈血

    解説

  • 12

    心臓は普通、握りこぶしの大きさで、心筋と呼ばれる特殊な____により構成される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 横紋筋
    • 誤答選択肢 平滑筋
    • 内臓筋

    解説

  • 13

    右心房と左心房の間には____がある

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 心房中隔
    • 誤答選択肢 心室中隔

    解説

  • 14

    右心室と左心室の間には____がある

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 心室中隔
    • 誤答選択肢 心房中隔

    解説

  • 15

    右心房と右心室の間の弁は____である

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 三尖弁(右房室弁)
    • 誤答選択肢 二尖弁(右房室弁)
    • 僧帽弁(右房室弁)

    解説

  • 16

    左心房と左心室の間にある弁は____である

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 僧帽弁(二尖弁、左房室弁)
    • 誤答選択肢 三尖弁(左房室弁)

    解説

  • 17

    左心室と大動脈の間の弁を____という

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 大動脈弁
    • 誤答選択肢 肺動脈弁

    解説

  • 18

    右心室と肺動脈の間の弁を____という

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 肺動脈弁
    • 誤答選択肢 大動脈弁

    解説

  • 19

    それぞれの弁は____に開き、血液の逆流を防ぐ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 一方向
    • 誤答選択肢 多方向
    • 両方向

    解説

  • 20

    心筋は収縮に適した①___と興奮の発生と伝導に適した②___に大別される

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①固有心筋 ②特殊心筋
    • 誤答選択肢 ①特殊心筋 ②固有心筋

    解説

  • 21

    心筋は多数の____から成り立つ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 横紋筋細胞
    • 誤答選択肢 平滑筋細胞
    • 内臓筋細胞

    解説

  • 22

    心筋細胞は枝分かれしており、多数の心筋細胞が互いに____によって吻合している

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 介在版(境界膜)
    • 誤答選択肢 毛細血管

    解説

  • 23

    介在版には____という特殊な構造がある

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ギャップ結合
    • 誤答選択肢 タイト結合
    • デスモソーム

    解説

  • 24

    心房、心室の心筋細胞を全体として____と呼ぶ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 機能的合胞体
    • 誤答選択肢 機能的連動体
    • 機能的結合体

    解説

  • 25

    心筋は、自動的・律動的に収縮する____を持つ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 自動能
    • 誤答選択肢 特殊能

    解説

  • 26

    心筋は意志によって調節することのできない____であり、自律神経の支配を受ける

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 不随意筋
    • 誤答選択肢 随意筋

    解説

  • 27

    心臓が大量の血液で充満して心筋が伸展されると、心筋はその伸展の度合に応じて大きな収縮力を発生する

    補足(例文と訳など)

    答え

    • スターリングの心臓の法則
    • 誤答選択肢 アイントーベンの法則
    • ベル・マジャンディの法則

    解説

    この特性により右心房に流入する静脈血の量(静脈環流量)が多いほど心臓の拍出量が増加することになる

  • 28

    心臓の規則正しい律動的拍動のリズムは大静脈(上大静脈)と右心房の境界近くにある____の細胞で発生する

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 洞房結節
    • 誤答選択肢 房室結節
    • ヒス束
    • プルキンエ線維

    解説

  • 29

    洞房結節は_____である

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 歩調とり(ペースメーカー)
    • 誤答選択肢 笑いとり(ラフメーカー)

    解説

    歩調とり細胞(ペースメーカー細胞)ともいう

  • 30

    心房筋の興奮は右心房の下方で右心室との境界近くにある____の細胞に伝えられる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 房室結節
    • 誤答選択肢 洞房結節
    • ヒス束
    • プルキンエ線維

    解説

  • 31

    房室結節に伝えられた興奮は、心室中隔を通り____に伝播する

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ヒス束
    • 誤答選択肢 洞房結節
    • 房室結節
    • プルキンエ線維

    解説

  • 32

    ヒス束に伝えられた興奮は①___と②___さらに枝分かれした③___を通って心室筋全体に伝えられ心室を収縮させる

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①左脚 ②右脚 ③プルキンエ線維
    • 誤答選択肢 ①プルキンエ線維 ②左脚 ③右脚

    解説

  • 33

    洞房結節、房室結節、ヒス束、左脚と右脚、プルキンエ線維は____と呼ばれる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 刺激伝導系
    • 誤答選択肢 伝導刺激系
    • 伝達神経系

    解説

  • 34

    刺激伝導系が心房と心室の間で障害を受けると、心房と心室が病的にそれぞれのリズムで収縮を始めることがある

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 房室ブロック
    • 誤答選択肢 ペースメーカー不全
    • 不整脈

    解説

  • 35

    心拍動の周期を____という

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 心周期
    • 誤答選択肢 心拍

    解説

    心周期 約0.8秒 収縮期 約0.3秒 拡張期 約0.5秒

  • 36

    心周期は心室の収縮、弛緩に従って、①___と②___に分けられる

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①収縮期 ②拡張期
    • 誤答選択肢 ①駆出期 ②拡張期
    • ①収縮期 ②充満期
    • ①駆出期 ②充満期

    解説

  • 37

    心周期の収縮期は①___と②___に区別される

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①等容性収縮期 ②駆出期
    • 誤答選択肢 ①等容性弛緩期 ②充満期
    • ①等容性収縮期 ②充満期

    解説

  • 38

    心周期の拡張期は①___と②___に区別される

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①等容性弛緩期 ②充満期
    • 誤答選択肢 ①等容性収縮期 ②駆出期
    • ①等容性弛緩期 ②駆出期
    • ①等容性収縮期 ②充満期

    解説

  • 39

    心室の収縮が始り、房室弁が閉鎖し、動脈弁が開くまでの期間

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 等容性収縮期
    • 誤答選択肢 等容性弛緩期
    • 駆出期
    • 充満期

    解説

  • 40

    心室内圧は上昇するが、弁はすべて閉じているため、心室容積は一定である

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 等容性収縮期
    • 誤答選択肢 駆出期
    • 等容性弛緩期
    • 充満期

    解説

  • 41

    心室内圧が上昇して動脈圧より高くなり、動脈弁が開いて血液が動脈に駆出される

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 駆出期
    • 誤答選択肢 等容性収縮期
    • 等容性弛緩期
    • 充満期

    解説

  • 42

    心室が弛緩して、動脈弁が閉鎖し、房室弁が開くまでの期間

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 等容性弛緩期
    • 誤答選択肢 等容性収縮期
    • 充満期
    • 駆出期

    解説

  • 43

    心室内圧は低下するが、弁はすべてとじているため心室容積は一定である

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 等容性弛緩期
    • 誤答選択肢 等容性収縮期
    • 充満期
    • 駆出期

    解説

  • 44

    心室内圧が心房内圧より低下すると房室弁が開き、心室に血液が流入する

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 充満期
    • 誤答選択肢 駆出期
    • 等容性弛緩期
    • 等容性収縮期

    解説

  • 45

    動脈弁は閉じており、血液は心室に充満する

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 充満期
    • 誤答選択肢 等容性弛緩期
    • 等容性収縮期
    • 駆出期

    解説

  • 46

    第一心音は周波数は①で②で聴取され③により生じる

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①やや低い②心尖部③房室弁の閉鎖
    • 誤答選択肢 ①やや高い②心底部③動脈弁の閉鎖

    解説

  • 47

    第二心音は周波数は①で②で聴取され③により生じる

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①やや高い②心底部③動脈弁の閉鎖
    • 誤答選択肢 ①やや低い②心尖部③房室弁の閉鎖

    解説

  • 48

    正常成人の安静時の平均心拍数は

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 約70回/分
    • 誤答選択肢 約50回/分
    • 約30回/分

    解説

  • 49

    心拍数が正常より高い場合①低い場合②

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①頻脈②徐脈
    • 誤答選択肢 ①徐脈②頻脈

    解説

  • 50

    不規則な心拍リズム、心拍動の乱れを

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 不整脈
    • 誤答選択肢 徐脈
    • 頻脈

    解説

  • 51

    正常成人の安静時で一回拍出量は

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 70~80ml
    • 誤答選択肢 50~60ml

    解説

  • 52

    一分間の拍出量のことを

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 毎分心拍出量
    • 誤答選択肢 平均心拍数

    解説

  • 53

    成人の心拍出量は

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 約5ℓ
    • 誤答選択肢 約4ℓ

    解説

    毎分心拍出量=心拍出量 一回拍出量×心拍数=心拍出量 成人の心拍出量は平均心拍数70回/分 一回拍出量は70ml

  • 54

    心電図で検出できないものは

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 弁の開閉異常
    • 誤答選択肢 興奮の伝導の異常
    • 不整脈
    • 心筋障害

    解説

    国試や四択テスト出しやすい

  • 55

    心電図のP波が示すのは

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 心房興奮
    • 誤答選択肢 心室興奮
    • 心室興奮消退

    解説

  • 56

    心電図のQRS波群が示すのは

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 心室興奮開始
    • 誤答選択肢 心房興奮
    • 心室興奮消退

    解説

  • 57

    心電図のT波が示すのは

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 心室興奮消退
    • 誤答選択肢 心室興奮開始
    • 心房興奮

    解説

  • 58

    心臓を支配する神経は自律神経であり交感神経と副交感神経(迷走神経)である

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 誤答選択肢 ×

    解説

    交感神経は試合などの緊張モード 副交感神経はリラックスモード

  • 59

    心臓の自律神経の交感神経が亢進すると

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 心拍数増加、興奮伝導時間短縮、心筋収縮力増大する
    • 誤答選択肢 心拍数減少、興奮伝導時間延長、心筋収縮力増大する
    • 心拍数増加、興奮伝導時間延長する

    解説

  • 60

    心臓の自律神経の副交感神経が亢進すると

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 心拍数減少、興奮伝導時間延長する
    • 誤答選択肢 心拍数増加、興奮伝導時間短縮、心筋収縮力増大する

    解説

  • 61

    血液は血管の中を圧の高い方から低い方へ向かって流れる。この流れを①といい、圧を②という

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①血流②血圧
    • 誤答選択肢 ①血流量②血圧量

    解説

  • 62

    血管を大きく分類すると6つになる

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×
    • 誤答選択肢

    解説

    大動脈、動脈、細動脈、毛細血管、細静脈、静脈、大静脈

  • 63

    大部分の血管は_______よりなる

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 外膜、中膜、内膜の三層
    • 誤答選択肢 一層の内皮細胞のみ

    解説

  • 64

    毛細血管は

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 一層の内皮細胞のみからなる
    • 誤答選択肢 内膜、中膜、外膜の三層からなる

    解説

  • 65

    心臓に近い大型の動脈は____とも言われる

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 弾性血管
    • 誤答選択肢 抵抗血管
    • 交換血管
    • 容量血管

    解説

    心臓に近い大型の動脈には中膜に弾性線維が多く含まれる より高い圧に耐えられるように

  • 66

    細動脈は____と言われる

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 抵抗血管
    • 誤答選択肢 弾性血管
    • 交換血管
    • 容量血管

    解説

    細動脈には、血管収縮神経が豊富であり血流調節に重要である

  • 67

    毛細血管は

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 交換血管
    • 誤答選択肢 弾性血管
    • 抵抗血管
    • 容量血管

    解説

  • 68

    静脈は_____と言われる

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 容量血管
    • 誤答選択肢 弾性血管
    • 抵抗血管
    • 交換血管

    解説

  • 69

    血管の拍動を__という

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 脈拍
    • 誤答選択肢 心拍

    解説

  • 70

    血管を単位時間に通過する血液量を①といい、単位時間に移動する距離を②という

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①血流量②血流速度
    • 誤答選択肢 ①血流速度②血流量

    解説

  • 71

    毛細血管内の圧は動脈側で①静脈側で②である

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①約35㎜Hg②約15㎜Hg
    • 誤答選択肢 ①約35㎜Hg②約10㎜Hg
    • ①約30㎜Hg②約15㎜Hg

    解説

    ㎜Hgとは 1気圧で水銀をどこまで上昇させられるか ジュースを飲む時ストローで吸って飲めるのは気圧のおかげで地球上で長いストローで水銀吸っても76cmしか上がらない

  • 72

    毛細血管には血液が常時流れている①と組織の活動に応じて流れる②がある

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①優先路②真毛細血管
    • 誤答選択肢 ①真毛細血管②優先路

    解説

    毛細血管のすべてに常時血液が流れているわけではない

  • 73

    真毛細血管の血流調節は入口の___で行われる

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 前毛細血管括約筋
    • 誤答選択肢 毛細血管括約筋

    解説

  • 74

    毛細血管は一層の①とそれを取り巻く②からなり物質の透過性が③

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①内皮細胞②基底膜③高い
    • 誤答選択肢 ①内皮細胞②基底膜③低い
    • ①基底膜②内皮細胞③高い

    解説

  • 75

    毛細血管を介さずそのまま動脈から静脈に短絡させるのを

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 動静脈吻合
    • 誤答選択肢 毛細血管括約筋

    解説

  • 76

    毛細血管透過物質の移動は__により行われる

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 拡散
    • 誤答選択肢 浸透
    • 能動輸送

    解説

  • 77

    水、電解質、アミノ酸、グルコースなどは______を通過する

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 内皮細胞間隙
    • 誤答選択肢 毛細血管壁

    解説

  • 78

    水や水に溶けている小分子は動脈側では__によって間質液中に押し出される

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 濾過
    • 誤答選択肢 浸透
    • 拡散
    • 能動輸送

    解説

  • 79

    毛細血管圧の動脈側は①静脈側は②膠質浸透圧は③

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①35㎜Hg②15㎜Hg③25㎜Hg
    • 誤答選択肢 ①15㎜Hg②25㎜Hg③35㎜Hg
    • ①25㎜Hg②15㎜Hg③35㎜Hg

    解説

    毛細血管圧は毛細血管内から間質液へ押し出す力 膠質浸透圧とは間質液から毛細血管へ水分を吸収する力

  • 80

    静脈の促進要因で間違っているのは

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 心室内圧低下時に血液が心房内に吸引される
    • 誤答選択肢 じょうみゃくはところどころに静脈弁があり、逆流を防ぐ
    • 筋ポンプ作用
    • 吸息時に胸腔内圧低下し血液が胸腔内に吸引される

    解説

    心室内圧ではなく心房内圧

  • 81

    血管の平滑筋には___が分布する

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 自律神経
    • 誤答選択肢 随意神経
    • 運動神経
    • 体性神経

    解説

  • 82

    血管平滑筋に分布する自律神経は主に①であり主に②に分布する

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①交感神経②細動脈
    • 誤答選択肢 ①細動脈②交感神経

    解説

  • 83

    交感神経活動が亢進した時の血管平滑筋は①、血流は②する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①収縮②減少
    • 誤答選択肢 ①収縮②増幅
    • ①弛緩②増幅

    解説

  • 84

    交感神経活動が低下すると血管は①、血流は②する

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①拡張②増加
    • 誤答選択肢 ①収縮②増加
    • ①拡張②減少

    解説

  • 85

    交感神経活動亢進により血管を収縮させる作用を持つ神経を

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 血管収縮神経
    • 誤答選択肢 副交感神経

    解説

  • 86

    心臓から拍出された血液にはある圧力を持って血管を流れている。この血管内の圧を__という

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 血圧
    • 誤答選択肢 血流
    • 脈拍

    解説

  • 87

    血圧が最も高いときを①または②という

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①最高血圧②収縮期血圧
    • 誤答選択肢 ①最低血圧②収縮期血圧
    • ①最高血圧②拡張期血圧
    • ①最低血圧②拡張期血圧

    解説

  • 88

    血圧が最も低くなる時を①または②という

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①最低血圧②拡張期血圧
    • 誤答選択肢 ①最高血圧②収縮期血圧
    • ①最低血圧②収縮期血圧
    • ①最高血圧②拡張期血圧

    解説

  • 89

    最高血圧と最低血圧の差を

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 脈圧
    • 誤答選択肢 血圧
    • 脈拍

    解説

  • 90

    平均血圧を出すのはどの式か

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 最低血圧+脈圧/3
    • 誤答選択肢 最高血圧-脈圧/3
    • 最低血圧-脈圧/3

    解説

  • 91

    最高血圧が140㎜Hg以上か、最低血圧90mmHg以上に該当する場合__という

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 高血圧症
    • 誤答選択肢 低血圧症

    解説

  • 92

    最高血圧が100mmHg以下の場合を

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 低血圧症
    • 誤答選択肢 高血圧症

    解説

  • 93

    動脈圧は____で求められる

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 心拍出量×総末梢抵抗
    • 誤答選択肢 心拍出量×末梢抵抗

    解説

  • 94

    血圧を上昇させる因子は

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 血液粘性の上昇
    • 誤答選択肢 血液量の減少
    • 血管断面積の拡大
    • 一回拍出量の減少

    解説

  • 95

    心臓と血管と血液量を調整する3要素ではないものは

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 全身性
    • 誤答選択肢 局所性
    • 神経性
    • ホルモン性

    解説

  • 96

    筋は伸展すると収縮し張力を発生する性質を

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 筋固有性、筋原性
    • 誤答選択肢 スターリングの法則

    解説

  • 97

    血管に作用する収縮物質は

    補足(例文と訳など)

    答え

    • セロトニン、エンドセリン
    • 誤答選択肢 ブラジキニン、アデノシン
    • ヒスタミン、セロトニン

    解説

  • 98

    血管に作用する拡張物質は

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ブラジキニン、ヒスタミン
    • 誤答選択肢 セロトニン、エンドセリン

    解説

    ブラジキニン、ヒスタミン、乳酸、二酸化炭素、アデノシン、一酸化窒素など

  • 99

    血管が血流を一定に保とうとする現象を

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 自己調節
    • 誤答選択肢 自律能
    • 自動能

    解説

  • 100

    神経性調節は___で作動する

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 短時間(秒単位)
    • 誤答選択肢 中期(分単位)
    • 長期(時間および日単位)

    解説

  • 101

    ホルモン調節は___で作動する

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 中期(分単位)および長期(時間及び日単位)
    • 誤答選択肢 短時間(秒単位)

    解説

  • 102

    血管収縮を行うホルモン調節は

    補足(例文と訳など)

    答え

    • カテコールアミン、レニン・アンジオテンシン系
    • 誤答選択肢 バゾプレッシン、アルドステロン

    解説

  • 103

    ホルモン調節で血液量調節に関与しないのは

    補足(例文と訳など)

    答え

    • カテコールアミン
    • 誤答選択肢 バゾプレッシン
    • アルドステロン
    • 心房性ナトリウム利尿ペプチド

    解説

  • 104

    延髄網様体にある血圧維持に関与するのは

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 循環中枢(心臓血管中枢)
    • 誤答選択肢 呼吸中枢
    • 嘔吐中枢
    • 嚥下中枢

    解説

  • 105

    循環中枢(心臓血管中枢)が存在するのは

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 延髄の網様体
    • 誤答選択肢 中脳

    解説

  • 106

    体位を変えたり、運動をしたりすることにより全身の血液が変化すると秒単位で働き内圧を安定に維持するのは

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 圧受容器反射
    • 誤答選択肢 化学受容器反射

    解説

  • 107

    血圧が上昇すると血液壁に存在する圧受容器が興奮するそ圧受容器はなにか

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 頸動脈洞と大動脈弓
    • 誤答選択肢 頸動脈小体と大動脈小体

    解説

  • 108

    圧受容器が働く結果、心臓と血管支配の交感神経活動は①迷走神経活動は②する

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①低下②亢進
    • 誤答選択肢 ①亢進②低下

    解説

  • 109

    圧受容器が興奮した時の心臓の反応でまちがっているのは

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 心拍数の増幅
    • 誤答選択肢 心拍数の低下
    • 心筋収縮力の低下
    • 心拍出量の減少

    解説

    圧受容器が興奮→迷走神経亢進(リラックスモード)

  • 110

    圧受容器興奮時の血管の反応で間違っているのは

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 血管収縮
    • 誤答選択肢 容量血管の拡張
    • 末梢の抵抗血管の拡張

    解説

  • 111

    圧受容器興奮時の副腎髄質機能で正しいのは

    補足(例文と訳など)

    答え

    • カテコールアミンの放出減少
    • 誤答選択肢 レニン・アンジオテンシン系の減少

    解説

  • 112

    圧受容器興奮後、心臓の反応、血管の反応、副腎髄質機能の反応の結果血圧は

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 下降
    • 誤答選択肢 上昇

    解説

  • 113

    動脈中の酸素低下や二酸化炭素、水素イオン濃度上昇により働く化学受容器は

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 大動脈小体、頸動脈小体
    • 誤答選択肢 大動脈弓、頸動脈小体

    解説

  • 114

    化学受容器反応後呼吸は①、循環の交感神経活動②

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①高める②高める
    • 誤答選択肢 ①低下②低下

    解説

  • 115

    化学受容器興奮後のは反応の間違っているのは

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 血圧低下
    • 誤答選択肢 心拍数増加
    • 心拍出量増大
    • 血圧上昇

    解説

  • 116

    心肺部圧受容器反射は血液量や細胞外液量を___に調節する

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 長期的
    • 誤答選択肢 短期的

    解説

  • 117

    心房と静脈の合流部や肺血管には、低圧で作動する伸展受容器である____が存在する

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 心肺部圧受容器(低圧受容器)
    • 誤答選択肢 圧受容器
    • 化学受容器

    解説

  • 118

    出血などで血流量が減少すると下垂体後葉から_____が分泌され尿量を減らし血流量を増やす

    補足(例文と訳など)

    答え

    • バゾプレッシン(抗利尿ホルモン)
    • 誤答選択肢 アルドステロン
    • 心房性ナトリウム利尿ペプチド

    解説

  • 119

    冠状動脈は心拍量の__%の血液供給を受ける

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 5
    • 誤答選択肢 10
    • 15
    • 25

    解説

  • 120

    他の動脈と違い心臓収縮期に血流が減少し拡張期に血流が流れるのは冠状動脈(特に左冠状動脈)である

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 誤答選択肢 ×

    解説

  • 121

    肝臓は心拍出量の__%の供給を受ける

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 20~30
    • 誤答選択肢 10~15
    • 30~35

    解説

  • 122

    肝臓を流れる血液の約①%は肝動脈、②%は門脈より流入する

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①30②70
    • 誤答選択肢 ①60②40
    • ①70②30
    • ①40②60

    解説

  • 123

    腓循環の役割は血液貯蔵と血液濾過である

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 誤答選択肢 ×

    解説

  • 124

    脳循環は心拍出量の約__%の血液供給を受ける

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 15
    • 誤答選択肢 20
    • 25
    • 30

    解説

  • 125

    脳は①動脈と②動脈の供給を受ける

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①内頸②椎骨
    • 誤答選択肢 ①内胸②椎骨
    • ①甲状頸②椎骨
    • ①腕頭②内頸

    解説

  • 126

    脳の毛細血管の内皮細胞間隙は非常に狭く、物質に対する透過性には選択性がある。このことを

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 血液脳関門
    • 誤答選択肢 神経膠細胞
    • タイトジャンクション

    解説

  • 127

    皮膚には①や②が発達しており体温調節に重要な役割を果たした

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①動静脈吻合②皮下静脈叢
    • 誤答選択肢 ①血液脳関門②静脈叢

    解説

  • 128

    筋循環の安静時の血流量は心拍出量の約①%であり、激しい運動時は心拍出量の約②%が供給される

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①20②80
    • 誤答選択肢 ①80②20
    • ①30②70
    • ①70②30

    解説

  • 129

    運動中に起こる筋血流の著しい増加は____のような主に代謝産物による血管平滑筋に対する局所性の拡張作用によって起こる

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 二酸化炭素や乳酸
    • 誤答選択肢 酸素や二酸化炭素

    解説

  • 130

    リンパ系は___から始まる

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 毛細リンパ管
    • 誤答選択肢 集合リンパ管
    • 本幹

    解説

  • 131

    毛細リンパ管ののち_____を経る

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 集合リンパ管
    • 誤答選択肢 右リンパ本幹
    • 胸管

    解説

  • 132

    集合リンパ管を経て左右の二本の太い_となり鎖骨下静脈につながる

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 本幹
    • 誤答選択肢 毛細リンパ管

    解説

    本幹は右リンパ本幹と胸管に分けられる

  • 133

    下半身からのリンパは____となりやがてL2くらいの高さで左右が合流する

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 腰リンパ本幹
    • 誤答選択肢 右リンパ本幹

    解説

    腸リンパ本幹も合流する

  • 134

    腰リンパ本幹と腸リンパ本幹が合流したふくらみを

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 乳び槽
    • 誤答選択肢 乳槽

    解説

  • 135

    下肢、腹部、左上半身からのリンパ系はすべて体の______に入る

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 左側にある胸管
    • 誤答選択肢 右側にある胸管

    解説

  • 136

    右上半身からのリンパ系は____に入る

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 右リンパ本幹
    • 誤答選択肢 左リンパ本幹

    解説

  • 137

    異物などがリンパ球やマクロファージに取り除かれるのは

    補足(例文と訳など)

    答え

    • リンパ節
    • 誤答選択肢 輸入リンパ管
    • 乳び槽

    解説

  • 138

    リンパ系の機能で間違っているのは

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 脂肪の吸収はしない
    • 誤答選択肢 過剰の間質液を吸収
    • 間質液に侵入した異物を取り除く
    • 間質液の膠質浸透圧を調節する

    解説

    小腸内のリンパには消化された脂肪を吸収する働きがある

  • 139

    リンパ球を多数に含むリンパ組織からなり、抗原を認識して____をおこす

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 免疫反応
    • 誤答選択肢 抗体反応

    解説

  • 140

    間質液がリンパ管に流入したものを____と呼ぶ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • リンパ
    • 誤答選択肢 リンパ系

    解説

  • 141

    毛細リンパ管以外のリンパ管はまわりを____で囲まれている

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 平滑筋
    • 誤答選択肢 横紋筋

    解説

  • 142

    リンパは能動輸送である

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 誤答選択肢 ×

    解説

  • 143

    リンパ管には

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 多数の弁がある
    • 誤答選択肢 動脈と同じように圧がかかる

    解説

  • 144

    リンパの受動的輸送ではないのは

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 誤答選択肢 骨格筋の収縮
    • 呼吸運動
    • 消化管運動

    解説

57039

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ