zuknow learn together

新しい教材を作成

[日本語]熟語の意味

カード 159枚 作成者: gununu (作成日: 2016/06/27)

  • 帯同(たいどう)

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

熟語の意味をまとめました。随時追加します。

公開範囲:

公開

カテゴリ:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    帯同(たいどう)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 自分が相手を一緒に連れていくこと

    解説

  • 2

    納戸(なんど)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 衣服・調度をしまっておく部屋

    解説

  • 3

    禅譲(ぜんじょう)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 帝王がその位を世襲せず、有徳者に譲ること

    解説

  • 4

    傾倒(けいとう)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • かたむき倒れること

    解説

  • 5

    手水(ちょうず、てみず)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 神社や寺院で、参拝前に手を清める水

    解説

  • 6

    郷愁(きょうしゅう)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 故郷を懐かしく思う気持ち。ノスタルジア。

    解説

  • 7

    五体投地(ごたいとうち)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 五体すなわち両手・両膝・額を地面に投げ伏して、仏や高僧などを礼拝すること

    解説

  • 8

    矢の催促(やのさいそく)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 続けて激しくせきたてること

    解説

  • 9

    他責(たせき)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 自分以外の人や状況に責任があるとして、とがめること

    解説

  • 10

    自責(じせき)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 自分で自分の過ちをとがめること

    解説

  • 11

    良心の呵責(りょうしんのかしゃく)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • うしろめたさ。罪悪感。

    解説

  • 12

    利他(りた)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 他人の福利を願うこと。自分を犠牲にして、他人に利益を与えること。

    解説

  • 13

    利己(りこ)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 自分の利益だけを考え、他人のことは顧みないこと。

    解説

  • 14

    跳梁跋扈(ちょうりょうばっこ)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ほしいままに行動すること。悪人などがのさばり、はびこること。

    解説

  • 15

    奇天烈(きてれつ)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 非常に奇妙なこと。

    解説

  • 16

    出歯亀(でばかめ)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • のぞきをする人。また、痴漢。変質者。

    解説

  • 17

    陰に陽に(いんにように)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • あるときはひそかに、あるときは公然と。

    解説

  • 18

    擦過傷(さっかしょう)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 擦りむいてできた傷

    解説

  • 19

    敷設(ふせつ)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • (水道・ガス管・鉄道・機雷などを)しくこと、設けること。

    解説

  • 20

    一日の長(いちじつのちょう)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 少し年上であること。また経験や技量が相手より少し優れていること。

    解説

  • 21

    諦観(ていかん)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 本質をはっきりと見きわめること。

    解説

  • 22

    採否(さいひ)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 採用するかしないかということ。

    解説

  • 23

    自明の理(じめいのり)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • あれこれ説明する必要のない明白な道理

    解説

  • 24

    至言(しげん)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 洞察が鋭く、物事の本質を言い当てた言葉

    解説

  • 25

    答申(とうしん)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 上司の問いに対して、意見を申し述べること

    解説

  • 26

    諮問(しもん)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 有識者または一定機関に、意見を求めること。

    解説

  • 27

    叱正(しっせい)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 他人の書いた文章の欠点などを遠慮なく指摘して訂正させること。詩文の添削や批評を願うときに用いる語。

    解説

  • 28

    貸与(たいよ)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 金や物を貸し与えること

    解説

  • 29

    拙速(せっそく)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • できはよくないが、仕事が早いこと

    解説

  • 30

    些末(さまつ)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 重要でない、小さなことであるさま

    解説

  • 31

    隆盛(りゅうせい)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 勢いが盛んなこと。また、そのさま。

    解説

  • 32

    遅々(ちち)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 物事がすらすらと進まず、時間がかかるさま。

    解説

  • 33

    門外漢(もんがいかん)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • その物事について専門家でない人。畑違いの人。

    解説

  • 34

    頒布(はんぷ)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 広く分けて配り、行きわたらせること。

    解説

  • 35

    重箱読み(じゅうばこよみ)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 「重箱」のように,音読みの漢字の下に訓読みの漢字をつける,単語表記の読み方。

    解説

  • 36

    湯桶読み(ゆとうよみ)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 「湯桶」を「ゆとう」と読むように,漢字2字またはそれ以上から成る単語で,上の漢字を訓読みし,下の漢字を音読みする読み方。

    解説

  • 37

    那辺(なへん)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • どのあたりどのへんどこ「彼の意図が - にあるのかわからない」。。。

    解説

  • 38

    事由(じゆう)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 事柄の生じた理由・原因。事のわけ。「事由のいかんにかかわらず遅延は認めない」

    解説

  • 39

    装丁・装幀(そうてい)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 一般的には本を綴じて表紙などをつける作業を指す

    解説

  • 40

    抜書(ぬきがき)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 書物などから必要な部分を抜き出して書くこと。

    解説

  • 41

    摘要(てきよう)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 要点を抜書きすること。その抜書き。

    解説

  • 42

    縊死(いし)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • くびをくくって死ぬこと。

    解説

  • 43

    銀の弾丸(ぎんのだんがん)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ソフトウエアの開発プロジェクトにおいて,どんなに困難な課題も一気に解決できるような,幻の手法や理論のこと。

    解説

  • 44

    ヘイトクライム

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 人種や宗教などに対する差別意識や憎悪を動機とする犯罪行為の総称。

    解説

  • 45

    勧奨(かんしょう)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • よいことだとすすめて励ますこと。

    解説

  • 46

    一触即発(いっしょくそくはつ)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • きわめて緊迫した状態や状況。

    解説

  • 47

    モノローグ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 相手なしに言う台詞

    解説

  • 48

    多弁(たべん)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • よくしゃべること。

    解説

  • 49

    弁が立つ(べんがたつ)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 話し方がうまい。

    解説

  • 50

    舌戦(ぜっせん)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 言い争い

    解説

  • 51

    拗らせる(こじらせる)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 物事をもつれさせ、処理を難しくする。めんどうにする。

    解説

  • 52

    叱咤激励(しったげきれい)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 大声で励まして、奮い立たせること。

    解説

  • 53

    叱責(しっせき)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 他人の失敗などをしかりとがめること。

    解説

  • 54

    饒舌(じょうぜつ)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • やたらにしゃべること。

    解説

  • 55

    罷免(ひめん)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 職務をやめさせること。免職。「大臣を罷免する」

    解説

  • 56

    齟齬(そご)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 物事がうまくかみ合わないこと。食い違うこと。

    解説

  • 57

    滅私奉公(めっしほうこう)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 主人や公のために忠誠を尽くすこと。

    解説

  • 58

    固辞(こじ)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • かたく辞退しつづけること

    解説

  • 59

    発布(はっぷ)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 法律などを世間に広く告げ知らせること。公布。

    解説

  • 60

    コンペ (competition competitive presentation)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 複数の広告会社の間で、ある広告主の扱いや特定のキャンペーンの扱いをめぐって行われる競合プレゼンテーション。

    解説

  • 61

    閲読(えつどく)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 書物・書類などの内容を調べながら読むこと。

    解説

  • 62

    弔電(ちょうでん)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 遺族に向けて発信された弔う電報のこと。

    解説

  • 63

    琴線(きんせん)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 心の奥深くにある、物事に感動・共鳴しやすい感情を琴の糸にたとえていった語。

    解説

  • 64

    躊躇(ちゅうちょ)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • あれこれ迷って決心できないこと。ためらうこと。

    解説

  • 65

    衒学(げんがく)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 学問や知識をひけらかすこと。ペダントリー。

    解説

  • 66

    欅(けやき)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ニレ科ケヤキ属の落葉高木

    解説

  • 67

    法被(はっぴ)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 法被(はっぴ)とは、日本の伝統衣装で、祭などの際に着用し、また、職人などが着用する印半纏のことである。半被とも表記する。

    解説

  • 68

    河岸を変える(かしをかえる)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 飲食・遊びや稼ぎなどの場所を変える。

    解説

  • 69

    過渡期(かとき)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 古いものから新しいものへと移り変わっていく途中の時期。

    解説

  • 70

    スポークスマン

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 政府や団体の意見などを発表する担当者、また、代弁者。

    解説

  • 71

    法曹界(ほうそうかい)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 法律に関係する人の社会。

    解説

  • 72

    煮え湯を飲まされる(にえゆをのまされる)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 信頼している人に裏切られて、ひどい目にあうことのたとえ。

    解説

  • 73

    収斂(しゅうれん)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 収縮。集約。

    解説

  • 74

    粗略(そりゃく)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 物事の扱い方などが丁寧でないこと。

    解説

  • 75

    時候(じこう)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 四季折々の気候。その時々の陽気。「時候のあいさつ」

    解説

  • 76

    冠省(かんしょう)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 手紙で、時候のあいさつなどを省略すること。また、そのときに書く語。前略。

    解説

  • 77

    抄本/鈔本(しょうほん)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 原本のある一部分を書き抜いたもの。

    解説

  • 78

    謄本(とうほん)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 文書の原本の内容を証明するために,原本の内容を同一の文字,符号で全部かつ完全に謄写した書面。

    解説

  • 79

    謄写(とうしゃ)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 書き写すこと。写し取ること。「帳簿を謄写する」

    解説

  • 80

    蘊蓄/薀蓄(うんちく)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 蓄えた深い学問や知識。

    解説

  • 81

    不当(ふとう)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 正当・適当でないこと

    解説

  • 82

    無知の知(むちのち)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 真の知に至る出発点は無知を自覚することにある,とするソクラテスの考え方。

    解説

  • 83

    拘らない(かかわらない/こだわらない)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 物事に関与しないこと/特定のものに執着しないこと

    解説

  • 84

    随行(ずいこう)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 地位の高い人や目上の人につき従って行くこと。

    解説

  • 85

    他方(たほう)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ほかの方面。別の方向。

    解説

  • 86

    於て(おいて)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 場所、時間を表す。

    解説

  • 87

    嗜好(しこう)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 好み。

    解説

  • 88

    明明白白(めい めいはくはく)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 非常にはっきりしているさま。

    解説

  • 89

    岡目八目(おかめはちもく)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 当事者よりも第三者のほうが、冷静で客観的に物事を見れるということ。

    解説

  • 90

    具申(ぐしん)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • (上役に、意見・希望などを)詳しく申し出ること。

    解説

  • 91

    左団扇(ひだりうちわ)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 安楽に暮らすこと。「左団扇で暮らす」「左団扇の生活」

    解説

  • 92

    嘆息/歎息(たんそく)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 悲しんだりがっかりしたりして、ため息をつくこと。

    解説

  • 93

    悼む(いたむ)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 人の死を悲しみ嘆く

    解説

  • 94

    貶す(けなす)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 悪い点を取り上げて非難する。

    解説

  • 95

    弄ぶ(もてあそぶ)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 手で持って遊ぶ/人をなぐさみものにする/思うままにあやつる など

    解説

  • 96

    漸く(ようやく)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 長い間待ち望んでいた事態が遂に実現するさま。

    解説

  • 97

    所謂(いわゆる)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 世にいわれている。よくいう。いうところの。

    解説

  • 98

    瞑氛(めいふん)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 暗い雰囲気

    解説

  • 99

    捗る(はかどる)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 物事が順調に進む。

    解説

  • 100

    兎に角(とにかく)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • それは別にして。さておき。

    解説

  • 101

    蓋し(けだし)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • まさしく。たしかに。思うに。「蓋しその通りであろう」

    解説

  • 102

    一両日中(いちりょうじつちゅう)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1日または2日

    解説

  • 103

    朝令暮改(ちょうれいぼかい)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 命令や政令などが頻繁に変更されて、一定しないこと。

    解説

  • 104

    絵に描いた餅(えにかいたもち)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 役に立たないたとえ。計画などが実現する可能性のないこと。

    解説

  • 105

    空目(そらめ)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 実際にはないものが見えたような気がすること。

    解説

  • 106

    ファウンダー

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 創立者。設立者。企業の創立を目指す人のこと。

    解説

  • 107

    プロパー

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 正社員・職員、生え抜き社員・職員

    解説

  • 108

    多寡(たか)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 多いことと少ないこと。多いか少ないかの、その量・額。

    解説

  • 109

    抄訳(しょうやく)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 原文のところどころを抜き出して翻訳すること。

    解説

  • 110

    至近(しきん)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 非常に近いこと。

    解説

  • 111

    昔取った杵柄(むかしとったきねづか)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 昔に習い覚えた技術や技のこと。また、その技術が長い年月をへだてた今でも発揮されること。

    解説

  • 112

    穿った見方(うがったみかた)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 物事の事情や背景を見通そうとした見解や考え方。

    解説

  • 113

    遺構(いこう)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 古い建造物で今日にその一部が残っているもの。また,古代の構築物の様式や配置などを知る残存物として,土地に残された基壇や柱穴など。

    解説

  • 114

    煩瑣(はんさ)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • こまごまとしてわずらわしいこと。また、そのさま。「煩瑣な手続き」

    解説

  • 115

    十人並み(じゅうにんなみ)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 顔だち・能力などが、人よりすぐれてもいないが、劣ってもいないこと。また、そのさま。人並み。

    解説

  • 116

    忌避(きひ)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • きらって避けること。

    解説

  • 117

    諜報(ちょうほう)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 敵情をひそかに探って知らせること。

    解説

  • 118

    紆余曲折(うよきょくせつ)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 物事が順調に運ばないで、こみいった経過をたどること。

    解説

  • 119

    香盤(こうばん)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 演劇で、出演する俳優の名と配役とを出し物の各場面ごとに書いた表/劇場の観客席の座席表

    解説

  • 120

    凪(なぎ)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 風がやんで、波がなくなり、海面が静まること。

    解説

  • 121

    慇懃無礼(いんぎんぶれい)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 表面は丁寧で礼儀正しいように見えるが、実は尊大で無礼なこと。また、そのさま。

    解説

  • 122

    尊大(そんだい)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • いばって、他人を見下げるような態度をとること。

    解説

  • 123

    島嶼(とうしょ)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 大きな島や小さな島。島々。しま。

    解説

  • 124

    節操(せっそう)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 自分の信じる主義・主張などを守りとおすこと。

    解説

  • 125

    遅滞(ちたい)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 物事の進行がとどこおること。

    解説

  • 126

    兵は拙速を尊ぶ(へいはせっそくをたっとぶ)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 《「孫子」作戦から》作戦を練るのに時間をかけるよりも、少々まずい作戦でもすばやく行動して勝利を得ることが大切である。

    解説

  • 127

    坊主憎けりゃ袈裟まで憎い(ぼうずにくけりゃけさまでにくい)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • その人を憎むあまり、その人に関係のあるものすべてが憎くなるというたとえ。

    解説

  • 128

    慰留(いりゅう)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 退こうとする人をなだめて、思いとどまらせること。

    解説

  • 129

    崩御(ほうぎょ)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 天皇・皇后・皇太后・太皇太后が死ぬことの尊敬語。

    解説

  • 130

    断捨離(だんしゃり)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 不要な物を減らし、生活に調和をもたらそうとする思想であり、やましたひでこの著書において発表された。

    解説

  • 131

    胡坐(あぐら・こざ)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 両足を組んで座ること。

    解説

  • 132

    窮鼠猫を噛む(きゅうそねこをかむ)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 追いつめられた鼠が猫にかみつくように、弱い者も追いつめられると強い者に反撃することがある。

    解説

  • 133

    重箱の隅をつつく(じゅうばこのすみをつつく)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • どうでもいいような細かいことばかり取り上げて、口うるさく言うことのたとえ。

    解説

  • 134

    翻意(ほんい)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • いったんした決意をかえること。

    解説

  • 135

    巡行(じゅんこう)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 各地を巡り歩くこと。

    解説

  • 136

    標榜(ひょうぼう)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 主義・主張などをはっきりと掲げ示すこと。

    解説

  • 137

    善行(ぜんこう)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • よい行い。道徳にかなった行為

    解説

  • 138

    妄信(もうしん)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • むやみやたらに信ずること。

    解説

  • 139

    確証バイアス(かくしょうばいあす)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 個人の先入観に基づいて他者を観察し、自分に都合のいい情報だけを集めて、それにより自己の先入観を補強するという現象

    解説

  • 140

    愚妻(ぐさい)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 私の妻

    解説

  • 141

    楚々(そそ)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 清らかで美しいさま

    解説

  • 142

    推敲(すいこう)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 詩や文章をよくしようと何度も考え、作り直して、苦心すること。

    解説

  • 143

    出囃子(でばやし)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 落語家・色物などの寄席芸人、お笑い芸人が舞台へ上がる際に演奏される(場合によってはテープ・CDなどの)音楽。プロスポーツにおける入場曲をこう呼ぶ場合もある。

    解説

  • 144

    誤謬(ごびゅう)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • まちがえること。まちがい。

    解説

  • 145

    帰依(きえ)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • すぐれた者 (特に人格者) に対して,全身全霊をもって依存すること。仏教では特に,信仰をいだくことに用いられる。

    解説

  • 146

    承前(しょうぜん)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 前の文章を受けて続いていること。また、続きものの文章の初めなどに書く語。

    解説

  • 147

    読後感(どくごかん)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 本などを読んだあとの感想。

    解説

  • 148

    什器(じゅうき)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 日常生活用の器具

    解説

  • 149

    侃侃諤諤(かんかんがくがく)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 正しいと思うことを堂々と主張するさま。また、盛んに議論するさま。

    解説

  • 150

    喧々諤々(けんけんがくがく)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 大勢の人がくちぐちに意見を言って騒がしいさま。

    解説

  • 151

    無知蒙昧(むちもうまい)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 学問がなく、物事の道理を知らないこと。

    解説

  • 152

    卓見(たっけん)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • すぐれた意見・見識。

    解説

  • 153

    輪をかけて

    補足(例文と訳など)

    答え

    • より一層 ・ 一段と

    解説

  • 154

    溜飲を下げる(りゅういんをさげる)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 胸をすっきりさせる。不平・不満・恨みなどを解消して、気を晴らす。

    解説

  • 155

    境涯(きょうがい)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 人がこの世に生きてゆく上での立場。

    解説

  • 156

    詳説(しょうせつ)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 詳しく説明すること。また、その説明。

    解説

  • 157

    換言(かんげん)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 他の言葉にいいかえること。いいかえ。

    解説

  • 158

    吹聴(ふいちょう)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • あちこち言いふらすこと。

    解説

  • 159

    杓子定規(しゃくしじょうぎ)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • すべてのことを一つの標準や規則に当てはめて処置しようとする、融通のきかないやり方や態度。

    解説

56997

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ