zuknow learn together

新しい教材を作成

法規1

カード 21枚 作成者: sumata_k (作成日: 2016/06/29)

  • 小学校においては、前条第一項の規定による目標の達成に資するよう、教育指導を行うに当たりら児童の体験的な学習活動、特に1など2、3その他の体験活動の充実に努めるものとする。この場合において、4その他の関係団体及び関係機関との連携に十分配慮しなければならない。

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

詳細はありません

公開範囲:

公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    小学校においては、前条第一項の規定による目標の達成に資するよう、教育指導を行うに当たりら児童の体験的な学習活動、特に1など2、3その他の体験活動の充実に努めるものとする。この場合において、4その他の関係団体及び関係機関との連携に十分配慮しなければならない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 学校教育法31条 1ボランティア活動 2社会奉仕体験活動 3自然体験活動 4社会教育関係団体

    解説

  • 2

    小学校の教育課程に関する事項は、第二十九条及び三十条の規定に従い1が定める。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 学校教育法33条 1文部科学大臣

    解説

  • 3

    1は、次に掲げる行為の一又は二以上を繰り返し行う等性行不良であって他の児童の2の妨げがあると認める児童がある時は、その3に対して、児童の出席停止を命ずることができる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 学校教育法35条の1 1市町村の教育委員会 2教育 3保護者

    解説

  • 4

    一他の児童に1、心身の2又は3の損失を与える行為 二職員に1又は心身の2を与える行為 三施設又は設備を損壊する行為 四4その他の教育活動の実施を妨げる行為

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 学校教育法35条の1 1傷害 2苦痛 3財産上 4授業

    解説

  • 5

    市町村の教育委員会は、前項の規定により出席停止を命ずるは場合には、あらかじめ保護者の意見を聴取するとともに、1を記載した2を交付しなければならない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 学校教育法35条の2 1理由及び期間 2文書

    解説

  • 6

    前項で規定するもののほか、出席停止の命令の手続きに関し必要な事項は1で定めるものとする。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 学校教育法35条の3 1教育委員会規則

    解説

  • 7

    市町村の教育委員会は、出席停止の命令に係わる児童の出席停止の期間における学習に対する1その他の教育上必要な2を講ずるものとする。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 学校教育法35条の4 1支援 2措置

    解説

  • 8

    1は、その区域内にある学齢児童を就学させるに必要な小学校を設置しなければならない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 学校教育法38条 1市町村

    解説

  • 9

    小学校は、1の定めるところにより当該小学校の教育活動その他の2の状況について3を行い、その結果に基づき2の4を図るため必要な措置を講ずることにより、その5に努めなければならない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 学校教育法42条 1文部科学大臣 2学校運営 3評価 4改善 5教育水準の向上

    解説

  • 10

    公立学校の教育公務員の政治的行為の制限については、当分の間、1の規定にかかわらず、2の例による。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 教育公務員特例法18条 1地方公務員法第36条 2国家公務員

    解説

  • 11

    一職員は、政党又は政治目的のために、1その他の2を求め、若しくは受領し、又は何らかの方法を以てするを問わず、これらの行為に関与し、あるいは3の行使を除く外、4で定める政治的行為をしてはならない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 国家公務員法102条の1 1寄付金 2利益 3選挙権 4人事院規定

    解説

  • 12

    二職員は、1 による2の候補者となることができない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 国家公務員法102条の2 1公選 2公職

    解説

  • 13

    職員は、政党その他の政治的団体の役員、1、その他これらと同様な役割をもつ2となることはできない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 国家公務員法102条の3 1政治的顧問 2構成員

    解説

  • 14

    一教育公務員は、その1を2するために、絶えず3に努めなければならない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 教育公務員特例法21条の1 1職責 2遂行 3研究と修養

    解説

  • 15

    二教育公務員の1は、教育公務員の2について、それに要する施設、研修を奨励するための方途その他研修に関する3を樹立し、その実施に努めなければならない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 教育公務員特例法21条の2 1任命権者 2研修 3計画

    解説

  • 16

    教育公務員には研修を受ける1が与えられなければならない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 教育公務員特例法22条の1 1機会

    解説

  • 17

    ニ1は、2に3限り、4の5を受けて6を離れて研修を行うことができる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 教育公務員特例法22条の2 1教員 2授業 3支障のない 4本属長 5承認 6勤務場所

    解説

  • 18

    三教育公務員は、1の定めるところにより2のままで、3にわたる研修を受けることができる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 教育公務員特例法22条の3 1任命権者 2現職 3長期

    解説

  • 19

    一公立の小学校等の教諭等の1は、当該教諭等(政令で指定する者を除く)に対してその2から一年間の教諭の3に必要な事項に関する4な研修(以下「初任者研修」という)を実施しなければならない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 教育公務員特例法23条の1 1任命権者 2採用の日 3職務遂行 4実践的

    解説

  • 20

    ニ1は、初任者研修を受けるもの(次項において「初任者」という)の所属する学校の2(養護又は栄養の指導及び管理をつかさどる主幹教諭を除く)3のうちから、4を命じるものとする。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 教育公務員特例法23条の2 1任命権者 2副校長、教頭、主幹教諭 3指導教諭、教諭又は講師 4指導教員

    解説

  • 21

    指導教員は、初任者に対して教諭の職務の遂行に必要な事項について1を行うものとする。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 教育公務員特例法23条の3 1指導及び助言

    解説

57027

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ